2018/10/27

今更聞けない、カフスボタンの正しいつけ方

ネクタイや襟の形には気を配るけど、袖のタイプまで気にかける方はそういないかもしれません。しかし、だからこそ他の人たちと差を付けるおしゃれポイントでもあるのです。カフスボタンの付け方は非常に簡単ながら、常用している方は少ないでしょう。カフスボタンは意外に出番の多いアイテムです。結婚式の2次会やパーティーにはもちろん、お仕事用には控えめなデザインをチョイスして、おしゃれを楽しんでみてはいかがですか?今回はカフスボタンの正しい付け方と、カフスボタンを付けるのに適切な袖のタイプをご紹介します。

 

●カフスボタンとは

カフスボタンはもともと、1600年代にフランスの上流階級の人々が身に着けるおしゃれアイテムとして登場しました。当時はひとつひとつ手作業で、金や銀、石といった材質で作られていました。その後1700年代後半にイギリスで産業革命が起き、機械で大量に生産できるようになりました。こうして、カフスボタンは一般階級の人々も手にできるようになります。

ちなみに「カフスボタン」という言い方ですが、これは日本特有の表現です。海外では袖(カフス)を合わせる(リンクス)ものという意味で、「カフリンクス(cuff links)」と言うので覚えておくと良いかもしれません。

 

●カフスボタンの付け方は簡単!

カフスボタンになじみが無い方にとっては、どう付ければ良いか悩むもの。しかし実はカフスボタンの付け方はとっても簡単なんです。たったの3ステップなので、すぐに覚えられますね!

1. 袖口のボタンホールの裏側と裏側を合わせる。
2. カフスボタンを表から通す。
3. 留め具でカフスボタンをとめる。

カフスボタンを袖口の表裏で、ボタンをとめるときと同じようにとめてしまう人をまれに見受けますが、この方法はNGなのでくれぐれも真似しないように気を付けましょう!

 

●カフスボタンに合う袖タイプ

カフスボタンの付け方をマスターしたら、カフスボタンに合う袖のタイプを覚えてしまいましょう。袖のタイプには大きく2つあります。1つはカフスボタンが付けられるもの、もうひとつはカフスボタンが付けられないものです。クローゼットを見渡して、もしカフスボタンが付けられるタイプのシャツをお持ちでしたら、今すぐトライしてみてはいかがでしょうか。

 

○カフスボタンが付けらるタイプ
・テニスカフス
袖にボタンが全く付いていない、カフスボタンのためにデザインされた袖の形です。しかし通常のお店では、なかなかテニスカフス型のシャツは入手しにくいので、専門店あるいはオーダーメイドでつくる際にどうぞ。

 

・ダブルカフス
こちらもテニスカフ同様に、カフスボタンのためにデザインされた袖の形です。袖を折り返して着るようにデザインされているので、袖口部分にはボリュームが出ます。

 

・コンバーティブルカフス
片側にボタンが付いており、もう片方にはカフスボタンを付けられるよう、ボタンホールが付いている袖の形です。普通にボタンスタイルでも、カフスボタンスタイルでも楽しめる機能的な形と言えます。

 

○カフスボタンが付けられないタイプ
・シングルカフス
最もベーシックな袖の形で、ボタンが1つ、または2つ付いているタイプです。カフスボタンを通す余裕が、ボタンの付いている側に無いので見分けられるでしょう。

 

カフスアイテムなら「メンズファッションレンタル&購入のKASHI KARI」

kashikari

色んなカフスに挑戦してみたい方には「メンズファッションレンタル&購入のKASHI KARI」がおすすめ。

たくさんのブランド、デザインのカフスが揃っていて見ているだけで楽しくなる。すぐにデザインに飽きちゃうなという方や本当に気に入ったものを選ぶために色んなアイテムを試したいという方にはすごくおすすめです。

KASHI KARI でカフスを見てみる

 

まとめ

いかがでしたか?カフスボタンの正しい付け方と、袖口の形がわかったら、あとはお気に入りのカフスボタンを選ぶだけです!ネクタイ以外のおしゃれを試してみたい方、パーティーなどで1段上のおしゃれをしたい方は必見のアイテムです。ぜひお気に入りのカフスボタンで、スーツシーンをもっと楽しんではいかがでしょう。