記事作成日:

【末っ子攻略ガイド】性格の特徴と恋愛傾向を徹底解説!

性格は家族構成や家庭環境に影響されることが多々あります。そこで今回は、末っ子の性格の特徴と恋愛事情について解説していきます。また、上手に付き合っていくコツについても触れているのでぜひ参考にしてください。

末っ子には独特の特徴がある?

一般的に末っ子の特徴的な性格を「末っ子気質」と言ったりします。末っ子気質とは、文字通り末っ子が持つ性質のことです。どの家庭でも少なからず、長男長女は年下の兄妹の面倒を見て守るという役割を果たすため、責任感が強くしっかりした性格になることが多い傾向にあります。

一方で末っ子は、常に家族の注目を浴び可愛がられるためワガママに育つと世間では認識されています。こういった独特の特徴は、小さい頃からの育てられ方に影響されていると言えるでしょう。

末っ子の性格【8の特徴】

ここからは末っ子の性格として8つの特徴について解説していきます。周りの方にこの8つの特徴に当てはまるのであれば、その方は末っ子の可能性も高いでしょう。さっそく詳しく見ていきましょう。

末っ子の性格①甘えん坊

末っ子は常に心配される存在であり、助けてもらうのが当たり前になっています。一番歳が小さい分、自分で何かできない場合は年上の兄妹や親に頼らざるをえません。そうなると、年上の兄妹や親も末っ子の要求に答えているうちに過保護になってきます。

その結果、甘え上手の末っ子には人に頼ったり甘えたりすることに抵抗を持たない末っ子気質が生まれるのです。

末っ子の性格②要領が良い

年上の兄妹たちの背中を見て、自分の行動に活かせる末っ子は要領がいいと言えます。というのも、年上の兄妹達の成功や失敗などを観察することができるので自分がどのように振る舞えば得をするのか前もって学ぶことが出来るからです。

末っ子の性格③わがまま

「末っ子はわがまま」という声をよく耳にします。一概に末っ子がわがままとは言えませんが、家族から甘やかされて育つことからわがままになる傾向にあると言えるでしょう。

というのも、甘え上手で自分の要求をほぼほぼ聞いてもらえる環境のため我慢するということが少ないからです。家族の中で最年少というだけで、最優先され怒られることも少ないというのも影響しているかもしれません。

末っ子の性格④兄姉にコンプレックスがある

一方で、兄妹たちにコンプレックスを抱く末っ子も中にはいます。小さい頃から年上の兄妹たちに囲まれていると、大人びた娯楽やファッション、あるいはレベルの高い勉学などを目の当たりにする機会が多くあります。

決して自分の能力が劣っているわけでは無いのですが、自分の先をいく兄妹たちに憧れに似たコンプレックスを抱く可能性も少なくありません。しかし、そのコンプレックスを糧にして努力する特徴もあります。

競争する兄妹たちが自分より上のレベルであることにより、より高みを目指そうとする負けず嫌いであるとも言えるでしょう。

末っ子の性格⑤優柔不断

兄妹のいる子供の特徴として、自分で決めたり行動するよりかは年上の兄妹たちのまねをするという点が挙げられます。また何かを決断する場合も、年上の兄妹や親に相談をして助言をもらえるので、人の意見に影響されやすく主体性を養うことが少ない状況にあるでしょう。

そのため、いざ自分で決断しなければいけない状況の場合、どうしていいか分からず決めかねてしまいます。こういった面で末っ子は自分で何かを決めるときに迷ってしまい優柔不断と見られることが多いのです。

末っ子の性格⑥寂しがり屋

末っ子は一人でいると心細く感じてしまうことが多い傾向にあります。そのため、常に人と触れ合う環境を好み「かまってちゃん」のような行動に移すことも多々あります。その理由としては、小さい頃から常に誰かしらが面倒を見るために側にいたことが関係しているのかもしれません。

末っ子の性格⑦好奇心旺盛

末っ子は、自分の年代の流行とは別に兄妹世代のトレンドを知ることができます。常に兄妹たちを通じて新しいものを発見することが出来るので、好奇心旺盛な性格になることが多いでしょう

また、年上の兄妹たちと違って親からの制約があまりなく、自由に自分の好きなことに没頭できる点が挙げられます。親に厳しくしつけられた兄妹たちと比べ、余裕ができ放任で甘やかされる育児方法の違いもこの理由の一つかもしれません。

末っ子の性格⑧マイペース

末っ子がマイペースになる理由として、小さい頃から兄妹たちが我慢して妥協してくれることが当たり前の環境で育ったことが挙げられます。兄妹の中で一番小さいがために、自然と末っ子のペースに合わして行動されることが多いでしょう。そのため、相手のペースに合わせる団体行動などを苦手とする可能性が高いです。

末っ子の恋愛【7つの特徴】

では末っ子が恋愛を始めていくにつれて、どのような特徴が出てくるのでしょうか?そこでここからは、末っ子の恋愛傾向について解説していきます。末っ子の相手に恋をしている方は、ぜひ参考にしてみてください。

末っ子の恋愛傾向①愛情表現がストレート

末っ子は、自分の要求や感情を我慢することが少ない環境で育てられることが多いです。そのため、恋愛をするにしても相手へ自分の感情をストレートに表すことが多いでしょう。もともと甘えることに恥じらいや抵抗を感じることがないので、包み隠さず愛情表現してくれるところが魅力と言えます。

末っ子の恋愛傾向②年上を選びがち

末っ子が恋人に選ぶ場合、自ずと年上を好む傾向が見られます。というのも、末っ子の気質からしてもしっかりしていて包容力のある年上のような人物といることが居心地が良いからです。少しのわがままでも受け入れてくれる年上と、甘えてくれる末っ子は相性ぴったりと言えるでしょう。

末っ子の恋愛傾向③イベント好き

末っ子は、わかりやすく目に見える形で愛情表現されるのを好む傾向にあります。記念日イベントやサプライズに憧れを持つミーハータイプと言えるでしょう。そのため、記念日や誕生日を忘れることがあると不安を感じてしまうことがあります。

末っ子の恋愛傾向④ずっと想い続ける

末っ子は恋愛すると、一途に恋人だけを思い続けるロマンチストな面を持っています。積極的にアピールしてどうにか相手に振り向いてもらおうとするタイプです。この理由としては、末っ子は自分の思い通りになってくる環境で育ったため、このような諦めが悪い面が出ていると考えられます。

しかし、相手が自分に興味を示してくれなくとも、諦めず一途に思い続ける姿にキュンとする方がいるのも事実です。

末っ子の恋愛傾向⑤スキンシップ好き

末っ子は小さい頃から年上の兄妹や親から抱っこされ、手を繋がれたりとスキンシップが多い環境で育っています。そのため、体が触れ合えるスキンシップがあると安心し愛情を感じやすい傾向にあります

恋愛関係においても、相手にスキンシップを取ることで心理的な距離を縮めることが得意と言えるでしょう。スキンシップにより親近感がわき、可愛げのある姿に魅力を感じることも多いはずです。

末っ子の恋愛傾向⑥嫉妬しやすい

小さい頃から家族の中心にいた末っ子は、恋愛関係においても恋人には自分だけを見て欲しいと常に思っています。そのため、自分以外の相手に目を向けているものなら嫉妬心で気が気でありません。

もともと自分の感情に正直なため、嫉妬心をオープンにして相手に隠すことがありません

末っ子の恋愛傾向⑦連絡がないと不安

末っ子は家族から常に注目され構ってもらえる環境にいたため、常に相手と繋がっていたい気持ちが強い傾向にあります。そのため、メールの返信が遅かったり連絡がこないと不安になってしまうことも多いでしょう

もともと寂しがり屋であったり人に甘えたい気持ちが強いので、メールを通して相手と一日中つながりを感じたいと思うあまり連絡頻度が多くなることもあります。

末っ子と相性が良いタイプ・悪いタイプ

ここからは末っ子と相性が良いタイプ・悪いタイプについて詳しく解説していきます。意中の相手あるいは恋人が末っ子という方は、相性が良いタイプに近づけるように参考にしてみてください。

末っ子と相性が良いタイプ

「年上」は末っ子と最も相性のいい相手です。お互い足りないところを補えるので、一緒にいて居心地のいい組み合わせです。末っ子は人に甘えることができる愛嬌のあるタイプです。しかし、マイペースで少し優柔不断な面も持ち合わせています。

一方で、しっかりとしていて責任感があり相手のペースに合わせることが出来る長男・長女はリード役になるため末っ子の短所を補ってくれるでしょう。また、世話好きの長男・長女は相手に甘えられたい欲求を持っています。

そのため、末っ子気質は長男・長女の面倒見の良さを引き出すことが出来るため、良好な関係を維持できるのです。

末っ子と相性が悪いタイプ

末っ子と相性が悪いタイプとしては、「一人っ子」「末っ子」が挙げられます。一人っ子の性格として、マイペースでひとり行動が平気という特徴があります。

しかし、末っ子は性格的にひとりでいることに不安を感じやすいタイプです。甘えん坊な末っ子としては構ってもらいたいと思ったとしても十分に構ってもらえないため寂しさを募らせる可能性があるでしょう。

また、お互いマイペースなタイプのため相手にペースを合わせることができず、ワガママな気質がある末っ子としては不満の一つになることもあります。

末っ子と交際するメリット・デメリット

次に末っ子と交際する上でメリット・デメリットについて解説していきます。実際に末っ子が身近にいる方にも興味深い内容になっています。早速見ていきましょう。

末っ子と交際するメリット

末っ子と交際するメリットを挙げるとすれば、「恋愛感情をストレートに表現する」「甘えてくれる」の二つと言えます。末っ子の性質的に感情を隠すことなく、ストレートに相手に表現する傾向にあります。

そのため、一般的に恥ずかしく感じる愛情表現もオープンに表してくれるでしょう。そう言った面で、他の人よりも愛情を感じやすいメリットがあります。

さらに、好きな相手には甘えることに抵抗がないのでつい構ってしまいたくなる面が魅力です。そのため、早い段階で親密な関係になりやすくラブラブな雰囲気になれるでしょう。

末っ子と交際するデメリット

末っ子と交際する上でデメリットを挙げるとすれば、「わがままに振り回される」「常にリードするのがしんどい」という二つが一般的でしょう。常に家族の中心でいた末っ子は、自分の思い通りにいく事が当たり前になっています。

というのも、年上の兄妹たちや親から怒られることも少なく、甘やかされて育ったため、恋愛においてもわがままになる傾向が強いでしょう。最初はかわいく見えたわがままも、次第に振り回されるようになり精神的に参ってしまうこともあるので注意しましょう。

また、基本的に末っ子は相手に頼ることが多いためリードしなければなりません。甘えてくれたよりしてくれる姿を見ると、つい何かして挙げたくなりますが、徐々に面倒に思えてくることも増えるでしょう。

末っ子と上手に恋愛するコツ

ではここまでの末っ子の情報を踏まえて、上手に恋愛するコツについて紹介していきます。紹介するコツを読めば、末っ子タイプと今まで以上に良好な関係を保てるかもしれません。

欲求を満たしてあげる

末っ子は年上の兄妹たちと比べられ、承認欲求が強い傾向にあります。そのため、相手を褒める事が関係性をよくする方法といえるでしょう。基本的に素直な性格のため、褒められると気分が良くなりより一層相手に好意を抱きやすくなります。褒め上手になるのが末っ子タイプの相手も攻略するコツです。

愛情表現を欠かさない

家族から愛情を注がれて育ってきた末っ子は、わかりやすい愛情表現を求めます。言葉で愛情を表現するのは照れ臭さが入り、できない方も多い事でしょう。しかし、末っ子タイプと交際しているのであれば恥じらいを捨て、ストレートに愛情表現をしてみましょう。愛されているという安心感から良好なお付き合いができる事が多いです。

自分がリードする

小さい頃から常に年上の兄妹や親から面倒を見られてきて身のため、末っ子は主体性に欠ける面があり、自分の決断に自信が持てません。そのため優柔不断に陥ることも多く、何か決めることに時間がかかてしまうでしょう。そこでさりげなくリードしてあげる姿を見せることをおすすめします。

末っ子は頼ることや甘えることが出来る相手を好む傾向にあるため、スマートにリードする姿を見せると恋愛においても良い関係になれ一気に距離が縮まるでしょう

末っ子の性格を理解して上手に付き合おう

末っ子には特徴的な性格が多く見受けられました。愛情を一身に受け育てられた分、一般的に「末っ子=わがまま」と考えられることも多いですが、実は魅力的な面も多々あります。

そのため末っ子気質を理解することが大切です。今回は末っ子の性格について詳しく解説しているので参考にして上手に付き合いましょう

その他の関連記事はこちらから