記事作成日:

赤ちゃんのいる家庭におすすめのウォーター サーバー8社を徹底比較!

https://www.pinterest.jp/

毎日飲料用として、またお料理や赤ちゃんのミルク作りまであらゆる用途で使用することができるウォーターサーバーは、ママの育児の負担を軽減するマストアイテムとして知られています。今回は、そのウォーターサーバーについて、人気の製品提供を行うサーバー8社を厳選してご紹介します。各社が持つ特徴をはじめ、ウォーターサーバーを利用するメリットやデメリット、また使用の際の注意点まで様々な情報を徹底解説していきます。

赤ちゃんのいる家庭にウォーターサーバーを導入するメリット

それではここからは、赤ちゃんがいる家庭でウォーターサーバーを利用する際に実感するメリットを以下に4点ご紹介します。どのようなメリットがあるか詳しくみていきましょう。

メリット①赤ちゃんのミルクの準備が楽になる

母乳育児の傍ら、赤ちゃんのミルク作りを行う際もすぐに利用することができるウォーターサーバーは、現代のママの子育てに欠かせないマストアイテムです。

特に赤ちゃんは授乳回数も多く、ママの育児疲れを少しでも軽減し、サポートすることができるよう、ぜひウォーターサーバーを活用することをおすすめします。

ウォーターサーバーはすぐにお湯を利用することができる他、冷水を入れてミルクの温度調節を行うこともできるので、あっという間にミルク作りを行うことができます。

そのため、お腹が空いて泣いている赤ちゃんにすぐにミルクを与えることが可能です。時短でミルク作りを行えるだけでママの負担がなくなり、育児を楽しく行うことができるようになるでしょう。

メリット②安全性の高さ

ウォーターサーバーの水は、各社取り扱うお水について、厳しい水質検査を実施し、それにクリアした安全なお水を提供しているため、赤ちゃんをはじめ、高齢者まで誰もが安心して飲むことができるお水を利用することができます。

そのため、安全性の高いお水で赤ちゃんのミルク作りをはじめ、料理まで幅広く活用することができることが分かるでしょう。

メリット③買い物の負担が減る

赤ちゃんと一緒に買い物へ出掛けることは、ママにとってとても大仕事です。赤ちゃんをベビーカーに乗せた状態で食材やお水の買い物となると、どれほどの重量となるか、また、多くの荷物を持つなど苦労も感じることでしょう。

しかし、ウォーターサーバーを利用していれば、重いお水を購入して持ち帰るというわずらわしさや思いをすることがない上、お水は自宅まで配送してもらえるため、ママの買い物に対する負担が圧倒的に激減します。

これなら赤ちゃんを抱えて外出しても、重いお水の購入を行うことなく快適に買い物を行うこともできます。育児の負担を減らすためにも、ぜひウォーターサーバーを活用してみてください。

メリット④備蓄水になる

近年、私たちが住む日本でもあらゆる災害が生じてします。しかし、赤ちゃんはまだ私たち大人のように食べ物を摂取することができる訳ではありません。そのため、栄養はミルクから摂取することになります。

万一災害に見舞われても、赤ちゃんのミルクとミルク作りに必要なお水があれば、ミルクを与えることができます。また、災害に見舞われた時こそ、ママの精神的な不安やストレスから母乳が思うように出ないためにミルクが必須となることもあるでしょう。

このような事態に遭遇しても、ウォーターサーバーがあれば、飲料用の水として、また、赤ちゃんのミルク作りに必要な水を確保し、備蓄しておくことができます。

そのため、ローリングストック方法を採用し、いつでもお水を利用できるよう、自宅にストックしておくよう配送依頼を行うことをおすすめします。

覚えておきたいウォーターサーバーのデメリット

ウォーターサーバーを設置することで得られるメリットが分かったところで、実際にはメリットばかりがあるとは言い切れません。利用者の中にはウォーターサーバーを利用することでデメリットに感じることもあります。

いったいどのようなことをデメリットだと捉えているのか以下に3点ご紹介します。それぞれのデメリットくぉチェックしていきましょう。

【デメリット1:水代等の費用が嵩む】

ウォーターサーバーを利用する際、設置時の費用やサーバーメンテナンス、また水の配送料を無料とするメーカーも多いですが、実際に利用する際のお水代は必要費用となります。その際、一般的には約3,000~のお水代が必要になります。

また、配送時は2本~の受付としている他、購入金額で配送料無料とするメーカーもあります。赤ちゃんのいる家庭がミルク作りのためにウォーターサーバーを利用した際、赤ちゃんの飲むミルクの量から計算すると、その相場価格は1ヵ月約4,000円ほどの費用が必要となる計算となります。

なお、利用するウォーターサーバーのメーカーによっては、赤ちゃんのいるご家庭に対して、リーズナブルにウォーターサーバーを利用することができるようなプランを提供しているところもあります。それぞれどのようなプランがあるかを事前にチェックしておくこともおすすめです。

【デメリット2;設置場所が必要になる】

ウォーターサーバーを利用するとなると、本体を設置するスペースを確保しなければなりません。リビングに配置するタイプのサーバー以外にも、狭小スペースに設置することができる卓上型もあります。

設置を希望する場所に最適なサイズのウォーターサーバーを選べば、スペースを取りすぎることなくウォーターサーバーの設置を行うことができるでしょう。

【デメリット3:定期的なメンテナンスが必要】

ウォーターサーバーを利用する際は、ボトル挿入口や給水口など、常に清潔な状態を保ち正しく使用することが大切です。

そのためにも、メーカーによる定期的なメンテナンス以外にも、普段からボトル交換時に差込口をきれいに拭き上げアルコール消毒を行っておくこと、また、ホコリを拭き取るなど、普段からお手入れを行っておくことが大切です。

赤ちゃんのいる家庭に適したウォーターサーバーの選び方

ここからは、赤ちゃんがいるご家庭で使用をおすすめするウォーターサーバーを選ぶ時の選び方のポイントをご紹介します。

実際にウォーターサーバーの設置を検討されているという方は、失敗のないウォーターサーバー選びを行うためにもぜひご紹介する選び方のポイントをひとつずつチェックしてみてください。

選び方①ミネラルが少ない軟水

赤ちゃんはまだ身体の機能が大人のように整っておらず、まだ未熟な状態です。そのため、硬度の高いお水でミルク作りを行ってしまうと、そのミルクを飲んだ赤ちゃんはお腹を壊してしまう可能性があります。

内臓へ過度な負担となることのない、ミネラルが少なく、軟水または純水を使用しているウォーターサーバーを利用してみましょう。

日本における軟水の定義は、ミネラル成分を100mg/L未満としています。また、硬水は100mg/L以上としているため、記載表示を確認の上、ミネラルが少ない軟水を使用していくようにしましょう。

選び方②赤ちゃんの粉ミルクに適した温度設定

ウォーターサーバーは、赤ちゃんのミルク作りに最適な70~75℃のお湯を利用できるメーカーを選ぶようにしましょう。また、温水と冷水の機能があれば、冷水を加えて適温のミルクを作ることができます。

粉ミルクを作る際に最適な温度のお湯を利用することができれば、夜中の授乳の際も赤ちゃんのミルク作りを短時間で行えるなど、とても手軽に利用できることが分かるでしょう。このようなことから、適温で使用できるウォーターサーバーであることを確認して選んでみてください。

選び方③チャイルドロック付き

ウォーターサーバーを利用する際は、冷水と温水の機能を搭載したサーバーが大半です。その場合、小さな子供がいるご家庭であれば、子供がいたずらしたり、温水によるやけどの危険を避けることができるチャイルドロック機能を搭載したサーバーを利用するようにしましょう。

選び方④メンテナンスサービスの充実度

ウォーターサーバーは、常に清潔な状態で使用していくことが大切です。そのためにも、メーカーによる定期的なメンテナンスサービスを受けることができるウォーターサーバーであることをリサーチしておくようにしましょう。

また、メンテナンスを無料実施してもらえるのかもチェックしておきたいポイントです。どのようなメンテナンスサービスを提供しているか、その充実度を比較し、ウォーターサーバーを選んでみてください。

赤ちゃんのいる家庭におすすめのウォーターサーバー8社を徹底比較

それではここからは、赤ちゃんがいるご家庭にも最適な、人気のウォーターサーバーを8社ご紹介します。いったいどのようなウォーターサーバー社があるか詳しくみていきましょう。

おすすめ①アクアクララ アクアスリム

「アクアクララ アクアスリム」は、注水口を高い位置に設置しているので、子供のいたずら防止に最適なデザインのウォーターサーバーです。

また、チャイルドロック機能をはじめ、利用の際は「子育てアクアプラン」を利用し、毎月550円割引でお得に利用することができます。スリムでスタイリッシュなサーバー本体にも人気が集まるおすすめの製品です。

アクアクララの公式HPを詳しく見る

 

 

おすすめ②サントリー 天然水 ウォーターサーバー

「サントリー 天然水 ウォーターサーバー」は、ミルク作りに最適な温度となる70~75℃のお湯を利用することができるウォーターサーバーです。冷水と温水を利用することができる上、チャイルドロック機能を備えているため、赤ちゃんのミルクも適温で作ることができます。

4℃~92℃まで幅広い温度で利用することができる分、活用できる用途も広く、子供から大人まで最適な温度のウォーターサーバーを利用することができます。ぜひ、普段使いや赤ちゃんのミルク作りが必要なご家庭に使用をおすすめします。

サントリー 天然水 ウォーターサーバーの公式HPを詳しく見る

 

 

おすすめ③コスモライフ Smartプラス

「コスモライフ Smartプラス」は、自動クリーニング機能を備え、衛生的に使用することができるおすすめのウォーターサーバーです。ボトル交換は下置きのためサッと手軽に交換していくことができます。純粋かつ新鮮な軟水のため、赤ちゃんのミルク作りにも最適です。

2年以上使用することでサーバーを無料交換してもらえるため、より一層衛生的に使用していくことができます。また、冷却時にも大きな音が出ることもなく静音設計でデザインされているなど、見た目荷もスタイリッシュに仕上げたインテリアにも最適なサーバーです。

コスモライフの公式HPを詳しく見る

 

 

おすすめ④うるのん

「うるのん」は、内部クリーン機能を搭載しているので、いつも衛生的に使用することができる上、おいしいお水を飲むことができるおすすめのサーバーです。チャイルドロック機能を搭載しているため、小さな子供による誤操作を予防し、安全に使用していくことができます。

「うるのん子育てプラン」を利用すれば、1ヵ月1,000円ほどの割引を受けることができるなど、子育て世代に最適なウォーターサーバーであると言えるでしょう。リーズナブルな価格でウォーターサーバーを利用したい方はぜひ「うるのん」を利用してみてください。

うるのんの公式HPを詳しく見る

 

 

おすすめ⑤クリクラ クリクラFit

「クリクラ クリクラFit」は、水受けトレーの幅を使用する用途に合わせ微調整することができるおすすめのウォーターサーバーです。

そのため、赤ちゃんのミルク作りから離乳食作り、さらに普段の料理の際にもトレーを自在に活用することができます。純度99%のRO水のため、ミルク作りに最適です。「クリクラSMILEキッズプラン」を利用すれば、よりお得にウォーターサーバーを活用することができるでしょう。

クリクラ クリクラFitの公式HPを詳しく見る

 

 

おすすめ⑥マーキュロップ シタカラ

富士山麓の雪どけ水を採水し、クリアな天然水の味を楽しめる「マーキュロップ シタカラ」は、標高日本一の水源から汲み上げているため、大自然の深みをたっぷりと味わうことができるおすすめのウォーターサーバーです。

硬度が低く加熱処理を行った天然水のため、赤ちゃんのミルクにも使用可能なお水となっています。本体にはチャイルドロック機能が搭載されている他、片手で給水を行うことも可能です。

本体サーバーは、衛生的に使用するためにも1年に1度新しいサーバーに交換を行うサービスを行っています。そのため、より安全にお水を飲むことができると言えるでしょう。

普段の生活でミルク作りやお料理、飲料水として活躍する「マーキュロップ シタカラ」のウォーターサーバーをぜひ自宅に設置してみてはいかがでしょうか?

マーキュロップ シタカラの公式HPを詳しく見る

 

 

おすすめ⑦アルピナウォーター エコサーバー

「アルピナウォーター エコサーバー」は、エコモードを使用することができる省エネタイプのウォーターサーバーです。70℃の温水を使用することができるので、赤ちゃんのミルク作りに最適です。

99%の純水なRO水のため、赤ちゃんから高齢者まで安心して美味しいお水を楽しめます。自動クリーニング機能が搭載されている他、4年に1回行われる定期メンテナンスによって毎日安全なお水を利用することができます。

アルピナウォーターの公式HPを詳しく見る

 

 

おすすめ⑧プレミアムウォーター cado

「プレミアムウォーター cado」は、立ちパネル操作が可能なため、赤ちゃんを抱っこしながらでも手軽にミルク作りお行うことができる、楽に給水可能なウォーターサーバーです。

給水ボタン部分にはチャイルドロックをかけることができるので、子供の手が届く場合でも安心して利用することができます。水ボトルの交換は下置きのため楽に交換可能です。

なお、利用の際は、最大1,200円以上の割引を受けることができる「マムクラブ」を利用すれば、毎月お安くウォーターサーバーを利用することが可能です。子育て世代に最適なウォーターサーバーのため、ぜひ利用検討してみてください。

プレミアムウォーターの公式HPを詳しく見る

 

 

ウォーターサーバーを契約する際の注意点

最後は、ウォーターサーバーの契約を行う際、どのような点に注意すれば良いか、以下に代表的な2つの注意点についてご紹介します。それぞれどのような内容であるか詳しくみていきましょう。

注意点①設置スペースと水の保管スペースを確保しておく

いざ自宅にウォーターサーバーの設置を行うとなると、どんなに狭小スペースであっても、最低でもA4サイズのスペースを確保しなければなりません。また、水ボトル配送の際のストックを置くスペースも設けておく必要があります。

さらに、水ボトル回収まで空ボトルの保管スペースも検討しなければならないなど、設置やストック場所を確保できるかどうかをチェックしておくようにしましょう。

注意点②契約期間の確認

実際にウォーターサーバーの設置を行う際は、契約時に縛りの期間が定められることがほとんどです。そのため、その期間内にウォーターサーバーの解約を行った場合は、10,000~20,000円の解約金が発生するメーカーが大半です。

各メーカーによって解約金の規定が異なるため、利用するウォーターサーバーのメーカーに事前に確認しておくようにしましょう。

赤ちゃんのためにも安心安全なウォーターサーバーを選ぼう

ウォーターサーバーは赤ちゃんのミルク作りをはじめ、普段の生活でも大活躍するマストアイテムとなっています。そのため、自宅に設置を検討される方も少なくありません。

その際は、ぜひこの記事でご紹介した8種類のウォーターサーバーの情報を参考に、自分の目的に合致するサーバーを選び、利用を始めてみてください。日常生活で便利に活用することができるはずです。ぜひ赤ちゃんのためにも安心して飲める安全なウォーターサーバーを選んでいきましょう。

その他の関連記事はこちらから