記事作成日:

朝バナナダイエットの効果は?やり方と注意点を徹底解説!

少し昔に、バナナダイエットというダイエット方法が流行りました。朝食を手軽にエネルギー補給ができるバナナに置き換える手法ですが、正しいやり方を実践することで、実際にダイエット効果を出す事が可能であることが分かっています。今回は、バナナダイエットの効果、やり方などを解説します。

朝バナナダイエットで痩せることができるの?


朝は忙しくて時間が無く、朝食にかけられる時間を取ることができないなど、時間の無さゆえに朝食を摂らない事も珍しくないでしょうが、健康の観点からも、ダイエットの観点からもそれは良い手とは言えません。

そんな時にこそ、バナナダイエットがお勧めできます。昔一時期有名で流行したダイエット方法で、朝食をバナナに置き換えるだけと始めるのも非常に楽です。加えて朝食は体を目覚めさせ、代謝を向上させるなど重要です。

朝バナナダイエットの驚くべき効果

朝食をバナナに換えるだけで、簡単にダイエットにすることができるのならば、手軽でとても魅力的と言えます。ですが、果たして只それだけで本当にダイエット効果が期待できるのかは疑問に思うかもしれません。そこで、朝バナナの効果を具体的に解説します。

効果①代謝の促進

まず1つ目に挙げられる効果は、代謝の促進、向上です。バナナに含まれる様々な成分が影響しているとされており、例えばビタミンB1は摂取した糖質からエネルギーを作り出す働きを助けてくれ、疲れやすい、夏バテなどの症状改善が期待できます。

熟成されている状態のバナナや、肉や魚などの他の食物に比べて消化酵素を豊富に含んでおり、消化と吸収に体のエネルギーを無駄に使う事がありません。無駄遣いをしない分、代謝を高められるという訳です。

効果②便秘解消

2つ目に期待できるのは、便秘解消効果です。便秘になっている状態では便通をスムーズに行えなくなるだけではなく、有害な物質が腸内で意図せず作られてしまっており、これが腹痛や下腹部の張りなどを引き起こしています。

そこで、バナナに含まれる食物繊維が活躍します。100gのバナナにつき1.1gと豊富に食物繊維が含有されており、また不溶性である為に、便の量を増加させてお通じを良くしてくれる効果が臨床試験から判明しています。

加えて、オリゴ糖も腸内環境改善に効果的とされており、腸の善玉菌のえさとなって働きを活性化、発生していた毒素も積極的に排出してくれます。更に、免疫力の向上など健康的な効果にもつながる模様です。

効果③摂取カロリーの抑制

ダイエットですから、摂取カロリーを抑制できるのも嬉しい効果と言えます。一般的な朝食においては白米やパン類、麵などが献立に入っている事が多いでしょうが、炭水化物であるこれらにはエネルギー源である糖質がたくさん含まれています。

人のエネルギー源である為に必要不可欠ではあるのですが、糖質を豊富に含有している食物というのは得てしてカロリーも高くなりがちです。ここでバナナに置き換えれば、大幅に摂取カロリーが少なくなります。

バナナ1本のカロリーは90キロカロリー弱、茶わん1杯のご飯が約200キロカロリー程度ですので、朝2本食べても茶わん1杯分のご飯よりもヘルシーという計算になります。

効果④冷えやむくみの改善

最後に、冷え、むくみを解消する点も見逃せません。これらに関係してくるのはカリウムという物質で、バナナ100gにつき約360㎎含まれています。りんごで同じく100gの中には約120㎎程なので、いかにバナナのカリウム含有量が多いかが分かります。

そんなカリウムの主な効果として、人間の体内に溜まっている無駄な水分を体外へ排出するのが挙げられます。これがむくみに直接的に作用してくれ、血の流れやリンパの流れを悪化させていたむくみを改善できます。

また、これらは冷え性につながってしまう事もあります。十分な水分を摂取しつつ、溜まっている余分な水分を排出することで、理想的で健康的な体の状態へと近づけられるという訳です。

朝バナナダイエットの正しいやり方

この様に、朝食をバナナに置き換えるという簡単に始められるダイエット方法であるにもかかわらず。代謝の促進をはじめとした各種の嬉しい効果を見込むことができます。ここからは、具体的な正しい朝バナナダイエットのやり方を解説します。

バナナを食べる時間帯

まず、バナナを食べる時間帯は何時が良いのかについてですが、あまり早い時間に摂るのはお勧めできません。というのも、バナナは胃の中で消化されやすく、留まっている時間も1時間ほどと短いので、早過ぎると昼食までに空腹を感じてしまいます。

理想としては、昼食の3時間から4時間ほど前に摂取できると最も良いと言われています。その為、仮に昼の12時に昼食を摂る予定ならば、逆算して朝バナナは8時から9時ごろに食べられると良いです。

また、起床した後は30分から1時間以内に食べるべきともされています。起きた直後はエネルギーが必要で、空腹の時間を長くするとかえって太ってしまいやすくなりますから、起きたらなるべく早めに、そして昼食との時間を空けすぎない点に注意します。

食べるバナナの量

続いて、一度に食べるバナナの量についてですが、これは1本程度に留めておきましょう。解説した通り、バナナ1本のカロリーは90キロカロリーに届かない程度ですので、茶わん1杯分の白米よりもはるかにヘルシーであることは間違いありません。

しかし、いくら比較的ヘルシーであるからと言って、沢山摂取していればその分糖質やカロリーを余分に取り入れてしまいます。後に解説するように食べすぎも逆効果になりますので、適量を守って維持することを覚えておきましょう。

常温の水を摂取する

3つ目は、常温の状態の水を同時に飲むことです。これは朝バナナダイエットに限った話ではありませんが、ダイエットに於いてはどんなものでも共通して積極的に水分補給をするのが大切とされています。

これは、水分が食べた食物の胃での消化をスムーズに進めてくれたり、体にたまっている老廃物を排出するなどの効果がある為です。バナナは余分な水分については体外へ出してくれますので、摂り過ぎの心配も要りません。

また、水を常温にしているのは胃腸の働きに影響を及ぼさない為です。冷たい状態の水では悪影響を及ぼしかねませんが、常温であれば朝一に飲んでも消化器官の働きに何ら支障をきたしません。

朝バナナダイエットの注意点

この様に、効果的な方法を実践することで、朝バナナのダイエットは非常に手軽でありながら健康的にダイエット効果が期待できるものになるのです。最後に、陥りやすいミスを防ぐために、注意点もいくつか解説しましょう。

注意点①食べ過ぎない

まず1つは、兎に角食べ過ぎに注意することです。摂取カロリーを抑えられる点で紹介しているように、いつも食べている白米などよりもヘルシーではありますが、あくまでそれは茶碗1杯に対して1,2本程度の時の話です。

いくらカロリー量が少なめであるとはいっても、当然ながらたくさん食べてしまうと逆効果になり、ダイエットをしている意味が無くなってしまいます。また、含有されているカリウムを摂り過ぎると、吐き気などを引き起こす高カリウム血症になる恐れもあります。

注意点②短期間でやめない

2つ目は、短い期間で終わらせない事です。手軽でいつでも始められる反面、いつでも簡単に終わらせることもできるわけですが、1か月ほど続けただけではダイエット効果はまだまだ実感しにくい所です。

例え数週間で減量効果が実感できたという場合であっても、直ぐにリバウンドする可能性がとても高くなっています。その為、ちゃんとした効果を出すためには、バナナダイエットは3か月から4か月程度は継続していくべきなのです。

注意点③生活習慣を整える

生活習慣を整える事も重要です。例えば、食後にいつもデザートを食べていた場合、それは控えておきましょう。食べないようにするのではなく、3時のおやつとして時間をずらすようにするだけで、さほど辛くは無いでしょう。

日付の変わる前に就寝するような習慣を付けるのも良いです。遅い時間まで起きていて空腹を感じ、間食など摂ってはダイエット効果が出るのが遠のくのが目に見えていますので、空腹状態で朝を迎える為にも早めの就寝を心がけて下さい。

朝バナナダイエットに取り組んでみよう

朝バナナダイエットは、正しい方法で実践すれば非常に手軽にスタートできるダイエット方法です。朝食の習慣がある方も、時間が無くて今まで摂れていなかった方も、ぜひ実践してみて下さい。

その他の関連記事はこちら