記事作成日:

クレジットカードは審査なしで持てる?方法を徹底解説!

一枚あれば、現金をわざわざ用意することなく決済が出来る便利なクレジットカード。作成の際には審査が行われるのが一般的ですが、持っていない人からすると審査に通過できるかどうかは不安なものです。そこで今回は、審査なしでクレジットカードを持つ方法について解説していきます。

ブラックでも審査なしでクレジットカードを持てる?

過去に金融事故、つまり自己破産や返済の滞納などがあり、ブラックリストに登録されている場合、クレジットカードを発行する事は非常に難しくなります。ですが、それでも何とかしてクレジットカードを得る方法は無いのでしょうか?

審査なしのクレジットカードはない

まず結論から申しますと、審査をせずに作成可能なクレジットカードというのは、現状存在しません。存在はしませんので、クレジットカードの作成の際には、100%必ず審査を受けて通過する必要があるのです。

なぜかというと、クレジットカードは利用者が利用した際、カード会社が一時的に支払いを立て替えるというシステム上、貸し倒れをされてしまったら困るからです。しっかりとした返済能力があるかを判断するために、必ず審査が行われます。

審査なしでクレジットカードを持つ唯一の方法

基本的には、審査を飛ばしてクレジットカードを手に入れる事はできません。しかし、唯一審査なしでクレジットカードを作成できる方法があり、それが家族カードを発行する事です。

家族カードとは、クレジットカードを発行した者の家族が持つ事が出来る、追加カードの事です。本命のカードとは別に作成が出来るものがあり、原則として本カードを持つ会員の審査状況によって発行されます。

つまりは、家族カードを持つ者の返済能力などは見られないという訳です。また、機能としても本カードとほぼ変わらないので、通常のクレジットカードのように利用可能です。

審査なしで代替カードを持つ方法

クレジットカードを審査なしで持ちたい場合、家族カードの発行というてこそあるにはありますが、自分だけで作る事は基本的にはできません。そこで、クレジットカードではなくとも、代替して使う事が出来るカードを使ってみましょう。

デビットカード

1つは、デビットカードを利用する方法です。デビットカードとは、ショッピングなどで決済した金額が、リアルタイムで即座に銀行の口座から引き落とされるシステムのカードです。

クレジットカードは一度会社が立て替えてから期日に支払うという方式でしたが、デビットカードであれば自分の口座にあるお金をそのまま使っていることになりますので、通常は審査なしでの発行が可能です。

おすすめデビットカード①楽天銀行デビットカード

お勧めのデビットカードは「楽天銀行デビットカード」です。VISA、JCB、mastercardの国際ブランド3社から選ぶ事が出来、満16歳以上の方であれば最短1週間で発行が可能です。

ポイントの還元率は1%となっており、お買い物100円につき100ポイントが加算される計算になります。ためたポイントは50ポイントから利用可能となっていて、楽天市場などでの支払いも楽に行えます。

楽天銀行デビットカードの申し込みはこちらから

 

おすすめデビットカード②GMOあおぞらネット銀行デビットカード

続いて2枚目は「GMOあおぞらネット銀行Visaデビット付キャッシュカード」です。最大で1.5%のキャッシュバックを受ける事が出来、外貨普通預金の残高が500万円以上ある方であれば、毎月1.5%のキャッシュバックを受けられます。

口座を開設されたばかりの方も、0.6%は確実にキャッシュバックされるようになっています。また、PayPayやd払いなどといった各種のサービスにも対応していますので、スマホ決済も楽に行えるようになります。

GMOあおぞらネット銀行Visaデビットカードの申し込みはこちらから

プリペイドカード

もう1つ、プリペイドカードを発行する方法があります。こちらもキャッシュレス決済ツールの1つであり、カードにあらかじめお金をチャージして、そのチャージした分の金額をショッピングなどの決済に利用できるというものです。

こちらも必要な分を個々人が入金するという方式で、別の会社が立て替えるというような手順は踏みませんので、原則審査をすることなく作れるようになっています。

おすすめプリペイドカード①バンドルカード リアル+

お勧めのプリペイドカードは「バンドルカード」です。誰でも発行が可能なVisaプリペイドカードであり、専用のアプリケーションから最短1分でネットショッピング専用のバーチャルカードが発行され、入金すればすぐに使用可能になります。

バンドルカードの申し込みはこちらから

 

おすすめプリペイドカード②VISAプリペ

もう1枚は「VISAプリぺ」です。こちらは三井住友カード株式会社が発行するVISAプリペイドカードで、通常のクレジットカードと同じように、実店舗でもネット上でも利用できます。利用額の0.25%が翌月キャッシュバックされ、タッチ決済にも対応しています。

VISAプリぺの申し込みはこちらから

 

クレジットカードの審査基準とは?

この様に、クレジットカードを作らなくとも、それに代替するカードを作成して、現金を使わずに利用する事は可能です。クレジットカードを手に入れるには審査に通る必要があるといいますが、ではその審査の中では何を基準にしているのでしょうか?

クレジットカードの審査基準

審査基準はいくつかあり、まず1つは過去の利用履歴があります。今まで使ってきたクレジットカードの利用履歴が調べられるほか、携帯電話や奨学金といった定期的な支払いに関しても調査が行われると言われています。

2つ目に、属性情報です。これは利用する者の詳細な個人情報であり、氏名をはじめとして、勤務形態、年収、居住形態など様々な情報を見られることになります。居住形態については、貸し倒れをされた際に逃げられる心配が無いからか、持ち家の方が有利とされています。

また、現在の借り入れ状況も調査されます。ここでは他社からの借り入れ状況を特に見られ、あまり多くの借り入れをしていると、返済能力に難があると判断されかねません。

クレジットカードの審査の難易度の見極め方

一口にクレジットカードと言っても、その種類は様々です。そして、種類によって審査の難易度というのも異なっています。例えば、ゴールド、プラチナ、ブラックといった類のカードはステータスカードと言われ、特に難易度が高いです。

そうしたカードは、年齢制限に加えて安定した収入や社会的信用も申し込み資格条件に入っている事が多いです。さらに、会社からの招待が必要な場合には、更に難易度が高くなると言われています。逆に、申し込みの資格条件が年齢制限のみという場合には、それほど審査は厳しくはないと見て取れます。

また、カード会社の種類も関係していて、銀行系のカードとなると最もハードルが高いですが、信販系、そしてコンビニやスーパーなどが発行元になっている流通系カードだと、比較的審査は甘い傾向にあります。

審査が甘いおすすめのクレジットカード3選

クレジットカードの中にも、厳しい審査に通らなければ作れなものもあれば、逆に比較的審査が甘く作りやすいとされているものもあります。最後に、審査が甘く通りやすいお勧めのクレジットカードを3枚ご紹介します。

審査が甘いクレジットカード①ACマスターカード

まず1枚目は、ACマスターカードです。三菱UFJフィナンシャル・グループの傘下にあるアコムが発行しているカードであり、実は審査自体は他と比較してそれほど甘く設定されているという訳ではありません。

ですが、ACマスターカードでは独自の審査基準を設けていますので、特に初めてカードを作るというような不安がある方にはお勧めできます。自動契約機を利用すると即日で、最短30分で発行が出来るようになっています。

ACマスターカードの申し込みはこちらから

審査が甘いクレジットカード②三井住友カード RevoStyle

続いて2枚目は、三井住友カードRevoStyleです。名前からも分かる通り、リボ払いに特化しているタイプのカードになります。リボ払いというと、分割で支払いを行う分手数料が嵩んでしまうのではと不安に思われるかもしれません。

ですが、このRevoStyleでは手数料率が9.8%となっていて、他カードの手数料率と比較しても低めに設定されています。ショッピング等に利用した場合、一回払いに設定しても自動的にリボ払いになりますが、一度に大きな金額を払いたくない方にはお勧めできるでしょう。

三井住友カードRevoStyleの申し込みはこちらから

審査が甘いクレジットカード③ライフカード デポジット型

最後の3枚目は、デポジット型のライフカードです。こちらは他とは異なり、事前に保証金を預ける事で利用が可能になるカードになります。通常のクレジットカードとの違いは、この保証金の有無のみになります。

店頭でのショッピング、ネット通販、公共料金の支払いなど、一般的な利用については通常のカードと同じように使えます。還元率が0.5%、楽天やdポイントへの交換にも対応しているなど、各種のサービスも充実しています。

ライフカードの申し込みはこちらから

 

審査なしで持ちたいなら代替カードを検討しよう

クレジットカードにも色々と種類はあれど、必ず審査を通過しなければならないのはどれも共通しています。どうしても審査なしでカードを持ちたいというのであれば、デビットカードなどの代替カードの利用をぜひ検討してみてください。

その他の関連記事はこちらから