2018/10/27

転職希望者必見!ネクタイの色柄で面接時の印象をコントロールできる?

就職活動のネクタイ選び

面接は第一印象が大事!よく言われることですよね。そして、ネクタイが与える印象は大きい。面接の度にネクタイ選びに迷っている方もいるのでは?もしくは、深く考えずに毎回同じネクタイを付けている方もいるはずです。

ネクタイは色と柄で印象が決まります。ということは、何色はどういった印象を与えるか、何柄はどういった印象を与えるか、この二点を押さえておけば間違いなし!

ネクタイの色・柄の与える印象を把握し、セルフブランディングにぜひ役立ててください!

まずはネクタイ選びの大前提!基本があっての印象作り

http://www.slco.com.au/should-i-wear-a-tie-to-interview/

ネクタイでセルフブランディングする前に、大前提として重要なことがあります!それは、ネクタイをきちんと巻いている、シワがない、シンプルなものを選んでいる、といったこと。特に面接の場なので、特殊な職業の人以外はシンプルなネクタイを正しく身につけることが必須ですよ。

ネクタイが汚い、結び方が間違えていると色・柄以前の問題で、また派手なネクタイだとそのまま派手な人物の印象しか与えません。基本を守ったうえで選択するからこそ、ネクタイでセルフブランディングができるのです。

http://www.2cleverblog.com/2cleverblog/2009/06/flashy-fathers-day.html

たとえば上の画像のネクタイ。例が極端ではありますが、これだと面接中の会話が頭に入ってこないですよね。面接官がこのネクタイを付けていたらかなり特殊な会社に思われ、転職希望者が付けていたら明らかに前の会社で何かやらかしている匂いがします。

一般的な面接では派手な色・柄のネクタイは非常識な印象を与えるだけなので、控えた方が無難です。繰り返しになりますが、アパレルなどのファッション業界や美容業界は話が別ですよ。そういった業界は個性を売りにしている部分もあるので、特殊性が買われる場合もあります。

ネクタイの色が相手に与える印象を紹介

https://www.ethos3.com/2016/01/color-psychology-what-the-color-of-your-tie-says-about-you/

まずはネクタイの色が相手に与える印象を紹介します。上述の通り派手な色は一律で変わり者の印象を与えるだけなので、一般的な色の中から紹介していきます。ちなみに、ネクタイの色が与える印象は一般的に言われている色の印象と同じです。それをビジネスシーンに当てはめて、メリット・デメリットを紹介します。

情熱のレッド!熱意を伝えたい場合におすすめ

https://www.quora.com/What-colour-tie-should-I-wear-to-court-with-a-white-shirt-and-black-suit

赤は情熱の赤と言われており、ビジネスシーンにおいては仕事に意欲的な印象を与えます。前大統領のオバマ大統領のときによくオバマカラーと言われていましたよね。オバマ大統領はスピーチで熱意を伝えるためによく赤いネクタイを身に付けていました。

・メリット
面接でも熱意をアピールできる。仕事に対するやる気・元気を全面的に出せる。

・デメリット
自己主張が強そうに見える。リーダーには向いているが、サポート役には不向きな印象を与える。

今回ご紹介するアイテムはジョルジオ アルマーニのネクタイです。 Giorgio Armani (ジョルジオ アルマーニ) アルマーニは前...

知的のブルー!頭脳派アピールには青がおすすめ

http://www.freewoodpost.com/2011/09/17/republicans-complain-about-president-obamas-blue-tie-call-it-too-partisan/

またオバマさんですが、この方はシーンに応じて意図的にネクタイの色を変えることで有名なので、使わせていただきます。オバマ元大統領は、スピーチのときは熱意を伝えるために赤、冷静さ・緻密さが求められる外交の際には青、といった使い分けが多かったですね。

・メリット
知的かつ冷静な印象を与える。常に分析しつつ仕事進めそうなイメージ。

・デメリット
情熱や勢いに欠ける。クール過ぎて起爆剤にはなりにくそうな印象。

明るさのイエロー!親しみやすさのアピールにおすすめ

https://global.rakuten.com/en/store/novianovio/item/050107bgns-2/

黄色いネクタイは親しみやすい印象を与えます。多くの業種・職種で親しみやすさは重要になるので、好印象。画像のネクタイがだいたい限界ラインくらいで、これ以上きつめの黄色は避けた方が無難ですよ。黄色だけでなく他の色にも言えることですが、色味をある程度抑えることも重要。どの色でも色味が強すぎるとマイナスアピールにしかならないので、さりげなさが大切ですね。

・メリット
親しみやすく話しやすい印象。コミュニケーションが大切なビジネスの場においてはお得。

・デメリット
緩い感じもする。明るく親しみやすい反面、踏ん張りが利かなさそう。

落ち着きのグレー!大人びた印象

https://katiewaltman.com/collections/mens

グレー系のネクタイは落ち着いた大人の印象を与えます。印象としては、青と被る部分がありますね。ただし、青の方がスマートで知的かつ爽やかな印象。グレーの方がより落ち着いて大人な印象を与えます。

・メリット
落ち着いて人の話を聞きそう。ミスなく仕事を進めそうな印象。

・デメリット
腰が重そう。ユニークさに欠ける印象。

パーソナルカラー診断
あなたは、ご自身の印象をアップする「色」をご存知ですか? トランプ大統領が先の大統領選で、情熱やリーダーシップを印象づける真っ赤な...