記事更新日:

「ピアジェ」の腕時計は成功者の証!ギネスにも登録されている極薄ムーブメントとは?

時計大国スイスにおいて、140年以上の長い歴史を持つ伝統のブランド「ピアジェ」。高級時計で知られる数々のブランドのなかでも、最高級ブランドと言われるピアジェは、日本でも限られた人が着用できる、ハイステータスな腕時計を製造・販売しています。

今回は、腕時計の最高級ブランドピアジェを解説します。

ピアジェの解説

Pre-SIHH 2018: Piaget Altiplano Ultimate Automatic, the world’s slimmest self-winding watch, at a mere 4.30 mm thick.

https://www.pinterest.jp/pin/13088655151825455/

ピアジェとは?

1874年、スイスのジョルジュ・エドワール・ピアジェが家族の農場に小さな工房を開き、そこで時計制作の一歩を踏み出しました。ピアジェの意欲的な高精度ムーブメントの制作は広く知られるようになり、スイスの有名時計ブランドが注文を寄せるまでに。1900年代には息子のティモテ・ピアジェが引き継ぎ、腕時計の製造がはじまります。

第2次大戦後、ピアジェ初の手巻き式極薄ムーブメント、厚さわずか2mmのキャリバー9Pを製造、ピアジェを代表するモデル「エンペラドール」が発表されます。また、1960年には世界最薄の自動巻ムーブメント、キャリバー12Pがギネスブックに認定されます。

ピアジェの「極薄」への探求や、伝統と革新を兼ね備えたデザインの進化は、2014年に創業140週年を迎えた現在も、とどまることを知りません。

Piaget Emperador cushion-shaped watch in rose gold

https://www.pinterest.jp/pin/358669557813124400/

特徴・こだわり

ピアジェの最大の特徴といえる「極薄ムーブメント」については後述するとして、同じようにピアジェの腕時計の個性を決定づけているのがデザインです。

ピアジェは自社にデザインスタジオを構えており、デザイナーと職人たちが自由な発想でクリエイティビティにあふれた制作を続けています。ジュエリも手がけるピアジェらしく、飽くなきデザインへの探求は時計の制作でも発揮されており、他のブランドにはない独自のデザインの腕時計が実現しているのです。

さらに、ピアジェは他分野のデザイナーとのコラボレーションモデルを数々発表しています。たとえば、ピアジェの顔と言えるモデル「アルティプラノ」は、世界的に有名なエナメル職人アニタ・ポルシェとコラボ。2017年の酉年にちなんで、文字盤に大胆な雄鶏のデザインをあしらった「アルティプラノ ルースター ウォッチ」が世界38本限定で製造されました。

高価格なところにスポットが当てられがちなピアジェですが、140年以上の歴史のなかで培われてきた、確かな伝統と技術があるからこそ、ピアジェの一級品の高級時計が生み出されているのです。

Piaget Altiplano Ultimate 910P Holds New Record For Thinnest Automatic Watch

https://www.pinterest.jp/pin/729512839613174949/

ピアジェの極薄ムーブメント

ピアジェは自社のムーブメントを長年に渡って開発・製造しており、その最大の特徴といえるのが、厚さ3.00mmを切る極薄ムーブメントです。

ピアジェの独自ムーブメントの開発は、1957年ですでに手巻式ムーブメント9Pが厚さ2mmを記録、1960年には世界で最も薄い自動巻ムーブメント12Pが、厚さ2.3mmの薄さに到達しました。現在までに、ピアジェの極薄ムーブメントは25以上に及び、開発がすすめられています。

ピアジェの「極薄」への挑戦はムーブメントだけに限りません。自動巻ムーブメントCal.1208Pは、市場最薄となる2.35mmを記録。同時に世界で最も薄い腕時計として厚さ5.25mmを実現、ムーブメントとケースで極薄のダブルレコードを達成しています。

この卓越した技術力と極薄への飽くなき探究心が、ファッション性と機能性を兼ね備え、体の一部とも言えるほど手首にフィットする、ピアジェの腕時計のステータスと成っているのです。

A stunning Piaget Emperador watch.

https://www.pinterest.jp/pin/801781539880313233/

愛用している有名人

ここでは、ピアジェの時計を愛用している国内外の有名人をご紹介します。日本ではあまり馴染みのないピアジェの時計ですが、海外では有名なハリウッド俳優が実際に着用したり、アンバサダーとしてイベントに参加したりなど、高級ブランドとしての地位を確立しています。

日本国内の有名人着用ケース

ベテラン俳優の岩城滉一さんが、某バラエティー番組のファッションチェックで180万円台のピアジェの腕時計を着用されている映像が流れました。また、同じバラエティー番組で俳優の梅沢富美男さんも、350万円台のピアジェの腕時計を着用されていました。

いずれも細かいモデルまではわかりませんが、すでに俳優として確固たる地位を築いた方が愛用されている印象です。

さらに、日本のロックミュージシャンで世界的にも活躍するMIYAVIさんは、ピアジェのニューモデル「PIAGET POLO S」のお披露目イベントに日本人で唯一招待されています。

Piaget and ultra-thin are two words that go together very well. For over 60 years now, the brand has developed a true expertise in ultra-thin watches and movements (don’t forget that Piaget started its life as a movement manufacturer and not as a jeweller). From the Calibre 9P to the recent 900P, the brand has gone from one world-record to another. Last year, a certain Italian-rooted brand unveiled what was the thinnest automatic movement in current production... Today Piaget comes with their...

https://www.pinterest.jp/pin/333547916145427844/

海外のセレブ着用ケース

ピアジェの愛用者として知られているのが、インターナショナル・ブランドアンバサダーも務めるハリウッド俳優のライアン・レイノルズ。映画『デッドプール』でゴールデングローブ賞にノミネートされた彼は、ブラックのアリゲーター革のストラップと18Kピンクゴールドが特徴のピアジェの「ALTIPANO」を着用。フォーマルなスーツに完璧にフィットしていました。

他にも、世界各国を代表するアーティストやスポーツ選手、起業家がピアジェの腕時計を愛用しています。まさに、ピアジェは成功者の腕元を飾るにふさわしいブランドとして確立されていると言えるでしょう。

Piaget is the king of ultra-thin watches and for its 140th birthday is treating us to something special.

https://www.pinterest.jp/pin/402509285439749244/