2018/07/24

定番として降臨し続けながら今もなお進化するtrussardi(トラサルディ)の香水をご紹介!

trussardi(トラサルディ)は1911年に、ダンテ・トラサルディがイタリアのベルガモで創業したイタリア発のファッションブランドです。当初は高級革製手袋メーカーでしたが、品質の高さやデザイン力が認められ、王家御用達のブランドにまで上り詰めました。

今回はそんなtrussardiの香水について特集したいと思います。

 

守られる伝統 真面目な遊び心の香りtrussardi

https://www.pinterest.jp/pin/255438610095671132/

trussardi(トラサルディ)の香水の特徴

trussardiと言えばイタリアントラッドの代表格です。

イタリアントラッドとはクラシコイタリアのことで、伝統的な技術を生かした全体的に丸みがある優雅なラインの紳士服スタイルを特徴としています。
そんな伝統的なファッションに身を包んだイタリアの紳士たちに似合う香水をtrussardiは世に生み出すことに成功しました。

https://www.pinterest.jp/pin/107030928628439335/

trussardi(トラサルディ)の香水 香りの傾向

古典的なデザインと、近代的な要素を融合させた香調がtrussardiらしさを表わしています。その香りからは男性の逞しさと同時に繊細さや優しさを感じることができます。個性豊かな香りと言えるでしょう。

ヨーロッパの伝統ある香水とは一味違い、スタイリッシュで都会的な香りやセンスを感じることが出来ますので、個性を感じつつも色んなシーンに合わせた使い分けや香りの雰囲気を楽しむことができます。

https://www.pinterest.jp/pin/554576141608025411/

trussardi(トラサルディ)の香水のこだわり

trussardiは100年以上も前から卓越した職人芸と伝統を守り続けています。そのかたくななまでのこだわりが流行に流されないブランドイメージや高級なイメージを維持することに繋がっているのです。

イタリア人の真面目な職人気質に裏打ちされたクオリティの高さと、謙虚なスタイルがそのブランドの価値を高めています。

trussardi(トラサルディ)の香水の代表的な香水「トラサルディ ウォモ」

■ 発売年 2011年(オリジナル版は1983年)

オリジナル版の「トラサルディ ウォモ」は廃盤となっています。そのため、2011年に発売された現在のトラサルディ ウォモはオリジナルとは香調が全く違います。

この香水は、2011年、trussardi創業100周年の偉大な節目の年にレディス香水の「トラサルディ ドンナ」とのペア香水として発売されました。

古典的な風情を感じることができ、大人に似合う香りとして定評があるのでビジネススタイルによく似合うでしょう。

香り

トップノートはイタリアンレモン、ナツメグ、ベルガモット、ガルバナムが爽やかでさっぱりとした優しい甘さを感じさせてくれます。深みや安心感を感じられる香りです。
ミドルノートはヴァイオレット、ゼラニウム、クラリセージが柔らかく上品な甘さを漂わせるでしょう。ナッツのような甘い香りを感じることができます。
ラストノートはレザー、パチョリ、オークモスが男性らしい肉感的な甘さを演出してくれるでしょう。スパイシーさが共存した存在感がある香りです。

評判・口コミ

イタリアンレモン、ベルガモットのトップノートに続くミドルノートは洗練されたクラリセージ。
ベースノートには自信に満ちた大人の男性を思わせるレザーノート。

引用元:楽天市場

 

trussardi(トラサルディ)の香水の評判・口コミ

フレッシュな爽快感と柔らかな甘さと官能の絶妙なバランスをご堪能下さい。

引用元:メンズ香水の専門ページPINTORU

フレグランスの代名詞といっても過言ではないほど、有名なブランドですよね。

引用元:Fragrance Note

 

trussardi(トラサルディ)のおすすめの香水をご紹介

https://www.pinterest.jp/pin/547609635920285392/

ブルーランド

■ 商品名 BLUE LAND(ブルーランド)
■ 発売年 2015年

この香水は、爽やかさやみずみずしさが特徴です。一方で軽すぎない落ち着いた大人の雰囲気を感じることができますので、ビジネスシーンにもよく似合います。香り持ちも良いので、プレゼントにもおすすめです。

香り

トップノートはグリーンアップルとビターオレンジが爽やかな甘さと柑橘系のみずみずしさを演出します。少し混ざった苦みが大人の存在感を醸し出してくれるでしょう。
ミドルノートはラベンダー、マリンアコード、ジンジャーが爽やかで心が落ち着く香りで心を癒してくれます。
ラストノートはベチバー、スエード、ストーンモス、カシュラメンが濃厚な甘い香りとエキゾチックさを演出するでしょう。官能的なスモーキームスクを感じさせる香りが特徴です。

評判・口コミ

海外の香水は強いものが多いので、つけすぎに大変気を使うのですが、そういった独特のクセが無いので、毎日使っています。

つけ始めは若々しく爽やかですが、徐々に渋い大人の香りになる感じで、とても気に入っています。

引用元:楽天市場

 

アウェイフォーヒム

■ 商品名 A WAY FOR HIM(アウェイフォーヒム)
■ 発売年 2014年

アウェイフォーヒムはフレッシュで開放的なイメージが特徴の香水です。爽やかでスポーティーな印象を強く感じることが出来ますので、より行動的なイメージや活動的な自分をアピールすることができるでしょう。

香り

トップノートはグレープフルーツ、レモン、ベルガモットが柑橘系の爽やかさと同時に優雅さを演出します。
ミドルノートはシーブリーズアコードやグリーンアップルがすっきりと香るでしょう。石鹸のような甘さを感じさせてくれます。
ラストノートはホワイトウッド、パチョリ、バニラが華やかでありながらも優しい甘さを漂わせます。甘さとスパイシーさが共存した独特の香りです。

評判・口コミ

同時発売されたレディス版の「トラサルディ・ア・ウェイ・フォーハー」とのカップリング香水となっております。意外とレアなので、お求めはお早めに。

引用元:楽天市場