記事作成日:

綺麗になりたい人必見!綺麗になるための秘訣や方法を徹底解説!

女性ならば、いつだって綺麗になりたいと思っているでしょう。綺麗になるためには外見を良く見せる努力だけではなく、内面を美しくする必要もあります。とはいっても、何から始めればよいのか迷ってしまいがち。本記事では、綺麗になるための秘訣や実践すべき方法を解説します。

努力次第で誰でも綺麗になる!

女性は誰でも、綺麗になりたいという願望は必ず持っています。それを手に入れるために、日夜様々な努力に励まれている事でしょう。そんな努力を続けていくことで、果たして本当に綺麗になれるのか、結論から言えば、努力次第で誰でも綺麗になれます

今まで何となくやっていたメイク、簡単にできるからと簡素にしていた髪型1つ取っても、アプローチの仕方を変えるだけで周りが自分に持つ印象というのは予想している以上に劇的に変わるものですし、顔の形より、全体の表情、雰囲気に意識を向ける事で、綺麗を作れます。

勿論、努力をした結果というのはすぐに出てくるものではありません。綺麗を求めるのなら猶更です。ですが、何事も継続する事が大切であり、取り組み続けた先に待っています。

誰でも綺麗になる秘訣

綺麗になる方法は、今すぐにでも実践したいところでしょう。気持ちは十分に分かりますが、望む結果を得るためには、秘訣を覚えておきましょう。いわゆる心構えのようなもので、これから綺麗になるための努力をする上では忘れずに心に留めておいてください。

秘訣①「綺麗になりたい」気持ちを大切に

第一に大切なのは「綺麗になりたい」と思ったその気持ちを大切にする事です。綺麗になりたい、という目標は共通にあるとして、なぜ綺麗になりたいと思うようになったのか、その動機は人それぞれでしょう。彼氏が欲しいから、モテたいからなど色々とあります。

そういった根本の動機は何であれ、今の自分から外見的、もしくは内面的に成長して変わりたいと思ったのであれば、その気持ちは忘れずにずっと持ち続けていてください。実践する中できつい事もあるでしょうが、その時になぜ綺麗になりたいと思ったのかを思い出せば、乗り越えられるようになります

現状よりも良くなりたいと思っている時点で、既に最初の一歩目を踏み出しているのと同じ事です。動機はすなわち目標にもなりますから、やり遂げるその日まで大切にしてください。

秘訣②余裕のある心を

2つ目は、心に余裕を持っておくことです。自分が思い描く綺麗な人間というイメージ、自分が到達したい理想像を思い浮かべてみましょう。おそらくそのイメージの中の自分は、自分に自信を持ち精神的に余裕を持っている筈です。

心の余裕を持つという事は、特に内面を綺麗にするために非常に重要とされています。心に余裕が無いとネガティブな事ばかり考えてしまいがちで、そうなると視野もどんどん狭まってしまい、悪い結果ばかりの悪循環に陥ってしまう可能性が高いです。

後述するように、綺麗になるのはそう早くできるものではありません。ですが、それはどんな人であっても同じ事です。焦る必要はありませんので、余裕を持って努力をしましょう

秘訣③継続が大事

3つ目の秘訣は、継続が重要であるという事です。例えば外見を綺麗にしたいからダイエットをはじめ、スキンケアなども念入りにしようと思ったところで、実際に行動に移す事自体至難の業です。始められたとしても、3日坊主で終わってしまう可能性は否定できません。

またある例として、内面的に綺麗な人間を目指したいから、悪口を言わずに良いところを見つけるようにしようと決めたとして、意識的に取り組み続けなければ定着させることは難しいです。この様に、綺麗になるのは、外面、内面両方とも一朝一夕で終わるものではないのです。

すぐに結果が欲しい気持ちは痛いほどわかります。ですが、そんなに早く綺麗になれれば誰も苦労はしていません。長いスパンで取り組む事を最初から理解し、じっくりと進めていきましょう。

綺麗になる方法【外見】

以上、努力によって誰しもきれいになれる可能性を秘めている事、実践する上で覚えておいてほしい秘訣を解説してきました。ここからは、本題となる綺麗になるための方法を解説します。まずは外見を綺麗にする方法を各種紹介しましょう。

方法①背もたれを使わない

まず1つ目の方法は、椅子に座った時に背もたれを使用しない事です。椅子に座るときなどは、大抵背もたれに背中を預けている事でしょう。なぜならば、体重を預けておけますから、その方が楽だからです。しかし、綺麗になるのならばお勧めはできません。

というのも、背もたれを使っている時には体は猫背の状態になっています。そうなると骨盤の部分が後ろに偏ってしまい、ぽっこりとしたお腹を作り出す原因になるのです。とはいえ、これまでずっと背もたれを使ってきたのに、いきなり完全に頼らないのも難しい話です。

そこで、座る椅子にバッグ、もしくはクッションを用意しておき、後ろから骨盤を支えるようにしましょう。これなら自然と骨盤が立った状態になり、良い座り方が維持できます。

方法②肌や髪のケアをする

2つ目は、髪や肌のケアを怠らない事です。メイクや服装といった、目立つ部分に気を遣っていたとしても、肌や髪がしっかりケアできていなければ、実年齢よりも老けた印象を与えてしまいがちです。特に30代、40代と年齢を重ねてくると、より顕著になります。

勿論若い世代の方たちであっても、何のケアもしないままと入念にいたわっているのとでは大きな差があります。肌は起床時やお風呂上りなどに洗顔、化粧水を使って乾燥を防ぎ、外出するのなら紫外線対策も欠かせません。

髪の毛については、月に一度程度の頻度で美容院に行けると理想的です。これまで特に髪に頓着してこなかった人の場合、数回美容院で手入れをしてもらうだけでも印象はがらりと変わります。

方法③自分に似合うファッションを見つける

服装については、着たいものよりも、似合うファッションに合わせるようにしましょう。勿論着たい服があるのならそちらに興味が行くところではありますが、綺麗に見せたいのであれば、自分に似合うファッションスタイルに合わせる方が近道です。

自分を綺麗に、そしてオシャレに見せるためには、何よりも自分を知る事が必要になります。具体的な方法としては、骨格診断で体型や肌質に合ったデザインを見つける、パーソナルカラー診断で肌や目の色と相性の良い色を導き出すなどがあります。

好きな服を着たい気持ちは十分わかるものではあります。ですが、自分を素敵に見せるファッションというものが誰でもあるものです。今まで手に取ってこなかったものから新しい発見があるかもしれません。

方法④適度に運動する

適度な運動は、健康においても綺麗を求めるうえでも大切です。現状太りすぎで困っているのであれば、痩せる努力によってコンプレックスだった体型が解消され、分かりやすい効果として現れます。

一見太っていない体系の方であっても、所謂寸胴体型と言われる、筋肉量が少なく締まりのないパターンが多いです。体重が重くないとは言っても、魅力的な体系をしていなければ綺麗とは程遠いでしょう。

お勧めしたい適度な運動としては、ウォーキングが挙げられます。自宅の最寄り駅よりも1つ前で降りて、家まで歩いてみましょう。10分以上歩ける時間を設けられれば、誰でも無理なく実践できます。

方法⑤アクセサリーで華やかさUP

勤務中にアクセサリーを使用するのが特に問題ないのであれば、ピアスやイヤリングをはじめとしたアクセサリーで華やかさをプラスしてみましょう。この時、縦長で揺れやすいデザインのものだと尚良いです。

人間の目は、静止しているものよりも動いているものに行きがちです。イヤリングなどのアクサせりーはまさにそれを狙ったものであり、顔全体を明るく見せ、華やかさをアップさせてくれますので、異性ウケもばっちりです。あまり張り切る必要はありませんので、リーズナブルで自分に合う物から使い始めてみましょう。

方法⑥香水をつける

香りに働きかける香水を使うのも効果的です。綺麗になりたいと思うとどうしても外見の特徴を良くする努力に目が行きがちですが、異性、同性両方からそう思われたいのであれば、香りへのアプローチも必須と言えます。

良い香りがする人というのは、それだけで清潔感を感じさせられるなどプラスの効果がありますが、男性、女性共に効果てきめんなのが、フローラル系の香りとされています。もしも香水の匂いが強すぎると感じるのなら、ボディクリームなどを使ってさりげなくいい香りを身にまといましょう。

注意してほしいのが、香水の付けすぎです。ワンプッシュだけで十二分なのですが、何回もプッシュするときつい匂いになってしまいます。すれ違った時にフワッと香るくらいが丁度良いのです。

方法⑦良質な睡眠

睡眠は、美容を得るためにも最も重要とさえ言われています。綺麗な肌を作る新陳代謝には成長ホルモンが深く関係しており、このホルモンは睡眠中、その中でも深い睡眠をしている時間帯に特に多く分泌されるようになっています。

その為、如何に良質な睡眠を得られるか、つまりぐっすりと眠りにつけるかが重要になるのです。深い眠りを確保するためには、眠る時間と目が覚める時間を常に一定時刻にする事、眠るまでに脳と体を疲れさせる、リラックス状態になるなどがあります。

睡眠のベストな時間というのは、5時間だったり8時間だったりと個々人によって異なりますが、出来る限り同じ時間を毎日確保できると理想的です。

方法⑧栄養バランスの整った食事

睡眠と同じく大切なのが、栄養バランスが整っている食事を如何に摂れるかどうかです。よくダイエットで食事制限をする手法が見受けられますが、これによって栄養が偏ったり、不足してしまうと骨や筋肉の成長を妨げます。

そうなると、かえって体系のバランスが崩れたり、顔色を悪くしたりと望む結果が得られません。綺麗な人というのは、共通して臓器などの体の機能が正常であり、それはタンパク質や炭水化物、野菜などバランスよく栄養が摂れるように考えているからです。

主催が少ない場合には乳製品を食べてたんぱく質を確保する、野菜が少なめであるのなら野菜ジュースなどでビタミンを補填するなど、工夫が大切です。一日に1回は、一汁三菜の食事ができると良いでしょう。

綺麗になる方法【内面】

以上、外面を綺麗するの為の方法をいくつかご紹介しました。秘訣の中でも述べたように、どれも継続する事で始めて効果が出始めるものですから、焦らずに取り組み続けましょう。そして、より意識的に取り組む必要があるのが、内面を綺麗にする方法です。

方法⑨デジタルデトックスの時間をとる

1つ目は、デジタルデトックスの時間を確保する事です。デジタルデトックスというのは、パソコン、スマートフォンなどでSNS等の情報を得られる物から意識的に距離を置き、入ってくる情報をシャットアウトする事です。

これを行う意味は、自分と周りとの比較をしないようにする為です。TwitterなどのSNSやLINEなど、ずっとやり取りやチェックをし続けていると周りがいまどうしているのか、何をやっているのかばかり気になって、それらが目に付いたときに無意識に比較してしまいます。

他人の過ごし方ばかり見ていても、自分の過ごし方が大きく変わるわけではありません。他人は他人、自分は自分と割り切るためにも、デトックスが必要であり、こうした「情報の断捨離」も大切です。

方法⑩ミーハーな気持ちを持つ

2つ目は、ミーハーな気持ちを持つことです。ミーハーと言えば、それまで興味を持っていなかったけれど、世間で流行りだすと自分もそれに乗っかる事を指す言葉ですが、良い意味でこのミーハーさを持つことが推奨されています。

例えば、シーズンが変わるごとにコスメの新色が出ますが、できるだけ様々な色や質感などを調べてみて、その中から自分に合いそうなものを試してみるのです。店頭に行くのが難しいご時世ではありますが、雑誌やウェブなどでチェックしてみましょう。

あまり顔に派手な色を乗せるのが好きではないというのであれば、ベージュなどの定番やベースのメイクを新作物に一新するというのも1つの手です。質感やカラーリングに思った以上の違いが出て、新しい表情が楽しめるかもしれません。

方法⑪笑顔

笑顔を忘れてはいけません。自分の周りに、常に笑顔でいる人がいないか思い浮かべてみましょう。おそらくその人の周りは笑顔であふれている筈です。どれだけ外面を良くしても、笑顔の無い無表情なままでは、近寄りがたいという印象を与えてしまいます。

誰であっても、笑顔というのは魅力的な自分を演出する非常に強力な武器になります。もし自身が無いというのならば、練習をしてみましょう。鏡の前で、自分が理想的な笑顔ができているのかチェックをします。

ポイントは、口角をしっかりと上げる事です。そのためには、口だけではなく頬を上に挙げるようなイメージで笑顔を作ります。スマートフォンで自撮りをしてみて。客観的にチェックするなどの方法もお勧めできます。

方法⑫悪口や陰口を言わない

他人の悪口を言っている自分の姿を想像できるでしょうか?心と表情は密接に連動していると言われており、それに倣って考えるのであれば、他人の陰口や悪口を言っている時の自分は、目つきが悪く褒められた顔をしていないでしょう。

常識的に考えてみても、悪口を言う人の事を本当の意味で綺麗だと言えるかと言われれば、答えはノーでしょう。間違いなく尊敬される人間には映らないでしょうから、逆に人の長所や褒めるべき点を意識的に探してみてください

内面が綺麗とされる人ほど、こうした人の長所探しを忘れずに行っています。また、見つけた時には本人にその事を伝えて褒める事も怠っていません。相手は間違いなく悪い気はしていない筈ですから、褒め上手になれる努力が大切です。

方法⑬ストレスを溜めない

人間にとって、ストレスというのはどれほど大きな影響を及ぼすか計り知れません。これは美しさに関しても同じことが言え、ストレスの蓄積によって身体機能が低下すると、ホルモンバランスが崩れて自律神経にも悪影響があります。

内面を綺麗にするだけではなく、外面も併せて綺麗になるのであれば、心身ともに健やかになれるストレス解消法を知るのが一番の解決策です。そして誰しもに効果があるのが、十分に休息を取る事です。

十分な休息とは、先に挙げた質の良い睡眠時間の確保に他なりません。。就寝直前にはストレッチをする、間食をしないなどのルールを決めておき、心と体をしっかりと休めるようにしてください。

方法⑭身近な人の長所を探す

悪口、陰口を言わない中でも述べた通り、身近の人の長所を探す事をお勧めします。周りから好かれている人というのは、人間関係を大切にしている傾向があります。特に付き合いが長い人になれば、少なくない時間を一緒に積み重ねてきた、自分にとって非常に貴重な存在であると捉えています。

一緒にいる期間が長くなれば、その分相手の悪い部分がどうしても見えてきてしまうものですし、そちら側に目が行きがちです。それを指摘するのも友人の為に大切な事ではありますが、折角なら関係は良好なままが良い筈です。

対して長所というのは、しっかりと意識を向けて注視していなければ分かりにくいものです。そんな長所を見つけ、言葉にして褒める事が出来れば、相手も良い気分になれますし、自分の事ももっと見てくれるようになるでしょう。

綺麗になるための年代別おすすめメイク

年を重ねても、女性であればメイクは欠かすことなく行いますし、自分を綺麗に見せるための大切な要素の1つでもあります。年代によって、魅力的に見せられるメイクの仕方が異なっていますので、最後に年代別のお勧めのメイクの仕方を解説します。

20代におすすめのメイク

まず20代の方は、可愛さを感じさせられるメイクがお勧めです。特に20代前半の方は、フレッシュさ、ピュアさといったある種の子供らしさも演出できる年代です。透けるような透明感のある若い肌質に、優しいメイクが良く似合います

強すぎるメイクは、見る人にやりすぎていると感じさせてしまいますので、派手すぎないナチュラルなメイクの方が若い方には似合います。そんな中にも、くすんだピンクやカーキなど、流行っている色をプラスする事で、輝いている雰囲気になれます。

20代後半の、前半よりも大人な印象を演出できるようになってきたときには、ベースとなるメイクは肌のケアから徹底してしっかり行いましょう。やりすぎが御法度なのは前半と同じですが、程よく強調したい部分にポイントメイクができると、大人っぽさを醸し出せます。

30代におすすめのメイク

30代になっても、20代で使っていたメイク道具をそのまま使う、というのはあまり推奨できません。例えば、アイメイクで目の周りを黒くしすぎたり、発色の良いチークなどは年代に合っておらず、浮いたメイクになってしまいます。

育児や仕事など、様々な場面で様々な人と会う事も多くなる30代は、どこで誰と会っても好感度高く映る、優しめのナチュラルメイクがお勧めされています。重要になるのは、20代のアイラインやマスカラなどを盛っていく足し算とは逆の、引き算メイクです。

肌のハリの衰えやシミなどは、気づかないうちに出てきてしまうものです。まずはベースとなる肌作りを徹底し、そのうえでコンシーラーなどを使用してカバー、目の周りやチークも肌になじむものをチョイスするなど、決して攻めすぎないようにしましょう。

40代におすすめのメイク

40代の方も、メイク前のベースとなるスキンケアを必ず大事にしてください。それを怠って、乾燥したままの状態の肌にベースメイクをしたとしても、いくら経験をしてきて上手でも老けた印象の粉っぽい仕上がりになりかねないのです。

まずはスキンケアをして、しっかりと保湿された肌を維持し、艶肌のリキッドファンデーションを乗せていきます。肌の艶は、頬骨や鼻筋、顎の先といった出っ張っている部分に出てきます。そこまで時間が取れない場合、下地とファンデーションの合わさったBBクリームなどでも代用できます。

アイシャドウも濃すぎるとくぼんだ目元に見えてしまいますので、ナチュラルかつ立体感のある目元を目指します。また、口元は輪郭をハッキリと映し出せるように、リップペンシル、バーム、スティック、グロスと順に使って、若々しく見せましょう。

綺麗になるには日々の努力が大切!

格言に「美は一日にしてならず」という言葉があります。解説した通り、一朝一夕で自分の求める綺麗が手に入るわけではありません。それは、外見もない面も同じことが言えますし、日々の習慣や意識づけによって、段階を経て追い求めている綺麗な自分に近づいていくものなのです。

そう簡単に手に入るものではないために、努力を始めたはいいけれど、挫折してしまいそうになる事もあるでしょう。ですが、秘訣である綺麗になりたいと思った最初の気持ちは必ず忘れないでください。現状に満足しない努力をしつつ、自分自身を嫌いになったり、見限らないようにして、頑張ってください。

その他の関連記事はこちらから