記事作成日:

キスマークの上手な付け方をレクチャー!初心者でも簡単綺麗なキスマを付けるコツ

広告

パートナーにキスマークを付けたいけれど、付け方が分からない、上手く付けられないという方もいるのではないでしょうか。

キスマークの付け方というのは、なかなか友人などにも聞きにくいものです。そこで今回は、初心者でも簡単にキスマークを付けるコツをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

キスマークは実は「内出血」!

キスマークはどのようにして肌に付くのでしょうか。実はキスマークは内出血であり、唇で肌を吸った部分の毛細血管から出血することでキスマークとして現れるのです。

「吸引性皮下出血」というケガの一種で、肌を強く吸うことで皮膚のすぐ下の毛細血管が破れ、アザとなって赤く色が付きます。愛の証ともいわれるキスマークですが、相手に内出血というケガをさせることなのだと理解しておきましょう。

キスマークの上手な付け方&コツ

キスマークを上手に付けられない、付け方が分からないという方もいるでしょう。なかなか上手くいかないからといって無理やり付けようとすると、相手が痛がってしまうこともあるので注意が必要です。

印を上手に付けるためには、いくつかコツがあります。ここでは、上手にキスマークを付ける簡単な方法とコツをご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

唇を湿らせる

1つ目のポイントは、唇を湿らせることです。乾いていると唇と肌の間に隙間ができやすく、しっかり跡が付きません。隙間があると空気が入り込んでしまい、吸っても力が分散して強く吸引できないのです。そのため、少し唇を舐めて湿らせておくようにしましょう。

唇と肌を密着させる

2つ目のポイントは、唇と肌を密着させることです。1つ目のポイントでご紹介したように、唇と肌の間に隙間があると上手に跡を付けることができません。

空気が入り込まないようにしっかり密着させ、真空状態にしてから吸引することで跡が付きやすくなります。密着しづらい時には、自分の唇だけではなく相手の跡を付けたい肌の部分も舐めて濡らしておくと、より密着して吸引力がアップするでしょう。

強く吸い上げる

3つ目のポイントは、強く吸い上げることです。キスマークは、通常のキスと同じようにしても跡は付きません。しっかりと印を付けるには、唇で吸う力で内出血を引き起こさなければいけないため、ある程度は強い力で吸い上げる必要があります。

マークを付けたい部分を決め、唇を湿らせてしっかり密着させたら、強く吸い上げていきましょう。この時、唇の形は「う」の形にしてすぼめ、口の中を真空にし、空気を残さないようにするイメージで行うのがコツです。吸い始めたら動かさずに、10秒程度キープするようにしましょう。

繰り返し吸う

4つ目のポイントは、繰り返し吸うことです。必ずしも1回で付けなければいけないという決まりはありませんし、実際に1回でしっかり跡が付かないことも多くあります。

1回で付けなければ、と無理に吸い過ぎて苦しくなってしまったり、相手に痛い思いをさせないように注意しましょう。キスしたり舐めたりしながら、何度も同じ場所を繰り返し吸っていくと跡が付きやすくなり、形もきれいになります。

キスマークを付ける場所と意味

キスマークを付ける場所というと、どこをイメージするでしょうか。定番は首ですが、胸や太ももなどの身体に付けるケースもあるでしょう。実は、印を付ける場所によって異なる深層心理が隠れていると言われています。ここでは、キスマークを付ける場所ごとの意味をご紹介していきます。

場所と意味①首筋

首筋は、キスマークを付ける場所として定番でしょう。皮膚が薄いため、跡を付けやすい部分でもあります。そんな首筋はマークを付けると目立つ場所であり、首筋に跡を付けるというのは相手に対して強い執着心があることを意味しています。

「誰にも取られたくない」「独占したい」という心理から、他人からも見られやすい場所である首筋にマークとして「自分の印」を付けるのです。

場所と意味②胸

胸は男女が愛し合っている最中に、流れで自然とキスマークが付きやすい部分です。お互いの顔が近い状態で付けられるので、相手の反応を見ながら付けられるのも魅力ですが、胸元が開いている服を着ると見えてしまいやすい部分でもあります。

ただし、胸元は通常人からは見えない場所であり、パートナーだからこそ見られる・触れられる場所です。そんな胸に印を付ける行為には、今の相手との関係に満足している、これからも独占したいという心理が隠れています。

また、男性が女性の胸に跡を付ける場合には「他の男性には取られたくない」という、自分の所有物としてアピールする心理もあると言われています。

場所と意味③太もも

太ももは、特に内側の皮膚が薄く柔らかいのでキスマークを付けやすく、跡が長くキープできる部分です。また服を着れば隠れる部分であり、目立たず他人から見られないので、跡を付けられても困らない場所でしょう。

そんな太ももにキスマークを付ける意味は、他の場所と同じように「支配したい」「独占したい」という心理の他にも「甘えたい」「ずっと一緒にいたい」という思いが込められています。

強い独占欲から太ももに付けた場合には、太もも以外の場所にも印を付けているケースも多いです。また太ももは服を脱いだ時にしか見えない場所なので、脱いだ時に「自分を思い出してほしい」という心理もあると言われています。

場所と意味④お腹

お腹も太ももと同様、通常は他人から見られる心配がない場所であり、キスマークを付けるのにおすすめです。お腹にキスマークを付けるのは「相手の女性に癒されたい」という心理や安心感の表れだと言われています。特に男性が女性のお腹に跡をつけたがるのは、お腹への愛着からだと考えられています。

男性は女性の柔らかそうなお腹に顔をうずめることで、包み込まれるような安心感を抱くのです。女性のお腹は子宮のあるところで、自分が赤ちゃんのころにいた場所です。そのため、母性を感じたり「将来は2人の赤ちゃんが欲しい」と考えている可能性もあるでしょう。

キスマークを付ける時の注意点

キスマークは愛情表現でありスキンシップの1つ、愛の証とも言われますが、相手に内出血を負わせて肌に跡を残す行為です。場所によっては、他人から見られてしまう可能性もあるでしょう。

そのため例え恋人同士であっても、キスマークを付ける時には相手のことを考え、一方的に行わないことが大切です。ここでは、キスマークを付ける時に注意しておきたいポイントを3つご紹介します。

注意点①相手に確認してから付ける

恋人同士であっても、相手の気持ちを確認せず一方的に付けるのは避けましょう。愛情からキスマークを付けているつもりでも、嫌がっていたり気分が乗らない相手に無理に付けると、関係が気まずくなったりケンカに発展してしまう可能性もあります。

相手にも仕事や学校があり、家族など一緒に暮らしている人がいることもあるでしょう。また、キスマークは相手の肌にアザを残すことになるので、身勝手にしていいことではありません。相手のことを大切に思うのであれば、必ず事前に相手に確認し、同意を得てから付けるようにしましょう。

注意点②相手が困らない場所に付ける

キスマークは恋人同士の愛情表現の一つではありますが、他人から見て気持ちの良いものではありません。特に社会人の場合は、目立つ場所にキスマークがあるとイメージが悪くなってしまうでしょう。キスマークを付けること自体は良いけれど、場所によっては困ってしまうケースは多くあります。

大人として、相手や周囲への配慮は必要です。そのため、跡を付ける場合には相手が困らない場所に付けるようにしましょう。首や手などは、服からも出てしまい隠せないので、服を着て隠せる部分がおすすめです。

注意点③痛みがある場合はすぐに中止する

キスマークというのは、皮膚を強く吸うことで内出血させ、跡を付ける行為です。そのため、人によっては痛みを感じることがあります。「なかなか上手に付かないから」「濃い印を付けたいから」といって強めに吸い過ぎると、相手が痛みを感じて「やめて」と言われ、気まずくなってしまうでしょう。

痛みがあるのに無理に続けると、アザが消えにくくなってしまうこともあります。痛がっていないか、相手の気持ちをしっかり確認し、少しでも痛みがある場合にはすぐに中止し安全第一で行うようにしましょう。

キスマークは愛情表現の1つ!

今回は、初心者でも簡単にできるキスマークの上手な付け方を解説しました。キスマークは、コツさえ掴めば無理なくきれいな印を付けることができます。ただしキスマークは相手に内出血をさせる行為であり、痛みを感じたり付ける場所によっては相手の迷惑になってしまうこともあります。

2人の関係を良好に保つためにも、キスマークを付ける時には相手への配慮を欠かさず、同意を得てから行うようにしましょう。キスマークを上手に付けたいという方は、ぜひ今回の記事を参考にキスマークで愛情表現してみてください。

その他の関連記事はこちらから