エレガントな大人の万年筆!「ウォーターマン(WATERMAN)」のオススメの万年筆5選

ウォーターマン

http://freshapproach.uk.com/mx-v280033-mwj-qpiryoabwgmt/

メンズファッションの流れが英国に向いているようです。

これまでよりも少しゆったりとしたシルエットが注目され、スーツを着てネクタイを結ぶという紳士の嗜みも見直されているのだとか。

スーツを着る機会が増えると、合わせる小物にも気を遣います。時計や鞄などもそうですが、見落としがちなのが筆記具ではないでしょうか。

署名を求められた時に内ポケットから出てきたのが、プラスチックキャップのボールペンではバランス感覚を疑われます。

かと言って数多ある筆記具から何を選べばいいのか迷います。フランス生まれの『Waterman』はいかがでしょうか。

今回はそんなウォーターマン(WATERMAN)の万年筆の魅力とオススメ商品をご紹介します。

万年筆の『ウォーターマン(WATERMAN)』とは??

ウォーターマン(WATERMAN)について

関連画像

http://freshapproach.uk.com/mx-v280033-mwj-qpiryoabwgmt/

1883年に保険の勧誘員であったルイス・E・ウォーターマンが、毛細管現象を応用した構造のペン=万年筆を世界で初めて創りだました。つまり「ウォーターマン」の歴史とは、万年筆の歴史と同義語なのです。

発売初期から5年間の製造保証、14金のペン先、クリップ付きのキヤップ、カートリッジ インクの発明など、その後スタンダードとなる万年筆基準も「ウォーターマン」が作ったものです。フランス人らしい改革をもたらしたと言える事象です。

「ウォーターマン」の理念は、「優れた枝術と優れたデザインを融合させて、持つ人に表現する喜びを与える筆記具を提供すること」です。

それは単に「書くための道具」ではなく「表現する喜び」を与える筆記具ということ。その思いが結実し、時代や世代を越えた存在として世界中の人々に愛され続けています。

ウォーターマン(WATERMAN)の万年筆の特徴やこだわり

https://www.waterman.com/fr/content/8-la-marque

ペン先の特徴は、全体的に『硬め』に出来ています。ペン先の質感が肉厚でしっかりとしているので、筆圧の強い方に向いているようです。

フランスの職人が手掛けるデザイン・カラーリングも評価されるポイントです。モデルによって古典的なもの、現代的でスタイリッシュなものまで。しかし伝統にそったおくゆかしさ、ユーモアを備えています。

ウォーターマン(WATERMAN)の万年筆の書き味は?

https://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20150929/1066794/?SS=expand-life&FD=993747041

書き心地について、個人差があるので一概には言えません。しかし硬い印象はあるいものの、その個性が気に入った、書き心地がいいという意見が多く寄せられています。

機種によってペン先の素材も違うので、様々試してお気に入りを把握する事をお勧めします。

末永く使える万年筆として購入しました。インクの補充も比較的楽に行えます。書き味はやや硬いですが、書きやすい万年筆です。満足しておりあす。
Amazon

ペン先はステンレスですので高級素材とは言わないと思いますが、書きやすい上質な万年筆だと思いました。
Amazon

ウォーターマン(WATERMAN)の万年筆の相場は?

ウォーターマン 万年筆 F 細字 メトロポリタン エッセンシャル ブラックGT S2259112 両用式


価格:¥5,546

Amazonでは上記商品が最も安値で掲載されています。一方最も高価な商品は70万円以上!ボディやペン先など特別仕様の商品です。代表的なシリーズ(メトロポリタン・カレン・エキスパート)は1万円~3万円の範囲で購入可能です。

ウォーターマン(WATERMAN)の万年筆はこんな人にオススメ

ウォーターマン 万年筆 メトロポリタン エッセンシャル パープルCT

https://www.pen-house.net/detail/detail24904_008.html

人生初めての万年筆として推奨するお店があるほどです。文字を書く機会が減っている世代のうちにウォータンに触れることで、筆記具の楽しさ、文字を書くという意味を習慣づけることが出来ると思います。

また責任ある世代であれば、廉価な筆記具との使い分けが必要な場面があるはず。そういう時こそウォーターマンが必要になります。

ウォーターマン(WATERMAN)の万年筆の評判・口コミ

中学受験合格祝いの贈答用に購入。自分用にも同じものを買いました。上記にもありましたが細め、小さめです。ワイシャツの胸ポケットに差しても重さ、大きさを感じさせません。店頭で新中学生が使う旨を話したところ、これを勧められました。ペン先はなめらかで書きやすく、線の太さはボールペンでいえば0.7mmくらいです。
Amazon

ウォーターマン(WATERMAN)の万年筆の評判は?

「ウォーターマン 万年筆 」の画像検索結果

http://www.a-pen.com/waterman.html

ウォーターマンは世代を超えて、また世界中で愛されています。数十年にわたるウォーターマンの愛用者がいるということは、高い評価の裏付けではないでしょうか。

文字を書くという機会が減っている中で、万年筆ならではの筆致を再認識する時期が来ていると感じています。

ミステリアスブルーのカートリッジインク1本とコンバーターが付いてました。「付属品 セットリフィール」と書かれているのが相当するのでしょうか?
サンプル画像に写っている箱に入って届きますので、プレゼント用にも使えるかと思います。
ウォーターマンは、Kultur も持っていますが、どれも書き味がとても滑らかです。
Amazon

久しぶりの万年筆です。ペン先の滑りがよくとてもかきやすいです。
Amazon

ウォーターマンを使い続けて30年あまりになりますが、今まで問題は無く、例えばキャップが甘く持ち運べないペンとかはありましたが使い心地に問題はありませんでした。このペンも書き味はウォーターマンですが、キャップがカチッとしまり、軽いので持ち運び(背広に刺しておく等)にとても便利です。普段使いにとても重宝しています。
Amazon

『ウォーターマン(WATERMAN)』でオススメの万年筆5選

ウォーターマン 万年筆 M 中字 メトロポリタン エッセンシャル ホワイトCT S2259133


価格 :¥7,605(参考価格:¥12,960)
特徴:ウォーターマンの中でもスマートなフォルムのメトロポリタンはビジネスや生活のシーンで存在感を示してくれます。光沢あるボディ、カラーバリエーションも豊富なのでご自身ようだけでなく、贈り物としても喜ばれます。

評判・口コミ

書き味も良く、デザイン、色も良く、適度な重みもあって満足です。
日本橋丸善で試し書きをして、そのスムースな書き心地に購入してみました。
でも、自宅で落ち着いて使ってみると、ちょっと細身なのと、ツルツルしていて滑りやすい感じなので、持った時の安定感がマイナス1ポイントとしました。
万年筆選びは難しいです。
Amazon

ロフトで見て、色のブルーが非常に気に入り、早速Amazonで検索。すると、残り1本だったので、即購入しました。
今回は初めて海外製万年筆でMを購入しました。色々な万年筆のレビューを見ましたが、海外製のMはやはり、日本製のBに近いかと思います。
でも、自分は太字が好きなので、非常に気に入ってます。買ってよかった商品です。
Amazon

ウォーターマン 万年筆 M 中字 エキスパート プレシャスBT S0963300AS

 


価格 :¥16,000(参考価格:¥27,000)
特徴:エキスパートの、丸みのある美しいフォルムはビジネスシーンを豊かにしてくれます。高級素材を使っているのでやや高価ですが、上品な大人の雰囲気は格別です。書き味にも定評があり、実用に向いた逸品です。

評判・口コミ

万年筆は、エイジング勝負だと思いますが、このペンは、最初からいきなり書きやすいです。
デザインも良いが、その点が、とても気に入りました。
Amazon

初めて万年筆を買いました。書きやすくて見た目も格好良いため大変気に入っています。
Amazon

ウォーターマン 万年筆 F 細字 カレン ブルーST 1904572AS 


価格 :¥29,808(参考価格:¥43,200)
特徴:ペン先デザインに独創性があります。船の舳先がイメージされていて、ウォーターマンのフラッグシップモデルです。フランスならではのエスプリを感じる、パリジャンのボディラインなど、書き心地だけでなく持った時のフィット感にヤラれます。

評判・口コミ

パーカーのインジェニュティを使ってましたが、芯が1カ月ほどできれて替芯の費用もバカにならないため、前から気になっていたウォーターマンのカレンに変えました。改めて万年筆の良さを実感しています。ウォーターマンは初めてですが、インクもかすれることなくスムーズにに書けるので、とても気に入っています。
そしてフォルムの美しさは際立ってますね。購入してしばらく経ちますが、今でも見惚れてしまいます。
Amazon

以前使っていた同じ型の万年筆がなくなってしまい、新たに購入することにしました。もう15年来使用している1本でしたので、同じ型を探していました。書き味については独特の硬さがあり、鉄ペンで書いているような感覚です。他の万年筆の柔らかい感じとは真逆に位置する使用感ですが、カリカリと書き刻む感じでの書き味を気に入っています。
Amazon

ウォーターマン 万年筆 F 細字 チャールストン エボニーブラックGT S2233112


価格 :¥18,995(参考価格:¥32,400)
特徴:新聞記者などベテランジャーナリストが持っていそうな万年筆です。寡黙ながら秘めた意思を感じるフォルムです。適度に重量感があるので、筆圧をかけずとも滑らかに筆が進みます。手入れをし、次の世代にも受け継いでほしいと思わせてくれる1本です。

評判・口コミ

ペリカンやモンブランに比べてウォーターマンは地味な印象があります。このペンは初めて買った金ペンです。他のペンを使っていても戻ってきてしまいます。確実にインクの出る信頼性があります。最初はキャップをはめて使っていましたが、最近は着けずに使っています。
Amazon

私が万年筆を使い始めたのが、WATERMANの商品で、これまでずっとWATERMANの万年筆を愛用しています。
気分を変えようと思い、本商品を購入しました。
このチャールストンはWATERMANの中でも落ち着いた色・形と思います。
ビジネスにも普段使いにも対応できる万年筆ではないでしょうか。
スーツのポケットからサッと取り出すと、カッコいいですよ。
Amazon

ウォーターマン 万年筆 F 細字 パースペクティブ ブラックGT S2236102


価格 :¥16,000(参考価格:¥24,840)
特徴:クラシックな街並みを想像させるてくれる、深みのある美しさを備えたパースペクティブは男女問わず大人の筆記具と言えそうです。男性ならスーツの内側に忍ばせ、女性ならばバーキンの中から取り出す。ステータスを感じさせてくれる筆記具です。

評判・口コミ

最近万年筆の沼にハマり始めまして、ついつい色々万年筆を購入してしまっています。。。
ウォーターマンのこの商品もその中の一つなのですが、開けた瞬間感動しました。
か、かっけええええ!( ゚Д゚)
重量感はそこそこあります。手にしっくりくる。
書き味についてはまだ書いていないので、わかりませんが、持った感触、見た目
ともに満点です。
これがポケットに入ってたりしたら様になるなあー。
Amazon

ふと、万年筆を使ってみようかと思い立ち、色々調べているうちに「こんなに面白いものか」と嵌りつつあります。

最初に買ったのは、ペリカンスーベーレーンM600のEF(極細)。それにペリカンのブルーブラックインクを入れて使っていましたが、どうもヌラヌラ感まで感じず、もっと良いものがあるのではないかと思って購入したのがこのWATERMANパースペクティブ。

もともと外観重視なので、スーベレーンにはない洗練された真っ直ぐのフォルムと、ペン先含めた色の華やかさに魅せられました。

さっそく届いて、今度はモンブランのロイヤルブルーを入れてみました。もう最初から感動ものです。ヌラヌラ、スルスル。こんな書きやすい筆記用具は初めてです。

インクの種類やEFとFの違いなど、変動要因はいろいろありますが、相性なんでしょうかね、すごくしっくりきます。これは良い買い物でした。大事に使っていきます。
Amazon

ウォーターマン(WATERMAN)の万年筆が修理できる場所は?

「ウォーターマン 売り場」の画像検索結果

https://www.jr-takashimaya.co.jp/blog3/archives/18803

全国の有名文具店、百貨店文具売場、生活雑貨店などの正規代理店で修理及び各種相談が可能です。詳しくは公式サイトからお近くの代理店が検索できます。

店舗を検索:https://www.waterman.com/ja/stores

ウォーターマン(WATERMAN)の万年筆のインクの入れ方について

カートリッジインク挿入方法について、公式サイトでは以下の手順をお知らせしています。

①カートリッジインクをボディに挿入します。
②カートリッジインクが収まるまで軽く押してください。
③しばらくするとインクがペン先部分に流れ込みます。ボディ元通りにします。
④ペン先にインクが達したことを確認してから使用します。

 

ウォーターマン(WATERMAN)の万年筆のコンバーターについて

専用のコンバーターを使用することで、スポイト式の要領でお好みのインクが楽しめます。公式サイトでは以下の手順をおしらせしています。※一部適合しない機種もあるのでご注意ください。

①コンバーターをまっすぐボディに差し込みます。
②差し込んだコンバーターのハンドルを回して、ピストン軸を下までおろします。
③別途用意したボトルインクにペン先を、完全に浸します。
④ピストン軸を回転させ、インクを吸い上げます。
⑤先程とは逆向きにピストン軸を回し、3滴ほどインクを出します。
⑥ピストン軸を元の上の位置まで戻します。※コンバーターに少し空気を入れます。
⑦ボディを元通りにし、ペン先の余分なインクを柔らかい紙などで拭き取ります。
⑧ペン先にインクが達したことを確認してから使用します。

ウォーターマン(WATERMAN)の万年筆が買える場所

ウォーターマン(WATERMAN)の万年筆が買える店舗

https://www.waterman.com/ja/stores

国の有名文具店、百貨店文具売場、生活雑貨店などの正規代理店で購入及び各種相談が可能です。詳しくは公式サイトからお近くの代理店が検索できます。

店舗を検索:https://www.waterman.com/ja/stores

ウォーターマン(WATERMAN)の万年筆が買える通販ショップ

https://gladd.jp/members/sale/view/46530/?pcode=PCSEMG&utm_source=google&utm_medium=sem&utm_campaign=sem_gs02_sale&utm_term=46530&utm_content=sale_txt46530_lp_catalog&gclid=CjwKCAiA9efgBRAYEiwAUT-jtAn9S7DIHY5eZncMyFL5nHEuXIjBQ7zyLJDzWz4b0tiplCDVaS9vQRoCc0cQAvD_BwE

  •  GLADD(グラッド):5000以上の有名ブランドをパートナーに持つ、通販サイト。最大90%OFFなどの特典あり。
  • 世界の筆記具 PenHouse:筆記具・文房具などを取りそろえた総合通販サイト。
  • Loft公式通販サイト:総合生活雑貨・文房具を取り扱う。

その他にも、楽天Amazonなどでも購入できます。

長く使いたい筆記具

https://ameblo.jp/eurodeco/entry-10000458969.html

書くという目的を果たすだけであれば廉価なもので用は足ります。そして便利、書き味も申し分ありません。時計も同じです。時を知るということで読めればスマートフォンがあります。

時計には”一生もの”というステータスが与えられるのに、筆記具にはそうした意識が芽生えません。

思いがこもった文字は筆跡となり、人に伝わります。ワープロソフトで打った文字よりも、直筆の文字のほうが印象に残るという経験は誰にでもあるはずです。

ならば、思いを伝えやすい筆記具を備えておくのは大人の嗜みというもの。そうした思いが芽生えたら、長く付き合える筆記具を手に入れる時期だと思います。

オススメの関連記事はこちら

https://blog.goo.ne.jp/penandmessage/e/da90a043bbe3943a88eeca7d01e9eefa ...
https://www.hankyu-hanshin-dept.co.jp/lsnews/05/a02/00158381/?catCode=60...
https://store.shopping.yahoo.co.jp/i-penstar/ppeli031.html メモをとったり、アイ...
www.pinterest.jp 高級ボールペンといえば、イギリスの「PARKER(パーカー)」、ドイツの「Montblanc(モンブラン...
www.amazon.co.jp 贈り物の定番として、万年筆とともに人気の高級ボールペン。各メディアの特集でもよく紹介されますね。 そこ...