薄毛をカバーできる髪型は?おしゃれなヘアスタイルをご紹介!

薄毛に悩んでいる方の中には、おしゃれな髪型はできないと諦めてしまう方もいるのではないでしょうか。でも実は、上手にカバーしながらかっこよく見せることができる髪型があります。そこで今回は、薄毛でもできるおすすめのおしゃれなヘアスタイルをご紹介していきます。

薄毛を上手にカバーする髪型のポイントとは

髪が少ない、地肌が透けて見えるなどの悩みがあると、どうしてもそこを隠そうとしてしまいがちです。でも無理矢理隠そうとすると、余計に目立ってしまうことがあります。

そのような場合は隠そうとするよりも、上手にカバーするようにした方がわざとらしくなく、おしゃれにまとまります。まずは上手にカバーできる髪型とはどのようなものか、そのポイントをチェックしましょう。

ポイント①髪は短めにする

薄毛が気になっている方の中には、なるべく長く伸ばしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。しかし伸ばすとトップが潰れやすく、薄いところとの境目が明確になるため、余計に目立ってしまいます。

このような理由から、髪は短めにしておくことが重要です。短めの髪はトップにボリュームを出しやすく、全体にメリハリをつけることで上手にカバーすることができます。

ポイント②前髪を上げる

髪が少ない方や額の広さが気になるという方は、前髪を上げてみましょう。視線を上に誘導することで上手に薄いところをカバーでき、かつ爽やかな雰囲気になるので好感度アップが叶います。

セットの際には、ワックスを使うとその重みでだんだん下がってきてしまうので、スプレーのみで固めるようにすると長持ちします。

ポイント③サイドや襟足はしっかりカットする

サイドや襟足にはしっかり生えているが、トップが薄いというケースが多くあります。このような場合にサイドや襟足を伸ばすとトップとの差が明確になり、より目立たせてしまいます。

サイドや襟足はしっかりカットしておくことで薄いところが目立たなくなり、上手にカバーしながらもおしゃれな雰囲気にすることができます。

ポイント④毛の流れを散らす

ヘアスタイリングの際に毛を一定方向に流してしまうと、毛の少ないところが目立って見えることがあります。毛の流れはさまざまな方向に散らすようにすると、うまくカバーしながら動きのあるおしゃれな雰囲気になります。

毛の流れを散らす場合にはワックスなどのスタイリング剤をつけ、指で動きをつけることで、おしゃれな無造作ヘアができる上、全体のバランスも調整しやすくなります。

薄毛をカバーするおしゃれな髪形【M字】

ではさっそく、薄毛をカバーできるおしゃれな髪型をチェックしていきましょう。まずは、生え際が後退し正面から見てM字型に薄くなってしまっているという、いわゆるM字ハゲの方にぴったりの髪型です。

薄毛をカバーする髪型①刈り上げショート

まずご紹介するのは、サイドを刈り上げたショートヘアです。M字ハゲのほか、頭頂部や側頭部が気になる方にぴったりで、クールでおしゃれな雰囲気がありビジネスからカジュアルにまで対応できます。

スタイリングは、ジェルタイプのワックスでトップ付近を立たせるようにします。トップが薄い場合には、前髪とトップの間の毛を寝かせるようにすると良いでしょう。

無香料・臭いがキツくないおすすめヘアトニック3厳選【口コミ付】
毎朝のヘアセットに欠かせないスタイリング剤、皆さんはどのようなアイテムをお使いですか? スタイリング剤にはワックスやスプレーなどさまざまな...

薄毛をカバーする髪型②おしゃれ坊主

坊主というと丸刈りを連想しますが、おしゃれ坊主というのは全体を短くしながら、トップに少し長さを残しておきます。

額やM字が気になる方に最適で、トップにボリュームを持たせることで視線を上に上げ、薄いところを上手にカバーすることができます。清潔感があり好感度が高いと人気があり、全体が短いので周囲に薄毛の印象を与えず、スタイリングが楽なのも魅力です。

薄毛をカバーする髪型③パーマ

パーマは毛に動きを出したり毛流れを変えたりすることができるため、視線を誘導して薄いところを目立たせなくします。全体にパーマをかけることで地肌を見えにくくし、量が増えたように見せることが可能です。

無理に隠しているように見えない上、セットが楽でアレンジもしやすいのが魅力で、サイドを刈りこんでおくとトップのボリュームを強調して視線を上に誘導し、より上手にカバーすることができます。

セットをする際には髪を水で濡らしてパーマを出し、手でくしゃっと握りながら乾かし、ジェルワックスなどを毛先に付けて仕上げましょう。

薄毛をカバーする髪型④ツーブロック七三ショート

ハチ部分や額の広さが気になる方に最適なのが、スマートな印象のツーブロック七三ショートです。サイドと襟足は刈り上げて頭頂部に量感を出し、あえて気になるところを隠さず、思い切って七三風にして額を出しましょう。

スタイリングはまず全体を濡らし、ドライヤーで七三にクセを付け、ジェルタイプまたはグリースタイプのワックスで中間から毛先に向かってなじませます。

最後に七三を作ってダイヤモンドシルエットになるように整えましょう。直毛の方はパーマをかけておくと髪を後ろに流しやすくなり、セットがスムーズになります。

薄毛をカバーするおしゃれな髪形【頭頂部】

次は、頭頂部が薄い方におすすめの髪型です。トップに量感を持たせることで薄いところをカバーしながら、おしゃれで清潔感のあるヘアスタイルをご紹介していきます。

薄毛をカバーする髪型⑤ソフトモヒカン

ソフトモヒカンはすっきりした雰囲気で清潔感のあるおしゃれな髪型で、サイドを短くすることでトップの量感を際立たせます。縦方向にボリューム感を出すことができるので、頭頂部や全体の薄さが気になる方に最適です。

セットをする際はまず根元まで水で濡らし、ドライヤーで前髪を立ち上げます。髪を立ち上げるようにワックスをつけ、サイドは膨らまないように押さえましょう。

薄毛をカバーする髪型⑥トップにボリュームを残したベリーショート

トップにボリュームを残したベリーショートは、スクエアシルエットが男らしいヘアスタイルです。サイドとバックは刈り上げてトップを際立たせますが、前髪からトップの毛先は長さを揃えずに長短をつけると、セットの際に立ち上げやすくなります。

頭頂部のほか前頭部や側頭部が気になる方にも最適で、爽やかで清潔感があるので周囲の好感度も高く、人気があります。

セットの際はサイドが膨らまないよう手で押さえながらブローし、トップは少量のワックスで中心に向かって掴むように立ち上げるようにしましょう。

薄毛をカバーする髪型⑦ツーブロック

ツーブロックは頭頂部を長めに、耳上から下は刈り上げます。刈り上げた部分とトップとの量感の差で薄いところを目立たなくし、上手にカバーしながらすっきり爽やかな雰囲気になります。

メリハリのあるおしゃれな髪型で、自然に流せば仕事に、スタイリング剤で毛先を遊ばせればプライベートにとシーンによってアレンジを楽しむことができます。

セットをする際は、まず全体を濡らしたらドライヤーで8割程度乾かし、ワックスで持ち上げるようにします。全体が整ったら、ヘアスプレーで形を固定させましょう。

ツーブロックと言ったら、メンズの鉄板ヘアスタイル。今や流行りではなく、定番ともなっています。カットの仕方で自由自在に好みのスタイルに変えられるこ...

薄毛をカバーする髪型⑧オールバック

前髪を後ろに向かって上げたオールバックも、頭頂部のハゲを上手にカバーできます。男らしさが感じられるので、40代以降の男性にも最適です。

サイドを刈り上げると、よりすっきりと引き締まった雰囲気になります。セットする際は、まず全体を濡らして半分くらい乾かしたら、スタイリング剤をとって前髪をかきあげるようにつけ、ドライヤーの冷風でさらに乾かしながら形をキープします。

もしくは、はじめに前髪を後ろに向かってブローした後、オールバックの形にワックスで固めるセットも簡単でやりやすいでしょう。

薄毛に合わない避けた方が良いヘアスタイル

ここまで薄いところを上手にカバーできるおしゃれな髪型をご紹介しましたが、避けたほうが良いものもあります。気になっているところを余計に目立たせてしまう、薄毛には合わない髪型も知っておきましょう。

ハゲた部分を目立たせてしまう髪型①真ん中分け

真ん中分けはスタイリッシュでおしゃれな雰囲気がありますが、前頭部の薄いところを目立たせてしまう可能があるため、額が気になる方やM字ハゲの方は避けたほうが良いでしょう。

一見すると額の両サイドを上手にカバーできているように見えますが、毛量の多いところと少ないところの差をはっきりさせてしまうため逆に目立ってしまいます。

前髪は伸ばさずに短くしておくのが最適ですが、伸ばしたい場合もオールバックやツーブロックにして前髪を上げる方が、目立ちにくくなります。

ハゲた部分を目立たせてしまう髪型②ボブ

ボブは、髪全体を耳にかかるくらいの長さに切りそろえた髪型です。おしゃれな雰囲気がありますが、サイドに量感があるため、前頭部や頭頂部の薄いところが目立ってしまいます。

額やトップのハゲが気になる方はボブは避け、サイドを短めにしたり、動きを出して量感を出せるパーマが良いでしょう。

薄毛をカバーする髪型を作る際に役立つアイテム

薄毛を上手にカバーできる髪型をご紹介しましたが、おしゃれにまとめるためにはワックスやスプレーなどのアイテムを活用することが欠かせません。

形をしっかり固定しながら毛量も増えて見えるものなど、ヘアスタイリングに役立つアイテムをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

アイテム①アンファー スカルプD アレンジワックス

商品の特徴

薄毛などの髪の悩みに寄り添った商品開発を行っているアンファー スカルプDのワックスです。頭皮を透けにくくしながらボリューム感も出せるスタイリング剤シリーズで、軽やかなファイバータイプのためアレンジしやすいのが魅力です。

ブラック成分の炭、毛髪補修成分であるナノプロテイン配合で、髪の毛をケアしながらふんわりと柔らかいボリュームのある印象に仕上げ、自然なツヤ感をキープします。

ワックスでも洗い流しやすい設計になっており、一度シャンプーすればすっきり落とすことができます。スカルプD独自の頭皮ケア成分である「スカルプモイスト成分」も配合しており、頭皮と頭髪を健やかに保ちながら潤いをキープします。

無香料・臭いがキツくないおすすめヘアトニック3厳選【口コミ付】
仕事やお出かけ前のスタイルングに欠かせないヘアワックス。 髪型や髪質、シーンによって上手に使い分けたいところですが、メンズ向けのヘアワック...

 

アイテム②UNO スーパーハードムース 無香料

商品の特徴

スタイルをしっかりと固定してくれるハードタイプの男性用ムースです。超ハードなセット力がありながら、ベタつきやゴワつきがないのが魅力で、 無香料・無着色・ノンオイリーです。

調湿成分配合により髪の水分量をコントロールし、湿気による影響を抑えながらパサつきも抑え、きちんとスタイルをキープします。

 

アイテム③アンファー スカルプD ブラックカバースプレー

商品の特徴

スタイリングをキープしながら、髪の毛1本1本を黒く太く見せることができるスプレーです。ミクロの微粉末とカーボンブラック配合の樹脂が髪をコーディングすることで、髪にボリューム感を持たせ気になる部分を手軽にカバーできます。

汗や雨に強く落ちにくいのが魅力ですが、洗い流しは簡単で一度のシャンプーできれいに落とすことができます。髪に馴染みやすいナチュラルブラックで、頭皮が透けるのが気になる方、生え際が気になる方におすすめです。

ナノプロテイン配合により内部からハリとコシのある髪に導き、スカルプモイスト成分配合で頭皮に潤いを与え、頭皮と髪を健やかにキープします。

 

薄毛を上手にカバーできるおしゃれな髪形をマスターしよう

今回は、薄毛をカバーしながらおしゃれを楽しめる髪型をご紹介しました。薄毛の方は気になる部分を隠そうとしてしまいがちですが、無理に隠そうとすると余計に薄い部分が目立ってしまいます。

今回ご紹介したように、トップにボリュームを持たせた短髪や思い切って前髪を上げるなど、薄手でも似合うヘアスタイルをすることで清潔感のある好印象な髪型が叶います。ぜひ薄毛を上手にカバーできる髪型をマスターして、自信をもっておしゃれを楽しみましょう。

その他の関連記事はこちらから

「ヘアトニックとは?」メリット・デメリットとタイプ別おすすめのヘアトニック7選
引用:ajkermymensingh 男性に人気のヘアトニック、すでに使用中でも自分の頭皮に本当にあっているのか不安になることも。 種類...
無香料・臭いがキツくないおすすめヘアトニック3厳選【口コミ付】
ヘアトニックは種類も多く、何を選べばいいか迷っているというメンズもいるのではないでしょうか? そこで今回は、初めての人でも使いやすいスプレ...
頭皮がベタつく、フケやかゆみが気になる、抜け毛や薄毛、髪の毛が細くてボリュームが足りない、頭皮が臭うなど頭皮にまつわる色々な悩み・・・ 女...