記事作成日:

マッチングアプリでのメッセージ・LINE交換・デートの上手な断り方を解説!

若い世代をはじめとして、新しく手軽な出会いの場となっているマッチングアプリ。やり取りをしていて「何となく違う」となった場合、どうにかやんわりと断りをしたいところしょう。そこで今回は、マッチングアプリで相手を傷つけない断りの仕方を、メッセージやデートなどでそれぞれ解説します。

マッチングアプリのメッセージの上手な断り方

マッチングアプリでマッチングが成功し、メッセージのやり取りをしている中、何となく自分とは合わない、と思う時があるでしょう。そこで、相手を傷つけることなく上手に断る方法を覚えておけば、その後無駄な時間を消費する事も無くなります。

メッセージの断り方①「自分の理想の男性像と少し違う」と伝える

まず、自分の理想の男性像とは少し違っている、という旨を伝える方法です。相手との関係を100パーセント終了させたいという気持ちがあるのであれば、その気持ちをしっかりと伝えるのも立派な手段です。

しかし、言葉をそのままに相手に伝えてしまうと、相手を傷つけてしまいがちです。そういった時の為に、相手の在り方を認めつつも真剣に出会いを求めているので終わりにしたい、といったように、あくまでも自分に非がある形で伝えると良いでしょう。

メッセージの断り方②徐々に返信を減らしていく

続いての方法は、徐々に返信を減らしていく方法です。自分と相手の相性が、メッセージのやり取りをしていてどうにも合わないと思っても、いきなりやり取りを切るのは得策ではありません。

だんだんと返信をする回数を減らしていく事によって、ほとんどの人はやり取りをする中で「脈なしだ」と判断します。事前に仕事が忙しくなった、などと理由を付けておいて、頻度を遅くしていきましょう。

最初は数時間に1回程度、そこから半日や1日に1回、そして数日のうちに1回というように、だんだんと減らしていった後、フェードアウトしていってOKです。

メッセージの断り方③忙しいことを理由に断る

1つ目の断り方のように、正直に伝えるのが難しいと感じるのであれば、それらしい理由を付けて断るのも手段の1つです。例えば「これから仕事が忙しくなるのでアプリをするのが難しい」などのように、誰が見ても正当な理由を付けるのです。

こうした内情を相手に打ちあければ、それ以降深く追求してくる事はまず無いでしょう。申し訳ないからと言ってダラダラと続けていては意味が無いのですから、伝えたあとはきっぱり関係を絶ってください。

マッチングアプリでLINE交換したくない時の断り方

マッチングアプリのメッセージのやり取りで、ある程度親しくなったらLINEを交換する段階に移行するのが多くある流れです。ですが、交換を提案されたときに、どうにかして断りたいというシーンも想定できます。

LINE交換の断り方①「もっと仲良くなってから」と断る

まず、もっと仲良くなってから、という断り方があります。もしもメッセージのやり取りがスタートした直後のように、本当に相手の事がまだまだ分からない状況であったのならば、仲を深めてからという形で濁せます。

それだけではなく「アプリで沢山やり取りができると嬉しい」というように、メッセージをする事自体には肯定的な意見を付け加えておくと良いです。もしも食い下がってくるような相手であれば、その時点でフェードアウトやブロックを考えましょう。

LINE交換の断り方②「会うまではアプリで」とお願いする

メッセージでのやり取りもそれなりに進んで、デートに進みそうな段階まで来ているのであれば、実際に会うまではアプリでのやり取りがしたい、とお願いをしてみましょう。

実際、デートをして、その後にLINEを交換するという流れも普通にあり得る話です。LINE交換のタイミングに正解はありませんし、デート後というのももちろん間違いではありませんから、実物の相手を見極める意味でもこうした断り方があります。

LINE交換の断り方③「以前にLINE交換をして嫌な思いをした」と言う

過去にLINE交換をして、嫌な思いをしたという事を相手に伝える方法もあります。致し方ない事情があってすぐに交換が出来ないという理由を言われれば、常識ある人であれば気持ちを汲んで無理に交換はしません。

もしどんな事があったのかと聞かれた場合には「夜中に頻繁に通話をされて困った」「メッセージがしつこく送られてきて仕事に支障が出た」などのようなものがあり、こうした理由を用意しておくとよりリアルです。

マッチングアプリでデートしたくない時の上手な断り方

メッセージのやり取りをするのも、LINEの交換をするのもまだ許せるとして、デートをするのは気が引ける、というケースもあります。デートのキャンセルをしたい場合にも、折角誘ってくれたという事を考えて、相手を傷つけない様に断るべきです。

デートの断り方①早めに断りを入れる

まず、断り自体はなるべく早めに入れるようにしましょう。折角のデートの提案であるために、ありがたいという気持ちと申し訳ない気持ちがあるかもしれませんが、ずっと悩んでいても相手は色々と準備をしているかもしれません。

または、デートのために別の予定をキャンセルしていたり、店舗の予約をしてくれている可能性もあります。そうした手間を相手にかけさせないためにも、まだしたくないと思うのならばすぐに伝えるべきなのです。

デートの断り方②もう少し仲良くなってからと伝える

実際に会う事がまだ気が引ける場合には、もう少し仲良くなってから会いたい、という旨を伝える断り方があります。会う気自体はあるけれど、メッセージで貴方の事をもっと知りたい、という形で、メッセージをする事には前向きな姿勢を示すのです。

さらにやんわりと伝えたい場合には「今すぐには会えないけれど、何週間か後であれば予定を合わせられそう」という形で先延ばしにします。その間のやり取りによって、相手と本当に合っても良いかを見極める時間を作ります。

デートの断り方③恋人ができたことを伝える

ただ単に断りを入れるだけでは、相手も納得してくれない事もあるでしょうし、これ以上関係を続けたくないのであれば、恋人が出来たと伝えましょう。ハッキリと関係を終わらせるための、切り札とも言える手段です。

恋人が出来たとなれば、それ以降マッチングアプリも使う事はありませんから、デートに誘おうとしていても無駄だと相手も分かります。期待させる余地を残すことなく、きっぱりと関係を終わらせるために伝えてください。

マッチングアプリでやめた方が良いNGな断り方

この様に、マッチングアプリを使っている時の相手とのやり取りをしている期間、タイミングなどによって、様々な断り方があります。いずれの場合でも相手を不用意に傷付けない事が大切になるわけですが、最後にやめておいた方が良いNGな断り方も解説しましょう。

NGな断り方①突然音信不通になる

1つは、いきなり音信不通の状態になる事です。事前に何の断りを入れる事も無く、突然連絡を絶つのはNG例として代表的とも言えます。断る側としてはとても簡単に摂れる手段で、気分的にも楽な事は間違いないでしょう。

しかし、相手からすればそれまでやり取りをしていた人が突然音信不通になるわけですから「メッセージに気づいていないのか」「何かトラブルや事故に巻き込まれたのかもしれない」と様々な懸念をします。

人によっては「嫌に思われる事をしてしまったかもしれない」と不安を抱えさせてしまいかねません。やるとしても、徐々に返信を減らす方法が一番お互いを傷つけません。

NGな断り方②相手のことを否定するような断り方

相手の事を否定するような断り方もNGです。実際にマッチングアプリをしていると、人となりすら疑うような断り方をしてくる相手とも遭遇する例があります。仮に相手に非があった場合であっても、相手を責めたり、否定するような断り方は控えるべきです。

顔がタイプではない、性格が良くない、などのように短所を指摘し責める様な事は、思ったとしても伝える必要は無いのです。相手も自分も大人なのですから、断るとしても相手を尊重する事、自分を下ろす形で伝える事を忘れないでください。

NGな断り方③何も言わずにドタキャン

そして、何も言わずにドタキャンをするのもやってはいけません。デートの前日や当日など、会う予定になっている筈なのに行きたくないと思っても、ドタキャンをするのは相手を不快にさせたり、心配をかけさせてしまいます。

相手の一日、または色々と用意してくれたのであれば、その分の時間を無駄にさせてしまう行為になります。約束していた時間の直前という、非常に申し訳のないタイミングであろうと、最低でも行けない事、謝罪の内容だけは必ず相手に伝えなければなりません。

マッチングアプリでの上手な断り方を覚えておこう

マッチングアプリを利用している方も様々ですし、勿論誰とも仲良くなれる訳ではありませんから、自分とは相性の悪い、合わない人も普通に居ます。そうした人とやり取りをしたとしても、角を立たせずに断れる仕方を覚えて、上手くアプリを活用していってください。

その他の関連記事はこちらから