記事作成日:

審査が甘いクレジットカードは存在する?!おすすめカードを徹底紹介!

クレジットカードが1枚あれば、様々な所で手軽に決済をすることができ大変便利です。作成するにあたっては審査がありますが、この審査が甘く通りやすいカードというのは存在するのでしょうか?今回は、クレジットカードの審査基準や、審査が通りやすいおすすめクレジットカードを紹介していきます。

クレジットカードの審査基準とは?

クレジットカードは、現金を使うことなく、ICチップを読み取ることでどこでも決済が可能です。大人になると必須ともいえるアイテムになりますが、実際に作成する際、審査を行っています。その基準は何なのでしょうか?

クレジットカードの審査基準①延滞や滞納の履歴

審査でまず見られているのは、延滞や滞納の履歴があるかどうかです。クレジットカードの審査においては、過去の取引の履歴が調査されることになっていて、延滞した履歴が無いか、滞納をしていないかをチェックされます。

ここで見られるのはカードだけではなく、携帯電話や奨学金の返済などでも滞納していないかの履歴を調査するとも言われています。もし過去に滞納や延滞を繰り返していると、信用度が低いと判断され審査に通りにくくなるのです。

クレジットカードの審査基準②現在の借り入れ状況

続いて2つ目は、現在の借り入れ状況です。新しくクレジットカードを作る上では、現在のカードの利用状況なども調べられることになります。特に基準になるのは他社での借り入れの状況であり、金融機関で共有されている情報の為、借り入れの有無を確認できるようになっています。

他社から大きな借り入れをしていればいるほど、返済能力に疑いがあると見られ、クレジットカードの審査に通りにくくなります。審査不可となる基準は明確な額が定められている訳ではありませんが、1つの基準として年収の3分の1という数字があると言われています。

クレジットカードの審査基準③個人情報

もう1つ、個人情報も審査されます。クレジットカード作成の際には、必ず個人情報を入力し送信しなければなりません。そうした個人情報は属性情報とも呼ばれ、カード作成後の支払い能力に問題が無いかを確認する為に見ることになります。

ここで見られる属性情報は、年齢、家族構成、年収をはじめとして、居住形態、年数、配偶者の有無、勤務形態などを見られます。ちなみに、持ち家と賃貸では持ち家の方が有利と言われていて、その理由は踏み倒して逃げられる心配が無いからだとされています。

審査が甘いクレジットカードの特徴

クレジットカードの審査で見られることになる基準は、大きく分けてご紹介した3つになります。実際に作るのならば、出来るだけ甘い基準のところの方が作りやすくて良いでしょう。

特徴①ステータスが低い

そうした審査の甘いクレジットカードというのは、まずステータスが低いです。まず審査が厳しいと言われているカードには、ゴールド、プラチナ、そしてブラックカードなどがあり、アメリカンエキスプレスやダイナースクラブなども該当します。

これらは総じてステータスが高く、それゆえに審査も厳しいとされています。逆に言えば、ステータスが低いカードであれば借り入れが出来る金額の限度こそ少なくはあれど、審査自体には通りやすいという訳です。

特徴②流通系クレジットカード会社

2つ目に、流通系のクレジットカード会社のものです。クレジットカードと言っても種類は様々で、先に挙げたステータスの高いカードだけでも3種類ありますが、流通系というのもあり、これはスーパーやコンビニなどが発行しているカードのことを指しています。

有名な所で言うと、イオンカードやエポスカード、楽天カードなどが代表的です。これらは銀行が発行するカードよりも審査基準が甘いとされていて、発行元がスーパーなどであるために、買い物をするごとにポイントがたまってお得に使える仕組みが普及しています。

特徴③年会費が無料

年会費が無料のカードも、審査は甘い傾向にあります。クレジットカードには年ごとに支払う会費が設けられており、その分色々とサービスを受けられるような仕組みがありますが、この年会費が無料であれば、経済的な余裕があまりなくとも使えます。

そうした経済的余裕のない人も、利用対象として考慮されているということです。加えて、この年会費が無料のタイプのカードというのは集客を主な目的としている場合が多く、その為に審査の基準も甘く設けられている可能性が高いです。

クレジットカードの審査に落ちる原因

このように、クレジットカードの種類によって審査も甘いところがあり、作りやすいカードというのは探してみると案外色々と存在します。では、仮に審査に落ちてしまった場合、どういった原因が考えられるでしょうか?

原因①収入が不安定

まず真っ先に考えられる原因は、収入が不安定なことです。先に解説した通り、クレジットカードの審査においては個人情報を提示しなければなりません。その中には、勤務形態や年収といった収入に関する情報も含まれています。

審査においては、安定性が何よりも求められます。すなわち借り入れをした場合、一括でも分割でも安定して返済が出来るかどうかです。その為、起業して間もない自営業の方や個人事業主の方の場合、収入の不安定さ故に審査に通らないケースがあります。

原因②今までクレジットカードを持ったことがない

2つ目は、今までクレジットカードを持ったことが無く、初めて作成する場合です。初めて作るということは、これまでのクレジットカードの利用履歴であるクレヒスが存在しない為、社会的な信用度が完全に不明の状態です。

審査の際には過去の履歴を調べられるとありましたが、信用情報機関にそれらの情報が無い場合、信用度の判断が難しい為に落ちることもあるのです。最初の1枚目は、流通系や消費者金融系などをおすすめします。

原因③高額なキャッシング枠

3つ目は、高額なキャッシング金額を設定している場合です。クレジットカードの中には、ショッピング機能とは別にキャッシング機能を設けているものもあり、これはカードを利用して現金を借り入れる事が出来る機能の事です。

カード作成の申し込み時には、このキャッシング金額を自分で設定できるわけですが、額が高額になると、それに比例して審査難易度も高くなるのです。逆に、枠を0にしておくと、審査にグッと通りやすくなります。

原因④ブラックリストに入っている

あまり多くの事例があるわけではありませんが、ブラックリストに入っている場合も作成はしにくいです。過去にクレジットカードの支払いを滞納していたり、自己破産などをしていると「金融事故」といって、信用情報機関にブラックリストとして登録されます。

ブラックリストに登録されているということは、過去に何かしらの金融事故を起こしたことがあるという証明になりますので、入ってしまっていると落ちる確率がとても高くなります。

審査が甘い!通りやすいおすすめクレジットカード3選

 

カードの作成の際には、何よりも支払い能力や、信用機関から得られる情報が審査通過に重要になるということが分かりました。では最後に、審査が甘く通りやすいおすすめのクレジットカードをご紹介しましょう。

審査が甘いクレジットカード①ACマスターカード

1枚目は「ACマスターカード」です。三菱UFJフィナンシャル・グループの傘下にあるアコムが発行するクレジットーカードです。

審査自体は他と比較すると特別に甘く設定されている訳ではありませんが、ACマスターカード、消費者金融系クレジットカードでは独自の審査基準を設けていますので、不安な方にはおすすめできます。審査自体は最短30分で済み、自動契約機を利用すれば即日の発行も可能となっています。

ACマスターカードの申し込みはこちらから

審査が甘いクレジットカード②楽天カード

続いて2枚目は「楽天カード」になります。こちらは審査が甘いクレジットカードの中でご紹介した、流通系カードの中の1枚であり、年会費は作成以降永年無料ですので、こうした形態をとっている以上、審査自体もそれほど厳しくはないことが分かります。

新規での入会、そして利用でもれなく5,000ポイントが付与され、楽天市場でのお買い物に利用すると、いつでもポイントの還元が3%付くなどのキャンペーンが魅力的です。セキュリティも強化されていて、不正検知システムが稼働しているなど安心して使える体制になっています。

楽天カードの申し込みはこちらから

審査が甘いクレジットカード③三井住友カード RevoStyle

最後の3枚目は「三井住友カード RevoStyle」です。こちらはリボ払いに特化したカードとなっており、お買い物に利用した際には1回払いでもリボ払いになります。手数料率が9.8%と、他の会社ものよりも低めに設定されています。

三井住友カード RevoStyleの申し込みはこちらから

 

審査の甘い会社でクレジットカードを作ろう

クレジットカードの審査基準や、比較的審査が甘いと言われているカードをご紹介しました。クレジットカード作成にあたっては、信用情報や収入などを重要視されることになります。カードと言ってもご紹介したように種類も様々ですので、不安な場合には審査が甘めの会社で作成してみてください。

その他の関連記事はこちらから