記事作成日:

ヨーグルトダイエットの効果と食べ方は?食べるタイミングや選び方もご紹介!

広告

ヨーグルトが健康的に良いということは、なんとなく誰もがご存じなのではないでしょうか。しかしヨーグルトは知れば知るほど魅力的な食べ物で、最近ではダイエットとして取り入れる方も多くいます。

この記事では、ヨーグルトダイエットの効果と食べ方、食べるタイミングや選び方についてご紹介していくので、ぜひ試してみてください。

ヨーグルトダイエットの効果

まずヨーグルトダイエットはどのような効果が得られるのでしょうか。ダイエットとして取り入れると痩せる効果だけでなく、便秘改善や免疫力の向上、美肌効果なども期待できる魅力ある食べ物です。

効果①便秘改善

ヨーグルトを食べることで便秘が改善されるということを知っている方は多いのではないでしょうか。ヨーグルトに含まれる乳酸菌やカルシウム、たんぱく質やビタミンB2などは、腸内環境を整える役割を果たしてくれます。

乳酸菌は腸内に善玉菌を増やしてくれるので、お通じが良くなります。腸内環境が整うと痩せ体質になりやすいことから、ダイエットをする上で便秘を改善することはとても大事です。

さらに脂肪を排出するカルシウムや筋肉を作り出すたんぱく質、脂肪をなくし筋肉に変えることで体の代謝が上がりカロリーを消費しやすくなります。そのためヨーグルトはダイエットに効果的なのです。

効果②免疫力向上

ヨーグルトに含まれるビフィズス菌や乳酸菌は体の免疫細胞を活性化させる働きがあり、血液やリンパ液に菌体成分が吸収され、免疫力の高い体を作り出すことができます。

そのため毎日食べていれば自然と免疫力が上がり体調不良を起こしにくくなる、ケガをしにくい体になるというメリットがあります。あくまでも毎日の習慣として食べておくことで、免疫力の高い体に仕上がるので、体調が悪くなってからではなく日頃から摂取することがおすすめです。

効果③美容・美肌

ヨーグルトが美肌効果もあるとは知らない方もいるはずです。肌が弱い方や乾燥しやすい方はもちろんなのですが、ダイエットを行うと食事の偏り等で肌荒れを起こす方もいます。

肌荒れが気になるときはヨーグルトを摂取することがおすすめです。顔のほてりが治まったり、乾燥やかゆみなどにも効果が期待でき、さらには不眠にも効くと言われているので、毎日食べることでよく眠れて美肌を手に入れることができます。

ヨーグルトダイエットの食べるタイミングは?

ではヨーグルトダイエットをはじめようと思ったときに、食べるタイミングはいつが良いのか悩むでしょう。食べるタイミングで効果が変わってくるので、自分の目的に合った効果を見出す時間帯に食べることを意識してください。

タイミング①朝

ヨーグルトは朝食べる習慣のある方もいるでしょう。実は食前に食べるのと、食後に食べるのでは効果が変わってくるのです。

ヨーグルトを食前に食べる場合、そのあとに食べる朝食の資質や糖質をヨーグルトに含まれているビタミンB2が分解する役割があります。

ヨーグルトを食後に食べる場合、食後は胃酸が薄くなっています。そのためヨーグルトに含まれている善玉菌が腸にしっかりと届き、腸内環境を整え便秘を解消します。

タイミング②昼

昼にヨーグルトを食べる場合は食後がおすすめです。朝食の食後同様に、腸内環境を整えてくれます。朝食に比べて昼食はしっかりとエネルギーを摂取しています。そのためカロリーを控えるよう甘みの少ないヨーグルトにしましょう。

タイミング③夜

特にダイエット効果を期待したい方は夜食べるのをおすすめします。夜の22時~2時までは腸のゴールデンタイムと言われていて、腸内環境を整えるため腸の働きは活発になります。

夜の食後にヨーグルトを食べることで、腸のゴールデンタイムの働きをより活性化させ、老廃物や有害物質までも排出してくれるのです。

とはいえ、夜ごはんは寝る3時間前までに食べ終えておくことがベストです。さらに22時以降に食べてしまうと太る原因になるので、21時前までに食べ終わることが良いでしょう。

タイミング④食事にプラス

普段の食生活にヨーグルトを取り入れたい場合は、基本的に食後がおすすめです。食前に食べると空腹な状態では、ビフィズス菌が胃酸で死滅してしまいます。食後にヨーグルトを食べることで、ビフィズス菌や乳酸菌は腸へ生きたまま届くのです。

ダイエットをしていて食べる量を減らしたいから食前に食べたいという場合は、水やお茶で水分を摂ってから食べるようにしましょう。

食べる量やおすすめのヨーグルト

ヨーグルトダイエットの魅力が分かったところで、どれくらいの量を食べればよいのか、ヨーグルトにも種類がたくさんあってわからないという方もいるはず。1日に食べる量やおすすめのヨーグルトで、効率的にダイエットしましょう。

一日に食べる量

ヨーグルトに含まれている乳酸菌は1日にたくさん摂取しても体に害はありません。ヨーグルトを販売するメーカーの調査によると、1日200gのヨーグルトを毎日摂取して2週間で一定の効果が出るようです。

体に害はないからと言って食べすぎは、脂質や糖分を過剰に摂取することに繋がります。ダイエット目的でヨーグルトを食べるなら低カロリーのタイプや低脂肪の商品を選びましょう。

ヨーグルトを購入する前にカロリー表記をチェックしてみることも大事です。甘みのない無糖のプレーンヨーグルトなどもおすすめです。

おすすめのヨーグルト

ダイエットとしてヨーグルトを毎日の食事に取り入れるなら、無脂肪、低脂肪タイプがおすすめです。また表記をチェックして糖分が添加されていないか、乳酸菌の種類はなにか、というところまで見てみましょう。

ヨーグルトはメーカーごとに使用している乳酸菌が違うこともあります。一概にヨーグルトを食べたから痩せるのではなく、自分の体質に合った乳酸菌を摂取できたから痩せるということが多いです。

そのためまずは2週間同じヨーグルトを食べ続けてみて、効果が見えてきた場合は継続し、あまり効果を感じられなかった場合は違う乳酸菌タイプのヨーグルトを食べてみましょう。

ヨーグルトダイエットで効果的な食べ方

他にもヨーグルトダイエットを行う上で、ダイエット効果をより高くする食べ方があります。ヨーグルトを温めたり、マシュマロを入れたり、おからパウダーを加えたり。少し工夫するだけで、ダイエットがより効率的になるのでぜひ試してみてください。

おすすめ①ホットヨーグルト(温める)

寒い日はあまりヨーグルトを食べたくない、冷たい状態で食べるのを控えたいという方にはホットヨーグルトがおすすめです。ホットヨーグルトとは、ヨーグルトを耐熱容器に入れ電子レンジで40秒ほどチンした、温かいヨーグルトのこと。

ホットヨーグルトの方が、体は栄養分を吸収しやすくなるというメリットがあります。温めすぎには注意して、よく混ぜてから食べましょう。

おすすめ②マシュマロを入れる

ヨーグルトにマシュマロを入れるとダイエット効果や美容効果が、より期待できるようになります。マシュマロはヨーグルト同様に低カロリーです。ふわふわの食感で、ほのかに甘みがあり、ダイエット中でも満腹感、気持ちの満足感を高めてくれます。

食事制限をしていてストレスが溜まりがちなダイエット中でも、マシュマロを入れることでスイーツを食べている感覚になりリフレッシュできます。

さらに体内でコラーゲンになるゼラチンが含まれているため、美肌作りに最適なのです。彩りが欲しければフルーツを追加しても良いでしょう。ヨーグルトダイエットをより楽しめること間違いなしです。

おすすめ③おからパウダーを加える

ヨーグルトにおからパウダーを加えると腸内環境をより整えてくれる効果が期待できます。おからパウダーとは、食物繊維や大豆たんぱく質を主とする栄養満点な食材です。

100gのヨーグルトの場合、おからパウダーを15gほど入れ、しっかりと混ぜていきましょう。そうすると水分を吸いやすいおからパウダーとヨーグルトがディップのようになります。

そのためヨーグルトだけで食べるより満腹感を得られるのです。腸内で悪玉菌が増えるのを抑え、善玉菌が正常な働きのできる環境を整える効果のあるおからパウダーで、腸内環境は健やかに保たれます。

ヨーグルトダイエットが向いていない人

とても魅力的なヨーグルトダイエットですが、中には向いていない方もいます。例えば鼻炎の症状がある方、花粉症の方、肌が弱くアトピーや蕁麻疹が出やすい方などの、アレルギー体質の方にはヨーグルトダイエットが向いていません。

また抜け毛に悩まされている方や冷え性の方、お腹を壊しやすい方なども同じです。消化機能が低下していたり、胃腸が弱っている方はたんぱく質を含むヨーグルトが逆に負担となってしまいます。

たまに温めたホットヨーグルトを食べる、食べても少量のものにするなどであれば問題はありませんが、ヨーグルトダイエットとして毎日食べることはおすすめできません。

ヨーグルトはダイエットにも最適食材!

ヨーグルトダイエットの効果と食べ方、食べるタイミングや選び方についてご紹介しました。ヨーグルトはダイエットはもちろん美容にも効果があり、痩せながらきれいになれる魅力的な食材です。

マシュマロを入れたり、おからパウダーを入れたりとアレンジ方法もたくさんあるので、ダイエットを続けやすいのではないでしょうか。今まで様々なダイエットをしても続かなかった方は、ぜひ食事にヨーグルトを取り入れてみてください。

その他の関連記事はこちらから