リュックから財布まで網羅!評判のマスターピースのアイテムを総特集

マスターピースの新作バッグ

master-piece (マスターピース) / Surpass -Version.2- バックパック

mspc-product.com

予算:2万4,840円前後(税込)

2018年-2019年秋冬の新作は、トラディショナルなスタイルで人気のSurpassラインのバックパックをアップデートした、Surpass -Version 2- モデル。テフロン加工が施されたポリエステル素材のCORDURA 610d fabricを使用し、高い強度、撥水性、防汚性を獲得しました。さらに、PC収納スペースを設けたほか、軽量化も図られています。たゆまぬ努力を続け常に前進する。そんなマスターピースの企業精神を感じ取れる新作です。

カラーは全5色展開です。

マスターピースのバッグの口コミ・評価

mspc-product.com

ジャパンメイドにこだわった確かなものづくりが魅力的なマスターピースのバッグ。「縫製の確かさ」や「頑丈さ」を評価する声が寄せられています。

夫にプレゼントで購入。
マスターピースの商品は縫製がしっかりしているので以前購入した別の形のバッグも汚れているものの破れヘタリがなく使いやすいようです。
こちらも長く使えそうでしかもお安かったので満足です。

引用:review.rakuten.co.jp

「こだわりの素材」や「パーツが生み出す高級感」、「ユーザーフレンドリーな機能性」にも称賛の声が寄せられています。

実際にショップへ足を運んで色々と見て回りましたがこのバックが1番良かったです。カジュアルですが高級感もあって年齢がいってても持っていて恥ずかしくないです。
右掛け左掛け中央持ち?(ショルダーに掛けるだけ)とベルトのセットの仕方で変更できます。しかも荷物の取り出し口も左右にあるので左右掛けに対応しています。さすがMade in Japan です。

引用:review.rakuten.co.jp

マスターピースの海外での評価

www.pearlhotelnyc.com

台湾にも5店舗を構えていることから、マスターピースのバッグは中華圏でも評判が高いことが伺えます。

また、日本人デザイナーの山崎亨がニューヨークで展開するブランド「Vroom(ヴィ ルーム)」のセカンドライン「VIA SPARE」とのコラボモデルを発表し、アメリカでも受け入れられるアビリティーを秘めていることを広く知らしめました。

【タイプ別】マスターピースの人気アイテムおすすめ10選

マスターピースのおすすめ人気リュック その1

master-piece (マスターピース) / POP’n’PACK バックパック


予算: 1万3,500円~1万6,800円(税込)

高い機械的強度、耐薬品性を誇るポリアミド66に匹敵する、FIBER RIP 100(100Dナイロンリップストップ)を使用したリュックサック。テフロン加工も施され、撥水性も備えたアイテムに仕上がっています。耐久性にばかり目が行きがちですが、特筆すべきは軽さと携帯性。容量10リットルを誇りながら、約230グラムと非常に軽量。ポーチとしても使える収納袋も付属し、折りたたむと手のひらサイズにまとまります。旅行の際などのサブバッグとしても人気です。

カラーは全5色展開です。

マスターピースのおすすめ人気リュック その2

master-piece (マスターピース) / Density -Herrinbone Coating- バックパック


予算:2万7,000円~2万4,840円(税込)

コーマ糸のコットン×ナイロンのヘリンボーン生地が生み出す文様が特徴のバックパック。生地に2層のPVC(ポリ塩化ビニル)加工を施すことで耐久性、防水性、防汚性をアップさせています。一見するとごつい外観ながら、やや薄めの奥行きにするなど日本人に似合う適切なサイズ感で、タウンユースでも違和感のないスタイルに。さらに、部分的にオイルドカウレザーやカウレザースエードを用いることで高級感もプラスしたこだわりのアイテムです。

カラーは全2色展開です。