記事作成日:

水道水をより安全に飲むには沸騰させよう!煮沸時間は自治体によって異なる?

日本の水道水というのは、非常高い安全性を保っていると言われていますが、そのまま飲むというのが多数派とは言い難いものです。安全性を最大限確保したいのであれば、沸騰させて含有物質を除去するのが効果的です。今回は、水道水の煮沸の仕方などについて解説します。

水道水をそのまま飲むのはよくない?

水を飲む、となった時に、水道水をそのまま飲むという方は、おそらく決して多くないでしょう。飲むならばミネラルウォーターやウォーターサーバーを使って飲む方が、美味しいからです。

水道水は危険なの?

割と危険視されがちな水道水ですが、基本的には人間の体に害を及ぼすような事はありません。というのも、日本の水道水というのは世界的にも厳しい検査基準が設けられており、それをクリアしなければ水道に流れないのです。

水道法では、51もの水質基準が設けられており、加えて27項目の水質管理目標設定項目や46項目ある要検討項目といったように、蓋を開けてみれば非常に多くの検査を行って、高い安全性を保っているのです。

水の基準に関しても、WHOが定めている飲料水水質ガイドラインを元にしており、これが全国で適用されていますから、均一に世界的に厳しい基準をクリアしている水が供給されています。

水道水のカルキ臭が気になる?

しかし、水道水を飲むのを控えている中には、カルキ臭という独特の匂いが気になっているのが理由という方も居ます。このカルキ臭がある原因というのは、水道水中に含まれている残留塩素によるものです。

正確には次亜塩素酸ナトリウムというものですが、これが水道の元となる水に入っていたアンモニア性窒素と反応する事によってクロラミンという物質が生まれます。これが、カルキ臭の正体です。

塩素については、原水に混じっている微生物など、人体に有害になるであろう物質を除去し、安全なままで家庭に届けるために水道水にわずかに含まれているのです。

水道水をより安全に飲むためには沸騰させよう!

塩素が含まれているのは、水道水の安全性を最大限確保したまま各家庭に届けるためでもあります。残留量に関しても厳しく設定されているものの、他にもトリハロメタンという発がん性がある物質の存在も気になります。

水道水を沸騰させるメリットは?

そんな気になる残留物質を除去させられるのが、沸騰という方法です。残留塩素、トリハロメタンの2つは水道水の安全性を考えるうえで非常に気になりますが、煮沸、沸騰が非常に効果的なのです。

沸騰させることによって残留塩素を揮散させられるので、先に述べていたカルキ臭や発がん性のトリハロメタンという気になる物質の心配なく水道水が飲めるようになります。

また、赤ちゃんに飲ませるという事を考える場合にも、大人が飲む以上にデリケートになりますので、やはり煮沸が効果的です。加熱殺菌によって、ミルクを飲ませる時等にも安心して使えます。

水道水を沸騰してカルキ抜きにかかる時間

水道水をやかんなどに入れて沸騰させるだけで、簡単にカルキ抜きや残留物質除去が出来るということになっていますが、少なくともカルキ抜きをする為には5分以上は沸騰させなければなりません。

思っている以上に長い時間がかかると思われるかもしれませんが、これに加えてさらにトリハロメタンを取り除きたい場合、最低でも10分以上は必要です。これは、トリハロメタンは水の温度が上がる事で一度増量するからです。

その為、沸騰後もしばらく加熱を続ける必要があり、極力安全性を確保したいという場合には、合計で40分間は沸騰させ続けなければならない、ということになります。

カルキ抜きにかかる時間は自治体による

基本的には、カルキ抜きや残留物質を取り除くのは沸騰させるというのはしっかりと効果があります。ただ、不純物除去というのは煮沸にかかる時間が各地方の自治体によって異なっているのです。

その理由は、地方自治体によって水道水内に含まれている成分が微妙に異なっているからです。数値としては非常に分かりにくい差でも、しっかり取り除かなければ気になる臭いが残ったままということになります。

含有成分によって煮沸にかかる時間が異なるわけですが、ご自分のお住まいの地域の自治体水道局のホームページでは、煮沸条件なども掲載されていたりしますので、これを事前にチェックしてみましょう。

水道水を沸騰させる方法を覚えておこう!

この様に、水道水の沸騰にはそれなりの時間をかけて、内包している残留物質の除去を行う必要があるのです。大きく分けて、煮沸による除去をする場合にはやかんや電気ケトル、そして赤ちゃんに使う場合の湯冷ましという3つの方法があります。

水道水を沸騰させる方法①鍋

まずは、鍋を使っての水道水の沸騰になります。これが最もスタンダードなカルキ抜きの方法となり、具体的な手順は以下の通りとなります。

  1. 鍋に水道水を入れて火にかけ、蓋をして沸騰させる
  2. 沸騰したら蓋を取り、そこから10分以上加熱し続ける
  3. 時間経過後、冷蔵庫で冷やす

10分以上の加熱、というのがやはりポイントであり、残留塩素やカルキだけではなくトリハロメタンも完全に取り除くためです。また、沸騰後に蓋を取るのはトリハロメタン自体に揮発性があるからです。

加熱が10分以上行われたところで不純物の除去は完了していますが、その後に冷蔵庫で冷やしておいた方が飲む際には口当たりも良いでしょう。

水道水を沸騰させる方法②ケトル

鍋を使う方法では最低10分以上は火にかけ続けなければなりませんが、電気ケトルやポットなどを使用する方法もあります。こちらであれば、少なくない時間火元に居続ける必要性も無くなるものの、沸騰後は自動的に保温状態になるので、こちらも10分は加熱の必要があります。

  1. ケトルに水を入れてセットする
  2. 沸騰完了後は蓋を開けて蒸気を逃がす
  3. 加熱を3回から4回ほど繰り返す

一度の沸騰だけでは塩素やトリハロメタンなどを完全に除去する事はできませんので、再沸騰機能が付いているものであれば合計3回から4回ほど沸騰させ、これによって10分以上の加熱とみなすのです。

水道水を沸騰させる方法③赤ちゃんの湯冷まし

  1. 水道水を鍋ややかんで沸騰させる
  2. 沸騰したら蓋を外す
  3. 弱火で10分以上加熱を続ける
  4. 35度から37度の人肌程度の温度になるまで冷ます

最後に赤ちゃんの湯冷ましについてですが、最初の方法と同じ手順で煮沸を行います。勿論、そのままでは熱すぎるので、人肌程度に冷ます手順が入ります。

  1. 煮沸した水道水を70度まで冷ます
  2. 哺乳瓶に規定量の粉ミルクを入れる
  3. 出来上がり量の3分の2のお湯を入れる
  4. 粉ミルクが溶けたら出来上がり量までお湯を追加する
  5. 37度くらいの温度まで冷ます

ちなみに、ミルクを作る場合の手順は上記の通りとなります。粉ミルク側については製品によって適量が変わりますので、手順に従うようにしてください。

煮沸した水道水を飲むときの注意ポイントはコレ!

塩素やトリハロメタンなどは、多少水質が気になった時には誰もが懸念材料として考えるところですが、沸騰によって取り除けます。しかし、取り除いたからと言ってその後ずっと安泰という訳ではありません。

注意①早めに使う

まず、早めに飲み切るようにしましょう。そもそも水道水に入っていた塩素は、他の有害になり得る物質を取り除くための安全機構とも言えます。煮沸をすれば、その安全機構を自分で取り除くことになります。

となれば、煮沸後の水道水はいわば完全な無防備状態となり、細菌などが入り込みやすくなります。時間の経過とともに急激に安全性が失われていくので、早めに飲み切り、使い切るようにしましょう。

注意②すべての不純物が除去されたわけでない

もう1つ、全ての不純物が完全に取り除かれたわけではありません。煮沸によって塩素等を取り除くことは事実ではあるものの、そのほかのアルミニウムや鉛といった物質まで取り除けるわけではないのです。

これは、RO膜と言われる特殊なろ過技術を用いた高い純度を誇る水でも、99.9%というのが限度になっています。煮沸であれば、なおさら完全な純度の水にできる訳ではありません。

煮沸以外に水道水を安全に飲む方法はあるの?

煮沸をすること以外にも、レモンなどを使った方法があります。レモンなどに含まれているビタミンCは還元作用を持っており、これが塩素を分解してくれます。レモンでなくとも、ビタミンCが含まれていればオレンジ果汁などでも代用できます。

そのほか、フィルターを通す事によって水道水の不純物を取り除いてくれる浄水器、最初から新鮮な水を飲む事が出来たり、水道水直結でクリーンな水を提供するウォーターサーバーの導入といった方法もあります。

安全な飲み水にウォーターサーバーの使用もおすすめ!

煮沸を行うことも十分に水道水の安全性を向上する方法ではありますが、あまり手間をかけたくないのであればウォーターサーバーの導入という方法もありますので、ぜひ検討してみてください。

その他の関連記事はこちらから