記事作成日:

ダイエットが続かない人の特徴は?続けるための方法を徹底解説!

お腹が出てきてしまった、脂肪が付いていて引き締めたく、ダイエットをしているという方は男性でも女性でもいる事でしょう。しかし、減量の為に始めたダイエットがどうにも続かない、と悩みを持たれている方も少なくはないはずです。今回は、ダイエットが長続きしない方の特徴、及び継続させる方法を紹介します。

ダイエットが続かない人の特徴

すらっとした体系になりたい、中だるみの体系を解決したいなど、様々な理由でダイエットにチャレンジする方はいます。しかし、厳しいのかどうしても効果が出るまで継続できないというのも、珍しくはない話です。

続かない人の特徴①流行に流されやすい

そんなダイエットを続けられない方に良く見られがちな特徴として、流行に流されやすい事が挙げられます。自分の周りの方の意見を聞き入れるというのは間違ったことではありませんが、ダイエットにおいてもそれを実践すると逆効果になる事もあります。

もし周りの方が間違った方法をしていたとして、それを自分の身近な方がやっているから、という理由で意見を持たずに流されるままでは当然ながら効果は出ませんし、減量に成功しないという結果を見てあきらめてしまうのです。

続かない人の特徴②ダイエット成功体験がない

続いて2つ目は、ダイエットにおいて成功したためしがない、もしくは少ないという事です。一度ダイエットに挑戦して成果を出す事が出来ず失敗という結果に終わった方は、また減量が必要だと思っても成功した経験が無い為に、やっても成功しないだろうと後ろ向きに考えてしまいがちです。

その気持ちのままダイエットをスタートしたとしても、モチベーションが上がらないままではそれを日々続けるという事も苦行に感じてしまいますし、途中で「また今度にしよう」「今はまだいいや」と諦めの言葉を口にします。また、成功の体験が少ない方は、間違った方法を実践している可能性もあります。

続かない人の特徴③我慢ができない

3つ目は、我慢強くない点です。ご存じの通り、ダイエットというのは一日二日で完了するようなものでは無く、毎日、毎週のコツコツとした積み重ねによって成果を出すものです。我慢が出来ない、飽き性な方は、このコツコツと積み上げる作業は苦手です。

一日ずつのダイエットメニューを実践しても、その日に劇的な変化が出る、という事はほぼ無いでしょう。そうした大きな変化をごく短期間で感じられないダイエットは、我慢が出来ない方にとっては過酷な苦行以外の何物でもないでしょう。

ダイエットが続かない原因とは?

ダイエットを続ける事が出来ない方に共通しがちな特徴について、まずはご紹介しました。どれか1つ、または複数当て嵌まっていれば絶対に続かないなどと断言はできませんが、人よりも苦しく感じてしまう傾向はあるでしょう。続いて、なぜ継続できないのかの原因を見ていきましょう。

続かない原因①食事制限によるストレス

1つ目に考えられる原因は食事制限からくるストレスです。ダイエットの根本的な原理は摂取するエネルギーよりも消費するエネルギーを多くする事ですから、食事に制限を設ける事で摂取するエネルギーを少なくしようとする案が真っ先に思い浮かびがちです。

確かに理に適ってはいますが、得てして食べたいものはカロリーが高いものが多く、それを我慢する事には少なくないストレスが生じます。この我慢に耐えられずにダイエットを失敗するという流れがあります。食事制限自体、無理に行うものではありません。

続かない原因②ダイエットに飽きる

2つ目の原因は、飽き性である事です。既に解説している通り、ダイエットとはごく短い期間で臨む成果を出せるものではありません。長期間継続してメニューに取り組み続ける事で、初めて減量や引き締まったからだという目標を達成できます。

しかし、飽き性な方はこの長期間コツコツと1つの事を続けるという事に耐えられず、途中で飽きたり、諦めてしまいます。やはりモチベーションというものはダイエットにおいても重要であり、飽き性な方はいかにしてモチベーションの維持をするかも大切になるでしょう。

続かない原因③目標がない

目標が無いことも原因として考えられます。明確な目標を定める事無く、何となく始めたダイエットでは、どこまで続けていればよいのかも分からなくなります。それこそ、先に挙げた原因のようにモチベーションが続かずに飽きてしまう事も十分あり得るでしょう。

どうしてもダイエットの中でこの目標を達成しなければならない動機があり、それに基づいた無理のない到達地点を決める事で、どこまで続けるべきなのかが分かりそこまでは続けてみようという心理になります。逆にあまりにも細かいルールを決めていても、やはり意欲が低下してしまいますので注意してください。

続かない原因④停滞期

男女の恋愛の中にもあるとされているように、ダイエット中の期間の中にも停滞期と呼ばれるものがあります。これは体重を減らし効果が見えてきたころに訪れるもので、体が飢餓状態にあると感じエネルギーの消費量を減らして体重を保とうとする動きが関係しています。

こうした体の反応によって停滞期というものが生まれていますので、ダイエットの仕方が間違っているというような事は無く、ここで諦めてしまうとせっかく今までやってきたメニューの効果が出始めたタイミングの為に非常にもったいないことになります。

続かない原因⑤脳の仕組み

もう1つ、脳の仕組みが原因である場合もあります。基本的に人間の脳というのは、快楽を感じるものを受け付けて苦痛に感じるものは避けるようにできています。行ってしまえば当然のことではありますが、ダイエット中にはこれが障壁になってしまいます。

ダイエット中に行う事と言えば、無理のない範囲内での食事制限、そして運動が大きいですが、これらは実際にやっていれば苦痛に感じるでしょう。脳が求めているのは美味しいものを食べたいなどの快楽なのに、苦痛を感じる方を選ばなければならないのは、やはりストレスなのです。

ダイエットを上手に続ける方法

この様に、ダイエットを上手く続けることができない原因は人それぞれです。経験したことのある方であればよく理解できるかと思われますが、ダイエットにおいては継続することが非常に重要です。ここからは、ダイエットを上手に続けるための方法を解説します。

ダイエットを続ける方法①正しい知識を得る

まず1つ目の方法は、ダイエットに関する正しい知識を得る事、これが重要です。いくら継続することができたとしても、間違った知識、方法のまま続けていては効果が薄いか見込めないばかりですから、これでは続けようにも続けられません。

今の事態はどこからでも情報を集める事ができますが、真偽のほどが怪しいものも相応にあります。そんな中で正しい知識を得ようとするのであれば、ダイエット専門の本を購入し、それを参考にするのが最も推奨されています。

専門の本であれば監修も入りますから、知識を得ようとするのであればもってこいです。正しいかどうかは分からないけれど周囲の人がやっているからとそれに合わせるのではなく、本当にそのトレーニングが効果があるのかを見極める事がまず第一歩です。

ダイエットを続ける方法②目標を決める

続いて2つ目は、明確な目標を定める事です。継続ができない方の原因の中でも述べましたが、しっかり続けることができないのは、どこまで痩せればよいのかの具体的な目標を定めていないケースが多いです。漠然と続けるだけでは、成果は期待できないでしょう。

例えば、一か月間で1キロ、3キロ瘦せると言った、無理のない範囲で出来る現実的な到達目標を立ててみて下さい。数字で表せる目標を定めれば、例え結果的にその目標を達成できなかったとしても、継続したという事実は残りますし、何かしらの成果は出ます。

ダイエットを続ける方法③自分に適した運動をする

3つ目は、自分に適した運動を心がける事です。痩せようとする気持ちが強ければ強い程、体に負荷のかかるトレーニングをやろうとしがちです。確かに運動で消費されるエネルギーが多ければ、それだけ1回1回の効率も高くなるかもしれませんが、継続させるのは困難です。

普段から運動をしているのであればともかく、そうでない方がいきなり継続的な運動を習慣にすることは難しいものです。最初は、1日30分程度のウォーキングなど軽いものから始めてみましょう。ハードルが低いので始めやすく、これを週に3日程取り組みます。

慣れてきて最初期よりも疲れが残りにくくなったと感じたところで、運動量を増やします。ウォーキングのような軽い有酸素運動に加えて、自宅でもできる筋肉トレーニングの様な無酸素運動を組み合わせるのも良いですし、ウォーキングをランニングに変えるのも良いです。

ダイエットを続ける方法④ストレスを溜めない

ダイエットに限らず、ストレスを溜めこむというのはよくありません。ある程度の我慢こそ必要にはなりますが、それでも無理を感じるようなことを続ける必要はないのです。ですから、自分に合わないダイエット方法を選択して、ストレスを溜め続けるのは避けるべきです。

例え1つのダイエット方法が自分に合っていなかったとしても、それで自分がダイエットそのものに向いていないという訳では決してありません。他の方法の中には無理をせずとも継続できるものがありますから、効果を得られなかったら別の方法を試すのも全く間違いではありません

ダイエットを続ける方法⑤日々のサイズを計測する

5つ目は、日々サイズを計測しておく事です。ダイエットメニューを実践してみて、このメニューに取り組んでからウエストを計ったら細くなっていた、ウォーキングを何日間か継続したらヒップが小さくなっていたなど、ほんの少しだろうと数値として現れます。

ただ目で判断するだけでは、自分が今まで見てきた痩せている人の記憶くらいしかありません。しかし、もしかしたら自分はそんな人たちと同じくらいのサイズになっている可能性もあります。その為、痩せすぎを防止する事にも繋がります。

こうした数値を明確にするのは、モチベーションの維持、向上にも大きく関係します。ノートでもスマホのアプリなどでも何でもよいので、グラフなどにして成果を明確にすれば、しっかりと成果が出ているという事を感じられるのです。

ダイエットが続かない人におすすめのアプリ3選

以上、ダイエットを上手く継続して成果を得るためにできる方法をいくつか解説しました。まとめると、無理をしてストレスを溜める事無く、自分に合った方法で数値としてその結果を表すというのが理想的です。ここで、ダイエットをサポートしてくれるお勧めのスマホアプリを紹介します。

おすすめアプリ①FiNC

1つ目のダイエットアプリは「FiNC」です。「ダイエット家庭教師」とも呼ばれているアプリケーションであり、自分専属のAIトレーナーが日々の食事管理、体重管理、運動のサポートや女性に嬉しい美容サポートまでしてくれます。

単純にその日の食事の内容や体重の変化を記録するだけではなく「今日の食事が外食になるけれどどうするべきか」というような個人的な疑問に対して専門家がフィードバックを返してくれますので、一人だけではなく専門家のサポートを受けてダイエットに取り組めます。

Appで詳しく見る

 

Googleストアで詳しく見る

 

おすすめアプリ②RecStyle

2つ目は「RecAtyle」です。こちらはこれから体重を落とすためにダイエットに取り組もうとしている方にお勧めできるアプリで、体重の入力に関しては1日に1回のみと簡単で、それをグラフにすることで体重の増減を明確にする事ができます。

単なる体重の変化だけではなく、筋肉量や耐脂肪と言った自分が気になる項目も自由に追加させられます。それらから総合的なBMI値がアプリの中で計算され、今の自分が「やせすぎ」「普通」「太り過ぎ」のどれに当てはまるかも一目で判別できます。

Appで詳しく見る

 

Googleストアで詳しく見る

 

おすすめアプリ③あすけんダイエット

3つ目は「あすけんダイエット」です。運動、食事管理をしっかりと行えるダイエットをしたい方にお勧めのアプリで、食事の写真を撮るだけでメニューが自動的に判別されます。手動でメニューから選ぶ事も出来、カロリーや栄養素も自動で計算してくれます。

また、送ったデータを基にして、管理栄養士のアドバイスを毎日もらい、ダイエットの参考にすることも可能です。これに従って食生活の改善や運動習慣の改良をすることができます。

Appで詳しく見る

 

Googleストアで詳しく見る

 

ダイエット中の正しい食事制限の仕方

ダイエットでよく耳にする食事制限についてですが、毎日過度な制限をするようなことは無理につながりますから、しない方が継続できます。具体的には、例として朝食は少量の白米に納豆とヨーグルト、昼食は野菜サラダとサラダチキンのように、カロリーは意識しつつメニューを考えます。

色々とメニューを考えると「あれも食べたい」という欲が出て少し危険です。毎日同じメニューは飽きるという場合でも、週末辺りはある程度カロリーに気を付けながらメニューを別のものにしてみても良いでしょう。

無理せず楽しくダイエットを続けよう

ダイエット=辛くて苦しいものというイメージがあるかもしれませんが、それがあると継続することは難しいでしょう。無理をしていてはストレスになりますから、自分のできる範囲でのダイエットを続けてみて下さい。

その他の関連記事はこちら