記事作成日:

ダイエット中の停滞期を効果的に乗り越える「チートデイ」とは?やり方を徹底解説!

ダイエット中に必ず訪れる停滞期を乗り越えるためには「チートデイ」を設けると良いのですが、そもそもチートデイとは一体何でしょうか?この記事では、チートデイとは何か、メリットや正しいやり方もあわせてご紹介するので、ダイエット中の停滞期で悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

ダイエットにおけるチートデイとは?

最近では「チートデイ」という言葉を聞くようになりました。しかし、その意味をしっかり理解している方は少ないのではないでしょうか。まずは、チートデイについて詳しく見ていきましょう。

意味としては、その言葉通りで日本語に訳すと「騙す日」ということになります。ダイエット中は摂取カロリーを抑えるために食事制限をすることも多いのですが、これを続けるうちに慣れてしまうせいか、なかなか体重が減らなくなります。

これを停滞期と呼んでいる方もいるでしょう。ある程度体重を落とすと、そこからさらに体重を落とすことは非常に困難です。そこで最近注目されているのがチートデイと呼ばれる方法です。

チートデイとは、1日だけ餓死状態を防ぎ摂取カロリーを大幅増量することで身体を騙す方法のことです。1日だけで摂取カロリーを増やし、また次の日から元に戻してダイエットを続けることで、体重をさらに減量させることができます。

摂取カロリーを増やすのはあくまでダイエットを継続するために行うもので、ドカ食いや高カロリーな食べ物をたくさん食べても良いという訳ではないので、そこは勘違いしないようにしましょう。

ダイエットでチートデイを設けるメリット

では、ダイエット中にチートデイを設けるとどのような効果が得られるのでしょうか。ここでは、チートデイを取り入れるメリットについてご紹介します。

メリット①ストレスの軽減

ダイエットと言えば食事制限をすることが多いので、食べる欲求を満たすことができなくなります。そうなると食べたい欲求が募ってしまい、ストレスを抱える方もいることでしょう。ここでチートデイを設けることで、食べる欲求を満たすことが可能になり、ストレスを軽減することができます。

ある程度食べる物を考える必要はありますが、食べることが好きな方にとって食事を制限するということはとても過酷なことです。ダイエット中に食べても良い日を設けることで、ダイエットも長続きさせることができるでしょう。

メリット②代謝の向上

食べる量を減らすということは、使用するエネルギー量が減るということです。長期間ダイエットをする中で毎日食べる量が少ないと、やがて停滞期を迎えます。ここでチートデイを設けることでエネルギーを補給し、代謝の低下を防ぐことが可能になります。

長期的にダイエットを続けようと考えている方は、定期的にチートデイを設けることでしっかり代謝を向上させることができ、効果を出すことができるでしょう。

メリット③栄養の補給

食事制限をしてしまうと、必要な栄養素を摂取できない可能性があります。ダイエット中でも必要な栄養素を補うためにもチートデイは必要だという考えもあります。

チートデイを設ける場合には、我慢していた好物を食べるというよりも、体の栄養を考えた食べ物を取り入れるようにするのが良いでしょう。もちろん好きな食べ物も一緒に食べても問題ありません。

ダイエット期間中のチートデイの正しいやり方

では、チートデイとはどのように進めたら良いのでしょうか。ここでは、チートデイの正しいやり方をご紹介します。正しく取り入れて効果的にダイエットを進めていきましょう。

やり方①停滞期に行う

まず大切なことは、停滞期に行うことです。チートデイは、なかなか体重が落ちないなどダイエット中に停滞期を迎えた際の対処法でもあるため、この時期以外に取り入れる意味はありません。

ダイエットを始めたばかりの時期や体重が順調に落ちている時に無理に設定する必要はないのです。単に食べたい欲求を満たすだけに設定するのはよくありません。

チートデイを設定するのにはきちんとした意味があるため、安易に取り入れるとダイエットが失敗に終わる可能性もあるので注意しましょう。あくまでダイエット中の停滞期を乗り越えるための方法なので、そこを勘違いしないようにしてください。

やり方②頻度は週1

大切なことは計画的に進めていくことです。チートデイはあらかじめ「この日」と決めておく必要があり、「今日は食べ過ぎてしまったからチートデイにしよう」など後付けとして利用することはダイエットの失敗につながため注意が必要です。

前もって設定する日を決める時は週1を目安にしてください。週2以上設定してしまうと、摂取カロリーも増えてしまい、結果としてダイエット効果が得られないことになります。

設定のし過ぎに注意し、チートデイは週に1回、曜日を決めておくとスムーズです。計画を立てることで他の6日はしっかり食事制限をするなどメリハリをつけることもできます。

メリハリはダイエットを成功させるためにも必要な要素なので、チートデイを上手に利用し、効率よくダイエットをしましょう。気分で決めることは避け、一番効果的に痩せることを意識して進めていくと成功しやすくなります。

やり方③食べるものを決めておく

何を食べるのかあらかじめ決めておく必要があります。その日の気分で食べたいものを選んでしまうと、予想以上に摂取カロリーがオーバーしてしまう可能性もあります。さらにはダイエット意識が低下してしまい、自分に甘くなる可能性も出てくるでしょう。

そうならないためにも、ダイエットを開始する時にはチートデイを設定し、さらには食べる物も前もって決めておきます。ダイエット中は栄養が不足しがちなので、しっかり栄養を補えるものと好物を用意しましょう。

何を食べるのか決めておくことでドカ食いを防ぐこともできます。ダイエット中はリバウンドしないためにも計画性を持つことが大切です。

やり方④ダイエットを忘れてチートデイを楽しむ

チートデイを設定したら、この日だけはダイエット忘れて食事を思う存分楽しんでください。食事制限をすると、思っている以上にストレスを抱え込みます。終わりのないゴールを進んでいくとやがて心も折れてしまいます。

しかし、チートデイを設けることで効率よくダイエットをするだけでなく、良い気分転換にもなります。その日だけは好きなものを食べ、ダイエットも忘れて楽しく過ごすようにしましょう。

友達とランチや美味しいスイーツを食べに出かけたり、ピザやラーメンなどダイエット中に食べることのできないメニューを組んでおくのもおすすめです。

やり方⑤チートデイの頻度を少なくしていく

チートデイはダイエットを開始してからは週に1回がおすすめですが、慣れてきたら頻度を少なくしましょう。その場合は、週に1回ではなく停滞期が訪れてからチートデイを設定するのが望ましいです。

停滞期が来ると体重もなかなか落ちないので、このタイミングでチートデイを設定すると効率よくダイエットをすることができます。無理に食べる必要はないため、多いと感じた時は調整するようにしましょう。

ダイエット期間中にチートデイを行うときの注意点

効果的にダイエットを進めていくためには、注意点も知っておく必要があります。ここではダイエット期間中にチートデイを行う時の注意点をご紹介します。

注意点①摂取カロリー

ダイエット中はカロリーを抑える食事をメインにしているので、いざ摂取カロリーを増やそうとしても不足することがあります。特に初心者の方はこのミスをしやすいので注意てください。

これまでにダイエット経過が順調に進んでいたのに、途中で高カロリーな食事をすることに抵抗を感じる方もいるでしょう。しかし、チートデイに低カロリーな食事をしてしまうと意味がありません。この時期は体をしっかりと騙す必要があるので、摂取カロリー不足に注意しましょう。

注意点②ダラダラ食べない

時間を決めることも大切です。食事をダラダラしてしまうのはあまり効果的とは言えません。特に寝る前の時間帯は、チートデイであってもダイエット効果に影響が出るので避けた方が無難です。

寝ている間は基礎代謝も低下気味で、摂取したカロリーを十分に消費できない可能性があります。カロリーを消費できないということは体重増加に繋がるので、せっかくチートデイを設けても逆効果になってしまいます。

摂取カロリーを増やすために食べる時は、遅くでも19時までに済ませることを意識しましょう。あらかじめ食べる時間を決め、計画通りに進められるように準備をしておくのが得策です。

注意点③お酒を飲みすぎない

お酒を飲むと太るイメージがあるかと思いますが、これにはアルコールによる脂肪分解抑制が関係しています。お酒をたくさん飲んでしまうと、脂肪を分解する働きが弱ってしまうため、その分体内に蓄積されてしまいます。

チートデイは何を食べても良いのでもちろんお酒を飲んでも問題ありません。しかし、お酒のようにダイエットにあまり不向きなものは考えなしに摂取しても良いというわけではないです。

アルコールは脂肪分解を抑制してしまうので、飲み過ぎには注意しましょう。適量を摂取するには問題ないので、チートデイはほどほどにお酒を嗜み、楽しく過ごすしてください。

チートデイで楽しくダイエットを継続させよう

ダイエット中の停滞期を上手に乗り越えるには、チートデイを設けることが大切です。摂取カロリーを増やし、身体を騙すことで効率よくダイエットを進めることができます。皆さんもこの記事を参考に、正しいやり方で楽しくダイエットを続けましょう。

その他の関連記事はこちらから