2020/09/02

高級素材を贅沢に使った「ベーリングの時計」で袖口から色気を演出

https://www.pinterest.jp/pin/210824826287449180/

大人っぽいエレガントなデザインの時計が好きなら、ベーリングは有力な選択肢になるはず。ミニマルな北欧デザインは、男の色気をワンランク引き上げる効果があります。

リーズナブルな価格帯ながら、高級時計に使用される素材を贅沢に採用している点にも注目。

ここでは、北欧の注目ブランド「ベーリング」の魅力に迫ります。

ベーリングの腕時計の解説

ベーリングの腕時計とは?

https://www.pinterest.jp/pin/542120873871597378/

ベーリングは、2010年にデンマークで誕生した時計ブランドです。冒険家のRene Kaerskov(レネ・ケルスコフ)によって設立されました。

ブランドのルーツは、大航海時代のデンマークで名を轟かせた偉大な冒険家Vitus Bering(ヴァイタス・ベーリング)という人物。ユーラシア大陸とアメリカ大陸が陸続きでないことを発見した冒険家で、どの海峡をベーリング海峡と名付けました。

その海峡を横断する日付変更線のタイムゾーンが“BERING TIME(ベーリング タイム)”と呼ばれていたことから、ベーリングというブランド名が決まりました。

https://www.pinterest.jp/pin/490329478158338166/

ベーリングは、北極から多くのインスピレーションを受けて製品を手がけています。北極の空に輝くオーロラは、冒険家やバイキング達の航海の道標として「ノルリス(北の光)」と呼ばれていました。

オーロラの流線的なフォルムや鮮やかな光を帯びた文字盤、永久凍土を思わせる環境なケースなど、ベーリングが手がける腕時計には細部まで北極の大地が宿されています。

ベーリングの時計の特徴・こだわり

洗練された北欧デザインと高品質なハイテクセラミック

https://www.pinterest.jp/pin/270708627581444859/

ベーリングの時計の特徴は、北欧らしいミニマルなデザインです。簡素を突き詰めながらも、上質な素材を使うことによって洗練された美しさを誇ります。

素材の多くに、高級時計にも用いられる高品質なものを採用。ベーリングのデザインチームには「デザインにこだわるな、素材にこだわれ」という言葉が存在するほどで、上質な素材こそが時計自体の魅力を際立たせることを熟知しています。

ベーリングを代表する高品質素材の一つが、ハイテクセラミックです。1,600度の高温で焼っしたのち、ダイヤモンドポリッシュと呼ばれる研磨方法で磨き上げることで、他に類を見ないほどの美しい輝きを実現。耐久性に優れることはもちろん、変色にも強く、金属アレルギーも発生しにくいというあらゆるメリットを備えています。

ベーリングは世界で最もハイテクセラミック製の腕時計を製造するブランド。万が一キズが生じた場合、購入後5年間無償修理の保証が用意されていることからも、その品質への自信が窺えます。

ステンレススチールやチタンケース、風防に至るまで高級仕様

https://www.pinterest.jp/pin/715931671988400132/

ハイテクセラミックだけでなく、定番のステンレススチールも実に高品質。あらゆるメーカーがメイン素材として採用するステンレススチールですが、金属アレルギーの人にとっては悩ましい素材でもあります。

ベーリングでは医療器具に用いられる「サージカル・スチール」を採用することで、人体に対するアレルギー反応を大幅に軽減しています。鉄、ニッケル、クロムなどから構成されるこのスチールは、サビに強く耐腐食に優れているのが特徴。光沢も美しく、ジュエリーブランドや高級メゾンも注目している素材です。

https://www.pinterest.jp/pin/443956475762623546/

さらにチタン製のモデルには、スペースシャトルやF1カーにも使用されるエアーチタニウムを採用。鋼鉄に比べて質量が約55%の超軽量を実現しながら、高度な耐腐食性や耐熱性を誇るのが特徴です。加工が難しいとされている素材ですが、ベーリングではチタンケースの薄型化にも成功しています。

また、ケース素材だけでなく風防も本格仕様。高級時計ではおなじみのサファイアクリスタルガラスを採用し、美しい透明度で視認性を高めています。ダイヤモンドの次に硬いとも言われる1,500以上のビッカーズ硬度で、長年使用してもほとんど傷がつくことはありません。ハイテクセラミックと同じく、サファイアクリスタルガラスの風防も5年間の保証が用意されています。

愛用している有名人

■11937-229

https://www.pinterest.jp/pin/131308145357953872/

ベーリングの研ぎ澄まされたデザインは、多くのセレブや有名人も魅了しています。

平昌オリンピックで見事金メダルを獲得したフィギュアスケートの羽生結弦さんは、テレビ番組出演時にベーリングの「11937-229」というモデルを着用していました。繊細なデザインとウルトラスリムのチタンケースが、羽生選手のイメージにぴったりです。

また、NEWSの加藤シゲアキさんはドラマ『嫌われる勇気』でベーリングの「11139-004」というモデルを着用しています。さらに、大ヒットドラマの『下町ロケット』では、山崎育三郎さんがベーリングの腕時計を巻いていました。

ベーリングの時計の評価

https://www.pinterest.jp/pin/438749188680433398/

ベーリングは、時計メーカーの中では比較的新しいブランド。しかし、高品質な時計作りによって短い期間で世界的に知られるブランドとなりました。

価格帯がリーズナブルであることから、ブランドのコンセプトとして高級志向の時計愛好家はターゲットとしていません。位置づけ的には、同じく北欧デザインのスカーゲンや、ダニエル・ウェリントンなどと近しいものがあります。

ただし素材の高級感と、しっかりとした品質で手がけられているため、時計ファンからも高評価を獲得しています。

ベーリングの定番シリーズ紹介

BERING Classic Small second 16338-400

ミニマルなベーリングらしいデザインに、ドイツのバウハウススタイルのテイストを盛り込んだ1本です。

クラシックな白文字盤の6時位置にはスモールセコンドを配置。バーインデックスとアラビアインデックスのバランスが繊細な雰囲気を際立たせています。文字盤外周から約1.5mmの位置に溝を設けるなど、シンプルななかにも随所にこだわりが。ステッチが入ったレザーストラップもエレガントです。

BERING クラシック クロノグラフ 10540-402

3つのサブダイヤルを備えたクロノグラフモデルです。

24時間積算計に60分積算計、スモールセコンドを搭載。さらに4時位置には小ぶりな日付窓をさり気なく配置しています。

クロノグラフながらリューズやプッシュボタンのサイズは小さめで、ゴツゴツした雰囲気を抑えているのも特徴。ケースサイズも約40mmとクロノグラフにしては控えめで、ベーリングらしいミニマルさを貫いています。

評判・口コミ

シンプルでかっこいい!!!!!!!!!!!
おでかけ用に購入。

引用元:Amazon

BERING 2013AWコレクション 14440-227

ブルーの文字盤に、ネイビーのケースやブレスレットでワントーンにまとめあげた1本。ソーラー充電で駆動するので、エコに使えるのが魅力です。

透明度の高いサファイアクリスタルガラス風防に守られた文字盤は、インデックスが立体的で独創性を発揮しています。ブレスレットはメッシュ素材で仕上がられており、大人な雰囲気を醸し出します。

評判・口コミ

雑誌でベーリングを見てからずっと欲しいと思っていました。
北欧の深い海をイメージさせる青、船上で次の大陸を目指しながら時計を見る冒険家の気分です。
スーツにもカジュアルにもあうデザインで、意味もなくついつい時計を見てしまいます。
購入してから約1年、今でも買ってよかったと大満足の時計です。

引用元:Amazon

BERING スノーマン 13242-564

モデル名のとおり、2つのサブダイヤルがまるで「スノーマン(雪だるま)」のような印象の腕時計です。

サブダイヤルはそれぞれ頭(12位置)のものが曜日カレンダーとして、胴体(6時位置)は日付カレンダーとして機能。クラシックな白文字盤上でどこか愛嬌のある雰囲気を放ちます。

ゴールドのラウンドケースも実にエレガント。クロノグラフのようにプッシュボタンが備えられていますがクロノグラフ機能ではなく、それぞれのボタンからはスノーマンのカレンダーを調整できます。時分針にはクラシカルなドーフィン針を採用。サブダイヤルはさり気なくギョーシェ彫りが施されています。

BERING ペアウォッチ 13436-000

ベーリングがペアウォッチとして推すほど、男女問わず着用できるピュアなデザインのユニセックスモデルです。

クリアなホワイト文字盤に、細く繊細な3本の針を備えたシンプルフェイスが魅力的。その他にはBERINGのロゴとバーインデックスのみで、控えめなデザインが逆に存在感をアピールします。

サファイアクリスタルガラスの風防は、縁の部分をさり気なくカーブさせたドーム型仕様です。プラスチック風防が主流だった時代によく見られた意匠ですが、硬度の高いサファイアクリスタルをドーム型に加工するのは至難の業。技術者のレベルの高さがうかがえます。

メッシュ型のメタルブレスレットも、ペアウォッチにふさわしい仕様です。

評判・口コミ

とても素晴らしい!
時計で迷ったらとりあえずこれ!
おすすめです!

引用元:Amazon

BERING Link Titanium 11739-727

ベーリングが誇る上質素材の一つ、エアーチタニウムを贅沢に使用したフルチタンモデルです。

3針に日付カレンダーというシンプルなデザインで、他のチタンモデルと比べても最も軽い72.0gを実現。磨き上げられた青文字盤の光沢が高級感を醸し出します。

アラビアインデックスは定番の12時間表示に加え、24時間表示にも対応。軽量かつ耐腐食性と耐熱性に優れるチタンに加え、強靭なサファイアクリスタル風防でスキのない逸品です。

評判・口コミ

薄く、軽く、丈夫で、シンプル
とにかく軽いので楽です、耐久性もさすがサファイアガラスと言うだけあって未だ細かな傷1つない状態です

引用元:Amazon

BERING Changes 14240-166

美しく磨き上げられたゴールドのハイテクセラミックが魅力を放つ1本です。

一見クロノグラフのようなサブダイヤルを備えていますが、それぞれ曜日と日付のカレンダーとしての役割を果たします。ストラップは2本セットで、王道のレザーストラップはエレガントに、ナイロンストラップはカジュアルな印象を演出します。

BERING Classic Series 14539-262 (22)

これ以上なくシンプルさを突き詰めたクラシックな腕時計です。

端正なラウンドケースに、2針のみという超ミニマル設計。インデックスすら排除したデザインで、腕元を上品に飾ります。

ケース素材にはステンレススチールを採用。ピンクゴールドに磨かれたケースと、ダークブラウンのブレスレットの色合いが絶妙です。

まとめ

https://www.pinterest.jp/pin/452400725053828377/

スカーゲンやダニエル・ウェリントンのデザインが好みなら、ベーリングの時計も間違いなくツボにハマるはず。

日本では有名になりすぎたダニエル・ウェリントンと違い、ベーリングならさり気ないお洒落をアピールできます。

サファイアクリスタルやハイテクセラミックなど、素材も本格的なので、長年使用できるのも魅力です。