記事作成日:

【緊急】キスマークの消し方・隠し方をご紹介!それでも指摘された時の言い訳は?

恋人とのスキンシップでできてしまったキスマーク。愛情表現で嬉しいと感じる反面、首筋など服を着ても目立つ場所にあると人の目が気になってしまいます。そこで今回は付いてしまったキスマークの消し方・隠し方をお教えします。また、指摘された時の上手な言い訳方法もご紹介しているので、もしもの時の為に覚えておきましょう!

キスマークは内出血を起こしている状態

キスマークとは、唇で肌を吸われたことでできる赤いアザのことです。強く吸われて内出血を起こしている状態で、キスをしただけで簡単につくものではありません。

激しくキスをした結果、無意識で付けてしまうこともありますが、意図的にキスマークを付けようとする男性も多いです。キスマークを付ける男性心理は、独占欲・支配欲・束縛・浮気防止・困る顔が見たい・いつでも自分を思い出してほしいなど、願望の表れとも言われています。

中には、ふざけてキスマークを付け合うカップルもいるでしょう。キスマークはコツさえ掴んでしまえば簡単に付けることができるので痛みを感じることはありませんが、力任せに吸ってしまうと痛みを生じる場合もあります。

キスマークの消し方

愛情表現の1つでもあるキスマークを、付けられて嬉しいと感じる方もいれば、恥ずかしいと嫌がる方もいます。キスマークは軽い内出血程度なので時間が経てば自然と消えるものですが、やはり服から出てしまう首元にバッチリ残っていると困ってしまうでしょう。

ここでは、キスマークを早く消す方法をご紹介します。目立つ場所にキスマークを付けられてしまった方は、慌てる前に是非以下の方法を試してみてください。

消し方①付いてすぐなら冷やす

付いてすぐのキスマークなら、まずは冷やすのがおすすめです。スプーンを冷凍庫に8~10分ほど入れ、スプーンの裏の部分で内出血している箇所を軽く押し付けて冷やしてみてください。

これは皮膚科医もおすすめする方法で、冷やすことで血管から皮膚へ血液が染み出すのを最小限に抑え、治りを早めてくれます。スプーンが温まったらまた冷やし、数回繰り返すと効果的です。

消し方②シャワー・カイロで温める

時間が経ってキスマークに気付いた場合や、4日以上消えない場合は、冷やすのではなく温めてみるのも効果的です。弱めのシャワーをあてたり、湯船にゆっくりつかったり、蒸しタオルやカイロ、温湿布を使用するなどして患部を温めてください。十分温めて血行を促進し、内出血を散らすことで治療が早まります。

消し方③馬油・軟膏を塗る

内出血の治療には、馬油や軟膏に頼るのもおすすめです。馬油には保湿・抗酸化・殺菌・抗炎症・血行促進の効果があり、キスマークを早く消せる可能性があります。

軟膏は“ヘパリン類似物質”という成分配合のものが◎です。血液を固まりにくくし、血行を促進する作用があります。馬油・軟膏とも、キスマークの周囲をやさしく撫でるようにマッサージしながら塗布してください。

消し方④レモンパックをする

キスマークを消すには、レモンパックを試みるのもおすすめの方法です。レモンに含まれるビタミンCには、炎症を抑える効果があり、血管を膨張させて血流を促す働きがあります。また、皮膚の再生力を促す効果もあるので、キスマークの有効な消し方と言えるでしょう。

レモンは薄くスライスし、内出血部分にのせて落ちないようテープで固定してください。1時間ほど放置しますが、できれば1日中付けておく方か更に効果が期待できます。

早い方ではこれだけで目に見えて分かるほど薄くなるでしょう。ただし刺激が強いので、肌が弱い方は必ず手の甲などでパッチテストをしてから行ってください。

消し方⑤ブラシでなぞる

肌に刺激を与えるのも、血行を促してキスマークを早く消すのに役立ちます。外出先でキスマークに気付き、蒸しタオルや温湿布、カイロがすぐに用意できない時は、手持ちのヘアブラシやクシを患部にあて、やさしくなぞってマッサージしてください。

ブラシで刺激するだけで血行が十分に良くなり、治りを早めてくれます。自宅の場合は、お風呂に入りながら歯ブラシで軽くマッサージしてあげるのもおすすめです。

キスマークの隠し方

キスマークの消し方をご紹介しましたが、どれも即効性のあるものではありません。「服を着ても目だってしまう…」、そんな時は治るまでの間キスマークを隠して誤魔化してしまいましょう!以下に上手なキスマークの隠し方をご紹介します。

隠し方①衣類で隠す

服を着れば見えない場所にある場合は、衣類で隠してしまうのが最も手っ取り早い方法です。首筋にキスマークがある場合は、スカーフや冬であればタートルネックやマフラーで隠すこともできます。ただし脱ぐと意味がなくなってしまうので、夏のファッションでは少し厳しいかもしれません。

隠し方②ファンデーションやコンシーラーで隠す

見える箇所のキスマークには、クマやシミ隠しに使うコンシーラーを使うのも◎です。色浮きしないよう、メイク下地とファンデーションを塗った上から、コンシーラーを重ねて上手く誤魔化しましょう。

汗や皮脂で落ちてしまわないよう、ウォータープルーフのものがおすすめです。どこまで消せるかは内出血の度合いとメイクの腕にもよりますが、近くで見られるとバレてしまう可能性もあります。

隠し方③絆創膏や虫刺されパッチで隠す

肌色の絆創膏や虫刺されパッチを使うのは、キスマーク隠しの定番です。キスマークがいくつもある場合は難しいですが、1つであれば何とか言い逃れもできるでしょう。

絆創膏は目立たないよう、両端をカットするのがおすすめです。定番過ぎる方法なので、特に首筋などは怪しまれることもありますが、もし聞かれた際は「油が飛んだ」「引っかいた」などと上手く誤魔化してください。虫刺されパッチは、そのまま「虫に刺された」で逃れましょう。

隠し方④髪型やアクセサリーで隠す

髪が長い女性は、首筋のキスマークを髪型で隠すこともできます。先に紹介した絆創膏やコンシーラーと合わせると更に目立たなくなるでしょう。髪をキスマークが丁度隠れるように下すのがポイントです。キスマークがあることを忘れて、束ねたり耳にかけたりしないよう気を付けましょう。

また、大きめのネックリスやチョーカーなど、アクセサリーで隠す方法もあります。ただし、揺れるチャームが付いていたりすると、逆に首元に目が行きやすくなってしまうので注意が必要です。

キスマークを指摘された時の上手な言い訳

キスマークを上手く隠して誤魔化すのが一番良いですが、時には指摘されてしまうこともあるでしょう。最後は、こうした場合の上手な言い訳をお教えします。「どうしたの?」と聞かれた時は、慌てずサラリと言い訳して逃れてしまいましょう。

言い訳①虫に刺されてしまった

夏場であれば「虫に刺された」で乗り切りましょう。虫刺されはよくあることのなので、比較的疑われずに済みます。先にご紹介したように、ダミーとして虫刺されパッチを貼るのも良い方法です。

ただし冬に虫に刺されたは通用しないので、他の言い訳を考える必要があります。絆創膏を貼って、自分で掻きむしった、ペットに引っ掻かれたなどが怪しまれないでしょう。

言い訳②ヘアアイロンで火傷してしまった

ヘアアイロンを使ったことがある方なら、首に触れて火傷したこと、しそうになったことがあるのではないでしょうか。火傷と内出血の跡はよく似ているので、「ヘアアイロンで火傷した」という言い訳も使えます。

髪が短い方であれば、「料理中に油が飛んで火傷した」でも良いでしょう。火傷と内出血はよく見れば違いが分かりますが、パッと見判断が付かないのでとっさの言い訳におすすめです。

言い訳③金属アレルギーが出てしまった

金属アレルギーのせいにするのもかなり有効です。金属アレルギーの症状は赤くかぶれ、金属アレルギーなのにキスマークと間違えられた…と逆パターンもあるほどよく似ています。特に目立ちやすい首筋は、ネックレスが原因と言い訳できるので、大抵信じてもらえるはずです。

キスマークを指摘された時は、金属アレルギーでかぶれた、掻きむしった、と言えば、それ以上突っ込まれることなく、うやむやにすることができるでしょう。

キスマークで困った時は緊急の消し方・隠し方を試してみて!

恋人との甘い夜を過ごした後、翌朝鏡に映るキスマークに困ったこともあるでしょう。周りの人にバレないためにも、目立つ場所にあるキスマークは少しでも早く消しておきたいものです。もしもの時に慌てないためにも、すぐに実践できるよう、緊急でできる効果的な消し方や隠し方を覚えておきましょう。

それでも万が一指摘された時は、上手に言い訳をしてその場を乗り切ってください。もしキスマークを頻繁に付けられて嫌な場合は、正直に相手に話して、理解してもらうことも大切です。

その他の関連記事はこちらから