記事更新日:

「パテックフィリップ」は最上級の代名詞。本物を身に着けて最高のお洒落を楽しんで

世界一の高級時計パテック フィリップの高級時計事例

https://www.pinterest.jp/pin/321233385912526152/

比類のない希少価値 グランドマスターチャイム5175

パテックフィリップの時計は元々の販売価格が高いことで知られていますが、中でもパテックフィリップ創業175周年を記念して作られたグランドマスターチャイム5175は世界で7本しか製造されていない最も高価な時計と言われています。

そのデザインは優雅な気品に溢れており抜群の存在感を誇ります。同時に圧倒的な重厚感も持ち合わせているうえパテックフィリップ至上最も複雑な腕時計とも評されるなど時計界の王と言っても過言ではない強い印象を兼ね備えています。

またミニッツリピーターと呼ばれ、時計のある部分を操作することで現在の時刻を音の数で知ることが出来る機能や永久カレンダーという月ごとの日数やうるう年の調整を自動で行う機能が搭載されています。この2つの機能は時計の中で最も複雑と言われるの3つの技術のうちの2つでもあり、これらの機能こそが世界中の時計通をうならせているのです。

その他にもグランソヌリ、プチソヌリと呼ばれるミニッツリピーターを更に複雑にした機能が搭載されているので1時間ごと、30分ごとなどに時間を音で知らせてくれます。

またセカンドタイムゾーンなど併せて20の複雑機構を備えているので視認性にも非常に優れており、実用性の面でも高い評価を受けています。

タイムピースの開発や製造、組立てだけで延べ10万時間が費やされたと言われるこのグランドマスターチャイム5175の価格は3億900万円です。

https://www.pinterest.jp/pin/216806169541086933/

腕に付ける芸術彫刻 スカイムーントゥールビヨン6002G

また、スカイムーントゥールビヨン6002Gもパテックフィリップの時計の中でも最も高価な時計の1つと言えるでしょう。

パテックフィリップ社の副社長ティアリースターンがスカイムーントゥールビヨン6002Gのことを「6002は腕に付ける芸術彫刻」と公言しているほどの精密で優雅な手彫りのケースが特徴で、ホワイトゴールドの上品な印象を更に美しくしています。

更にケースの側面に施された手彫りも秀逸で、まさに時計を超えた芸術や一流の彫刻と言っても過言ではないでしょう。

また、芸術作品のような優雅な佇まいだけでなくグランドマスターチャイム5175でもご紹介した永久カレンダーとミニッツリピーターという複雑機能の他にトゥールビヨンという複雑機能も搭載しています。

このトゥールビヨンとは時計が常に同じ姿勢で動くことでヒゲゼンマイと呼ばれる繊細な部品が自らの重みでそったり曲がったりすることや、オイルの偏りなどを解消する機能の事です。

永久カレンダーとミニッツリピーター、またこのトゥールビヨンが時計の中で最も複雑と言われる技術であることが、この3つの技術をすべて搭載したスカイムーントゥールビヨン6002Gが芸術作品としての評価だけでなく、時計本来の機能の面でも最上級の評価を受けられる所以となっています。

腕に付ける芸術彫刻スカイムーントゥールビヨン6002Gの価格は1億5000万円です。

https://piazo.jp/article/30/

パテック フィリップの定番シリーズ紹介

https://www.pinterest.jp/pin/276689970827793922/

ドレスウォッチの定番 カラトラバ

このシリーズは1932年に誕生しました。いつの時代にもフィットするシンプルで飽きの来ないデザインはカラトラバの特徴であり、真骨頂でもあります。

またドレスウォッチの覇者、王者とも呼ばれる機能的なデザインは、ドイツに設立された美術学校であり、その流れを汲む合理主義的、機能主義的な芸術であるバウハウスの「機能がフォルムを決定する」という哲学にインスパイアされて誕生したと言われています。

「カラトラバ十字」はパテックフィリップのエンブレムであり象徴でもあることから、カラトラバはパテックフィリップの代表シリーズと評されています。

カラトラバ 5196P-001

カラトラバシリーズの中でももっとも有名なモデルが96シリーズですが、この5196は96シリーズの最新作となっています。

シンプルだからこそ、ごまかしがきかない究極ともいえる機能美に魅了された人は多く、また生産数が少ないプラチナケースが採用されていることもあり、その抜群の人気から発売当時より価格が上がっているシリーズでもあります。

カラトラバ 5119G-001

カラトラバ5119G-001は2006年に誕生したシリーズです。

カラトラバの代表作のひとつである「クルドパリ」ベゼルモデル3919の後継機にあたるシリーズで、ベゼルに施された上品なデザインがこの時計の特徴の1つでもあります。

またホワイトラッカーの文字盤とローマ数字の組み合わせがシンプルで落ち着いた印象を与えてくれるでしょう。最上級の上品さと本物だけが持つシンプルなエレガントさを求める方に最高の価値と満足感を与えてくれます。