記事作成日:

日本の水道水は安全って本当⁈そのまま飲むのは大丈夫?

日本では、いつでも水道水を飲む事が出来、その質も非常に高いと言われています。ただ、新鮮さで言えばウォーターサーバーなどの方が注目されるので、水道水に問題は無いのかと疑問に思う事もあるでしょう。今回は、日本の水道水の安全性などについて詳しく解説します。

水道水ってそのまま飲むことはできるの?

自宅でも公演などでも、いつでもどこでも飲む事が出来るという日本の水道水。誰が飲んでも問題は無いと言われているものの、少しでも水質などに興味を持つと、残留物質などに関して問題性はないのか、という疑問や懸念が湧いてくる事もあります。

しかし結論から言えば、水道水は誰が飲んでも問題なく、健康に害を及ぼす事はありません。世界の中でも、後述する厳しい基準が設けられている事などから、特に日本の水道水は安全性が高いのです。

それゆえに、蛇口からそのまま水道水を飲んだとしても、基本的に害などはありません。人によって味やにおいなどに関して感じる所はそれぞれですが、それが健康を害するというところまでは及びません。

厳しい検査基準をクリア

先に少し触れている通り、日本の水道水は世界的に見ても厳しい基準を設けており、その検査をクリアしているのが特徴となります。水道法、という法律が定められており、その中では51の水質基準を設けています

水道事業団体は、この検査を行う義務が課せられていて、基準値を超えるような事があれば水道水として流れる事はありません。

これだけでも多くの検査がされているという事が分かりますが、更に27の項目がある水質管理目標設定項目、更に毒性の評価が定まらないものに対して行う46の要検討項目も決められているのです。

水質の基準については、世界保健機構の飲料水水質ガイドラインを元にして定められていて、全国どこでも共通したものとなっています。これも、世界的に基準が厳しいと言われている理由です。

水道水に含まれる有害物質とは

この様に、日本の水道水は安全を確保するために、膨大な検査基準を設けているという事が分かるでしょう。しかし、懸念材料としてよく挙げられるのが、そこまでの検査をしても水道水に残る、有害物質や残留物質の存在です。

残留塩素

1つは、残留塩素になります。これは水道法によって定められているからで、安全上の観点から蛇口から出てくる時点において水道水中の残留塩素を1リットルにつき0.1ミリグラム以上保持するように、という決まりがあるのです。

その一方で、水質管理項目の観点からは、味、匂いの観点から考慮して1リットルに1ミリグラム以下、という目標値も設定されています。これをクリアすればよいので、各水道局では残留塩素が0.3から0.6ミリグラム以下に設定しているところが多いです。

この塩素の存在は、水道水の消毒を行うためのというのが一番の目的です。水道水の源泉となる河川や湖には、病原菌になり得る微生物が含まれている事があります。塩素はそれら微生物を殺菌してくれる働きがあります。

こうして消毒がされた水は、外部からも細菌が入り込まないように水道管を通して各家庭へ流れます。安全に処理されている証拠ではあるものの、塩素特有のカルキ臭というものが気になる人もいます。

トリハロメタン

続いて、トリハロメタンの存在です。トリハロメタンというのは、科学的にはメタンを構成している4つの水素の内、3つが臭素や塩素へと置き換えられた化合物になります。

これは水道水に元から含まれているという訳ではなく、浄水場や下水処理が行われるときに使われる塩素、そして水中に存在するフミン質をはじめとした有機化合物が反応する事で出来上がります。

実は発がん物質に数えられており、これだけを聞くと危険性が非常に高いと思われるでしょうが、日本においては1リットル当たりの総トリハロメタン数が0.1mgという決まりがあります。

塩素・トリハロメタンを除去して安全に水道水を飲む方法

塩素やトリハロメタンといった残留物質や有害物質が水道水に残っているのは事実ですが、しかし健康を害さないように残有量を決められているのもまた間違いありません。それでも気になるという場合、これらを除去する方法もあるにはあります。

安全に飲む方法①水を煮沸する

まず、水を煮沸する方法があります。やかんやなべなどに水を入れて、それを火にかける事で煮沸をするという、最も一般的な方法であり、最低10分間は煮沸をし続ける事で、初めて残留物質の除去が可能になるとされています。

火にかけての煮沸だけではなく、電気ポットがあるのならばカルキ抜き機能を利用する方法であっても、同じ効果が得られます。沸騰後に冷蔵庫で冷やして飲めば、ウォーターサーバーもかくやという美味しい水の出来上がりです。

ただし、塩素はまだしも、トリハロメタンの除去を完全に行うには、先に述べた10分以上の煮沸が不可欠です。というのも、トリハロメタンは水温の上昇に合わせて量が増え、約3倍ほどにもなるとされています。

そのまま沸騰し続ける事で、増加したトリハロメタンも蒸発していきますから、それなりの時間をかける必要があるという訳です。

安全に飲む方法②レモンを入れる

続いては、レモンを入れる方法です。水道水を美味しく飲む方法としてレモンを入れるというのは、店舗などでもよく知られているものであり、水にレモンを浸からせている光景はそこまで珍しくありません。

レモンにビタミンCが多く含まれているというのは有名な話ですが、このビタミンCには還元作用があり、塩素を分解する事が出来ます。その為、薄切りにしたレモンやレモン果汁を水道水に入れて、塩素抜きを行うのです。

これは実際に塩素試験液を使っての実験を行ったところ、水道水の基準地であった0.03の塩素がレモンを入れたところほぼすべてを取り除けたという調査結果もあるほどです。

レモンの量に関してですが、コップ1杯に対してレモン汁1滴から2滴程度で充分です。レモンだけでなくとも、ビタミンCの作用があれば問題ないのでオレンジ果汁などを使っても、同様の効果が得られます。

安全に飲む方法③煮沸した水は短時間で飲みきる

1つ目の方法で述べた通り、水道水は煮沸によって塩素やトリハロメタンを取り除く事が出来るのは事実です。しかし、一度煮沸して取り除けたら、その後はずっと同じ質が保てるという訳ではないところが注意点になっています。

そもそも残留塩素は、水道水に健康を害する可能性のある微生物や細菌などを入り込ませないようにする為の安全機構でもあります。これを煮沸するという事は、殺菌作用のあった物質を取り除くことになるのです。

すなわち、煮沸をした後の水道水というのは、カルキ臭や残留物質こそ気にはならないものの、完全に無防備な状態となりますので雑菌等の繁殖も非常にしやすい環境となります。

その為、煮沸をした後の水道水は短時間、出来る限りその日のうちに飲み切る事が推奨されています。また、コップなどの使うよう気に関しても可能な限り清潔なものを使用し、雑菌の入る余地をなくすべきです。

水道水の使用場面別の安全性と使い方をチェック

色々と人によって残留物質に対しての気になる度合いなどはあるかもしれませんが、それでも煮沸やレモン等を使う事によって取り除くことは誰でも可能です。水道水はいつでも使う事があるので、使用場面別で安全性や使い方を見てみましょう。

料理での使用

まず料理に水道水を利用するケースですが、基本的にそのまま使っても全く問題になる事は無いと言えます。仮に集合住宅で貯水槽に問題が生じた場合には控えるべきでしょうが、そういったことが無いのならば基本はそのままでも大丈夫です。

安全面についてはこの通りですが、料理の味、香りなどがカルキ臭によって変わってしまうのではないか、というのが気になるというのなら、ミネラルウォーターやウォーターサーバーを利用する手もあります。

勿論、煮沸を行ったり、レモンを使うという対処法を実践する方法もありますが、毎度やっていても時間がかかりますから、すぐに使う事が出来るミネラルウォーター等の方が利便性は高いと言えるでしょう。

基本的にこれらの水は塩素を元から含んでいませんので、料理に使えば味や素材のうまみなどをしっかりと引き立ててくれる事でしょう。ミネラルバランスも整っており、うまみ、甘みも感じられます。

お風呂やシャワーでの使用

水道水は、入浴時やシャワーに使う場合であっても、基本はトラブルが起きるような事は無いようになっています。健常な方であれば、シャワーやお風呂場の水に肌が触れたところで炎症等が起こるなどはまずないと言えます。

風呂場のお湯に細菌が入っている、という話しも聞くかもしれませんが、これは水道水に元から入っていたという訳ではなく、人間が入浴に使った事によって生じたり、浴槽が原因である可能性の方がはるかに高いです。

それでも不安がぬぐい切れない、という心配性な方がいるのならば、シャワーヘッドに取り付け可能な浄水器を使うという対処法があります。また、浴槽にも消毒や洗浄用品を使えば、可能な限りの対処はできるでしょう。

赤ちゃんが飲むために使用

デリケートなのが、赤ちゃんが飲むように使うというシーンです。粉ミルクや湯冷ましをした水をあげたり、粉薬を飲ませたり離乳食を食べさせる時というように、赤ちゃんに水道水を使う場面は思っているよりも多くあります。

そもそも赤ちゃんの湯冷ましというのは水を沸騰させていますので、煮沸消毒が最初から行われています。その為、危険性は他と比べても非常に低いと言えます。

そこまでされていてもまだ気になるというのならば、風呂場やシャワーの時と同じように蛇口に浄水器を利用したり、または料理と同じくウォーターサーバーを導入して、RO水を使うという手があります。

RO水というのは、逆浸透膜という特殊な技術を用いてろ過を行った水の事です。限りなく水の中の不純物が取り除かれているので、99%というこれ以上ないほどに純粋な状態に近いのです。

赤ちゃんの粉ミルクでの使い方

そして、赤ちゃんに使う中でも粉ミルクに使う、というケースについてですが、こちらは水道水をそのまま使っても良いでしょう。というよりも、水道水を使う方が推奨されています。

これは、日本で作られている粉ミルクは最初から水道水で溶かして使うのを想定していますから、ミネラル分についても調整が施されています。ミネラルウォーターなどだとミネラル分が多いので、赤ちゃんに負担をかけさせかねません。

衛生的に作られている粉ミルクではあるものの、それでも完全な無菌状態とは言い切れません。その為、作る際には水道水を沸騰させ、そこから冷ました70度以上のお湯で作りましょう。

水道水を浄水して使うおすすめウォーターサーバー3選

ウォーターサーバーは、天然水やRO水などを使用するものが多くはありますが、毎度取り寄せるのも面倒ですし費用がかかります。そこでお勧めなのが、水道水をそのまま使って浄水するタイプのモデルです。

おすすめ①ハミングウォーター

まずは、ハミングウォーターになります。各家の水道水をタンクに給水するとろ過され、浄水が行われるサーバーとなっており、費用に関してはもちろん水を頼んだりもしませんから、レンタル料の3,300円のみとなります。

水道直結、浄水タイプと比べてもランニングコストはリーズナブルに設定されており、浄水に関してもマイクロフィルター、そしてウルトラフィルターの2段階の浄水フィルターが設けられているので、最大限不純物を取り除いて安全性が確保されるのです。

ハミングウォーターの公式HPを詳しく見る

 

おすすめ②エブリィフレシャスmini

続いて、エブリィフレシャスminiです。こちらはミニという事で卓上型、通常の床置きタイプのモデルと比べても非常にコンパクトになっており、テーブル上など置く場所も選びませんから一人暮らしの方などにも非常にお勧めできます。

浄水器・浄水ポット・ウォーターサーバー、それぞれの便利な機能をコンパクトなモデルの中につぎ込んでおり、上部のタンクに水を灌ぐだけですので毎月の水の料金や使用量を気にせずどれだけでも使う事が出来ます。

エブリィフレシャスminiの公式HPを詳しく見る

 

おすすめ③Locca

浄水型のウォーターサーバー、リフィルサーバーもお勧めです。高性能フィルターを搭載しており、優れた浄水力で不純物11種除去。カートリッジ1個につき500mlペットボトル800本分のろ過が可能となっています。

4か月に1回カートリッジが定期配送されるので、いつでも清潔な水を利用可能。重たいペットボトルを買いに行く手間が省け、必要な分だけ水道水を補給するだけで済みます。温水、冷水どちらでも気軽にいくらでも使えます。

Locca詳しく見る

 

安全に水道水を飲むためにウォーターサーバーも検討してみよう

水道水は元から非常に高い安全基準をクリアしており、普通に使う分にはそのまま飲んでも何の問題もありません。ただ、もし安全性を最大限重視するのであれば、水道水を使うウォーターサーバーの導入を検討してみてください。

その他の関連記事はこちらから