記事作成日:

要領が悪い人の特徴は?要領が良い人の見習いたい特徴を知ろう!

要領が悪い人というと、どんな人を思い浮かべるでしょうか?不器用と言われる事も多く、努力をしている筈なのにいまいち要領を得ずにうまく仕事などを進める事が出来ない事が多いです。今回は、そんな要領が悪い人の特徴、改善するための見習いたい要領の良い人の特徴などを解説します。

要領が悪い人に見られる特徴【性格】

仕事、もしくはプライベートの場において、要領が悪い人というのは男女問わず1人いてもおかしくありません。なぜ要領が悪くなってしまっているのかは、その特徴を知る事である程度推し量る事が出来ます。まずは性格的特徴から見ていきましょう。

要領が悪い人の特徴①優先順位がつけられない

まず1つ目の特徴は、物事の優先順位を付けられない事です。仕事においては、効率よく進めていくためには優先順位をしっかりと付ける事が重要になってきます。しかし、要領が悪いと、何を重要視すべきなのかを決定する事が出来ないのです。

重要なものは何なのかを決める事が出来ないと、複数のタスクを持った時にどこから手を付けてよいのかわからず、結果的に要領が悪くなってしまいます。本人としては真面目にしているつもりでも、優先順位がしっかりできていないせいで、周りからはマイナスな目で見られてしまいがちです。

結局、誰かに急かされる事で初めてどれが優先的にやるべき事なのかがわかったり、キャパシティーオーバーでどれにも手が付かなくなってしまう、という場合も想定できます。

要領が悪い人の特徴②自分の能力にあった予定を組むことができない

2つ目は、自分の能力に見合った予定を自分で組めないことです。これが具体的にどんな風に表れるのかというと、仕事を頼まれたとき、出来るかどうかを考えることなく「大丈夫だろう」と思って引き受け、結局できずに足を引っ張ってしまう事が考えられます。

その原因は、自分の能力を客観的に認識できておらず、何がどこまでできるのか、そして何が出来ないのかを把握していないからであると見て取れます。それゆえに無理のあるスケジュールを組む事も多く、常に忙しそうな状態になってしまう事も珍しくなくなります。

要領が悪い人の特徴③人に頼れない

要領の悪い人は、他人に頼る事も苦手としています。自分一人の力だけで、受け持った仕事やタスクを最後までこなさなければならないと思っているからです。これは、自分の仕事に対する責任感が強いというプラスの見方も出来るでしょう。

しかし、現実ではそれが足かせとなってしまいます。人に頼って物事を解決するのは甘えであり、するべきではないと思っていて、どれだけ忙しくても自分の力だけで最後までやり遂げるべきという考えがあるのです。

時として、人に頼るという事は非常に大切であり、コミュニケーションを養うという意味でも仕事を前に進めるという意味でも、大事な事です。それが出来ないとなると、やはり不器用とみられてしまうでしょう。

要領が悪い人の特徴④柔軟性に欠けている

やはり、柔軟性に欠けているというのも特徴の1つに数えられます。優先順位を付けられない事とも少なからず関連していますが、頭が固いとよく言われ、自分のやり方を意地でも貫こうとするのです。

忙しくなったり、受け持つタスクが増えたりと状況が変化すれば、それに合わせて仕事の仕方や進め方を変えられるというのが、柔軟な思考を持つという事です。しかし、頭が固いゆえにこうした考え方を実践できないのです。

どれだけ多忙な状況下に置かれたとしても、どうすれば効率的に片付けられるのか、と考える事をしません。また、トラブルや予測不能な事に対する準備、対処も苦手としている傾向があります。

要領が悪い人の特徴⑤後回しにするクセがある

性格的な特徴の5つ目は、面倒事を後回しにするのが癖になっている事です。大変な事、面倒な事については後で片付ければよいと考え、後回しにしたがために締め切り、納期といった期限が迫ってきてから慌てだしたりという苦労をする羽目になります。

こういった面は幼い頃から見られるとされていて、小学生や中学生時代にあった夏休みの宿題も、最後の方に後回しにして終盤になってからやり始める、というタイプであったと考えられます。プライベートでも面倒事を後回しにしたり、嫌な事からは逃げようという考えが真っ先に浮かびます。

要領が悪い人に見られる特徴【行動】

要領の悪い人の性格的な特徴について解説しました。勿論、どれかに当てはまるから要領が悪い、と一概には言えませんが、傾向としてはよくあります。続いて、行動の部分に焦点を当てて特徴を見ていきましょう。

要領が悪い人の特徴⑥無駄な作業に時間をかける

とても分かりやすい行動的特徴としては、無駄な作業に大いに時間をかけてしまう事が挙げられます。どれだけ説明をしたとしても、なぜか通常よりも力を注ぐポイントがズレている事が多く、人とは違ったやり方を実践しています。

大抵の人が思いつきそうな最短、詰まり効率的に仕事を終わらせられるやり方があるのに、なぜかそれを実行しません。自分のやり方で実践した結果、無駄な作業に無駄な時間をかけ、要領が悪いとしか言えなくなるのです。

それというのも、何が仕事において大切なポイントになっているのかを理解できていない事が大きいでしょう。その為、何回もやり直しをしたり、無駄に時間をかける事が多いのです。

要領が悪い人の特徴⑦仕事の全体像を把握できていない

仕事というのは、自分一人だけで完結するものではないでしょう。チームとして進めていく必要もあり、外部の人たちとの連携などもありますから、そうした点も踏まえて全体的な動きを捉える事は効率の面で言ってもとても大切です。

しかし、要領が悪いとその全体を把握する事が出来ません。つまり、スタートからゴールまでがどのような形になっているのかを想像できず、何がどれだけの時間をかければ終わるのか、何を優先すべきかを考えられません。

また、自分一人の事で精いっぱいで、周りの人を気遣うなども苦手としています。その為、誰かと協力したり、または助けが必要な場合に手を貸したりといった事をせず、仕事全体の流れを悪くしてしまっているかもしれないのです。

要領が悪い人の特徴⑧期限に間に合わないことが多い

仕事の納期、期限を守れないのも特徴の1つです。間に合わなかったり、もう少し期限を延ばしてほしい、などといった事が少なからずあり、期限を設けた相手方に迷惑をかけてしまいます。

その原因は、タスクの期限、期日を最初から把握せずに物事に当たっているからであると考えられます。いつまでに完結させればよいのかを最初に聞いておいて把握しなければ、間に合わないのも自然な流れといえるでしょう。

普通にやっていても期限に間に合わないがために、納期に近づいてくると残業が目に見えて多くなったり、休日にも仕事に当たる事が多くなります。要領よく当たっていればそうはならなかったものの、柔軟に対応できないせいでそうした状況に陥るのです。

要領が悪い人の特徴⑨片付けができない

要領の悪い人のデスクを見てみると、片づけられておらず常に散らかり放題という事も珍しくありません。そのデスクを使っている本人も、どこに何があるかを把握できておらず、必要な物を探しても中々出てこなかったりします。

最初からしっかりと整理整頓をしていれば、必要な物も素早く用意する事が出来、仕事もスムーズに進められたでしょう。しかし、自分でも把握できない程に散らかしたせいで、取り掛かりにも遅れ効率が悪くなります。

実際、要領よく仕事や物事に当たれる人は、自分の机の上をしっかりと整理整頓しています。いらないものはしっかりと処分し、必要な物を整理して保存できているのも、要領の良さに多少なりとも関係しているのです。

要領が悪い人の特徴⑩いつも仕事に追われている

もう1つ、いつも仕事に追われている、常にせわしなく忙しそうにしているのも挙げられます。仕事には繁忙期というものがあり、その時期であればだれもが忙しくしていてもおかしい事ではありません。

しかし、別段繁忙期ではないというのに、まるで一人だけずっと繁忙期の只中にいるかのように忙しそうにしていたりします。その理由は、性格的な特徴の中でも挙げた優先順位の付けられなさが大きいと考えられます。

どの仕事がどの程度の重要度で、いつまでに終わらせなければならないかを最初から把握できていれば、力を入れるべき時も分かるものです。しかしそれが分かっていないために、常に忙しくしているという訳です。

要領が悪いことのメリット

要領が悪いというと、完全なる欠点というイメージが強いでしょう。「悪い」という言葉が入っているためにそれも仕方がない事かもしれませんが、実は要領が悪い事で発揮されるメリットというのもいくつかあるのです。

メリット①仕事は丁寧

まず1つ目のメリットは、仕事に丁寧に当たれるという事です。要領が悪いと、他の人が気にしないような細かい事も気にしてしまうので、生真面目な性格と周りから見られる事も多いです。

細かい事にばかり目が行って、スムーズに仕事を進められないのは確かに褒められたことではありません。しかし、それは裏を返してみれば1つ1つの仕事の細かい部分にまでしっかりと目を通し、丁寧に対処できるとも言い換えられます。

これは、仕事であっても趣味であってもそうで、何事においても手を抜かずに全力で取り組む姿勢は、周りから見れば好印象に映るでしょう。

メリット②上司からの好印象を得やすい

2つ目は、上司から良い印象を得やすい事です。先に述べた通り、要領が悪い事は決して褒められるものではないですが、しかし見方を変えれば1つ1つの物事に一生懸命に当たり、真面目に取り組む姿勢を貫いているとも言えます。

こうした姿勢は、仕事をしている以上必ず誰かが見ているものです。特に上司や先輩は部下である当人の事を監督しなければならない立場にありますので、懸命な姿勢を見せれば好印象を持たれやすいでしょう。

例え多少要領が他の人よりも悪かったとしても、コミュニケーションをしっかりと取る事が出来たり、会話をした際の印象が良かったりすれば、その分好感を持たれやすく、目上の人からも気にかけられる機会が多くなります。

メリット③精神的に鍛えられる

3つ目は、精神的に鍛えられる機会が多くある事です。やはり要領が悪いと、その分失敗をしてしまう可能性も高くなります。特徴の中でも述べた通り、優先順位がつけられずにいつも忙しく、だというのにしっかりとした結果を出せずに注意される事も珍しくはありません。

しかし、失敗というのは人を成長させる糧になります。要領が悪いせいで失敗をしたとしても、なぜ失敗に至ってしまったのか、その原因をしっかりと特定し反省する事が出来れば、その次には成長した自分になれるはずです。

何事もスムーズに運べる人には憧れるかもしれませんが、しかし一度も失敗をしたことが無い人と比べれば、失敗をしたという経験値では差があります。そうした多くの失敗が、自分を成長させてくれるでしょう。

要領が悪いことのデメリット

このように、悪い事ばかりという印象がある要領の悪さも、見方を変えればメリットが隠れている事が分かります。しかし、やはりデメリットも相応に抱えてしまっているために、それを押さえておかなければなりません。

デメリット①周囲をイライラさせる

1つ目のデメリットは、周りの人をイライラさせてしまう事です。要領が悪い人本人も、なぜこうも上手く事を運ばせられないのかと自分で思っているかもしれないですが、周りの人はそれと同等、もしくはそれ以上に不快な思いをしてしまっている可能性がとても高いです。

もし仕事で誰かがミスをしてしまったり、期限が決められている仕事がまだ終わっていないとなると、確実に周りに迷惑をかけることになります。失敗した分を周囲の人がカバーをしたりと、迷惑をかける事が多いからです。

当然ながら、その周りの人にも個々人が受け持っているタスクというものがあります。にもかかわらず、要領が悪く仕事が出来ていなければ他人の足を引っ張るのと同義であり、何度も続けばその分不快に思われてしまいます。

デメリット②ストレスがたまりやすい

2つ目に、ストレスを溜めやすい事が挙げられます。これは先に挙げたように周囲の人をイライラさせて、周りの人にストレスを与えてしまうというのもありますが、それ以上に当人がストレスを溜めやすくなります。

本人も要領が悪い事はある程度自覚しており、周りへの迷惑をかけてしまっているのは分かっている筈です。それを指摘されたり、注意されるといった事も、当人としては精神的に辛いものがあるでしょう。

そんな中でも、本人なりに「どうすれば要領を良くできるのか」と悩んでいるものです。どうにかして改善しようと行動を変えたりと取り組みはしているものの、中々成果が出ないとなればそれもストレスになってしまうでしょう。

デメリット③やる気がないと思われてしまう

同じミスを何回も繰り返してしまう人が、自分の周囲、特に一緒に仕事をする職場にいたらどう思うでしょうか?毎回同じミスばかりしているとなると、真剣に仕事に取り組んでいるのかをどうしても疑ってしまうところはあるものです。

この周りからやる気がないのではと思われるのも、要領の悪さからくるデメリットです。勿論、本人としては真剣にやっている筈です。しかし、スムーズに物事を進められず、同じミスばかりしていては、信頼度にも影響してきます。

注意しても指摘をしても、ミスを繰り返す人に対して、大きな仕事を任せようとは思いにくいです。こうした信頼の無さから、仕事において本人が成長しづらくなってしまうのも悪い影響です。

要領が良い人になるためにできること

要領が悪い事のメリットもあるにはあるものの、周りの人を不快にさせてしまったり、何より本人が辛いばかりなので、やはり改善は必要です。そこで、容量が良い人になる為にできる意識や行動の改善方法を解説しましょう。

自分の能力やキャパシティを理解する

まず、自分自身の能力、キャパシティがどの程度なのかを理解する事から始めましょう。日々取り組んでいる仕事、もしくは勉強でも同じことが言えますが、がむしゃらに頑張っていれば何とかなるだろう、と考えてはいませんか?

勿論、そうした取り組みも無駄とは言いません。しかし、そのままでは要領が悪いばかりです。例えば、パソコンが使えるとして、どこまで能力を発揮できるのか、具体的に何が出来るのかなどを把握してみましょう。

やるべきことを書き出す

2つ目は、自分がやるべきことを紙などに書き出す事です。様々なタスクを受け持っていると、何をすべきなのかこんがらがってしまうのもありがちな話です。それを防止するために、のーとなどにやる事を書いたり、付箋に書いて目に見える所に貼っておきましょう。

こうして仕事を書き出してみると、思ったよりもやるべき事がそこまで多くは無い事にも気が付くかもしれません。やる事、やり終わったことなどを把握する事で、自然と優先順位をつける能力も少しずつ身に付くでしょう。

余裕を持ったスケジュールを組む

3つ目に、余裕を持ったスケジュールを組んで物事に当たる事をお勧めします。自分の能力やキャパシティを把握出来たら、それをもとにしてどの程度の時間をかければ、今自分が持っている仕事を完成まで至らせられるのかを分析するのです。

行き当たりばったりで仕事をしていても、中々要領よく進める事はできません。まずは仕事をいつまでに終わらせなければならないのかの期日を確認して、そこまでの無理のないスケジュールを自分の能力と相談して決めると良いでしょう。

自分がどこに時間をかけているか分析する

スケジュールを組んで少し自分の仕事の仕方に慣れてきたら、次は自分がどこに時間をかけているのかを分析してみましょう。作業をする中で、どんなところに時間をかけていたのか、やりにくいと思った部分があれば、そこに改善の余地があります。苦手な部分を重点的に意識すれば、効率化が果たせます。

必要な時には周囲の協力をお願いする

そして、必要と思った時には周囲への協力の要請をためらいなく行いましょう。特徴の中でもあったように、要領が悪い原因の中には、人に頼るべき場面で不要なプライドが発揮され、一人ですべてを解決しようと抱え込む所為である事もあります。

いわば、良い意味での甘え上手になる事が大切という訳です。自分一人だけで完璧に済ませようとするのは、時として仕事の進行の邪魔になります。手伝える人を要請してみれば、意外にも多くの人が手を挙げてくれるでしょう。

要領が良い人の見習いたい特徴

このように、段階的に改善をしていく事で要領を良くしていく事は十分に可能ですし、誰にでも実践できる方法です。最後に、要領が良いと言われている人にはどんな特徴があるのか、見習いたい点について解説しましょう。

特徴①仕事をする前に優先順位を決めている

まず、仕事を始める前に優先順位を決めています。やはりこの優先順位を付けられるか付けられないかが、要領の良し悪しを少なからず左右していて、今何に真っ先に取り組むべきなのかを把握し、急ぎではない事については後回しにできます。

この優先度を素早く付ける能力が身についているために、大事なタスクを見極めて正しい順番で取り組めるのです。これを見習い、重要なタスクや期限が近いものを優先して取り組んでみる事をお勧めします。

特徴②逆算しながら行動している

周りから「要領が良い」「頭が回る」などとよく言われている人は、タイムスケジュール管理能力が優れています。すなわち、この期日までに何を終わらせなければならない事が分かっていて、その為に必要な準備など、目標に対しての逆算をしているのです。

すなわち、仕事の全体の流れを把握できるとも言い換える事が出来ます。まずはどこがゴール地点なのか、その目標を明確化し、それに対してやるべきことを細かく分析してみましょう。

特徴③どうすれば効率が上がるかを常に考えている

常に効率化させられないかを考えているのも、要領の良い人の特徴の1つです。効率化とはつまり、無駄な部分や不要に時間を割いてしまっている部分を排して、必要な所に必要なだけの労力を割ける状態にする事です。

無駄を減らす事が出来れば、当然ながらその分の時間的余裕が形成されますので、それを受け持つべき仕事に割り振ってより早く終わらせられるようにもなるでしょう。今一度、無駄に時間をかけてしまっていることが無いかを見直してみてください。

特徴④人に頼るのが上手

要領の良い人は、周りの人に頼る事もとても上手です。自分一人でやっていては効率が悪くなりそうな仕事も、周りの人にお願いしたり割り振ったりする事で、全体の仕事の効率化を果たしているのです。

大抵の場合、責任感ゆえか自分の任された仕事は自分だけで解決しようとしがちです。しかし、それでは全体の足を引っ張ってしまう事を客観的に分かっているために、上手に人を頼って無駄に時間を浪費するのを回避できているという訳です。

特徴⑤最初から完璧を求めない

最初から、完璧に物事を果たそうとは思っていない事も、要領の良い人が常に考えている事です。完璧に仕事が出来ればそれは一番の理想ではあるものの、実際問題100%完璧に仕事が出来たというケースはあまり無いでしょう。

そうした実情を、要領の良い人は最初から分かっています。自分一人で完璧に仕事を済ませようとするのではなく、周りに頼ったり、7割から8割終わったら一度上司に確認を求めるなどして、工夫を凝らしているのです。

要領が良い人の特徴を見習って成長していこう

失敗する経験を得られたり、真面目な印象を与えられたりと、要領が悪いのもデメリットばかりではありませんが、やはり理想的なのは要領良くできる人です。是非とも特徴を実践して、成長を続けていきましょう。

その他の関連記事はこちらから