2018/07/24

おしゃれは足元から!革靴の手入れ方法を徹底解説(手入れ頻度や道具についても)

革靴に傷ができてしまった!どうやって手入れすればいいの?

DSC07143.JPG (1600×1066)

https://t-avant.blogspot.jp/2016/11/blog-post_3.html

革靴の傷補修は、上で説明したフルコース手順の一部で対応できます!それでは、具体的に革靴の傷補修方法を紹介します。

・ブラッシングやからぶきで汚れを落とす。

img3_shoecare_0826.jpg (300×220)

http://kutsu-migaki.com/blog/shoecare/

・靴と同じ色のクリームを傷の部分に塗る。

959-1268642777.jpg (400×300)

http://hatenanews.com/articles/201003/959

・ブラッシングなどで馴染ませる。

03.jpg (500×375)

https://men.mthai.com/fashion-style/39545.html/attachment/03

・撥水スプレーを傷の部分に掛ける。

tsuya-8.gif (332×251)

http://www.columbus.co.jp/how_to_care/maintenance/leather/gloss.html

以上の流れで小さな傷なら修復できます。傷修復のための工程はすべて上で挙げた月一のフルコースの中に含まれています。革靴を履き続けていれば小さな傷ができることもありますが、基本的な手入れでカバーできるのです。ちょっとしたメンテナンスで長く綺麗に履けるということですね。

ただし、あまりにも凹凸の大きい傷は自分ではどうしようもありません。クリームを塗っても色剥げが直るだけなので、凹凸が大きすぎると目立ってしまいます。その場合は修理業者に依頼するか、買い替えるしかありません。

革靴にしわができてしまった場合はどう手入れする?

kutsusiwa02.jpg (640×480)

http://shoes-select.com/shiwa/

革靴のしわにはスチームアイロン!あまりご存じない方も多いかと思いますが、これが実は効果的なしわ取り方法なんですよ。もちろんシューキーパーを入れて普段からしわを付けないように注意するのが基本ですが、深いしわが付いてしまった場合は以下の手順で取れます。

・ブラッシングやからぶきで汚れを落とす。

DSC01637.jpg (850×566)

http://www.fukulow.info/leathershoes-care/

・無色のクリームでしわの部分を保護する。

20140419_202203.jpg (850×566)

http://www.entoan.com/info/2014/04/19/%E9%9D%B4%E3%81%AE%E3%81%8A%E6%89%8B%E5%85%A5%E3%82%8C%E6%96%B9%E6%B3%95/

・水でしわの部分を少し湿らせる。

------1-500x333.jpg (500×333)

http://www.st-c.co.jp/plus/question/answer/42.html

・しわの部分にスチームアイロンを掛ける。

leather-shoes-07.jpg (500×375)

http://mr-father.net/?p=525

アイロンを掛ける前にクリームや水で保護しておくことが重要です!そして、アイロンを掛けるときもあまり高温でやらない、同じ部位に5秒以上当て続けない、といったポイントを守ってください。

アイロンの熱はしわ伸ばしに効果的ですが、革靴にダメージを与えます。なるべくダメージを最小限に抑えつつしわを伸ばしていってください。革靴を履いていればどうしても少しはしわができてしまうので、定期的にアイロンで伸ばすことで綺麗に履き続けることができますよ。

ただし、頻繁にアイロンを使いすぎると革靴にどんどんダメージが蓄積されてしまうので、細かいしわを気にし過ぎないことも必要でしょう。

革靴の手入れ道具は?おすすめを紹介

1371-1024x683.jpg (1024×683)

http://www.randd.co.jp/howto/

革靴のお手入れ道具は基本的なものをそろえればバッチリ!具体的には、シューキーパー、ブラシ、クリームがあれば問題なし。からぶき用の布は古いTシャツなどでも十分OKですよ。そうはいっても、クリームだけでも種類が多すぎてどれを選べば良いのかわからないかもしれません。

そこで、人気絶大でこれさえあれば間違いない!というおすすめ商品を紹介していきますね。