2019/03/01

フローリスは「英国王室御用達・香りの最高峰」。各界の著名人に愛され続けている高級香水入門

https://www.pinterest.jp/pin/609393393302996731/

たくさんの国の香水ブランドがありますが、イギリス産は何といっても英国王室御用達のブランドが豊富にあるのが最大の魅力です。

今回は、王室だけでなくフローレンス・ナイチンゲール、マリリン・モンローなど各界の著名人に愛されたフローリスならではの魅力をたっぷりとお伝えします。

フローリスの概要

https://www.pinterest.jp/pin/609393393302996704/

フローリスは280年の伝統を持つ英国王室御用達「香りの最高峰」のフレグランスブランドです。数ある英国王室御用達の香水ブランドの中でも上質な香料伝統的な手法で家族だけで代々に渡り築き上げ、歴代の英国王室からの寵愛を受けています。

フローリスの歴史

https://www.pinterest.jp/pin/609393393302996705/

フローリスは1730年に創設者のジュアン・ファメニアス・フローリスが故郷のメノルカ島からロンドンに渡り理髪店を開きます。故郷の地中海にあふれるアロマが忘れられず記憶をたどってお店の地下で調香を始めます。

やがて伝統的な製法と上質な香料を使った香水や石けんが人気を博し、瞬く間にフレグランスブランドとしての地位を確立させます。

1820年にはジョージ4世によって実績が評価され、2代目ジョン・フローリスの時に「英国王室御用達の理髪師および香水商」の称号を与えられます。現在ではエリザベス2世女王陛下とチャールズ皇太子殿下からの「王室御用達許可書」を与えられています。

またジャーミンストリートの本店とディスプレイ什器などは英国の歴史的重要文化財に指定されています。

▼フローリスと同様に王室御用達のフレグランスブランドには「モルトンブラウン」「ペンハリガン」もあります。

https://www.pinterest.jp/pin/609393393302310426/ 毎日肌に触れるものを高級ホテルのアメニティの...
https://www.pinterest.jp/pin/609393393301576509/ ロンドンを颯爽と歩く英国紳士のスーツ姿は、隙...

フローリスと著名人&海外セレブのエピソード

フローリスには歴史に残る著名人とのエピソードが多数あります。

フローリスの調香は1989年に工場ができるまでは地下で続けられていました。工場のオープン時にはダイアナ元王妃がお祝いにいらしたそうです。

またフローレンス・ナイチンゲールのための香水「Sweet Smelling Nosegay」の直筆のお礼状が残されています。

さらに1959年にはマリリン・モンローが来店して複数本を購入したり、007の著者イアン・フレミングが顧客だったなど王室だけでなく各界の著名人の愛用エピソードが数え切れない稀有な香水ブランドです。

 

フローリスの特徴と魅力

https://www.pinterest.jp/pin/609393393302996641/

フローリスは英国王室御用達の中でもつける人をふんわりと包み込むような気品のある香りが魅力です。

メンズラインは強さと優しさをあわせ持ち、レディーズスラインは優美で現代的な表情を持っています。クラシカルとモダンが見事に融合し、多くの人々から愛され続けています。

フローリスの取り扱い店舗

https://www.pinterest.jp/pin/609393393302996713/

フローリスの商品はAmazon、楽天市場や有名百貨店の伊勢丹、三越、高島屋などのオンラインストアで購入できます。迷ったら同年代の口コミを参考にしてみてください。

香りの実物を試した方や似合う種類をアドバイスしてほしい方は有名百貨店に足を運んでみて下さいね。

フローリスのメンズアイテムラインナップ

https://www.pinterest.jp/pin/609393393302996739/

フローリスは理髪店からはじまったブランドなのでメンズのアフターシェーブやバス&シャワージェルにも定評があります。

またユニセックスで人気のセフィーロはハンドケア、スティック状のパフューム、タルカムパウダー(ボディパウダー)など豊富なラインナップとなっています。

そして香水通が必見なのは1900年以前につくられたクラシックコレクションとフローリスのパヒューマーが特別な物語から調香したプライベートコレクションです。周りの人とは違った香水を試したいという方にぴったりです。

プレゼントに最適なルームフレグランスやキャンドルもおしゃれです。一度は手にとってほしい美しい商品ばかりです。

フローリスのメンズ香水の代表作「NO.89」

■香調 シトラス ウッディ

■香りの立ち方

トップノート:ベルガモット、ラベンダー、ネロリ、ナツメグ、オレンジ

ミドルノート:ゼラニウム、ローズ、ジャスミン、イランイラン

ラストノート:シダーウッド、オークモス、サンダルウッド

本店の住所「ジャーミンストリート89」から名前がつけられたフローリスを代表する英国紳士のための香水です。18世紀のセンスのいい英国紳士に絶大な人気を誇り、上品な優しい香りが紳士らしさを演出します。

やわらかく温かみがある香りなのでユニセックスでも使うことができます。

評判・口コミ

香りをあまりまとわない方(女性)が、肌馴染みの良い香りが欲しいなというリクエストがあり、売り場で種々試してこちらを選びました。
自分でも購入。

トップの柑橘がかなりメンズっぽいからりとした辛さですが、ドライ ダウンしてくるとサンダルウッドの効果でしょうか、ベビーパウダーのような香りに馴染んで、心地よい香りになってきます。
メンズに分類されておりますが、女性がまとってもかっこいいのではないでしょうか。
今時のフルーティフローラルに食傷気味の方は試す価値あり、です。

引用元:@コスメ

フローリスの人気メンズ香水「JF 」

■香調 シトラス フローラル

■香りの立ち方

トップノート:ベルガモット、レモン、ライム、マンダリン、コリアンダー

ミドルノート:ジャスミン、サイプレス、クラリセージ、プチグレイン

ラストノート:アンバー、シダーウッド、コリアンダー、ムスク

創設者ジュアン・ファメニアス・フローリスのイニシャルから名前がつけられたフローリスの中でも人気のメンズ香水です。

ナチュラルでハーバルな優しさと都会の洗練が融合されたフローリスの名香です。

評判・口コミ

夫が使用しています。

新宿伊勢丹を歩き回り、探し当てた香りがこれです。

この香り、つけると安心すると言っています。

夫は朝プールに行ってから出勤するので、
塩素臭さを消すために使用しています。

目的からして安物で良いところなのですが…

以前ロクシタンの柑橘系のコロンを使用していましたが、
ロクシタンの香りは安っぽくて、途中で飽きてしまいました。

香水専門店の物は出来が違います。比べものになりませんでした。

この商品は、フローリスの創立者の名に由来する香水です。
シトラス・フローラルの香りですが、スパイスの香りも相まって、
大人の香りに仕上がっています。

価格は高いですが、少量だけでも、帰宅するまできちんと香っています。
汗と混じっても、嫌な香りに変化しません。

フローリスのレディース用の香水は、なんとなく石鹸の香りがして鼻に突くのですが、これは全く違います。

夏場には向かない感じもしますが、香水類はつける量で変わるものです。
柑橘系でもつけすぎれば、ただの迷惑に過ぎないので、
ご自分のお好きな香りを常につけるのも、粋だと思います。

節電で汗臭い男性が増えている昨今、不快だと感じる方は試してください。

とても長持ちするし、品格のある香りです。

引用元:@コスメ

フローリスのおすすめメンズ香水

フローリス オードトワレ エリート

■香調 グリーン ウッディ

■香りの立ち方

トップノート:ベルガモット、ジュニパーベリー、プチグレイン

ミドルノート:ラベンダー、チュベローズ、バルサム、ベイ

ラストノート:レザー、ベチバー、オークモス、シダーウッド

フローリスのメンズ用の中でも重厚感と品格がある香りです。特にレザーやオークモスの渋みを味わうことができるのでステータスが高く成熟した男性によく似合います。

爽やかさや万人受けよりも深みのある渋さを演出したい大人の男性につけてほしい香水です。

評判・口コミ

凄く素敵な香りです。エリートな男性!
例えばリチャードギアとかダンディーで知的な男性が軍服着てお迎えに来る時これをつけていたら、更にいちころでしょうか?!(古い映画なんで年代がバレますが…)
連れ合いは、リチャードギアとは、当然かけ離れているし、香水嫌いでつけないので、バスエッセンスでも購入して自宅で楽しもうかと思います。

引用元:楽天市場