2020/02/04

一眼レフカメラのレンタルにおすすめのショップ5選【郵送で返却◎】

画像引用:unsplash

最近話題の商品などを定額料金で一定期間使用することができる「サブスクリプション」のサービスは、カメラレンタル業界でも本格的に始まり、以前に比べて撮影機材のレンタル手段が豊富になりました。

今回は一眼レフカメラをネットを使って手軽に予約し、郵送で手軽に返却ができる「おすすめのカメラ機材のレンタルショップ5店舗」を気になる金額や特徴などをわかりやすくご紹介します。

カメラのレンタルサービスは大きく分けて2つ

画像引用:https://unsplash.com/

1、カメラを定額でレンタルする(サブスクリプション)

カメラ機材を定額でレンタルできる、カメラ機材のサプスクリプションのサービスを運営する会社が最近では徐々に増えてきています。

カメラ機材のサブスクリプションでは、一般的に一眼レフカメラ、ミラーレスカメラなどのボディーとレンズ、ボディーとレンズがセットになったレンズキットなどのレンタル、三脚、ストロボなどの撮影機材、さらにショップによっては人気のGoProなどのアクションカメラやドローンなども取扱っていて、人気度や市場の需要に応じた多彩なカメラ機材を月定額でレンタルすることが可能です。

 

サブスクリプションでカメラをレンタルするメリット◎

  • 購入するのが難しい高性能な一眼レフカメラなどを、一定額の支払いで使用できる
  • 実際に購入する前に、事前に機材の性能などを試せる
  • 撮影の目的に合わせて、自分が持っている以外のレンズを一定期間使うことができる

 

サブスクリプションでカメラをレンタルするデメリット×

  • 短期間で使用する際には機材によっては、1日あたりの金額が高くなる場合もある
  • 日払いができない
  • 定額料金のランクが定められているため、安いプランに含まれる商品には限りがある

 

2、カメラを都度払いでレンタルする

オンラインや店頭で使用する希望の日程期間のカメラ機材を「都度払い」でレンタルする方法は、昔からプロのカメラマンなども利用する定番のカメラ機材レンタルの方法です。

プロのカメラマンが利用するような本格的な撮影機材が揃う専門的なレンタルショップ、さらに一般の初心者でも操作が簡単なミラーレス一眼のカメラ機材のセットなどを豊富に取り揃うレンタルショップなど、多様なカメラ機材を扱うオンラインショップがあります。

 

都度払いでカメラをレンタルするメリット◎

  • 旅行や学校行事やイベントなど、特定の日に限り使用するのに最適
  • 本格的に撮影機材を揃える前に、カメラを試すことができる
  • 購入するよりも安い金額でカメラが使える
  • 必要な時だけ使用し、すぐに返却できるので嵩張らない

 

都度払いでカメラをレンタルするデメリット×

  • 定額制のサブスクリプションに比べて、1日当たりの料金が高い
  • 補償がない場合には、破損などで負担金を支払う必要があるケースもある
  • 長期レンタルや度々レンタルする場合には、購入した方が安い

 

【定額制】カメラのレンタルにおすすめのショップ2選

1、GooPass

レンタル可能なおすすめのカメラ・レンズ

種類メーカー機材
カメラボディーCANONEOS-1D X Mark II、EOS Ra、EOS 90D
NIKOND780、D850、COOLPIX P1000
FUJIFILMX-T30、GRX 50R
SONYα9 II ILCE-9M2 ボディ
レンズキット
(ボディー+レンズ)
CANONEOS 7D Mark II ボディ + EF-S60mm F2.8 マクロ USM、EOS M100 ダブルレンズキット
NIKOND500 ボディ + 18-200mm、D7000 ダブルレンズキット、Nikon 1 J5 ダブルレンズキット
FUJIFILMX-T100 ダブルズームレンズキット
レンズCANONEF-S35mm F1.8 マクロ IS STM、EF11-24mm F4L USM
EF70-200mm F2.8L IS III USM
NIKONNIKKOR Z 35mm f/1.8 S、NIKKOR Z 24-70mm F2.8 S
ウェアラブルカメラGoProMAX CHDHZ-201-FW
HERO8 BLACK CHDHX-801-FW

 

GooPassの3つのおすすめポイント◎

1、返却期限なしの借り放題

6つの月額定額料金プランを申し込みをすれば、機材返却の期限なしで1回につき1種類の機材のレンタルができます。

さらに、一度レンタルした機材を返却〜検品が完了後、次の機材のレンタルを制限なしに借りることができるので、様々な機材を思う存分試すことができます。

 

2、最新機種などを含む豊富なラインナップ

GooPassのカメラレンタルの魅力は、キャノン、ニコン、富士フィルム、SONY、パンなソニックなど大手メーカーの550種類以上の豊富なラインナップです。

一眼レフやミラーレスカメラのボディやレンズの他に人気のGoProやDJIなどのアクションカメラやドローンなども揃っています。

 

3、安心の補償制度

高級な機材を利用する際に気になる補償ですが、GooPassの定額プランには補償制度がついています。

通常の使用中の故障や破損に関しては無料、万が一の不注意での破損の際には最大で2,000円〜5,000円(プランによって異なる)の免責金の支払のみなので、安心して機材を利用することができます。

 

GooPassの気になるポイント×

1、「梱包料」1,500円

配送料は貸出、返却の往復無料ですが、別途「梱包料」が発生します。

1ヶ月に一枚「梱包料無料チケット」配布、さらにキャンペーンなどでも配布されますが、一般的には2回目以降に機材をレンタルする際には、その都度梱包料1,500円の支払いが必要です。

 

2、ボディーとレンズを同時にレンタルする場合

GooPassの機材にはボディとレンズがセットになったレンズキットの商品もラインナップされていますが、ボディーとレンズ、それぞれを同時にレンタルしたい場合には、2つのプランの申し込みが必要です。

1つのアカウントにつき2プランまでの申し込みが可能なので、1つのボディーにつき2つのレンズのレンタルを行うことはできません。

 

3、使用前に審査が必要

会員登録後、実際にレンタルを行う前には申込の審査が必要です。

現住所がわかる免許書やマイナンバーカードなどの提出が義務付けられていて、提出後2〜3日(土日を除く)日数が手続きに要します。

 

GooPassの口コミ

3週間借りてて自分の不注意だったのですがグーパスさんの月額機材定額サービスを利用して良かったなと思いましたね。
試してみたい機材買いたいや買うまでも無いかなとか使って見たいと考える方に助かるサービスですね。

引用:Twitter

カメラの趣味を始めたばかりな時、色々試せるのがありがたかった。
購入前に吟味するより、まずは思う存分試せる、というのがよかった。

引用:サブスク

 

GooPassの料金

[ 料金(税抜) ]

プラン名月額料金(税抜)
Lv1パス5,800円
Lv2パス9,800円
Lv3パス13,800円
Lv4パス17,800円
Lv5パス23,800円
Lv6パス29,800円

※Lvにより利用できる機材が異なります。

[ 配送料 ] 貸出、返送時ともに送料無料

[ 補償 ] 無料(修理代金:最大2,000円〜5,000円)
故意の過失での破損以外においては、破損や故障の保証はプラン代金に含まれるため、修理代金などは一切かかりませんが、不注意での万が一破損をした場合には、プランにより免責金2,000円〜5,000円の支払いが必要な場合があります。

 

公式HPを詳しく見る

 

 

2、CAMERA RENT(カメラレント)

レンタル可能なおすすめのカメラ・レンズ

種類メーカー機材
カメラボディーCANONEOS 9000D、EOS 80D、EOS M6 ボディ、EOS 7D Mark II
NIKOND7500、D7200
FUJIFILMFUJIFILM X-T3
SONYα77 II ILCA-77M2 ボディ
レンズキット
(ボディー+レンズ)
CANONEOS 9000D ダブルズームキット、EOS M100 ダブルズームキット
NIKOND5600 ダブルズームキット
FUJIFILMX-T30 ダブルズームレンズキット
レンズCANONEF-S35mm F2.8 マクロ IS STM、EF11-24mm F4L USM
EF70-200mm F2.8L IS III USM
NIKONAF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
AF-P NIKKO0-300mm f/4.5-5.6E ED VRR 7
ビデオカメラCANONXA40
SONYHXR-NX100
ウェアラブルカメラGoProHERO7 BLACK Limited Edition Box CHDHX-702-FWB
Fusion フルセット CHDHZ-103-FW2

 

カメラレントの3つのおすすめポイント◎

1、月定額料金の安さ

カメラレントのカメラ機材のレンタルの特徴は、最安値のブロンズプラン3,500円(税別)をはじめとする、その月額料金の安さが特徴です。

ブロンズプランでレンタルできる商品には一眼レフカメラは含まれないものの、多彩なレンズやフラッシュ、三脚などが豊富にラインナップされているので、カメラのボディはあるけれどレンズやフラッシュなどを使い撮影のバリエーションを楽しみたい人には適した機材がラインナップされています。

 

2、ビデオカメラもレンタル可能

一眼レフカメラ、ミラーレスカメラにおいては約60種類、GoProなどのアクションカメラに加え、三脚やストロボ、さらには約20種類のビデオカメラまでレンタルすることができるバリエーションの豊富さが魅力です。

 

3、予約待ちができる

CAMERA RENTのカメラ機材レンタルでは、レンタルしたい機種を事前に予約待ちができるのも大きなメリットです。

一度機材をレンタルし、返却〜検品が完了すると同時に予約申請していた機材レンタルの発送がスムーズに行われます。

 

カメラレントの気になるポイント×

1、機材変更は月1回まで

GooPassのカメラ機材レンタルには台数制限がありませんが、カメラレントの機材変更は月に1回までの制限があります。

様々な機種を1ヶ月間で試してみたい人には不向きです。

 

2、返却時の送料 自己負担

カメラレントでの機材レンタルの際の配送料は無料ですが、返却時の送料は自己負担をする必要があります。

 

3、「レンタル補償」別途料金

CAMERA RENTの機材レンタルには補償はプランに付帯されないので、「レンタル無償」350円(税別)の申込が別途機材ごとに必要となりますが、キズや汚れ、破損など修理が必要な場合でもその修理費用の支払いの必要はありません。

 

CAMERA RENTの口コミ

*CAMERA RENTは2019年10月1日に開始したばかりのサービスのため、2020年1月末現在において、口コミの投稿はありません。

 

CAMERA RENT(カメラレント)の料金

[ 料金(税抜) ]

プラン名取扱商品月額料金(税別)
ブロンズプランアクションカメラ、ウェアラブルカメラ、単焦点レンズ、標準ズームレンズ、望遠ズームレンズ、広角ズームレンズ、三脚、ストロボ3,500円
シルバープランデジタル一眼レフカメラ、ミラーレス一眼カメラ、ビデオカメラ、アクションカメラ、ウェアラブルカメラ、単焦点レンズ、標準ズームレンズ、望遠ズームレンズ、広角ズームレンズ、カーボン三脚、トラベラー三脚、ストロボ6,500円
ゴールドプランデジタル一眼レフカメラ、ミラーレス一眼カメラ、ビデオカメラ、単焦点レンズ、標準ズームレンズ、望遠ズームレンズ、広角ズームレンズ、三脚、ストロボ9,500円
プラチナプランデジタル一眼レフカメラ、ミラーレス一眼カメラ、ビデオカメラ、単焦点レンズ、標準ズームレンズ、望遠ズームレンズ、広角ズームレンズ、三脚、ストロボ12,500円

*プランによって利用できる機材が異なります。

[ 配送料 ] 貸出は無料、返却時は自己負担

[ 補償 ] レンタル補償 350円の申込が必要

 

公式HPを詳しく見る

 

 

 

【都度払い】カメラのレンタルにおすすめのショップ2選

1、Rentio(レンティオ)

レンタル可能なおすすめのカメラ・レンズ

種類機材
一眼レフ レンズキット
(ボディー+レンズ)
NIKON D5600 ダブルズームキット
Canon EOS Kiss X9 レンズキット
CANON EOS Kiss X8i テーマパーク向け400mmセット
一眼レフ ボディNIKON D7500、CANON EOS 9000D
一眼レフ レンズCANON EF-M 55-200mm F4.5-6.3 IS STM
CANON EF-S 10-18mm F4.5-5.6 IS ST
NIKON NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR
ミラーレスカメラ
レンズキット
(ボディー+レンズ)
CANON EOS M10 レンズキット
SONY α6400 パワーズームレンズキット
CANON EOS M10 ダブルズームキット
アクションカメラGoPro MAX 360度カメラ、ソニー アクションカム
防水カメラOLYMPUS STYLUS Tough TG-6、Nikon COOLPIX AW130
ビデオカメラSONY 4Kビデオカメラ FDR-AX40
Panasonic デジタル4Kビデオカメラ

Rentio(レンティオ)の3つのおすすめポイント◎

1、取扱商品の幅広さ

プロが使う一眼レフのボディーやレンズから、初心者でも扱い安い機種やレンズキットまで、カメラ機材のバリエーションが豊富なので、Rentioのカメラ機材レンタルは様々な用途に利用できます。

丁寧な対応とサービスやレンタルの流れなどわかりやすさから、満足度が高いレンタルショップです。

 

2、追加でかかる費用が一切なし

機材保証、送料など、追加でかかる費用が一切ないため、レンタル料金の支払いだけで基本的に済みます。

万が一、機材を破損しても最大で2,000円(例外機材あり)の負担と上限が定まっているため、安心して機材を利用することが可能です。

 

3、「都度払い」「月額払い」の2つの支払い方法

レンティオのカメラレンタルでは機材が限定されますが、3泊4日からの都度払いと1ヶ月単位の月額払いのいずれかを選ぶことができます。

その他に「レンタル後購入」の対象商品においては、レンタル料金に追加で代金を支払いすることで購入することができるサービスも行っています。

 

Rentio(レンティオ)の気になるポイント×

1、カメラ機材のメーカーが少ない

一眼レフに関してはキャノン、ニコン、ペンタックスのみを取り扱っているなど、定番のFUJIFILMやSONYの一眼レフがないので、キャノン、ニコン、ペンタックス以外の一眼レフの利用を試していない人には不向きです。

 

2、長期レンタルの最低利用月数

月額レンタルの機材には、最低利用月数が定められていて、そのほとんどは最低3ヶ月間の利用が必要となります。

商品によっては1ヶ月単位でのレンタルができない場合もあるので、月額料金と合わせて最低利用月数の確認が必要です。

 

3、買取可能な商品は限定される

「レンタル後購入」の対象機材は全商品が対象ではなく、限定されたカメラ機材が対象となっています。

カメラ機材を購入する際には、最新の機種や機種の市場価格を調査し、購入の際の金額が適正かどうかを確認した上で購入することをおすすめします。

 

Rentio(レンティオ)の口コミ

サイトが見やすいのではじめて利用したときも迷わずレンタルすることができました。質問があったときはチャット機能でリアルタイムに聞けるのが便利で気に入っています。
ロシアとベトナムに行った際にRentioでレンタルして、現地で使用しました。スマホでは撮れないキレイな写真が撮れて、カメラ好きの友達にも褒められました。一眼レフは重たいですが、ミラーレス一眼軽くて扱いやすかったので、自分用に購入したくなるほど気に入りました。

引用:UD8

レンティオを利用しようとしたきっかけは子供が「運動会でリレーの選手に選ばれたので動画で撮影してほしい」と言われたからでした。それまでは写真のみでビデオカメラを持っていなかったので購入しようかかなり悩みました。やはり新品で購入しようとすると数万円はすることと、日常生活でほぼ動画を撮影する機会がないからです。そうして困っていたところこのサービスにいきつきました。それまではこちらの会社を知らなかったので不安もあったのですが、思い切ってレンタルをしてみました。

1日単位で借りられる上に借りている最中でも延長が可能という点や一緒に付属品も借りられる等かゆいところに手が届くようなサービスがそろっていて感激しました。また借りられるかどうかの在庫もわかりやすく表示されていたり、借りたい機材の説明書きも詳しく記載されていて、問い合わせや疑問を持つことなく気持ちよくレンタル出来ました。返送の際は若干緊張しましたが、返却受けましたとメールも送ってもらえたので非常に安心感を得られました。また利用したいと思います。

引用:UD8

 

Rentio(レンティオ)の料金

[ 料金(税込) ]
Rentryの最低レンタル日数は3泊4日からで、1日単位での追加が可能です。

機材3泊4日月額
一眼レフ レンズキット5,480円〜29,800円6,000円〜15,000円
一眼レフ ボディ2,480円〜59,800円5,000円〜20,000円
一眼レフ レンズ2,480円〜29,800円1,980円〜20,000円
ミラーレスカメラ レンズキット3,980円〜59,800円5,000円〜20,000円
アクションカメラ2,980円〜10,480円1,500円〜10,000円
防水カメラ2,980円〜8,980円2,000円〜9,000円
ビデオカメラ3,980円〜19,800円5,500円〜12,000円

 

[ 配送料 ] 貸出、返送時ともに送料無料

[ 補償 ] 無料(修理代金:最大2,000円)
故意の過失での破損以外においては、破損や故障の保証はレンタル代金に含まれるため、修理代金などは一切かかりません。

また、不注意での万が一破損をしてしまっても、最大で2,000円までの負担金で済みます。

 

公式HPを詳しく見る

 

 

2、Rentry

 

レンタル可能なおすすめのカメラ・レンズ

種類機材
一眼レフ レンズキット
(ボディー+レンズ)
Nikon D5600 ダブルズームキット 18-55 VR + 70-300 VR
Canon EOS Kiss X9 レンズキット
Canon 80D EF-S 18-135 標準ズームレンズレンズキット
ミラーレスカメラ
レンズキット
(ボディー+レンズ)
Canon EOS Kiss M レンズキット
OLYMPUS PEN E-PL9 ダブルズームキット
LUMIX DC-GF9W ダブルレンズキット
コンパクトデジタルカメラSONY CyberShot DSC-RX100M5
360度カメラRICOH THETA V、GoPro Fusion
防水カメラOLYMPUS STYLUS Tough TG-5、Nikon COOLPIX W300
ビデオカメラSONY 4K ビデオカメラ FDR-AX60
パナソニック HC-VX1M
DJI Osmo Pocket

 

Rentryの3つのおすすめポイント◎

1、信頼度が高い33,000件の実績

会員数15,000人、これまでに33,000人のレンタル実績のある「Rentry」では、カメラやビデオカメラなどの撮影機材、ドローンやプロジェクターなど様々なアイテムを取り扱っています。

自宅、ホテル、空港など全国どこでも送料無料のサービスや、万が一の故障や破損の際には保証がついているなどサービス面が充実しているのも利用者が多く満足度や信頼度が高いのも人気の理由です

 

2、初心者向けのレンズキットが豊富

Rentryではカメラ機材は全て、一眼レフカメラやミラーレスカメラは全てボディーとレンズ、さらにSDがセットになったレンズキットでの貸し出しを行なっているため、初心者でも気軽にその使用感を試せるのも魅力です。

さらに、三脚や予備バッテリーがセットになった「運動会セット」や「GoProの初心者セット」、防水カメラの「ダイビング撮影セット」など、イベントや旅行などに活用できる機材セットがラインナップされています。

 

3、レンタル後の購入ができる

Retryで貸出している全機材は、レンタル使用後に使い勝手を試して気に行った場合には、一般的な市場価格で直接商品を購入することができます。

また、撮影後に使用したSDカードのみの買取にも対応しています。

ちなみに、サイト内ではamazon、楽天の商品価格を比較できるようになっているので、目安の金額を知ることができます。

 

Rentryの気になるポイント×

1、交換レンズが少ない

初心者や短期間での利用を目的とした機材レンタルを行っているため、高度な撮影に適したボディのみのレンタルやレンズの単品でのレンタルができません。

 

2、長期間のレンタルには向いていない

最短3泊4日からの機材レンタルが可能なRentryは、短期間の撮影に使用するカメラのレンタルには適していますが、1ヶ月などの長期間のレンタルを行う際には金額が嵩むため、あまり向いていません

 

Rentryの口コミ

Rentry(レントリー)でGoProを借りてみました。
値段が高くて購入を迷っていたカメラ機材でも、気軽に使ってみようと思えるサービスは有り難いですね^^

レンタル期間が終了して使い終わったら、この箱に送り状を貼って、返却すればOKという流れのようです。
シンプルで分かりやすいルールですね。

カメラがすぐに使えるように

  • microSDカード(64GB)
  • キャリーケース
  • アクションカメラ用アクセサリー

が付属していました。
引用元:おちゃカメラ。

レンタル期間中、カメラが故障してしまったり不具合が起きてしまったら電話やチャットでカスタマーサポートに相談しましょう。
故障時だけでなく、レンタル前のお悩み相談にも答えてくれます。

Rentryはレンタル品の故障や紛失、修理などの保障が充実しており、夜間の問い合わせでも翌日すぐに返信が来るので旅先で余計な心配をする必要がありません。
ちょっとした不安もカスタマーサポートに連絡すれば解決できるので、サポート体制が整っているところも信頼できるポイントです。
引用元:関西写真部SHARE

 

Rentryの料金

[ 3泊4日の最低料金(税込) ]
Rentryの最低レンタル日数は3泊4日からで、1日単位での追加が可能です。

  • 一眼レフ レンズキット:5,980円〜  / 追加1日 600円〜
  • ミラーレスカメラ レンズキット:6,980円〜 / 追加1日 700円〜
  • コンパクトデジタルカメラ:5,980円〜 / 追加1日 600円〜
  • GoPro:5,980円〜 / 追加1日 600円〜
  • 防水カメラ:5,480円〜  / 追加1日 600円〜
  • ビデオカメラ:4,980円〜  / 追加1日 500円〜

 

[ 配送料 ] 貸出、返送時ともに送料無料

[ 補償 ] 無料
故意の過失での破損以外においては、破損や故障の保証はレンタル代金に含まれるため、修理代金などは一切かかりません。

 

公式HPを詳しく見る

 

 

 

【番外編】個人間でカメラ貸し借りすれば料金が安い?

カメカリ

レンタル可能なおすすめのカメラ・レンズ

種類メーカー機材
カメラボディーCANONEOS 7D、EOS 5D Mark III、EOS 5D Mark IV
NIKOND7200、D850
レンズキット
(ボディー+レンズ)
CANONEOS Kiss X2
NIKONNIKON D3100
ハッセルブラッド500EL/M
ミラーレス一眼LEICALEICA Q(Typ 116)、D-LUX 5
コンパクトデジタルカメラRICOHGR Digital 2
レンズCANONEF-S10-22mm F3.5-4.5 USM、EF70-200mm F2.8L IS III USM
NIKONAF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR
AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR

 

カメカリの3つのおすすめポイント◎

1、個人間のやりとりなので安価でレンタルできる

カメラやレンズ、照明器具などの撮影機材を個人間で貸し借りができるプラットフォーム「カメカリ」は、出品者が期間や金額を設定するために、安価な金額で様々な撮影機材をレンタルできます。

 

2、トラブル対応の「あんしん補償制度」

レンタル中の機材の破損、水没、盗難などには、カメカリが直接対応してくれる「あんしん補償制度」がサービスには付帯されています。

万が一のトラブルの際にはカメカリに連絡するだけで、対応してくれるので安心して機材を利用することができます。

 

3、撮影機材のバリエーションが豊富

人気のニコンやキャノンなどのカメラに加え、ハッセルブラッドやライカなど高級カメラ、プロフェッショナル用の360度カメラ「Insta360 Pro」なども出品されているので、今まで利用してみたことのない機材を実際に使ってみることができるのも魅力です。

 

カメカリの気になるポイント×

1、直接受渡しが多い

機材の受渡しは、郵送か直接受渡しの2種類ですが、多くのユーザーが直接の受渡しを希望しているため、出品者の希望する受渡し場所で受け取ることができるかが難しい可能性が高いです。

 

2、郵送の場合、送料は不明

郵送でのレンタルが可能な場合には、送料があらかじめ定まっていないため、別途送料の負担の必要があり、送料の交渉をする必要があります。

 

3、自分の地域での出品者を見つける必要がある

気に行った機材をみつけても、出品者が受渡し場所の指定をしている場合には、特定の場所での受け取りが必要となるため、自分の地域での受け取りが可能な商品を探す必要があるのですが、WEBサイト上ではエリア検索などの機能がないために、商品をみつけても受取りが難しい場合が多いようです。

 

カメカリの口コミ

友人の付き合いでカメラ撮影の手伝いをしていたところ自分でも撮ってみたいと思うようになりカメカリの利用を始めました。買うのはちょっと高いけどお試しでやってみたいなという方にはお勧めです。
一泊二日からのレンタルが出来るので趣味で撮影する方、旅行などで家族写真を撮りたい方にはぴったりだと思います。機材はレンタル品なので多少の使用感はありますが使用には全く問題ありません。
カメラは高価なものなの故障などのトラブルも心配でしたが保証制度も利用できるので安心してレンタル出来ました。

引用:UD8

今回だけどうしてもあのレンズが使いたい、そんな時に毎度毎度レンズを購入するわけにもいかないので大変助かっています。
ライトユーザーよりヘビーユーザーの方が有難いと感じるサービスではないかと感じます。買うまではしないけど、マニアックなので使ってみたいというカメラも多く、レンタルという事で気軽にそういったカメラを使えて良いです。
レンズの購入前のお試しにも大変役に立っています。ですので、今後もレンズ、カメラ共に利用すると思います。

引用:UD8

 

カメカリの料金

[ 料金の一例 ] 1泊2日の料金

  • CANON EOS 5D Mark IV:4,500円〜
  • NIKON D850:7,000円〜
  • CANON EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM:2,000円〜
  • NIKON レンズ AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR:3,800円〜
  • LEICA Q (Typ 116) : 10,000円〜

*金額は各出品者の機材の状態によって異なります。

 

公式HPを詳しく見る

 

 

カメラのキタムラのレンタルサービスは終了してしまったの?

全国に約700店舗展開している写真用品店チェーン「カメラのキタムラ」では、2009年の10月より全国76の旗艦店 でカメラ機材のレンタルを行っていましたが、2012年8月末に機材レンタルサービスを終了しているため、現在はカメラのキタムラでカメラ機材をレンタルすることができません。

 

まとめ

撮影機材レンタルには、都度払いと一定月額払いの「サブスクリプション」の2種類があり、どちらも用途によって活用できるサービスです。

「一眼レフカメラは使ってみたいけど高価だし、頻繁には使わないし・・・。」なんて思っている人は、一度これらのサービスを使ってみてはいかがでしょうか。

また、いつもスマホのカメラで手軽に撮影してる人も、特別な日は一眼レフカメラなど高性能のカメラを使って、とっておきの写真を残してみるのもおすすめです。