記事作成日:

青汁を飲むタイミングはいつがベスト?効果を最大限引き出せる飲み方を解説!

健康食品の中でも代表的な存在となっている「青汁」ですが、実際に飲み続けていてもいまいち効果があるのかどうかわからない、より効果を上げることのできる飲み方があるのなら知りたい…という声も多く聞かれます。今回はそんな青汁の効果を最大限引き出す飲み方について解説していきますので参考にしてみてください。

青汁は飲むタイミングで効果や効能が変わる?

昔から愛され続けている健康食品の一つである「青汁」は非常に栄養価が高く、いつ飲んでも体には当然良い影響をもたらしてくれます。でも、より一層の効果や効能をピンポイントで得ることを望むのであれば、飲むタイミングを考え、調整していくことが必要となります。

自分はなぜ青汁を飲むのか、その一番の目的をはっきりさせ、それに合わせてタイミングを考えるというわけです。人それぞれで青汁を飲む目的が違うと、飲む効果的な時間も変わってきます。飲むタイミングが間違っていれば効果は薄くなり、せっかく飲んでいる青汁が無駄になってしまいかねません。

青汁の効果を高めるには?おすすめの飲むタイミング

では青汁の効果を一層高めるための飲むタイミングについて、目的別に分けて考えていきましょう。ここでは、主に3つの目的に合わせたおすすめのタイミングについて解説していきます。

飲むタイミング①野菜不足解消なら朝

慢性的な野菜不足を解消したいという願いで、野菜由来の豊富な栄養素を持つ青汁を飲むことにした方も多くおられます。この場合の飲むタイミングとして最も効果的なのはです。

意外に思われるかもしれませんが、夜寝ている間にも体はエネルギーを消費し続けています。そのため、朝目覚めるころには体はかなり消耗していて、エネルギーや栄養素の補給を必要としている状態となっています。このタイミングで青汁を飲むことで、体は青汁に含まれる栄養素をいつも以上に吸収しようと働くのです。

とはいっても、朝起きていきなり青汁をごくごくと勢いよく飲むと、胃腸に負担をかけてしまうことになります。まずはゆっくりと白湯などを飲み、胃腸をしっかりと目覚めさせてから青汁を飲むのが良いでしょう。

飲むタイミング②便秘解消なら朝食時か就寝前

青汁には食物繊維が豊富に含まれているため、便秘の解消にも大きな効果があります。この目的で青汁を飲む場合の効果的なタイミングとしては朝食時就寝前の時間帯がおすすめです。

セオリー通りの考え方でいくと、便秘解消のためには就寝前が最も良いことになるのですが、現実問題として、寝る前に青汁を飲むと腸が活発に動き出してしまい、それによって眠りにくくなってしまうという方も少なくないようです。そういった場合には、朝食時に青汁を飲むようにし、腸内環境を整えていくのが良いでしょう。

飲むタイミング③美容目的なら夕食時

青汁に含まれているミネラルやビタミンなどの豊富な栄養素ゆえに、美容目的で青汁を飲むことにしている方も多くおられますが、特にお肌への美容効果を得るための飲むタイミングとして最も効果的なのは夕食時となります。

日差しや乾燥など日中に様々なダメージを受けてしまった肌は、夜の睡眠時に回復していきます。この時の肌の再生には様々な栄養素が必要となるのですが、青汁を飲むことで得られる有効な成分が大きな役割を果たしてくれるというわけです。

それなら、夜寝る前に飲めばよいのではないか…と思われるかもしれませんが、先にも述べたように寝る前に飲むと腸が活発化して寝つきが悪くなる方が多いという点や、毎日忘れずに継続して飲んでいくことを考えた時にも、夕食時が最も良いタイミングだということになるのです。

ダイエット目的で青汁を飲むタイミングはいつ?

青汁はダイエットにも効果のある健康食品として広く知られていますが、この場合にもやはり飲むタイミングを間違えてしまうと思ったような効果が得られなくなってしまいます。ここからはダイエットのために最大限の効果を引き出してくれる、飲むタイミングについて解説していきます。

ダイエット効果を高めるのは食前

ダイエット効果を高めるための、青汁を飲むタイミングはズバリ食前です。食前に青汁を飲むようにすることで、その後食事をとった時の血糖値の上昇を抑えてくれる働きを期待できます。さらには食前に青汁を飲むことで満腹感も感じやすくなり、食べ過ぎの防止にもなります。

そしてもう一つの食前に飲む理由としては、食前に青汁を飲むことで偏ってしまいがちなダイエット中の栄養バランスを補い整えてくれるという点があります。栄養バランスが偏ってしまうと、体重は減ったとしても健康的な痩せ方にはならず、最悪の場合体調を崩してしまったり、リバウンドしてしまうという結果になりかねません。

無理なく健康的にダイエットを行っていくためにも、食前に青汁を飲む習慣をつけるのは非常に効果的と言えます。飲む量としては、コップ1杯程度がちょうど良いでしょう。

おやつ代わりに飲むのもおすすめ

普段のおやつの代わりに青汁を飲むのもダイエットにかなり効果があります。スムージーなどに青汁を混ぜて飲むのもおすすめの方法です。毎回ではなくても、時々カロリーの高いお菓子を青汁に置き換えて、より健康的な間食を心がけてみましょう。

また、おやつとの置き換えだけでなく、お菓子を食べる時に一緒に青汁を飲むようにすることでも、必要な栄養素を補うことができダイエット効果があります。特にビタミンB群やビタミンCは、食べたものをエネルギーに変換する時に必要な栄養素でもありますので、これらを青汁で補給することで効率の良い代謝を促していくことができます。

青汁を飲むことによるデメリットはある?

良いこと尽くめに見える青汁ですが、飲むことによるデメリットはあるのか、そんな疑問を持つ方も多くおられるようです。結論から言うとこの青汁、飲み方によってはデメリットとなってしまう場合があります。

青汁にはたくさんの食物繊維が含まれており、それは便秘解消に効果があるのですが、飲み過ぎてしまうと逆に便秘の原因となってしまう恐れがあります。食物繊維を過剰に摂りすぎることで便が膨らみやすくなってしまい、腸で便が詰まる原因となる危険性があるのです。

また別のデメリットとして、青汁によく使われている大麦若葉に多く含まれるシュウ酸という成分があるのですが、これが尿路結石の原因となり得るとも言われており、飲み過ぎには注意が必要なようです。これに関しての詳しいメカニズムは解明されていないようですが、いずれにしても適度な摂取をしていくことが大切です。

栄養効果の高い青汁のおすすめ3選

「青汁」といっても、多くのメーカーから様々な製品が販売されています。その中でも栄養効果の高いおすすめの青汁を3つ紹介していきます。是非、購入の参考にしてみてください。

おすすめ①ファンケル 1日分のケール青汁

ファンケル (FANCL) 1日分のケール青汁 30本セット (10g×30)

ファンケル (FANCL) 1日分のケール青汁 30本セット (10g×30)

4,752円(09/27 21:19時点)
Amazonの情報を掲載しています

化学農薬を一切使用せず、契約農家で大切に栽培された国内産のケールを使用した「ファンケル 1日分のケール青汁」です。1杯飲むだけで1日に必要な分の緑黄色野菜の栄養素を摂取することができます。さらっとしたのどごしで誰にでも飲みやすく仕上げられていてとても人気があります。

 

おすすめ②シオノギヘルスケア 明日葉青汁

明日葉を顆粒にした非常に飲みやすいシオノギヘルスケアの青汁です。この製品に使用されている明日葉はすべて国内産のもので、香料や着色料、保存料なども一切使用されておらず、安心して毎日続けていくことができます。顆粒なのでいろいろな飲み物に混ぜることができ、飽きずに続けていきやすいのも魅力です。

 

おすすめ③日本薬健 金の青汁 純国産大麦若葉

日本薬健 金の青汁 純国産大麦若葉100%粉末 14包

日本薬健 金の青汁 純国産大麦若葉100%粉末 14包

417円(09/27 21:19時点)
Amazonの情報を掲載しています

こちらもすべて国内産の原料だけで作られている日本薬健の金の青汁です。添加物なども不使用で、ビタミン・ミネラル・食物繊維等の栄養成分は豊富に含まれています。収穫してから24時間以内に加工するよう徹底されているため、鮮度の良い青汁を毎日楽しむことができます。

気になる味は抹茶風味に仕上げられていて、青汁に多く見られがちな青臭さが抑えられたすっきりした飲み心地となっています。価格も非常にリーズナブルなので、毎日続けていく点で経済的な面が少し気になっている方にもおすすめのアイテムです。

青汁を飲むタイミングを変えて効果を高めよう

健康の促進・野菜不足の解消・美容効果・ダイエット効果…様々な良い影響をもたらしてくれる人気の青汁ですが、せっかく飲むなら、狙った効果が出やすいタイミングを見計らって飲むことが大切なポイントとなります。

青汁を定期的に飲むことにした目的は何なのか考えて、それに合わせて飲み方や時間帯を調整していきましょう。そうすれば、毎日美味しく青汁を飲みながら健康で魅力的な体づくりをしていくことができるはずです。

その他の関連記事はこちらから