2019/03/01

【保存版】香水デビューしよう!香水初心者のための香水の種類辞典

「香水」ときいて、どんなイメージがあるでしょうか。女性がつけるもの?高価なブラン  ドものを持てる大人の男性だけのオシャレ?

実は、ジーンズの似合う若い男性から、スーツの似合うシックな大人まで、あらゆる年齢向けに、様々な香水があります。最近では性別を超えたユニセックスで楽しめる香水もあります。気分をアップしたり、落ち着かせたり、香りはあなたの日常をそっと包んでくれます。ここでは、香水について、基礎の知識をご紹介します。

もくじ

・香水にもいろいろな種類があります

・香水の付け方 種類別

・香りの系統

・香り別 おすすめの香水

 

「香水」にもいろいろな種類があります

448fe9d1a0e1771ecd74e23c283e15e7_s

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/117542?title=%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%AB

香水は、日本では化粧品のひとつとしての「香水」という呼び名しかありません。

しかしフランスでは、パルファンやオードトワレ、オーデコロンなどと呼び分けられてい  ます。どんな違いがあるのでしょうか?

種類濃度(*1)持続時間(*2)特徴
Parfum (P)オーデパルファン15~30%5~12時間少量で強く香ります。どのメーカーでも「パルファン」は最上級の香水で、グレードの高い原料を使用したりするようです。価格も一番高価です。
Eau de Parfum (EDP)オーデパルファン10~15%5~12時間パルファンより少しだけ薄く、価格も抑えてあります。
Eau de Toilette (EDT)オーデトワレ 5~10% 2~5時間数時間、ほんのり香り続けます。毎日気軽につけることができる香水です。
Eau de Cologne (EDC)オーデコロン 1~5% 1~2時間薄くライトに香ります。多めにつけても嫌みなく使えます。

(*1)エタノール濃度(賦香率) (*2)目安

「オーデ」とは?

「オーデ」(Eau  de)はフランス語で「水の」(Water  of)という意味です。香水の原料は、エタノール、水、そして香料です。香水ができたころは「オーデ○○」(○○の水)と呼    んでいたのがその由来です。

たとえば、オーデコロンの本来の意味は「ケルンの水」です。ナポレオン時代、ドイツの   ケルン(コローニュ)で売り出された薄目の香水がその起源です。またオードトワレは「化    粧室の水」または「お化粧のとき使う水」くらいの起源で始まった言い方でしょう。  また、「水」の意味ですから、濃度がやや薄いことを意味します。「オードパルファン」   が「パルファン」より濃度が低いのです。

 

種類別!香水のつけ方

b5a44233d260e3ca3446ebdfa38321e2_s

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/13362?title=%E9%A6%99%E6%B0%B4%E3%82%92%E3%81%8B%E3%81%91%E3%82%8B%E7%94%B7%E6%80%A7

付け方のイメージとして、パルファムは「点」、オーデコロンは「面」につけます。その中間のトワレやオードパルファムは「線」でつけましょう。また、香りをたたせるために  は温度が高い肌部分がおすすめです。髪にさりげなく香らせるのも、おしゃれですよ。

Eau(P) パルファン

少量で強く長く香るので、ほんの少しをお出かけの前に。 耳の後ろや手首にさりげなくつけるのが、エレガントでおすすめです。逆に、香りがきついと、エチケット違反です。つけすぎないよう、注意が必要です。つけるときは「点」を意識して、一滴をお肌にたらしましょう。

Eau de Parfum(EDP) オーデパルファン

パルファンよりはライトですが、付け方は同じです。さりげなく、控えめに。少し細く延ばして「線」になるようにつけるのが、おすすめです。

Eau de Toilette(EDT) オーデトワレ

こちらはスプレータイプが多いですが、やはり「線」を意識するといいでしょう。

Eau de Cologne(EDC) オーデコロン

濃度が薄くライトですから、「面」にまとめてつけても大丈夫です。シャワーのように  シュシュ、と吹き付けて、気軽に楽しみましょう。

 

香水の「香りの系統」

6c0df2b8c8bd3033496379c5ff0927e7_s

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1032749?title=%E9%BB%84%E8%89%B2%E3%81%84%E3%83%90%E3%83%A9

香水の香りには、おおきく分けて以下のタイプがあります。

シトラス系香水

レモン、オレンジ、ベルガモット、マンダリンなど柑橘系の香りです。柑橘系は、香りが   早く飛んでしまうため、ライトに香らせたいときに便利です。爽やかでアクティブな印象  です。

シングルフローラル系香水

ある一種類の花をイメージさせる香調です。

フローラルブーケ系香水

その名のとおり、ブーケの香りを連想させる香りで、数種類の花を連想させます。

フローラルアルデハイディック系香水

フローラル系で、アルデハイド系合成香料を含みます。神秘的なイメージです。

オリエンタル系香水

東洋的でエキゾチックなイメージです。日本やアジアより、アラビアなどの中東的なイメージです。インドのお香に使われるアンバーやムスクなどの動物性香料やウッディ系香  料が多く、落ち着いてセクシーで神秘的なイメージです。

グリーン系香水

植物の葉や茎を折った時の青い草の香り、ハーブのイメージも含みます。ナチュラル系と  も言われ、性別を超えてユニセックスで利用できる香りです。

シプレー系香水

コティ社『シプレー』の香りがモデルです。樫の木にに生える苔の一種「オークモス」をベースに、ベルガモットなどをミックスしてあります。フォーマルなシチュエーションに最適です。

フゼア系香水

シプレー系と似ていますが、やや男性向きの落ち着いた香調です。フォーマルなシチュエーションに似合います。

 

香り別におすすめ香水を一挙ご紹介!

6860bfe0d5ef06dcf0f8c24a23e3e354_s出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/385596?title=%E3%81%8A%E5%9C%9F%E7%94%A3

それぞれの香りの系統別の、おすすめの香水をご紹介します。気になった香りの系統別に

香り別オススメ香水〜シトラス系〜

『カルバンクライン CK ONE(シーケーワン)』

日本人男性で香水初挑戦なら、この一本といえます。

▼カルバンクラインには他にもオススメの香水が!

https://www.pinterest.jp/pin/469922542349958139/世界的に有名なファッションブランドカ...

 

『4711 オーデコロン』

誰からも愛されるロングセラーです。髪にも肌にも、手軽につけられます。200年間、独自の製法を守り続け、現在も香料は天然の植物素材だけで作っているオーデコロンです。

 

『エルメス オー ドゥ ネロリ ドレ』

ネロリはオレンジの花から抽出されるエッセンスです。調香では通常ごくわずかな量しか使わないネロリをこれまでにないほどふんだんに使った、爽やかな香りの新商品です。

▼「ネロリ」についてもっと知りたい

https://www.pinterest.jp/pin/609393393302996602/ アロマテラピーと香水でよく使われているネロリ...

 

香り別オススメ香水〜シングルフローラル系〜

『ディオール ディオリッシモ』(女性向けの香水)

幸運と成功の花、スズランの香りです。愛らしさ、気品、優雅さ。いつの時代でも変わらない、可憐で清楚な女性らしい香りです。

 

香り別オススメ香水〜フローラルブーケ系〜

『 ジャパントゥ ジョイ』 (女性向けの香水)

1930年発表、途中リニューアルされ、香水の聖地グラースの最高級のジャスミンとローズエッセンスを使った高品位のクラシカルな香りです。「幸せに包まれる香り」と多くの女性に愛され続けています。どんなシーンでも使えるやさしい香りです。

 

『ニナリッチ レール・デュ・タン』 (女性向けの香水)

1948年発売のロングセラーです。幸せを運ぶ2羽の鳩をあしらったボトルキャップが優しくもゴージャスです。落ち着いたシックな花の香りで、大人の女性に好まれています。

 

香り別オススメ香水〜フローラルアルデハイディック系〜

『ランバン アルページュ』 (女性向けの香水)

ほのかで嫌みのない、甘やかな香りです。かわいいボトルが女性に人気で、ルームフレグランスとして使っている方も多いようです。

 

『シャネル5番』(女性向けの香水)

「シャネルのNo.5を5滴つけて眠っているわ」この マリリン・モンローの名言で一躍有名になった香水で、ココ・シャネルが初めて手掛けた香水です。当時、香水は貴族のフローラル系か夜のお仕事の動物系の香りしかありませんでしたが、シャネルは「普通の女性がつけられる香水」として、この5番を作り、香水の歴史を変えました。女性の永遠の憧れともいえるこの一本、もし男性からプレゼントされたら、どんな女性でも素敵な女性  と正面から讃美された気分になることでしょう。

 

香り別オススメ香水〜オリエンタル系〜

『イヴ・サンローラン オピウム』

イヴ・サンローランのイメージする東洋のエキゾティックな香りです。妖しく官能的でありながら、スパイシーな香りが挑発的、そしてマンダリンの爽やかさにジャスミンが香ります。

 

『ニコス スカルプチャーオム』

キツくない甘さがあり爽やか、とりあえず何買おうか迷っている男性にオススメ。上品な香りで、長い時間保ちますから、エコです。

 

『アランドロン サムライ』

安定のさわやかさ。時間が経つにつれ、爽やかな香りになります。誰からも好感の持たれる良い香りで、女性ウケがいいとの評判も高い一品で、リピーターの多い香水です。

▼サムライの香水がなぜ人々に支持されるのか?魅力に迫る!

メンズで人気のサムライの魅力 サムライは、フランスの俳優アランドロンが、日本の侍をテーマにして作った香水です。 イメージカラーでもあるブルー...

『シャネル エゴイスト』

ひとりの贅沢な時間を過ごしたい、自立し少しがままに過したい。そんな時、この香りが、自由な気持ちを後押ししてくれます。

▼エゴイストだけじゃない!?シャネルのおすすめメンズ香水

1910年、パリに「シャネル・モード」という帽子の専門店をオープンしたのが、ハイブランドであるシャネルの始まりです。その後の1921年には、今も...

 

香り別オススメ香水〜グリーン系〜

『シャネル19番』(女性向けの香水)

ココ・シャネルの誕生日(8/19)にちなんで命名されました。水のような純粋で清潔なイメージです。明るく若々しく、快活な女性に似合うフローラルグリーンの代表作です。ネロリ、バラ、アイリスの花に、繊細でウッディなべチバーをブレンドしています。

『ピエールバルマン ヴァンベール』(女性へのプレゼントにもオススメの香水)

グリーン香水の原型とも呼べる香り。緑の風を身に纏う、カジュアルにもスタイリッシュ   なファッションにも相応しい香水です。ユニセックスな香りで、男性がつければナチュラルでピュアで爽やかな印象で好感度高く、また女性へのプレゼントにも最適です。

 

『ラルフローレン ポロスポーツ』

しゃきっとして、すがすがしく、若々しい香り。特に、夏にはこれをつけるだけで、気持ちよく過せると、ロングセラーの香水です。

 

『ラルフローレン ロマンスメン』(女性へのプレゼントにも)

爽やかなグリーン系のなかでも、個性的な香りです。 ピスタチオ、カルダモン、チャイニーズジンジャーなどスパイスの深み、セロリ、バジルなどのスッキリとしたグリーン、豊かなウッドやムスクの甘さ。これらを絶妙にブレンドしてあります。男性用ですが、女  性にもお勧めできるので、プレゼントにも喜ばれます。

 

香り別オススメ香水〜シプレー系〜

『ゲラン ミツコ』(大人の女性向けの香水)

クロード・ファレールの小説、「ラ・バタイユ」に登場する控えめながら芯の強さと情熱   を秘めた日本女性のヒロイン、“ミツコ”をイメージした香りです。調香師は才能あふれるジャック・ゲラン。ミステリアスで個性的、控えめでいながら凛とした、気品に満ちた神   秘的な香りです。素敵な大人の女性にプレゼントしたら、とても喜ばれることでしょう。

 

『グッチ ラッシュ2』(かわいらしい女性向けの香水)

優しい甘さが大好き!と学生時代から長年愛用している女性も多い、人気の高い香水です。これを男性にプレゼントされたら、女の子の気持ちがわかる人、と嬉しく感じる女の  子らしい香りです。

 

『ラルフローレン ポロ』

飽きのこない、知性的な、大人の男性の香りです。男のダンディズムを求める人に最適です。

 

香り別オススメ香水〜フゼア系〜

『シャネル エゴイストプラチナム』

ガクト様も愛用の、大人らしくてセクシーな香り。上級者向きの一本です。  現在の三大調香師の一人、シャネル専属ジャック・ポルジュの作品です。

エゴイストのコンセプトを受け継ぎ、使いやすくレンジの広い香りに仕上がっています。トップ;プチグレイン、ラベンダー、ローズマリーなど。

ミドル:クラリセージ、バーボン・ゼラニウム、ガルバナムなど。 ラスト:シダー、ベチバー、ラブダナムなど。

メンズですが、女性からの支持も高いので、プレゼントにもおすすめです。

 

あなたの香りで、日々を演出しましょう

いかがでしたか。香水は、かなりバリエーションに富んでいて、意外に感じた人も多いのではないでしょうか。ぜひ、あなたのチョイスで香水を上手に楽しみ、毎日をワンランクアップしてみて下さい。

 

▼あわせて読みたいおすすめ記事!

男性もおしゃれの一環で身につける機会が増えてきた香水。いざ香水を新たに購入しようと選ぶ際に、どんな香り・どの香水にするべきか悩みますよね...