2018/07/24

ワンランク上の装いに!おすすめの「コードバン」の靴をご紹介

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/284852745165815253/

メンズのシューズの代表的存在といえばやはり革靴。ビジネスシーンはもちろんのこと、カジュアルやフォーマルなどさまざまなシーンで活躍するメンズシューズです。

革靴ではコードバン、カウハイド、スエードが三大レザーとして有名。そんな中でもコードバンレザーを使用した革靴がおしゃれな男性を中心に今注目を集めています。

コードバンという名前は耳にしたことはあるが、どんなものなのかイマイチわからないという人も多いのではないでしょうか。

今回は大人の男性におすすめしたいコードバンの靴について詳しくご紹介したいと思います。ぜひ参考にしてください。

コードバンの靴について解説

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/284852745165807570/

コードバンとは?コードバンっていいの?

コードバンとは、馬のお尻の皮のことを指します。一頭からわずかな量しか取れず、非常に希少な皮として高級レザーアイテムに使用されることが多い皮革です。

輝かしい上品な光沢感がコードバンの最大の魅力。この美しいコードバンを生み出すのには、多くの時間と手間をかけているのです。わずか2mmほどのコードバンを削り出す作業は、熟練した技を持つ職人にしかできないと言われています。その削り出し作業が特徴的なことから、革のダイヤモンドと呼ばれるほど。このことからもいかにコードバンが貴重なものなのか伺い知ることができます。

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/125326802114044897/

コードバンは他のレザーと比べて上品な雰囲気が特徴です。比較されることの多いブライドルレザーのように、使い込むことで味が出るといったレザーではなく、新品そのままの上品な光沢感をキープし続けられるというところに良さがあります。

世界的に有名な高級ブランドも多く使用しているコードバン。大人の装いにぴったりのレザーだと言えます。

コードバンの靴の手入れ方法

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/781656079048454338/

コードバンの靴のは長く愛用し続けられることでも知られていますよね。そんな一生モノとも言えるコードバンの靴。しっかりと正しいお手入れを行なって、美しく履き続けたいものです。

こちらではコードバンの手入れについてお話しします。履くたびに行ってほしいお手入れと、定期的に行ってほしいお手入れを見ていきましょう。

履くたびに行う手入れ

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/125326802109747864/

帰宅して脱いだら少しの間放置します。中にこもっていた湿気を逃がすためです。

その後シューキーパーを入れ、靴全体をブラッシングします。その時に使用するブラシはやわらかさとハリ感を併せ持った馬毛のブラシがおすすめです。

日々のケアはこれで終了。わずかな作業ですが、これをしっかりと行うことでコードバンの靴を長く履き続けることができます。

定期的に行う手入れ

この定期ケアの頻度は人によって異なりますが、やり過ぎてしまってもよくありません。目安としては、5回〜7回ほど履いたら行うのがおすすめです。

まずステインリムーバーを使用し、革に残っている付着している汚れや、前回塗ったクリームなどを落とします。お化粧で言うところのクレンジングにあたりますね。

次にスッピンになった靴に栄養を与えるためクリームを塗ります。小ぶりなブラシか布などで少量ずつ塗り広げていくイメージです。履きジワやコバ部分も忘れずに塗布しましょう。細かいところは指で塗るのもおすすめです。

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/626281891903453817/

次のステップはブラシがけ。ブラシをかけながら磨き、余分なクリームを取っていくことが目的です。縁を描くようにクルクルとブラシをかけていくと、美しい光沢感が生まれるのでおすすめ。

他の皮の場合はここで豚毛のブラシを使用することが多いのですが、傷などに弱く、繊細なコードバンはやわらかい馬毛のブラシを使用するのが一般的です。