記事作成日:

薄毛治療に一番効果がある治療法とは?治療薬や最新の治療法まで徹底解説!

キャンペーンバナー

加齢とともに進行する薄毛症状は、放っておくことでどんどん改善に時間がかかってしまいます。しかし、どのような治療法が効果的なのかわからず、なかなかAGA治療に踏み出せない方も多いでしょう。そこで今回は、治療法の詳細や、医療機関の選択方法などについて詳しくご紹介しますので、参考にしてみてください。

薄毛になってしまうメカニズム

まず薄毛を引き起こす原因についてですが、主に遺伝によるもの、もしくは男性ホルモンの影響によるものだと言われています。後者については、男性ホルモンの一つであるテストステロンが頭皮に存在する5aリダクターゼと呼ばれる酵素と結合することによって、ジヒドロテストステロンを作り出します。

このジヒドロテストステロンという存在こそが、薄毛を引き起こす最大の要因なのです。ジヒドロテストステロンは、髪の成長に大きく関わる毛乳頭や毛母細胞にヘアサイクルを乱すよう働きかけてしまいます。そうすると髪がどんどん軟毛化し、成長が止まってしまうために薄毛が引き起こされるのです。

薄毛治療法の選び方

薄毛治療は、人によって進行度や体質、予算などが異なるため、一概にこの治療法が良いとは言い切れません。適した選び方について解説しますので、検討している方はぜひ参考にしてください。

治療法の選び方①AGAの進行度

まずは自身のAGA進行度をチェックし、どの程度のレベルまで来ているかによって、それに合った治療法を選びます。脱毛箇所があるわけではないが、少し薄くなってきたと感じるレベルであれば、進行を予防するための投薬治療から始めると良いでしょう。

よく見ると脱毛箇所があるが、産毛が生えていてごまかせているというレベルも、投薬治療による進行予防で様子を見ることをおすすめします。脱毛箇所が数か所に及んでおり、産毛は生えているが少し目立つという場合は、投薬治療に加えて注入治療も併用し、毛を増やしていくことを考えていきましょう。

脱毛箇所が目立ち、産毛も生えていない場合は毛根が死滅している状態であり、投薬や注入治療では改善されないため、自毛植毛を行い毛髪を再生させる必要があります。

治療法の選び方②持病や体質

AGA治療薬は、種類によって副作用の強いものがあったり、持病があると服用することのできない薬もあります。例えば、AGA治療で頻繁に使用されるミノキシジルは高血圧の治療にも使用されているため、他の高血圧治療薬を服用している方は使用することができません。

他にも、副作用によって勃起不全や射精障害を引き起こす薬もあるため、そういった治療薬はこれから妊活を予定している方や妊活中の方は使用しないほうが良いでしょう。心機能に持病のある方や、糖尿病の方なども受けることのできない治療法があります。

そのため、持病や自身の体質は必ず隅々までドクターや担当のスタッフに伝え、自分に合った治療法で改善していくことが必要不可欠なのです。

治療法の選び方③予算

AGA治療は保険の適用外となるため、通常の通院などとは金額が大きく変化します。また、治療を行う医療機関によっても価格が異なるため、事前にいくつか比較しながらチェックしておくことも大切です。

最近では始めから治療コースを組んでしまい、それ以上の金額がかからないようになっているクリニックなどもありますが、まとまった金額を支払わなければならないため、都度処方を希望する方も多いでしょう。1種類の投薬を希望する場合、相場としては1カ月当たり5000円~10000円程度となります。

しかし、数種類の投薬や治療を組み合わせる場合は、もちろんそれ以上の金額がかかってくるため、予算設定をしっかりしておくことが大切です。また、全ての金額を支払うことが難しい場合は、医療ローン制度を導入しているところもありますので、事前に調べておきましょう。

中には、ネットを利用して格安で治療薬を取り寄せる方もいますが、偽物だったり現物と違うものが送られてくる場合もありますので、必ず信頼できる医療機関を受診してください。前述しましたが、持病のある方や副作用の心配がある方も、必ずドクターの診察を受ける必要があります。

治療法の選び方④期間

どのくらいの期間で改善することを目標にしているのか、どのくらい時間が取れるのかということも重要となってきます。例えば、投薬治療でしたら即効性は高くないため、長期間の治療になります。しかし、その分費用を抑えることができます。

注入療法も併用して行う場合は、ある程度短期間で効果が得られるため、できるだけ早く改善したいという方にはおすすめですが、その分費用もかかります。費用面は特に気にしていなくて、それよりもあまり通院せずに早く改善したいという方は、自毛植毛がおすすめです。

 

薄毛治療の種類と効果

ここまではAGA治療を始めるにあたり、注意の必要がある投薬や金額についてご説明しました。続いてはAGA治療の種類やそれぞれの効果について詳しく解説していきます。

種類と効果①投薬治療

薄毛の進行度合いにも寄りますが、多くの場合AGAには投薬治療が推奨されます。他の治療法と併用することも可能なため、使用している方も非常に多いでしょう。初めてのAGA治療で、注入治療や自毛植毛などに抵抗があるという方にも、おすすめです。

効果としては、薄毛の進行を抑制したり、発毛や育毛を促す働きも期待できますが、薬の種類によって違いがありますので以下で詳しくご説明しましょう。

治療薬

AGAの投薬治療には、主に脱毛を防いで今の状態を維持するタイプのプロペシアやザガーロと、発毛や育毛効果のあるミノキシジルがあります。

プロペシアやザガーロには、薄毛の元凶とも言えるホルモン、ジヒドロテストステロンの働きを抑制する効果があるため、AGAの進行を抑えてくれます。しかし、発毛効果が期待できる薬ではないため、薄毛が気になってきたと思ったら、すぐに服用することが大切です。

ちなみにザガーロのほうが新しい薬であり、作用は似ていますが効果の高さはプロペシアよりも高いと言われています。つまり、プロペシアで効果が見られなかった方にはザガーロが処方されるといったイメージです。

ミノキシジルは、毛根への血流を増加させる作用があるため、発毛を促すことができます。ほとんどの薄毛に効果があるため、発毛治療の定番とも言える薬として広く認知されています。

ちなみに、発毛を促すミノキシジルとAGAを抑制するプロペシアもしくはザガーロを併用することで、より高い効果が得られるということもわかっています。

種類と効果②注入治療

注入治療とは、頭皮に直接成分を注入する治療法です。「グロースファクタ―再生療法」などとも呼ばれており、毛根細胞などを再生する働きのある成長因子(グロースファクタ―)を含んだ成分を使用します。基本的には投薬治療と併用することがほとんどで、投薬のみの治療より高い効果が期待できます。

種類と効果③自毛植毛

自毛植毛とは、自身の毛髪を毛根ごと採取し、AGAの箇所に移植するという方法です。移植に使用する毛根は、AGAの影響を受けにくいとされている後頭部から採取されることがほとんどです。移植をした毛髪は、もともと後頭部にあった性質のままで成長するため、正常な状態を維持することができます。

施術方法は主に、メスで皮膚の部分から切り取って移植するFUT法と、パンチで毛包を1株ずつくり抜いて移植するFUE法があります。それぞれメリットデメリットがあり、術後の経過も変わってくるため、AGAの状態に合った方法で行われます。

種類と効果④メソセラピー

前述した注入治療の一つで、数種類の成長因子をメインとした有効成分を頭皮に直接注入します。成長因子というのは、人間や動物の体内にあるタンパク質の総称であり、皮膚や筋肉、骨など様々な箇所に存在します。これらは、細胞の修復をしたり有効的な働きを促進する、非常に重要な役割を果たします。

しかし加齢とともに減少する傾向があり、急激に不足すると薄毛を招いたり、肌荒れを起こしたりなどの症状が出現します。そこで、この成長因子を治療によって補うことで、発毛を促し元気な毛髪が生えてくる効果が期待できます。

種類と効果⑤HARG療法

HARG療法も、上記のメソセラピーと同じく注入治療の一つですが、メソセラピーは数種類の成長因子を含むのに対して、HARG療法は150種類以上の成長因子を含んだ成分を注入します。つまり、効果の高さで言えばメソセラピーよりも高い効果が期待できます。

しかし、メソセラピーよりも高額になるということや、成長因子との相性が合わないと効果が十分に発揮されない可能性もあるため、慎重に選択する必要があります。

種類と効果⑥ヘアフィラー

ヘアフィラーはAGA治療の中でも最新の注入治療法であり、メソセラピーやHARG療法に使用される成長因子よりも安定的な効果が期待できると言われている、ペプチド化合物を含んでいます。

基本的な効果はメソセラピーやHARGと似ているため、最近ではAGAの進行度合いや状態などに合わせて、行われることの多い治療法です。また、内服薬が持病や副作用、他の治療との関係などで服用できない方にも推奨されているため、気になる方は担当のドクターに相談してみることをおすすめします。

薄毛治療はどこで受けられる?

薄毛治療は基本的に、通常の皮膚科、美容形成外科や美容皮膚科、AGA専門のクリニックで受けることができます。しかし通常の皮膚科の場合、投薬治療しか行えない場合や治療方法が選択できない場合が多いため、事前の下調べが必須です。

より治療の選択肢を増やしたい場合や、より詳しく説明を受けたい場合などは、美容形成外科や美容皮膚科、AGA専門クリニックがおすすめです。美容形成や美容皮膚科の場合は、AGA治療を行っているか事前にチェックしておくことも重要となります。

薄毛治療が受けられる機関の選び方

AGA治療は長期的に通う場合がほとんどであるため、医療機関の選択は非常に重要となります。通いやすい環境や、プライバシーへの配慮、スタッフの対応などをしっかり見極めながら慎重に選ぶことで、ストレスや不安を感じることなく治療に専念できるでしょう。

ここで、AGA治療を受ける上での医療機関の選び方について詳しく解説しますので、今後治療を検討している方はぜひ参考にしながら選んでみてください。

薄毛治療機関の選び方①治療実績

これはAGA治療だけでなく、他の治療を受ける際でも言えることですが、医療機関を受診する上で治療実績を確認しておくことは非常に重要です。特に開院したばかりのクリニックは実績が少ない場合が多かったり、情報もまだ十分でないため、慎重にチェックしておきましょう。

薄毛治療機関の選び方②医療機関であること

効果的なAGA治療を受けるためには、医療機関を受診するということが大前提となります。薄毛の改善や発毛促進などを謳った発毛サロン、エステなどもありますが、根本的な改善にはつながりません。AGA治療では、ホルモンや細胞に作用する薬の処方や治療が必要不可欠であり、それが可能なのは医療機関のみです。

薄毛治療機関の選び方③ストレスフリー

AGAは非常にデリケートな悩みであり、カウンセリングや受診している際の会話を他人に聞かれたくないという方は多いでしょう。そういったプライバシーの配慮が十分でない医療機関は、通院するたびにストレスを感じてしまうこともしばしばあります。

待合室やカウンセリングルームが個室であることや、クリニックの出入りをする際に隣のビルや、ビル内の接触を避けられる工夫がされているかなどといったことはチェックしておくと良いでしょう。

また、カウンセリングや診察時に他の患者の情報を例にして説明したり、カルテを一緒にしていて見えてしまうといった事例もあります。こういった医療機関は、プライバシーへの配慮が十分でないことが多いため、注意が必要です。

薄毛治療機関の選び方④カウンセリングの丁寧さ

カウンセリングや医師の診察を受ける際に、患者の現状や今後の治療法について、しっかりと丁寧な説明があるか、こちらが質問をした際に的確に回答してくれているかなどは、これから通院や治療を重ねる上で非常に重要なことです。

十分に理解しないまま治療を続けていくことは、自分自身にとっても大きな不安要素となるため、まずは無料カウンセリングなどを受け、丁寧に対応してくれているかチェックすることも大切です。

薄毛治療機関の選び方⑤医師やスタッフの印象

医療機関には主に、治療や診察を行う医師と、カウンセリングやその他サポートを行う看護師、または専門のスタッフ、そして予約や会計などの対応をする受付スタッフが常駐しています。こういった医師やスタッフが丁寧かつ誠実な対応をしてくれる医療機関を選びましょう。

話し方が威圧的だったり、こちらに選択する隙を与えず治療を強要するなどの対応があった場合は通院をおすすめできません。また、初回のカウンセリングを受けた際に、他クリニックの悪口や否定するような言葉を言ったり、高額な治療を勧めてくるような場合も、避けておいたほうが良いでしょう。

自分にぴったりな薄毛治療法を見つけよう!

薄毛治療を受ける上での治療方法や医療機関の選び方などについて、詳しくご紹介しました。AGAは進行度合いにもよりますが、長く向き合っていく必要のあるデリケートな悩みです。

最近では、カウンセリングを無料で行っているクリニックなどもたくさんあるため、まずは直接出向いてみることをおすすめします。そして経験豊富な医師やスタッフの説明を受けながら、最適な方法でAGAを改善していきましょう。

その他の関連記事はこちらから