記事作成日:

23度の気温で着る服装のおすすめは?!温度調整できるコーデを紹介!

広告

気温23度はとても快適で過ごしやすく、着る服も選びやすいでしょう。しかし同じ23度でも、最高気温と最低気温では適した服が異なります。気温23度のコーデポイントは温度調節できること。本記事では、最高気温・最低気温に分けて23度に相応しい、1日を快適に過ごせるおすすめメンズコーディネートをご紹介します。是非、その季節に合った服選びにお役立てください。

23度の気温の時期は?

快適に感じる23度の気温。時期で言えばいつ頃になるのでしょうか。23度と言っても、最高気温23度と最低気温23度では季節も違えば、体感温度も異なります。以下に気温が23度になる時期と、最高気温・最低気温が23度になる日の特徴を解説します。

気温が23度になるのは何月ごろ?

一般的に最高気温が23度になるのは春の4~5月と秋の10月頃です。丁度季節の変わり目にあたります。一方、最低気温23度の時期は夏の6月下旬から8月頃。日中は25度以上、30度を超える「真夏日」になることも珍しくありません。

ただし23度になる時期は、最高気温・最低気温とも地域によって異なります。以下は主な地域の気温が23度になる時期です。自身が住んでいる地域で、いつ頃23度になるか把握しておきましょう。

地域 最高気温が23度になる時期 最低気温が23度になる時期
北海道(札幌) 6月・9月 8月上旬
仙台 5~6月・10月上旬 8月
東京 4~5月・10月 6月下旬~8月
福岡 4月・10月下旬 6月下旬・9月
沖縄 12~4月 5~6月・10~11月

23度が最高気温となる日は?

最高気温が23度の日は、日中はポカポカして暖かくても、最低気温は15度前後のことが多く、朝晩はまだまだひんやり涼しいです。朝、天気予報で最高気温だけを見て薄着で出かけてしまうと、寒くて失敗した…なんてこともあるでしょう。季節の変わり目でもあるこの時期は、寒暖差を意識した服装を心掛けてください。

23度が最低気温となる日は?

最低気温が23度の日は、日中の気温が30度を超える真夏日が多いので、涼しく過ごしやすい服装を心掛けてください。しかし、暑さで室内は冷房が効いていることが多いため、冷え対策として羽織るのもを1枚持っていくと役立つでしょう。日焼けをしたくない方は薄手の長袖を着ることをおすすめします。

服装指数って知ってる?

服装指数とは、朝晩・日中の予想気温で、その日にどんな服装が適しているかを予想して提案する数値です。10~100の10段階に分けた数値で発表されています。数値が低いほど寒いため服装は厚着になり、数値が高いほど暑くなるため薄着になります。

服装指数 適している服装
10 ぶるぶる、何を着ても寒い!
20 ダウンジャケットでしっかり防寒
30 コートを着ないと結構寒いなあ
40 裏地付きトレンチコートがおすすめ
50 薄手のジャケットを羽織っていこう
60 長袖シャツ、カットソーで快適に
70 半袖+カーディガンで温度調整を
80 半袖シャツ1枚で過ごせる暑さ
90 ノースリーブでもかなり暑い!
100 暑さ対策必須!何を着ても暑い

服装指数は、天気予報や注意報、紅葉情報、桜の開花予想などのサービスを提供する日本気象協会が発表しており、同協会が運営するウェブサイトで確認できます。上の画像は5月末の服装指数ですが、名古屋を見ると朝晩は服装指数60で長袖、日中は服装指数90でノースリーブ。寒暖差があることが分かります。

このように服装指数を意識することで、出かける時間帯に合わせて服装を調節することが可能です。気温が同じでも地域によって指数は変わってくるので、日本気象協会のHPで住んでいる地域の服装指数をチェックしみてください。

服装指数をチェック

 

23度の気温で着る服装!メンズ温度調整できるコーデは?

ここでは、気温23度の服装選びのポイントと快適な服装のアイテムをご紹介します。最高気温23度であれば、朝晩の気温が下がる時間帯のことも考えなければいけません。

最低気温23度の場合、日中の気温が真夏日になる可能性が高いので暑さ対策、またUV対策や冷房対策も考慮しましょう。気温23度は温度調節できるアイテムがポイントになります。

23度の気温時期の服装の選び方

最高気温23度になる時期は、寒暖差がありコーデを組むのが難しい季節でもあります。インナーは薄手の長袖を着用し、温度調節できるようカーディガンなどを重ね着をすると良いでしょう。特に朝晩は15度前後とまだまだ冷え込むので、ライトアウターがあると役立ちます。

一方、最低気温23度になる時期は日中30度以上の真夏日になることがほとんど。涼やかに過ごすためにも、涼しい素材で蒸れにくい薄手のトップスを選びましょう。UV対策や冷房対策として羽織りを持ち歩くと◎。その場合、脱いでも邪魔にならない薄手で軽いタイプがおすすめです。

23度の気温で快適な服装のアイテムは?

最高気温23度の汗ばむ日は、カーディガンや長袖シャツ、パーカー、薄めのジャケットなど、羽織りものを取り入れましょう。朝晩は気温が低いことを想定してコーディネートを組むのがポイントです。

最低気温23度の真夏日は、涼しい素材のシャツや半袖、ポロシャツ、ハーフパンツが適しています。UV対策や冷房対策として、コンパクトにまとまる薄手のアウターを1着持っておくと安心です。

23度の最高気温で着る服装!メンズコーデにおすすめアイテムを紹介

続いては最高気温23度・最低気温23度に分けて、1日を快適に過ごせるメンズコーデにおすすめのアイテムをご紹介します。まずは、最高気温23度で着る服装からチェックしていきましょう。最高気温が23度になる時期は、一般的に春の4~5月と秋の10月頃です。

23度最高気温メンズ服装コーデ①カーディガン

季節の変わり目や肌寒い時期、寒暖差のある日に重宝するのがカーディガンです。単独使いはもちろん、スーツのインナーやTシャツの羽織りとしてなど、幅広いコーデに役立ちます。薄手ならかさばらないので持ち運びしやすく、朝晩で気温が変わりやすい春や秋に特に活躍してくれるでしょう。

カーディガンを使ったコーデはキレイめとカジュアルのバランスが取れるので、大人のメンズにおすすめです。カラーや編み目の細かさなどで印象は異なるため、是非カーディガンを取り入れた、いろんな着こなしを楽しんでみてください。

 

23度最高気温メンズ服装コーデ②シャツ

シンプルでセンスの良い長袖シャツ。春・秋はメインとして、夏は軽めのアウターとして、冬はインナーとしてオールシーズン使える1枚です。長袖をそのまま真面目に着るのではなく、シャツの袖口をまくり上げることで涼し気でこなれた印象に仕上がります。

気温23度で長袖は暑くないの?と思うかもしれませんが、それは素材選びで解決できます。リネン・コットン・ポリエステル・レーヨン・テンセルは涼しく、棉は吸水性が高く通気性も良いので、そこまで最低気温が低くない日におすすめです。

 

23度最高気温メンズ服装コーデ③半袖シャツ

日中に出かけるのであれば半袖シャツがあると便利です。季節の変わり目にはライトアウターとして活躍してくれるでしょう。普段使いとしては、下にジーンズやスリムパンツなど組み合わせは自由。シャツを開けるスタイルにすることで、爽やかな印象を与えられます。

ただし最高気温23度の日は朝晩では肌寒く感じることもあるので、ジャケットやカーディガンなどを持っていきましょう。少しゆとりのあるサイズ感のものを選べば、シャツとしてもシャツジャケットとしても活躍してくれます。

 

23度最高気温メンズ服装コーデ④マウンテンパーカー

[ザノースフェイス] Venture Jacket NP12306 ブラック L

[ザノースフェイス] Venture Jacket NP12306 ブラック L

13,927円(02/29 17:26時点)
Amazonの情報を掲載しています

機能性の高いマウンテンパーカーは、温度調節アイテムとして1着持っておくと便利です。薄手でライトなものから防寒着として使えるハードなものまで様々ですが、最高気温23度の時期は軽く羽織りやすいタイプが良いでしょう。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)のベンチャージャケットは、防水性に加え軽量性も重視。携行に便利なスタッフサック付きでアウトドアからデイリーユースまで様々なシーンに活躍します。日常でもコーディネートしやすいアイテムで、大人のアウトドアカジュアルコーデにおすすめです。

 

23度最高気温メンズ服装コーデ⑤ジャケット

ストレッチ素材を使用した定番のテーラードジャケットは、ジャストに着こなせるサイズ感が大きな魅力です。伸縮性が高いので、ジャージを着ているような着心地を楽しめ、ビジネスからカジュアルまで大人の日常を軽やかに彩ります。

軽い着心地のジャケットは、オールシーズンで使えるコーディネート即戦力となるでしょう。きちんと感や上品さを演出できるテーラードジャケットは、まさに大人メンズの必須アイテムです。Tシャツと合わせて、ちょっとゴツめのアクセサリーなどをつければ、ワイルド感も演出できます。

23度の最低気温で着る服装!メンズコーデにおすすめアイテムを紹介

続いては最低気温23度で着るおすすめアイテムのご紹介です。最低気温23度の時期は一般的に6月下旬から8月の夏。日中は30度以上になることが予想されるため、風通しの悪い厚手の素材だと蒸し暑いと感じやすいです。真夏日を快適に過ごすためにも、通気性の良い素材をセレクトして体の体温を外に逃がしましょう。

23度最低気温メンズ服装コーデ①半袖Tシャツ

最低気温23度では日中30度以上の真夏日になることが多いので、半袖Tシャツは必須アイテムです。暑いこの時期を乗り越えるためにも、何着が用意しておくと良いでしょう。カラーは涼しげな印象を与えられるホワイトやブルーが◎。生地は涼しく快適に過ごすためにもコットン100%がおすすめです。

無地Tに飽きた、夏コーデがマンネリ気味…。そんな方は、プリントTシャツをチョイスしても良いでしょう。ロゴやフォト、イラストなど、自分のセンスをアピールでき、なにより”Tイチ”でも着こなしがキマります。無地TシャツとプリントTシャツ、暑い夏はいろんなTシャツでコーデを楽しみましょう。

 

23度最低気温メンズ服装コーデ②ポロシャツ

コーデを選ばず、デニムやハーフパンツと合わせてもきちんと感を演出してくれるポロシャツも夏の定番アイテムです。カジュアルはもちろん、イージースラックスと合われば、端正な雰囲気も演出できます。あえて柄のパンツで外した組み合わせもお洒落でおすすめです。

ポロシャツと言えば「ラコステ」「ポロ ラルフローレン」「フレッドペリー」が鉄板ですが、コスパ&機能性を両立した「glimmer(グリマー)」も人気があります。抜群の吸汗速乾性で、さらに速乾性能があり、いつでもサラサラ。ベタつく汗の不快感がありません。

 

23度最低気温メンズ服装コーデ③オーバーサイズシャツ

風通しの良いオーバーサイズシャツも夏におすすめのアイテムです。春秋は上着として、夏は袖を巻いてTシャツとして、また持ち歩いてUV対策・冷房対策にも役立ちます。1着あればロングシーズンで着回しやすく、重宝するでしょう。

サラッと着るだけでキマるのがオーバーサイズシャツの魅力です。着たときに程良いドレープ感が生まれ、リラックスしながらも見た目は実にエレガント。その上、羽織りモノとしても活躍してくれます。ただし、ダラっと見えないためにも、裾丈は腰位置に収まるのがベターです。

 

23度最低気温メンズ服装コーデ④ハーフパンツ

真夏日にはトップスだけでなく、パンツにも涼しさを取り入れることで快適に過ごせます。見た目も履き心地も涼しくラクなハーフパンツは、1着は持っておくと夏に重宝するでしょう。コーディネートが難しいと感じる方も多いですが、着こなしを工夫することでさりげないお洒落が楽しめます。

きっちりした印象を与えるシャツやポロシャツと合わせれば、涼しさの中にも知的さを演出でき、大人っぽさをアピールするのに◎。Tシャツと合わせるなら、ロンTと合わせてチラ見せすることでお洒落度がワンランクアップします。くれぐれも川遊びの少年スタイルにならないよう注意しましょう。

 

23度最低気温メンズ服装コーデ⑤サマージャケット

夏に涼しいサマージャケットは、 生地が薄手で清涼感を感じやすく、夏の大人メンズコーデにおすすめのアイテムです。風通しを良くするために裏地をなくしたり、サラリとした肌触りのリネン(麻)やポリエステルといった素材を使っているのが特徴。半袖タイプでより涼しさを感じられるタイプもあります。

軽くて通気性がよく、見た目も清涼感のある素材で作られているため、暑い日でも快適にお洒落が楽しめるでしょう。シンプルなシャツと合わせればライトフォーマルに、Tシャツやタンクトップと合わせればワイルドにと幅広いシーンで活躍します。真夏のUV対策・冷房対策にもおすすめです。

 

気温に適したコーデで快適に過ごそう

最高気温23度の日と最低23度の日は、同じ気温でも着用する服が異なります。春や秋に多い最高気温23度は、薄手の長袖トップスが◎。朝晩の気温低下に備えて軽い羽織りものを備えておくと安心です。

最低気温23度は本格的な夏日になります。半袖Tシャツやポロシャツなど、涼しく過ごせるアイテムを取り入れましょう。日によって寒暖差も異なるので、住んでいる地域の「服装指数」をチェックして、気温に適したコーディネートで、1日を快適に過ごしてください。

その他の関連記事はこちらから