記事作成日:

コーヒーがダイエットに効果があるって本当⁈効果とやり方を徹底解説!

近年、SNSを中心にコーヒーダイエットという言葉が流行っているのですが、ご存知でしょうか。コーヒーにも様々な種類があり、ダイエットには不向きな飲み物にも思いますが、実際はどうなのか気になる方もいるでしょう。この記事では、コーヒーダイエットの効果とやり方をご紹介するので、参考にしてください。

コーヒーでダイエットについての基礎知識

まず、コーヒーダイエットとはどのようなものなのでしょうか。コーヒーと一口に言っても、甘いものから苦いものまで様々です。ダイエットには甘いコーヒーでも良いのか、市販や缶コーヒーなどでもダイエットが出来るのかなども気になります。ここでは、コーヒーダイエットの基礎知識について見ていきましょう。

コーヒーダイエットとは?

コーヒーダイエットとは、その名の通りコーヒーを飲んで痩せることを言います。実は、コーヒーには様々な成分が含まれており、ダイエットにも有効とされる成分もあります。ダイエットをするなら、コーヒーは積極的に飲んだ方が良いという声もあり、今注目を集めているのです。

コーヒー好きの方からすれば夢のような話ですが、普段から甘いジュースや飲み物を飲む方は意外とカロリーを摂取しているため、飲み物をコーヒーに変えるだけでもダイエット効果が見込めます。今まで何気なくコーヒーを飲んでいた方、飲んでいない方もダイエット目的に取り入れてみてはいかがですか。

ダイエットにはブラックコーヒーが最適

コーヒーダイエットとしては、砂糖やミルクなどが入っていないブラックコーヒーがおすすめです。カフェオレなどはミルクも砂糖もたっぷりと入っているため、摂取カロリーがオーバーしてしまう可能性があるのでダイエットには不向きです。ブラックコーヒーの場合、100gあたり4.1kcalしかないため、ダイエットにも最適な飲み物と言えるでしょう。

カロリーのことを考えると、糖分を含むジュースやカフェオレなどのコーヒー、炭酸飲料をブラックコーヒーに置き換えるだけでも摂取カロリーを抑えることができるため、ダイエット効果が期待できます。

できれば浅煎りのドリップコーヒーを使う

ダイエットとして飲むなら、浅煎りのドリップコーヒーがおすすめです。深煎りよりも、浅煎りの方が「カフェイン」や「クロロゲン酸」を摂取しやすいと言われており、実はダイエットにはこの2つの成分が大きく関わりがあるため、効率良く摂取したいものです。

カフェインは、脂肪燃焼効果が期待でき、クロロゲン酸は脂肪の蓄積を抑制する働きがあります。この2つの成分を効率良く摂取することで、ダイエット効果もより期待できるものになるでしょう。豆から挽いたコーヒーは格別美味しいので、ゆっくりしたい時のティータイムなどにはぜひ、挽きたてのコーヒーを楽しんでみてください。

コーヒーダイエットの様々な効果について

コーヒーダイエットは、様々な効果が期待出来るのですが、どのような効果が得られるのでしょうか。ここでは、コーヒーに含まれる成分や効果についてご紹介します。

効果①脂肪燃焼

コーヒーダイエットをすることで、脂肪を燃焼することができます。特別なダイエットドリンクでもないのに、飲むだけで脂肪が燃焼できるのは嬉しいものです。先ほども少しご紹介しましたが、コーヒーにはダイエットに有効な「カフェイン」と「クロロゲン酸」が含まれています。この2つの成分についてもう少し詳しく見ていきましょう。

カフェインの効果

カフェインには、神経を興奮させる働きがあり、これによって基礎代謝がアップし、脂肪燃焼を促すことができます。寝る前にコーヒーを飲むと眠れなくなると聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。これは、コーヒーに含まれるカフェインが原因と言えます。

興奮状態になることで目が覚めてしまうため、寝たい時に眠れないという状況が発生します。ダイエットで考えると、カフェインが神経を刺激し、基礎代謝量が増えることで脂肪燃焼効果がアップするため、痩せることができるでしょう。

クロロゲン酸の効果

クロロゲン酸とは、ポリフェノールの一種で、カフェインと同じような効果が期待できます。一番大きな効果は、脂肪の吸収を抑制することです。クロロゲン酸を摂取していることで、食後の脂肪などを体に蓄えずに抑制することができるため、結果食べても太らない体質を目指すことができます。

効果②リラックスできる

コーヒーは味わいや香りを楽しむ飲み物としても人気があり、リラックス効果があると言われています。コーヒー専門店などで豆から挽いて淹れるコーヒーは、とても香りが良く、ついうっとりしてしまうということもあるでしょう。コーヒーは、アロマのように香りで癒しを得ることができるため、仕事で疲れた合間などにも「飲みたい」と思う方が多いです。

ダイエット中は何かとストレスも抱えやすいため、こうした香りで癒されると長続きもすることでしょう。リラックスしながら優雅なコーヒータイムが楽しめるので、食事制限などのダイエットで嫌な経験をしたことがある方は、コーヒーダイエットでゆったりとした気分を味わってみるのも良いものです。

効果③肌のシミ防止

コーヒーは、肌のシミを防止する効果も期待できます。これはあまり知られていませんが、クロロゲン酸には、シミの原因となるメラニンを抑制する働きもあります。これにより、シミを予防することができるため、女性の美肌対策としてもコーヒーはおすすめです。

もちろん、美白化粧品などのような大きな効果を期待することは難しいですが、コーヒーを飲むことで体の内側からメラニン抑制にアプローチできるのは嬉しいものです。ビタミンCを含む食材とコーヒーを上手に摂取すれば、シミ対策も出来るでしょう。

効果④むくみの解消

カフェインには、利尿作用があるため、むくみの解消にも効果的です。コーヒーを飲むとトイレが近くなるという話を良く聞くかもしれませんが、これはカフェインによる利尿作用が大きく関係しています。利尿作用が働くことで、体内に溜まっている老廃物や水分などを排泄するように動くため、無駄な物を溜め込まなくなります。

むくみを解消するには、不要な水分を排泄した方が良いので、それがコーヒーを飲むだけで手軽にカバーできるのは嬉しいものです。むくみはボディラインを崩すだけでなく、セルライトの元にもなるのでとても厄介です。コーヒーを飲むだけでセルライトの予防にもつながるため、むくみが気になる方は積極的に取り入れてみるのも良いでしょう。

コーヒーダイエットの効果的なやり方のポイント

では、コーヒーダイエットとはどのように進めていったら良いのでしょか。ただ飲むだけでも痩せそうですが、ここはきちんとしたやり方に基づいてダイエットを成功させましょう。

やり方①食事中に飲む

コーヒーは、食事中に飲むのがおすすめです。食事をした後は、食べた糖質の影響により血糖値が上昇します。しかし、食事中にコーヒーを飲むことで、食後の血糖値の上昇を抑えることができます。

血糖値の上昇を抑えることができれば、太りにく体質に改善していくことができるでしょう。また、血糖値の上昇を抑えることは、健康面でも良いことなので、積極的に取り入れていきたい物です。

食事中にコーヒーを飲むのが辛い方は、食後のドリンクとして取り入れるのが良いでしょう。ご飯やお肉とコーヒーを一緒に飲むのは気が進まないことも多いので、無理に食事中に飲む必要はありません。

やり方②ホットコーヒーを飲む

コーヒダイエットは、アイスよりもホットの方がおすすめです。ダイエットに体の冷えは禁物なので、体を温めることができるホットの方がダイエットに向いています。温度ですが、80度を超えないように設定しましょう。80度を超える温度は、クロロゲン酸が減ってしまうため良くありません。ダイエットに必要な成分がなくなってしまっては意味がないので、温度設定には注意しましょう。

やり方③ココナッツオイルと一緒に飲む

ブラックコーヒーに苦味が気になる方は、ココナッツオイルを混ぜてみましょう。ココナッツオイルには、脂肪を燃焼する効果や体内に脂肪を溜め込まないようにする働きがあるため、ダイエット効果が非常に高い食材でもあります。ココナッツオイル単体でもダイエット効果が期待できるため、コーヒーと一緒に摂取してさらにダイエット効果を高めることができるでしょう。

また、ココナッツオイルは程よい甘みがあるので、ブラックコーヒーの苦味も消してくれます。苦味を消すのに砂糖を入れてしまうとカロリーが高くなってしまうため、ココナッツオイルでカロリーを制御しつつ甘みをプラスすると飲みやすくなります。

やり方④運動前に飲むのも効果あり

食後や食事前にコーヒーを飲むのが良いと言われていますが、カロリーを消費することができる運動前に飲むのも効果的でおすすめです。コーヒーにも脂肪を燃焼することができる成分が含まれているため、体を動かす前に摂取することでさらに脂肪燃焼効果を高めることができます。

運動前だけでなく、入浴前などもおすすめです。入浴中もカロリーを消費することができるため、効率よくダイエットを行うのであれば運動前や入浴前に飲むことを意識してみましょう。

ただし、コーヒーを飲んですぐに運動をすると、胃に負荷を掛けてしまうので、コーヒーは運動の30分前に飲むようにしてください。余裕がある時には1時間前に飲んでおくと良いでしょう。

コーヒーダイエットを行うときの注意点

コーヒーダイエットをする上で、注意しておきたいこともいくつかあります。ここでは、コーヒーダイエットを成功させるためにも注意したいことを4つご紹介するので、こちらもしっかりと押さえておきましょう。

注意点①飲み過ぎない

脂肪を燃焼することができるブラックコーヒーですが、飲み過ぎには注意してください。たくさん飲めばその分ダイエット効果も得られるように思いますが、飲み過ぎは胃に負担を掛けてしまいます。また、胸焼けなどを起こす可能性もあるので、過剰に摂取するのは危険です。

ダイエットに有効な成分が含まれている飲み物なので、過剰に摂取したくなる気持ちも出てしまいますが、コーヒーは1日に多くても3杯程度を目安に飲むようにしましょう。基本的には毎日飲み続けても構いませんが、体調が優れない時にはコーヒーを飲むのはお休みし、無理のない範囲でダイエットを続けるようにしてください。

注意点②なるべく空腹時を避ける

ダイエット中は、空腹でいることも多く、その時にコーヒーを飲んでしまうと胃が刺激を受けて荒れてしまう可能性があります。空腹時の胃袋にいきなりコーヒーを流し込んでしまうと、胃も驚いてしまいます。腹痛や吐き気などを起こす方いるので、コーヒーを飲む時は空腹時は避けるようにしましょう。

注意点③妊娠中と授乳中

コーヒーには優良な成分がたくさん含まれているのですが、妊娠中や授乳中の女性の方は注意が必要です。妊娠中にカフェインを過剰に摂取することはあまり良くないとされており、避けた方が良い食材として昔から言われています。おそらく医師の方にもあまり摂取しないように言われることが多いでしょう。

妊娠中にダイエットをしたくてもカフェイン入りのコーヒーが飲めないと悩んでいる方は、カフェインの入っていないコーヒーがおすすめです。カフェインが入っていなくても、ダイエット効果のあるクロロゲン酸が含まれるコーヒーもたくさんあります。通常のコーヒーと比べるとダイエット効果は落ちるかもしれませんが、まずは体と赤ちゃんのことを第一に考え、無理せずにコーヒーダイエットができると良いでしょう。

注意点④寝る前は避ける

コーヒーを飲むと眠気が冷めるという話を聞いたことはないでしょうか。実は、カフェインには覚醒作用もあるため、寝る前に飲んでしまうと寝つきが悪くなってしまいます。このことから、就寝前のコーヒーの摂取はおすすめできません。ダイエットのは良質な睡眠を取ることも大切なので、しっかりと睡眠が取れるように寝る前にコーヒーを飲むのは避けましょう。

また、脳が覚醒してしまうと、食欲も増進してしまうため、夜遅い時間にお腹が空いて何かを食べてしまう可能性もあります。ダイエット中は、早めに寝るようにし、遅い時間に食べ物を食べるという習慣を改善していくことも大切です。

コーヒーダイエットに挑戦する際におすすめのアイテム

ここからは、コーヒーダイエットにおすすめのアイテムをご紹介します。ダイエット向けのココナッツオイルなども登場し、色々な味を試してみるとダイエットも長続きするので、ぜひ参考にしてください。

おすすめ①NR カフェテイン

健康や美容をサポートするコーヒーとして販売されており、トレーニング向けに作られているため、効率よくダイエットを進めていくことができます。プロテインドリンクとエナジードリンクの良いところを掛け合わせているので、普通のコーヒーを飲むよりもダイエット効果が期待できるのも魅力です。

味付けにこだわりがあり、普通のコーヒーに限りなく近い味わいでコーヒーを楽しみながらダイエットが可能です。ダイエットに有効なカフェインやクロロゲン酸、さらにはエラスチンなどの成分も入っており、トレーニングや美肌をサポートしてくれること間違いありません。

おすすめポイント

  • カフェイ含有量は120mg
  • 一杯当たり35.5kcal
  • 普通のコーヒーと変わらない味わい

口コミ

私もコーヒー好きだけど、まぁまぁなテイストだと思う。まだ、風味や味の改良はできると思う。単純にいろんな飲み方のバリュエーションがあれば飽きない。ただ、冬場はホットで飲みたいけどプロテイン同様、たんぱく質が入っているからアイスでしか飲めない。引用:amazon

味はスッキリしていて飲みやすい。特に夏は冷やして飲むと美味しいですよ。とりあえず1ヶ月分だけ購入しましたが、これからどんな効果があらわれるのか、ジムに行くのがが楽しくなりました。引用:amazon

 

おすすめ②C COFFEE ダイエットコーヒー

炭をイメージした真っ黒なパッケージがとてもおしゃれで、ポリフェノール豊かな赤松が含まれており、炭化されているので体内での吸着力も非常に高くダイエット効果が期待できます。また、マッコリ由来の乳酸菌を配合し、体内環境を整えることも可能で、便秘で悩む方にもおすすめです。

おすすめポイント

  • 体内活をサポートしてくれる
  • 不足しがちなビタミンDを配合
  • コクやほのかな甘みが際立つ味わい

口コミ

コーヒー好きで普段からよく飲みますが、味的には普通くらいですかね。炭っぽい感じは否めませんが私は嫌いじゃないです。お通じが良くなりました、最近環境の変化とかでストレスで便秘気味だったのですがスッキリしました。引用:amazon

私は炭の匂いも特に気にならず、想像していたより美味しく飲めています。牛乳を加えることにより、より美味しく飲めました。コーヒーを普段から頻繁に飲んでいない方などは少し苦手な味かもしれません。引用:amazon

 

おすすめ③エクーア エキストラバージンココナッツオイル

とてもすっきりとした自然のココナッツの風味が特徴のココナッツオイルです。コーヒーに混ぜて飲むことで、ブラックの苦味を消し、マイルドな味わいにしてくれます。米国農務省認定オーガニックや有機JAS認定なども取得しており、安心安全のココナッツとしても人気があります。

おすすめポイント

  • フィリピン産高品質オイル
  • 中鎖脂肪酸約69.2%含有の高品質
  • コーヒー以外の用途にも使える

口コミ

私の利用方法はスプーン2杯をコーヒーに入れて飲みます。味の感想はココナッツ嫌いな私でもまぁまぁ許せるかと思えるマイルドな味です、但し臭いはきつめ。引用:amazon

以前に買ったココナッツオイル2種類にくらべて低温で固形化したときに柔らかいような気がします。おかげで使いやすい。引用:amazon

 

コーヒーダイエットで手軽に痩せよう

コーヒーには、ダイエットに有効な成分がたくさん含まれているので、コーヒーが好きな方はコーヒーダイエットにぜひチャレンジしてみてください。また、コーヒーをあまり飲まなかった方も、ダイエット目的に飲んでみることをおすすめします。無理なく痩せることができる方法なので、コーヒーダイエットで手軽に痩せましょう。

その他の関連記事はこちらから