2018/07/24

お洒落上級者はシーンによって使い分ける、シャツの袖の種類について

シャツの袖はシーンによって使い分けよう!種類をマスターしてお洒落上級者に

おしゃれネクタイの研究に勤しむ皆さん、シャツの袖の形にも目を向けたことはありますか?スーツのジャケットからちらりと見える袖の形は、意外にスーツスタイルの印象を左右するキーポイントでもあります。また、シャツの袖の形にもフォーマルシーンに似合うもの、カジュアルシーンに似合うもの、と使い分けができるのです。ここでは、代表的なシャツの袖の種類をご紹介いたします

【袖口は形によってカフスボタンも付けられる】

袖口の形は、シャツの機能を決定づける部分です。形によっておしゃれにカフスボタンを付けることができたり、オフィス仕様にボタンのみ付けられるタイプもあります。TPOに合わせて、袖口の形もセレクトしてみると、おしゃれの幅が広がります。

・シングルカフス(バレルカフス)

シングルカフス

最もシンプルな袖口の形です。ボタンでとめるタイプになっています。フォーマルなシーンでは、糊付けを固くしたシングルカフスが良しとされています。

・コンバーチブルカフス

コンバーチブルカフス

この袖口の形は、既に袖口部分に付けられたボタンや、お気に入りのカフスボタンでもとめられるように、コンバーチブル(convertible、変換可能)につくられています。気分に合わせてファッションを楽しむことができます。

・ダブルカフス(フレンチカフス)

ダブスカフス

袖を折り返して着るタイプです。また、通常ボタンが付いていないので、カフスボタンを付けて楽しむことができます。そのため、パーティー用に人気の形です。

▼ダブルカフスでオススメのシャツ

・ターンナップカフス

ターンナップカフス

ダブルカフスの派生形の袖口です。ダブルカフスは2重に穴が開いていますが、ターンナップカフスの場合、外側にくる袖口が斜めにカットされているため、穴は1重になっています。また、ダブルカフスはカフスボタン用の袖口ですが、ターンナップカフスはボタンでとめるタイプになります。

・テニスカフス

テニスカフス

シングルカフスに似ていますが、ボタンが無いタイプとなっており、カフスボタンを付けて着用します。

【基本的なボタンデザイン3つ】

袖口の形を5つご紹介しましたが、ボタンデザインも忘れてはいけないポイントです。機能性を重視して発達したものと、見栄えを重視して発達したデザインがあります。

 

・シングルボタン

シングル

ボタンが1つだけ付いているシンプルなデザインです。

 

・ダブルボタン

ダブル

縦にボタンが2つ付いており、デザイン性を重視したおしゃれな形です。また、ボタンが縦に付いているので、少々手が長く見える効果も期待できます。

 

・アジャストボタン

アジャスト

ボタンが横に2つ付いているタイプです。手前のボタンをとめると袖口が広く、奥のボタンをとめると袖口を狭めるアジャスト(adjust、調整する)機能が付いているのが特徴です。