記事作成日:

【診断チェック】別れた方がいい彼女の特徴リストを公開!上手な別れ方は?

付き合ったはいいけれど、その中でマイナスな部分が見えてきて別れたくなる女性というのは存在します。そのまま付き合い続けていれば、自分が損をし続けてしまいますので、早めに分かれるべきです。今回は、別れた方がいい彼女の特徴、上手な別れ方などについて解説します。

【診断チェック】別れた方がいい彼女の特徴

別れた方がいい彼女というのは存在しますが、当事者となると中々それに気づけずに不憫な思いをしてしまう可能性があります。まずは診断チェックとしてリストに特徴をまとめましたので、半数以上当てはまる場合は要注意です。

別れた方がいい彼女の特徴①依存度が高い

まずは、依存してくる彼女です。その特徴は、どんな時であっても彼氏のことを最優先で考えていて、彼氏が居なければ何も手に付かない、最悪生活すらままならないような女性を指します。

こういったタイプの彼女は自分自身の生活も彼氏がいる前提のようなものになっており、いなくなった生活というのを考えられません。となると、何かを決定するときにもすぐに彼氏に頼ってきます。

頭の中が半分彼氏で埋まっているようなものなので、それ以外の趣味もないケースが多く、友達も少ない傾向があります。加えて、彼氏が仕事や友達などを優先しようとすると途端に怒ってきたりするので、たまったものではないでしょう。

別れた方がいい彼女の特徴②自分のことが最優先

続いては、自分を最優先にしている、というものです。自分を中心にして物事を考えているのはもちろん決して悪い行いではありませんが、ここで言う自分を最優先にしている彼女というのは、基本的に人の話を聞き入れたりはしません。

これはすなわち、他人に全く興味がなく、自分がしたい事柄などをいつも考えているからだと予測できます。こういった彼女と付き合っていても、一方的に意見を言ってきたりするばかりで長続きする可能性も低いでしょう。

可能性として、パーソナリティ障害であるケースも考えられます。自分が特別な人間であると思い込むところがあるのが特徴で、空気を読まない言動があまりにも多いバイには当てはまるかもしれません。

別れた方がいい彼女の特徴③お金にルーズ

お金の使い方が荒い、ルーズだと感じる彼女も、早めに分かれるのが推奨されています。こういったタイプの彼女は男性を経済力、すなわちお金を持っているかどうかで判断しているところが非常に大きいです。

男性としても、結婚すらしていない女性に対してやすやすとお金を使い続けたくはないでしょう。別れたとしたら今まで使ってきたお金がすべて無駄になり、毎度財布を使われていては自分のしたいことすらできなくなります。

そもそも、自分よりもお金を持っている人からアプローチされてしまえば、簡単にそちらへ靡いていきます。故に、露骨に奢らせてくるような彼女とは早めに分かれるのをお勧めします。

別れた方がいい彼女の特徴④人格を否定する発言が多い

人格を否定してくるような彼女とも、別れた方がいいどころかもはや縁を切った方がいいとまで言えます。彼氏がした行動に対しての注意をするだけであれば、まだ身近な人にもしっかり指摘が出来る人になります。

しかし、行動だけではなくこれまでの自分の人格にまでネチネチと言ってくるような女性というのは、ハッキリ言ってしまえば倫理観が欠如してしまっていると言っても過言ではないでしょう。

本人には本人なりの正義があるのかもしれませんが、それを他人に振りかざすような行為は誰であっても問題ですし、そういった人こそ人格に問題があるとさえ思えるでしょう。

別れた方がいい彼女の特徴⑤同性の友達がいない

同棲も友達がいない彼女というのは、考えものです。人間的に魅力があったのであれば、少なかったとしてもそれなりに同性の友達というのはいるものです。一人や二人だけであろうと、友達がいるのならばそれは他の人との交友がある確かな証となります。

もし全く女友達の影が無さそうというのであれば、男性や彼氏の前で見せる姿と、同じ女性の前で見せる態度が全く違っているからかもしれません。人によって態度を変えるような彼女は、信用しない方が迷惑をかけられずに済むでしょう。

別れた方がいい彼女の特徴⑥常にネガティブ思考

ネガティブ思考な人といて、楽しかった経験はあるでしょうか?自分の事を過小評価して、どんな事柄に対しても後ろ向きな考え方や見方をしてばかりになります。

自分一人だけで完結しているのならまだしも、余計な心配ばかりして彼氏を束縛してくるような彼女が珍しくありません。不安になる気持ちも分からなくはないでしょうが、それで束縛されては迷惑に思う事の方が多いでしょう。

何か嫌な事があった時にも、ずっと引きずってしまいます。それを見せられ続けている彼氏にも限界というものがありますし、可哀そうな自分を見せて慰めてほしいと思ってやっているような彼女なら、なおさら別れた方が自分の為です。

別れた方がいい彼女の特徴⑦浮気を繰り返す

当然ではありますが、浮気を繰り返しやってくるような彼女も信用に値しません。繰り返す、というのが難点で、何度も浮気をし続けるのは浮気性であり、簡単には変える事の出来ないものです。

その心理を考えてみると、彼氏が一人だけでは精神的に不安だから、という理由が多い様です。安心を求めて、他の男性とも一緒になろうとするのが浮気性の女性の心理と考えられています。

こういった手合いは見た目がとてもいいからこそ浮気が出来るところもあります。そこに惚れていて中々別れられない彼氏もいますが、自分の為にならないと分かっている筈ですので早めに縁を切るべきです。

別れた方がいい彼女の特徴⑧平気で嘘をつく

もう1つ、平気で嘘をついてくるような彼女も、人格的な問題があると言わざるを得ません。人によっては、相手を傷つけないためにあえてつく優しい嘘というものもあります。誰でも1つくらい嘘をついた経験はあるでしょう。

しかし、それが自分が攻められたくないから、といった理由や注目を集めたいから、といったような自己中心的な考えが元で、なおかつバレバレの嘘の場合には、非常に質の悪いものです。

嘘ばかりつく人の事を虚言癖、と言いますが、自分の彼女が当てはまっていたら嫌に思うでしょう。だからこそ、嘘ばかりついているような彼女と一緒に居るのは避けるべきなのです。

好きでも別れるべき?見極めるポイント4つ

別れた方がいい彼女の特徴をいくつも挙げてきました。当然と言える様なものもありますが、それを分かっていながら好きだから別れられない、といったような状の深い彼氏も居るでしょう。

ポイント①一緒にいて喜びや幸せを感じるか

その見極めのポイントとして、彼女と一緒に居て喜びや幸せを感じられるかを考えてみましょう。たとえ周りから客観的に別れるべき、と思われていても、当事者である自分が幸せに思っているのなら、何ら問題はありません。

ですが、どれだけ相手を好きでいたとしても、一緒に居て幸せを感じられない、喜びを分かち合えないというのであれば、その関係性は考え物です。もしそこで自分が本当に幸せになりたいなら、別れるという選択肢を優先すべきかもしれません。

これまでに彼女とあった出来事を、しっかりと振り返ってみてください。それらを踏まえたうえで、今後も一緒に居る方が幸せなのか、もっと別の道があるのかというこれからの関係を考えてみましょう。

ポイント②相手と本音で向き合えるか

続いて、相手と本音で話し合いが出来るかどうかです。どれだけ親しい間柄であっても、仮面を被って接しているのが人間です。故に、相手に本音をさらけ出すというのは勇気がいる行為と言えるでしょう。

ですが、付き合っている彼氏彼女という深い関係性の2人にとって、本気で相手のためを思って本音を言えるかどうかはとても大切です。しっかり話し合い、問題が解決できるなら、より良い方向に向かっていけるはずです。

もしそれで逆上してきたり、泣きわめいて自分のわがままを貫こうとしてくるような彼女ならば、今後も自己中心的な事ばかりですので別れた方が身の為でしょう。

ポイント③周囲から別れた方がいいと言われるか

周りから分かれたほうがいい、というように言われるような関係せいかどうかも、ポイントになります。恋愛をしている渦中の人間というのは、自分の行動が普通の物であるか、正しいものであるかを判断するのが案外難しくなっているものです。

そこで、周りの人たちの意見を頼りにしてみるのです。当事者である自分には今の彼女が良いのか悪いのかを判断しづらいとしても、第三者であれば客観的な視点から判断してくれます。

もしその周りの人から「別れた方がいい」というアドバイスをされたのであれば、客観的に見て問題があると判断されている訳です。自分でも冷静に振り返ってみて、今後の関係性を検討してみましょう。

ポイント④相手との将来を考えられるか

付き合っている間で一緒に居られるかだけではなく、具体的な相手との将来も考えられるでしょうか?もし考えられないというのであれば、例え結婚をしたとしても自分が幸せになれる可能性は低くなるでしょう。

もし彼女の欠点を踏まえて、その上で相手との未来を考えられるのならば、彼女との間に信頼関係が築けている証拠です。逆に、問題があっても無くても想像できないなら、早めに別れるのをお勧めされます。

特に、交際期間が長くなると別れたくなった時にトラブルに通じる可能性が高くなります。たとえ彼女が結婚を強く意識していないとしても、将来の二人の事を考えきれないのなら、別れるべきです。

別れた方がいい彼女との上手な別れ方

現状を把握して、別れた方がいいという決断に至ったとしましょう。ただ、これまで連れ添ってきた彼女とうまく分かれる方法というのは、そう簡単に出てこないかもしれませんので、最後に上手な別れ方についてご紹介します。

別れ方①少しずつ距離を置く

別れ方と言ってもいくつかあり、1つ目は少しずつ彼女との距離を置く、というものです。連絡をしたり会ったりする頻度を少しずつ減らしていくのです。これは、突然別れ話を切り出しても、彼女が混乱してしまうのを防ぐためです。

突然の別れ話は誰でも驚いてしまいますし、相手を傷つけてしまったり受け入れてもらえない可能性が高まります。その為、会ったりする頻度を減らして、自分の気持ちが離れているという事を察してもらうのです。

別れを切り出したい場合には、この少しずつ離れていくのを実践するためにも1週間ほどは期間を空けておきましょう。大きな問題にさせないためには、相手にそれを予感させるのが大切です。

別れ方②別れたい意思をはっきり伝える

続いては、別れたいという意志を彼女にはっきりと伝える事です。このはっきり、というのがとても大切で「仕事がに集中したいから」「友達に戻りたい」というような曖昧な言葉で濁すのは逆効果です。

彼女にまだ気持ちが残っているという要らない期待をさせて、最悪の場合には別れる意思がしっかりと伝わらずに話がこじれて、結局別れきれない方向に行ってしまう可能性も考えられます。

少しでも期待を残すと、彼女がストーカーまがいの行動に出たりしてしまいかねませんので、別れる意志と理由はしっかりと揃えてそのままの言葉で伝えるようにして下さい。

別れ方③別れ話をするときは不満や愚痴を言わない

別れ話というのは、付き合っている間に起きた色々な事をここぞと伝える絶好の機会でもあります。しかしだからと言って、これまで抱え込んできた不平や愚痴などを、相手にぶつけるような事をしてはなりません。

彼女に別れを切り出したときには、ほぼ確実に理由を問われます。もしそこで「金使いが荒い」「束縛に耐えられない」などの相手を責める様な言い方をすると「直すから別れないでほしい」と引き留められるでしょう。

その場では言いにくいかもしれませんが、恋愛感情が無くなったから、他に好きな人が出来たから、といったようにあくまでも自分の側に責任がある形にして、彼女を責めないようにしてあげてください。

別れ方④わざと嫌われるような行動をとる

もう1つ、あえて嫌われるような言動を取って、相手からの好感度を下げるという方法もあります。例えば、食事の際にあえてマナーを悪くして食べるなど、人としての評価が下がるような行動をとるのです。

または、他人に対して暴言や横柄な態度を取るというのも、確実にマイナスな印象を与える行動です。女性というのはルールやマナーを守らない人を嫌う傾向があるので、意識して振舞ってみます。

この方法では、自分ではなく彼女の側から別れると言わせるのが目的です。嫌われるような事をすると言っても、他人に対して暴言を吐くなどといった周りの人に迷惑がかかるようなやり方は極力避けてください。

別れる別れないの判断は慎重にしよう!

別れるか分かれないかの判断というのは、非常に慎重になるべき局面です。勿論それは分かっているでしょうが、男女問わず相手を完璧に傷付けないで分かれるというのは困難を極めます。

別れるべき彼女は、とりわけこちらに依存しているケースもあります。最終的にはしっかりと気持ちを伝え、お互いの為になるようにしてください。

その他の関連記事はこちらから