記事作成日:

クチャラーが気持ち悪い…原因と治し方を徹底解説!

食事の時には、出来る限り咀嚼音を立てないように食べるというのが誰しも知っているマナーとなります。しかし、様々な要因で音を立てる人がおり、それらは「クチャラー」と呼ばれています。本記事では、マナーを違反してしまいやすいクチャラーの原因や直し方について解説します。

クチャラーが気持ち悪い!嫌われる理由

食事をしている時に、クチャクチャと音を立てて食べている方が自分の近くに居たことはありませんか?その人たちはクチャラーと呼ばれ、マナーの悪い人として嫌われやすいのです。まずは、クチャラーが気持ち悪がられる、また嫌われる理由を見ていきましょう。

咀嚼音が不快

クチャラーが嫌われる理由にして最も大きいのが、咀嚼音が不快であることです。食べている時に必要のない音がしていてうるさい、食べ物が飛び散っていそうで汚い等、とにかく音がするのに対してはほとんどの人がうるさいと思うことでしょう。

気にしない方も居るかもしれませんが、落ち着いて静かに食事をしたい方にとって、一緒に食べている人が音をたてながら食べているというのは、想像以上に気持ち悪く思うものです。それゆえに、一緒に食事などをしたくなくなるのです。

マナー悪くて恥ずかしい

“マナーが悪くて見ているこちらが恥ずかしくなる”というもの理由のひとつです。幼少期に「食事をするときには行儀が悪いので口を大きく開けないように」と注意されたこともあるでしょう。一般的には、口を閉じて食べるのがマナーとされています。

それゆえに、蕎麦などの麺類を食べる時は仕方ありませんが、普通の食事では基本的に静かに食べるようになっています。そんな中、クチャラーが音を立てつつ食べているというのはマナーを完全に違反しており、一緒に居るのが恥ずかしく思えてしまうのです。

クチャラーになる主な原因

クチャラーが気持ち悪がられる理由、嫌われるの理由について解説しました。誰もがマナー違反として嫌っているのは分かっているはずなのに、なぜクチャラーになってしまうのかというのには、様々な原因が考えられるのです。以下にクチャラーになってしまう主な原因をご紹介します。

口に入れる量が多すぎる

まず1つ目に考えられるのは、口に入れる食事の量が多すぎるということです。よく一緒に食事をする友人などがクチャラーの場合には、一度に口に運ぶ食事の量を確認してみてください。

クチャラーの人というのは、一度にたくさんの食事を口に運んでいる傾向があります。食べ物を口の中で砕く時には音が鳴りますので、入れる量が多ければその分咀嚼音も大きくなります。

口呼吸が癖になっている

口呼吸をするのが癖になっているのもクチャラーになる大きな原因になります。大抵の人は、鼻で呼吸をするのを無意識に行えています。しかし、習慣によっていつも口呼吸をしている人は、食べ方にも影響を与えてクチャラーになってしまうとされています。

食事の際にも鼻で呼吸をするのが基本ですが、鼻炎、花粉症といったものを患っているために、鼻呼吸が難しいというケースもあります。その為、どうしても咀嚼の音が目立つようになってしまう人がいるのです。

噛み合わせに問題がある

噛み合わせに問題があるというケースもあります。歯の噛み合わせというのは、人間の健康にも少なからず影響があるものです。問題が無ければ無駄に音が発生する事はありませんが、クチャラーは噛み合わせが悪いままに矯正なども行っていないのです。

その結果、噛みやすいように口の片方だけで咀嚼をしたり、口の中で食材を転がしたりするので、咀嚼音が発生しやすくなるという訳です。また、舌の位置も低かったり大きかったりすると、同じく食べる際に影響すると言われています。

親のしつけがなく育った

親のしつけが育ったことも原因に挙げられます。社会一般的に、音を立てて食事をするというのはマナーが悪いということで通っています。その為幼少時には「音を立てないように食べなさい」と躾をされるのです。

ですが、食事の仕方というのは小さい頃の習慣が身に付いていくものなので、もし幼少時に食べ方のマナーを教わらなかった場合、大人になってもうるさい食べ方のままとなります。親が元からクチャラーであった場合、子供も当然同じになりやすいのです。

クチャラーの治し方

この様に、クチャラーの中にも今すぐに治せそうなものもあれば、致し方のない理由でそうなってしまっているケースもあるのです。もしも自分が該当しているのではと少しでも思ったのであれば、これから解説する治し方を実践してみましょう。

歯科医や耳鼻科に相談する

まず、歯科医や耳鼻科への相談という手があります。原因の中に、口呼吸をしてしまっているというものが挙げられましたが、それらはアレルギー性の鼻炎や花粉症などによって、鼻呼吸をするのが難しいケースもあるのです。

そのほか、飲酒や肥満など、生活習慣が影響している可能性もありますので、鼻呼吸で食事ができない時には耳鼻科への相談を行うべきです。歯周病や睡眠時無呼吸症候群などにもつながりかねませんので、早めの対策が必要です。

また、噛み合わせの悪さ故にクチャラーになっているケースもあります。常に口を閉じようとしていなければ自然と咀嚼音が出てしまいますので、歯科医に相談をして矯正を推してもらうべきです。

口を閉じて食べる練習をする

2つ目は、口を閉じて食べる練習をする事です。矯正が必要なほど歯並びが悪くなくても、開いた状態のまま食事をしていたり、前歯だけで噛んでいることもあるので、口を閉じで置く場で噛むように毎度意識してみましょう。

意識した食べ方をする以上、これまでとは違った食べ方になりますので、最初こそ違和感ばかりで苦労をするかもしれません。しかし、口を閉じて食べるのは消化を良くする事にもつながりますので、マナーという意味でも意識をしてみてください。

舌や口まわりの筋肉を鍛える

3つ目は、舌&口周りの筋肉を鍛えてみることです。咀嚼というのは、歯と歯の間で食べ物を移動させつつ噛んでいるものです。スムーズな咀嚼には舌の筋肉が必要であり、また口周りの口輪筋という筋肉も口呼吸予防に必要です。

  • 「あー」と言いつつ口を縦に開ける
  • 「いー」と言いつつ口を横に開ける
  • 「うー」と言いつつ口を前へすぼめるように出す
  • 「べー」と言いつつ舌を思い切り出す

口と下の筋肉を鍛えるのには、この「あいうべ体操」が効果的です。実際に歯科医も推奨しているトレーニングであり、ゆっくりと大げさに口と舌を動かすのが効果的ですので、毎日取り組んでみることをお勧めします。

正しい姿勢を意識する

もう1つ、正しい姿勢を意識するのも効果的です。自分の今までの食べ方を見直し改善するためにも、普段から食事のマナーの大前提、姿勢を直すことも大切です。背筋をしっかりと伸ばして正し、テーブルに肘を付けずに食べるという基本的な所を意識的に取り組んでみましょう。

特に、幼いころからの癖によってクチャラーになってしまっている場合には、こういった姿勢に注意する必要があります。長年の癖になっている食事の仕方というのは、すぐに治すのは難しいでしょう。

ですので、自分の食事の仕方、癖をしっかりと理解し、それらを治していく事から始めてみましょう。正しい姿勢を意識していると、自然と食事のマナーも身に付いていくはずです。

周囲にクチャラーがいた時の対処法

自分がクチャラーだと気づいた時には、上記の治し方を実践すれば良いですが、周囲にクチャラーが居た場合には、ずっと不快感を覚えることになってしまいます。最後は、もし自身の周りにクチャラーがいた時の対処法をご紹介します。

食事を共にすることを避ける

一緒に食事をするのを避けるのもひとつの方法です。シンプルではあるものの、物理的に一緒に食事をしなくなれば、それ以降クチャラーの不快な音に悩まされる必要は無くなりますので、自分を守るという意味でも効果的です。

相手に治してもらうという時には、後述するようにクチャラーであることを伝えたりと、自覚を促す必要があります。これがハードルが高い、と感じるのであれば、食事をする機会を無くすのが一番手っ取り早いのです。

食べ方が不快だと伝える

ハッキリと食べ方が不快であると伝える方法もあります。誰が聞いても嫌な咀嚼音ですが、クチャラーというのは自分自身では気づいていないケースがほとんどなのです。その為、他人がそれを指摘して自覚を促す必要があるのです。

大抵はわざとやっている訳では無いでしょうから、努めて優しく冷静に伝えてみましょう。責める形にするのではなく、なぜ咀嚼音が鳴ってしまうのかを考え、それに対して効果的な治し方まで促せれば、一番理想的です。

クチャラーを治して楽しい食事時間を!

クチャラーというのは、誰であっても周りの人を不快にさせてしまったり、食事マナーのなっていない人だと思われます。治すためにはまず自覚をすることから始まりますので、改善する努力をしてみてください。

その他の関連記事はこちらから