2018/07/24

英国王室御用達のブランド「ペンハリガン」入門 〜英国紳士の香りを身に纏う〜

https://www.pinterest.jp/pin/609393393301576509/

ロンドンを颯爽と歩く英国紳士のスーツ姿は、隙がなく決まっていて必ず似合う香りをまとっています。伝統があって個性を引き出してくれる勝負の香水が見つけられれば紳士的な雰囲気がより醸し出せることでしょう。

今回は英国王室御用達の「伝統」と「奇抜」の二面性を持つペンハリガンの魅力をお伝えします。

「ペンハリガン」とは?

https://www.pinterest.jp/pin/609393393302525706/

ペンハリガンは二つの英国王室御用達の認定証(ロイヤルワラント)を持つフレグランスブランドです。創業当時からのクリエイティブで画期的な香水作りというポリシーを守り、現在に至るまで「伝統」と「奇抜さ」という相反するものを持ち続けています。

創設者のウィリアム・ペンハリガンによってデザインされた透明ガラスにボウタイをあしらったイギリス製のボトルに上質で希少な香料がぎっしり詰まった香水は、時代が変わっても現在を生きる男女に愛され続けています。

 

ペンハリガンの歴史

https://www.pinterest.jp/pin/609393393302533699/

華やかなヴィクトリア朝時代過ごしたウィリアム・ペンハリガンは1860年後半にロンドンのジャーミン・ストリートに一軒の理髪店の開業を経て、ペンハリガンを1870年に創設します。トータルグルーマーとしての高い評価を受けて後に「英国王室御用達の理髪師兼香水商」の称号を与えられ、現在は1956年にエディンバラ公、1988年にウェールズ公からの二つの英国王室御用達(ロイヤルワラント)を保持しています。

1872年にペンハリガン初の香水「ハマン・ブーケ」を発表します。「ハマン・ブーケ」は理髪店と同じ通りにあったターキッシュバス独特の香りからインスピレーションを受けて調香されました。奇抜なものに人気があった当時を象徴する一本でした。

思いがけないものからインスピレーションを受けていたウィリアム・ペンハリガンのスピリットは現在でも受け継がれています。

▼ペンハリガンと同様に王室御用達のフレグランスブランドには「フローリス」や「モルトンブラウン」もあります。

https://www.pinterest.jp/pin/609393393302996731/ たくさんの国の香水ブランドがありますが、イギ...
https://www.pinterest.jp/pin/609393393302310426/ 毎日肌に触れるものを高級ホテルのアメニティの...

ペンハリガンを購入できる店舗

https://www.pinterest.jp/pin/609393393302533715/

ペンハリガンの商品は有名百貨店内の香水コーナーやメンズ化粧品コーナー、セレクトショップのバーニーズニューヨーク、トゥモローランド、ヴァルカナイズ・ロンドンなどで取り扱いがあります。香水のプロが店頭にいるので香りの好みやつけていくシチュエーションを伝えてテスターで試してみましょう。

インターネットではペンハリガン公式オンラインストア以外にAmazon、価格.com、楽天市場などでも気軽に購入することができます。香りの感じ方には個人差があるので色々な口コミを参考にしながら選ぶとよいでしょう。

ペンハリガンのメンズアイテムラインナップ

https://www.pinterest.jp/pin/609393393302533674/

ペンハリガンの多くを占めるのは香水(コロン、オードトワレ、オードパルファム)ですが、理髪店をルーツとするブランドなのでシェービング商品に定評があります。また人気の香りとお揃いのシャワージェル、レディースでハンド&ボディクリームがあります。

ペンハリガンの香水の特徴と魅力

https://www.pinterest.jp/pin/609393393302533694/

ペンハリガンの香水の魅力はネーミング、ラベル、ボトルデザインから思った通りの香りと意外性が楽しめるところです。

ペンハリガンは「心を動かす香りの力」を熟知しているのでそれぞれの香料が素直に出ているところも他のブランドにありそうでない魅力です。製品は現在でも英国で作られていて上質な香料を惜しみなく使用しています。

ペンハリガンの香水の代表作「ブレナム ブーケ」

■香調 シトラス

■香りの立ち方

ヘッド(トップ)ノート:レモン、ライム、ラベンダー、ローズマリー、ユーカリ

ハート(ミドル)ノート:なし

ベース(ラスト)ノート:パイン、ムスク、ブラックペッパー

1902年に誕生し、宰相チャーチルが愛用していることで有名なペンハリガンを代表する香水です。

英国オックスフォードシャーのマルボロ公爵のブレナム宮殿からインスピレーションを受けて創られたシトラス、ハーブ、木々が格調高く香る名香です。英国紳士のようにスーツを隙なく着こなし、知性と気品を演出したいときにつけると素敵に決まります。

評価・口コミ

スパイシーな柑橘系です。英国の香水といえば、襟を正したくなる香りです。ペンハリガンのフレグランスは、ビジネスシーンにぴったりなメンズ、ユニセックスと、オリエンタル、ハーブ系、フローラル系をオフタイム用に使い分けています。
どの一本も無駄にできない、放り出したくならない、丁寧な仕事による作品だと思います。

引用元:Amazon

ペンハリガンの人気フレグランス「エンディミオン 」

■香調 ウッディ

■香りの立ち方

ヘッド(トップ)ノート:ベルガモット、マンダリン、ラベンダー、セージ

ハート(ミドル)ノート:ゼラニウム、コーヒーアブソリュート

ベース(ラスト)ノート:ベチバー、カシス、ナツメグ、ブラックペッパー、カルダモン、ムスク、レザー、インセンス、乳香、ミルラ

ギリシャ神話のゼウスの息子の中で最も美青年だったエンディミオンからインスピレーションを受けて創られた神秘的で男性らしい香りです。

ラベンダー、セージ、ゼラニウムのハーバルな香りとたくさん種類のスパイス、樹脂が織りなす大人の男性にぴったりな一本です。

評価・口コミ

大人の香です。他とは違うリッチ感も味わえます。価格も納得です。

引用元:Amazon

 ペンハリガンのおすすめ香水

https://www.pinterest.jp/pin/609393393302533707/

・初めてのペンハリガンにチャレンジする人へ:ミニチュアフレグランスセット

ペンハリガン メンズ ジェントルマンズフレグランスコレクション

ペンハリガンが初めてという方は色々な香水にトライしてから自分にぴったりの香りを見つけたいですよね。人気の「ブレナム・ブーケ」「クァーカス」「エンディミオン」「サルトリアル」の5mlサイズが上品な紫色のギフトボックスに入っています。

気分で香りを使い分ける上級者、香水をコレクションするのが好きな方、プレゼントにもぴったりです。

▼男性向けのプレゼントで喜ばれる香水はこちらでもご覧いただけます。

https://kashi-kari.jp/lab/present-perfume/

ペンハリガンの新作コレクション☆ポートレート

ペンハリガン ポートレート ローイング ラドクリフ オードパルファム

■香調 アンバリー タバック

2016年に発売された「ポートレート」は英国貴族社会を舞台にした物語から創られました。礼儀正しく振る舞う上流階級の人々の秘密を描いたストーリーの個性的な登場人物をイメージした香水です。

ラドクリフはジョージ卿と愛人のクララの間にできた隠し子で貴族の責任を伴わずに享楽的な人生を送っています。華麗に人生を楽しむラドクリフをイメージした甘く退廃的な香りはラム、タバコ、ジンジャーブレッドの官能的なハーモニーを奏でます。

個性的でカリスマ性がある香りを探している方にぴったりの一本です。

フローラル好きな人へおすすめ:ペンハリガン ルナ

■香調:フローラル シトラス

■香りの立ち方

ヘッド(トップ)ノート:ベルガモット、プリモフィオーレレモン、ビターオレンジ

ハート(ミドル)ノート:ローズアコード、ジャスミンペタルアコード、ジュニパーベリー

ベース(ラスト)ノート:バルサムモミ、アンバーグリス、ムスク

https://www.pinterest.jp/pin/454089574914212130/
詳しく見る

ギリシャ神話の月の女神からインスピレーションを受けて創られた美しいフローラル フルーティの香りです。

トップの柑橘系が爽やかにスタートし、ミドルは花々がジュニパーベリーに引き立てられながら奥ゆかしく香ります。ラストはまろやかで官能的なムスクやアンバーが静かな余韻を残します。

月の満ち欠けのように繊細な変化が楽しめるミステリアスな香りです。

評価・口コミ

人とかぶらない香りを探してました♪香りの変化が面白くとても綺麗な香りです(^-^)ストーリーもロマンティックで即買いしました!!暫くはこの香りです(^-^)v

引用元:@コスメ

プレゼントへおすすめのペンハリガンのレディース香水

ペンハリガン アルテミジア

■香調 フローラル

■香りの立ち方

ヘッド(トップ)ノート:ネクタリン、グリーンフォリエイジ

ハート(ミドル)ノート:グリーンアップル、ジャスミンティー、リリー オブ ザ バレー、スミレ、バニラ

ベース(ラスト)ノート:オークモス、サンダルウッド、ムスク、アンバー

2002年に誕生した女性人気No. 1の正統派のフローラル系です。甘く繊細で儚げなのでフェミニンな女性によく似合う香水ですが普段はついつ強がってしまう女性が素直になりたいときにつけてもギャップが演出できるでしょう。果実、花々、バニラなどの甘い香りにオークモス、ムスク、アンバー、サンダルウッドが深みをプラスします。

評価・口コミ

アルテミジアとは月の女神からとった名前とのこと。
最初から最後まで上品な甘い香り、最後のバニラの香りもやさしくて気に入りました!お風呂上がりのワンプッシュで寝起きも心地良い香りが漂ってきます。

引用元:@コスメ

ペンハリガン リリー オブ ザ バレー

■香調 フローラル

■香りの立ち方

ヘッド(トップ)ノート:レモン、ベルガモット、ゼラニウム、オレンジ、プチグレイン

ハート(ミドル)ノート:ローズ、イランイラン、ジャスミン、リリーオブザバレー、セロリシード、カルダモン

ベース(ラスト)ノート:オークモス、サンダルウッド

1976年発売の清楚なすずらんのシングルフローラルで、「永遠の愛」をテーマにした本命の彼女に贈りたくなるような香水です。

すずらんが持つ清々しくエレガントな香りはオンでもオフでも活躍し、コンサバなファッションにもマッチします。ペンハリガンのレディース香水の中でも正統派でクラシカルな美しい香りです。

評価・口コミ

「永遠の愛」をテーマにつくられたスズランのソリフローラル。

香水初心者の方にも安心してお使いいただける香りだと思います。
少し青みがかったグリーンフローラルノートから、柔らかいスズランの香りへ。

1プッシュで噴出される量が少なめなので、強さの調節もしやすくて良いですね。

私自身も気に入ってよく使っています。

生花らしさと香水らしさのバランスのとれた、素晴らしい香りです。
リボンが結ばれた(両面テープですが/笑)ボトルもとても可愛らしいです。

ただ、ちょっとモチが悪いかな……^^;

引用元:@コスメ

ペンハリガン エレニシア

■香調 フローラル

■香りの立ち方

ヘッド(トップ)ノート:タジェット、バイオレットリーフ、ベルガモット、マンダリン

ハート(ミドル)ノート:ガーデニア、ローズ、イランイラン、チュベルーズ、ジャスミン

ベース(ラスト)ノート:クローブバット、ベンゾイン、トルーバルサム、ローズウッド、プラムネクター、バニラ

ケルト語の妖精「Elen」から名付けられた芳しい白い花々のブーケの香りです。ロマンティクで可憐な雰囲気の女性に似合う華やかなフローラルフレグランスの王道です。

評価・口コミ

すごく甘い!…のですが、なぜかたまらなく好きです。ふわっと香ると優しい気分になります。
プラムとネクターを強く感じますが、フルーツの香りというよりも、あくまでお花の香りです。
フローラル系好きにはオススメ。
私はローズ系の香水を探していたときに出会いました。ローズ…という感じではないけど、とても気に入っていて、季節問わず使っています。

引用元:@コスメ

ペンハリガン ラバンデュラ

■香調 アロマティック

■香りの立ち方

ヘッド(トップ)ノート:バジル、クミン、オレンジオイル、ブラックペッパー、ホワイトシナモン

ハート(ミドル)ノート:ラベンダー、クラリセージ、リリー オブ ザ バレー

ベース(ラスト)ノート:トンカビーン、ムスク、バニラ、アンバー

ありそうでないラベンダーの香水でユニセックスでも使えます。「ラベンダー=癒される」という固定観念を打ち砕くアロマティックでありながらセンシュアルな雰囲気を持つ逸品です。

ラベンダーを惜しみなく使い、スパイス、ハーブ、バニラ、ムスク、アンバーなどを巧みに調香した伝統的な香りを現代的にアレンジしたペンハリガンらしさが随所に感じられる香水です。

評価・口コミ

ラベンダーが大好きで良い香水を探しておりました。
トップが一番濃いラベンダーの香りで、ラベンダー好きには堪らないです。
その後だんだんとラベンダー度は落ちて行きます。
ミドルになると、ほんのりラベンダーが感じられる大人っぽい香水になります。
少し甘めです。
ラベンダー度は下がるとはいえ、すっきりとした落ち着いた良い香りで
嫌味も雑味もなく、上質とわかる香りで、
買ってよかった!と心から思えるお品物でした。
香りが弱いので私は香らせたい箇所に2プッシュします。
あまり拡散しないので周囲に迷惑はかからなそうです。
ラベンダー香水をお探しの方には是非オススメしたい一品です。

引用元:@コスメ

まとめ

この記事でペンハリガンのコンセプトの「伝統」と「奇抜」の融合は感じていただけましたでしょうかペンハリガンは人とかぶらない品格のある香水を探している方に最適なブランドです。

英国御用達の正統派の香りをまとって、いつものスーツをより素敵に着こなしてくださいね。

▼スーツを上品に着こなすノウハウならこちら

我々男にとって、スーツ切っても切れない関係です。というのも、人生の最大時間を仕事に費やし、そのビジネスシーンのほとんどはスーツを身に纏っ...