2018/07/24

香りをデザインする。トムフォードの香水は性別を超えた才能の香り

「トムフォード」と言えばアメリカのファッションデザイナーであり、映画監督などもこなすマルチな才能の持ち主です。日本ではサングラスが有名なブランドでしょう。

トムフォードというブランド自体は2005年に設立された新しい企業ですが、そのブランド名でもあるトムフォードは、グッチやイブサンローランのディレクターをしていたことでも有名で、ファッション界では数々の賞を受賞しています。まさにその才能はファッション界の宝と言えるでしょう。

今回はそんなトムフォードがプロデュースする香水にフォーカスを当ててご紹介します。

美意識が原点:トムフォードの香水とは?

https://www.pinterest.jp/pin/668151294687047517/

トムフォードの香水の特徴

トムフォードの香水は高価なラインが多く、試しにつけるには敷居が高いイメージがあります。しかし、全てのラインでこだわっているのは、「最高級の素材」と「複雑な香り」と「オリジナリティの高さ」です。決して期待は裏切りません。

人と被りにくい香りで有名なのは、「重ねづけ」を前提として作られているシリーズがある事も関係しているのでしょう。

https://www.pinterest.jp/pin/513128951285469136/

トムフォード の香水の香りの傾向

一般的に香水は男女用に分かれていますが、基本的にユニセックスで性別を超えた香りを楽しむことが出来るのがトムフォードの香水です。

トムフォードの香水はどの香りもどこか凛とした強さと色気を感じさせてくれるので、女性はより美しく、男性はより強い印象を演出してくれます。

https://www.pinterest.jp/pin/347058715019532788/

トムフォードの香水のこだわり

外見を飾る「ファッション」と、生まれ持った美しさを強調させる「美容」には切っても切れない関係があります。

そしてそんなファッションや美容と、「香水」もまた切っても切れない関係です。

外見を飾り、美を強調し、香りで印象を高める。そんなトータルコーディネートの一端を担う香水を、トムフォードは高い美意識とセンスによってデザインしています。

https://www.pinterest.jp/pin/364439794824178915/

トムフォード の香水を愛用している男性芸能人

Private Blend ‘Noir de Noir’(プライベートブレンド ノアーデノアー)をつけていることで有名なのが、三代目JSBの岩田剛典さんです。このことが世に知れ渡った時、この香水を取り扱っている様々なショップで急激な品薄状態となりました。

包容力と優しさを融合させたような優しい香りが岩田さんの雰囲気にピッタリですね。

▼芸能人が愛用する香水をもっと知りたい

あの男性芸能人が愛用している香水が知りたい!という方も、きっと多いはず。 自分の好きな男性芸能人であるなら、尚更気になるのは当然ですよね。...

 

進化した高級のイメージを身に着ける。オススメのトムフォードの香水

https://www.pinterest.jp/pin/396950154640744381/

グレイ ベチバー

■ 商品名 GREY VETIVER(グレイ ベチバー)
■ 発売年 2009年

この香水は、雰囲気がある香りが特徴です。凝った香りがダイナミックな印象を与える一方で、複雑な調香からは繊細さを感じ取ることもできるでしょう。香水の上級者向きの香りと言えます。

香り

トップノートはグレープフルーツやオレンジ・ブロッサムが柑橘系のすっきりとした爽やかさと少しの苦みを感じさせます。
ミドルノートはセージ、ナツメグ、オリスが甘いベビーパウダーのような優しい香りと独特な爽やかさを漂わせます。安心感や温かさを感じる香りです。
ラストノートはアンバーウッド、オークモス、ベチバーがはちみつのような甘い香りでムードを漂わせます。海や湖を彷彿させる存在感ある香りからエキゾチックな印象を受けるでしょう。

評判・口コミ

デイタイムであればオールシーズンでお使いいただけることでしょう。フロスティーなボトルのデザインも、ソフィスティケートされた優れたデザインだと思います

引用元:De Cosme

ノアール

■ 商品名 NOIR(ノアール)
■ 発売年 2012年

いろんな素材をふんだんに使用することで、複雑なアコードを実現しています。丁寧に作りこまれた香りを感じるでしょう。

この香水は、人前でリーダーシップを取る洗練された都会的な男性と、そんな男性の内面に存在するナイーブでセクシーな一面と言った相反する二面性を香りで表現することに成功しました。

香り

トップノートはベルガモット、ヴァーベナ、ピンク・ペッパー、ヴァイオレットが万人受けするフレッシュな甘さと同時にさっぱりとしたみずみずしさを漂わせます。上品な温かみがアクセントです。
ミドルノートはブラックペッパー、ナツメグ、イリス、ブルガリアンローズ、クラリセージが刺激的で独特な甘い香りを感じさせてくれます。深みのあるフローラル系の香りですので安心感や温かさを感じることができるでしょう。
ラストノートはオポポナックス、アンバー、パチョリ、ベチバー、バニラ、レザー、ベンゾインが赤ワインを濃縮させたような濃いウッディ系の香りを漂わせます。スパイシーさが共存した独特の香りがエキゾチックさとスモーキーさを演出し大人の雰囲気を漂わせます。

評判・口コミ

トップノートのきらめくようなフレッシュさと、男性のダークでエッジィな二面性を表現したオリエンタルでセンシュアルな香りで、個性を際立たせて。

引用元:AFP BB NEWS

フォーメン

■ 商品名 FOR MEN(フォーメン)
■ 発売年 2007年

大人の男性に似合う高級な香りです。クラシックと相反するモダン、そして原始の香りの融合を感じさせる独特な良い香りを楽しむことができます。

上品で魅惑的な雰囲気を演出できますので、洗練された男性にピッタリの香りと言えるでしょう。

香り

トップノートはレモン、マンダリン、ベルガモットが誰からも愛される甘い香りを優しく漂わせます。フルーティーで温かい印象です。
ミドルノートはバジル、ヴァイオレットリーブス、ジンジャー、オレンジブロッサム、タバコ、ブラックペッパーが甘さの中にほのかな苦みを感じさせてくれます。森林の爽やかな香りに癒されるでしょう。
ラストノートはアンバー、シダー、パチョリ、ベチバー、オークモス、レザーウッド、シプリオールが濃厚な甘さから独特な包容力を感じさせます。スパイシーな大人の男性の香りです。

評判・口コミ

いい匂いなんだよ。

ハワイで購入しました。説明にあるとおりクラシックな香りとモダンな香りが見事に融合されていて素晴らしいです。特にミドルが絶品。文句なし。

引用元:@cosme

 

コスタ アジューラ

■ 商品名 COSTA AZZURRA(コスタ アジューラ)
■ 発売年 2014年

スペインのフォルメンテーラ島の海辺や砂浜からインスパイアを受けて生まれた香水です。
地球に抱かれているような圧倒的な存在感や夏の日の思い出を感じさせてくれます。ノスタルジックな気持ちと共に官能的な余韻を味わえるでしょう。

香り

トップノートはシーウィード、ドリフトウッド、アンブレット、セロリシード、カルダモンが優しいウッディ系の香りと清潔感あるムスクの香りで気持ちを落ち着けてくれるでしょう。多少の苦みが甘さと共に上品に香ります。
ミドルノートはジュニパー、マートル、ラベンダー、レモン、イエローマンダリン、アルテミジアが独特な甘さを漂わせます。
ラストノートはレンティスク、オリバナム、インセンス、バニラ、ベチバー、オークがシャープですっきりした香りを感じさせてくれるでしょう。甘さとスパイシーさが共存した香りです。

評判・口コミ

価値は、回りとかぶらず、また、上品な香りなんで、申し分ありません。

引用元:Amazon
トムフォードのフレグランスはユニセックスですが、これは品があり強くもなくチャーミングな男性がつけるとその人のイメージを変えるほどいい香り。

引用元:@cosme

ノワール アンソラシット

■ 商品名 Noir Anthracite(ノワール アンソラシット)
■ 発売年 2017年

この香水は、男性の多面性をコンセプトに作られました。

暗闇の中の光など相反する2つの力に注目することで、お互いが緊張感を保っている様子や、お互いの中に存在し惹かれあう不思議な重力を香りで表現しています。物事には必ずあると言われる陰陽の摂理を香りで表現することで、同時に人間としての深みを表現することに成功しました。

香り

トップノートからラストノートまで、ベルガモット、ジンジャー、チュベローズ、ジャスミン サンバック、パチュリ、スギ、サンタルが万人受けする上品な甘さを漂わせます。その濃厚な香りに心も癒されるでしょう。濃厚な甘さとフレッシュさの共存した香りですので嫌味がありません。

評判・口コミ

ベルガモットの輝きと、シーダーウッド、マカッサル、サンタルスリランカなどの豊かな黒い木材に対するスパイスを特徴とする暗闇の光を反映しています。

引用元:Amazon

トムフォードの香水の代表格 「プライベートブランド」シリーズ

「プライベートなブレンドが私の香りの研究所」というコンセプトのもとに、重ねづけを楽しめるような自由な発想から生まれたシリーズです。

従来の調香のルールにとらわれない自由な発想から生まれた香りたちは、身に着けることで変化する香りを楽しむのと同時に、香りを重ねることで得られる変化をも楽しむことができます。

もちろんこれからご紹介する香水はどのアイテムも単品での使用を楽しむこともできます。

プライベートブレンド ノアーデノアー

■ 商品名 Private Blend ‘Noir de Noir’(プライベートブレンド ノアーデノアー)
■ 発売年 ?

官能的な香りと、森林を感じさせるような雄大な香りが特徴のラインです。

香りのコンセプトは中国の陰陽思想にあると言われています。生と負、男と女、裏と表など正反対の2つの要素が世界を作るように、美しい香りも表裏一体の構成から作られるとの考えから生まれた斬新な香水です。

香り

ノアーデノアーは高級感を感じさせる女性らしいフローラルと、大地や苔を感じさせる男性的な香りから作られています。一見矛盾した2つの香りのコントラストがこの香水の最大の魅力と言えるでしょう。
濃厚な甘さのバニラとスパイシーでオリエンタルな香りのパチョリが森や苔などを彷彿させてくれます。シプレータイプで渋みと甘さのコントラストが落ち着きを感じさせます。

評判・口コミ

 三代目JSB岩田剛典が愛用のフレグランスです

引用元:Amazon

プライベートブレンド オードウッド

■ 商品名 Private Blend ‘Oud Wood’ (プライベートブレンド オードウッド)
■ 発売年 2007年

ユニセックスな印象の香水で、男女を問わず楽しむことができるラインとして展開されていますが、単品での使用は、より男性らしさを強調してくれる香りという声が多く聞かれます。

香り

トップノートはローズウッドとカルダモンがエキゾチックな甘い香りと樹木のような優しい香りを感じさせます。爽やかで上品な嫌味がない香りです。
ミドルノートはウード・ウッド、サンダルウッド、ベチバーがスモーキーでエキゾチックな香りと、すっきりとした深みのあるウッディ調の香りを楽しませてくれるでしょう。白檀のような癒しの香りです。
ラストノートはトンカビーンとアンバーがほっとするような甘い香りで温もりとムードを演出してくれるでしょう。

評判・口コミ

ウードウッドは、ずるい香りだ。トップから薬漬けのセロリみたいな香りがするのに、2007年の登場以来、世界中で売れ続けている。

お香調の香水大好き~~~実物をテスターせず現品買ってみました~w香調はオリエンタルウッディに分類される、高級な沈香な香水。

引用元:@cosme

プライベートブレンド サンタルブラッシュ

■ 商品名 Private Blend ‘Santal Blush’(プライベートブレンド サンタルブラッシュ)
■ 発売年 ?

ユニセックスな香りが特徴なので、男性、女性問わず楽しむことができます。透明感のある爽やかな香りですので、シーンを問わず身に着けることができそうです。

肩の力を抜いた時間を過ごすとき、この香りがよりリラックスさせてくれるでしょう。身に着ける方だけでなく周囲の方もホッとさせるような優しい雰囲気を持っています。

香り

スパイシーなウッドの香りが特徴です。
甘くまろやかに香るサンダルウッドと、オリエンタルなスパイスをブレンドした香りを、甘いフローラルと清潔感を感じるウッドで彩り、包容力のある大地の香りを加えた、柔らかい、優しい雰囲気の香りに仕上げています。

評判・口コミ

色っぽい香りだと感じます。華やかな花の香りのあからさまな色っぽさではなく、時間が経過してしっかり肌と馴染むと、じんわりと色気を醸し出してくれるというか

つけたてすぐから穏やかな印象ですね。やわらかいクリーミーなサンタルです。「まろやかで白い、ふわふわした」印象。

引用元:@cosme

 

マンダリーノ ディ アマルフィ

■ 商品名 MANDARINO DI AMALFI(マンダリーノ ディ アマルフィ)
■ 発売年 2017年

この香水もプライベートブレンドの香水の1つで、イタリアのアマルフィ沿岸の澄んだ空気にインスパイアされて作られました。地中海のカラっとしている爽やかで華やかな空気を感じることができます。

ユニセックスで開放的な印象の香水ですので、休日に身につけたい香水としても定評があります。

香り

マンダリンの柔らかくフルーティーな香りが印象に残ります。そんなマンダリンの優しい柑橘系の香りをレモンが強調してくれるでしょう。嫌味のない香りは女性からも好評です。
爽やかなだけではなく、ジャスミンの上品さと甘さそしてシソの爽やかさが香りに深みを与えてくれるでしょう。

評判・口コミ

高級なバスクリンの香りのイメージです。これからの季節的にも、こちらのスプレータイプはおすすめです。

引用元:西武そごうe.デパート

プライベートブレンド タバコバニラ

■ 商品名 Private Blend ‘Tobacco Vanille’ (プライベートブレンド タバコバニラ)
■ 発売年 2007年

タバコと銘打ちながらも、意外と爽やかで甘く優しい香りが好評です。とても立体的な香りで、甘さの中に凛々しさを感じることができます。

スモーキー過ぎないちょうど良い香りで、自分に自信がある男性によく似合います。

香り

トップノートはタバコのスパイシーノートが印象的です。ただのスモーキーな香りではなく、高級感や温かみを同時に感じ、大人の香りを楽しむことができるでしょう。
ミドルノートはバニラ、トンカビーン、カカオが幾重にも重なって複雑で濃厚な甘さを表現しています。漂うクリーミーなビター感と、トップから香るタバコが相乗効果により深みを増して乾いた質感を演出します。
ラストノートはドライフルーツ、ウッディノートが濃縮された甘酸っぱさと森林の中で深呼吸するような心地よさを漂わせます。ハーバルの香りが、植物の持つ強さや生命力、優しさを感じるでしょう。

評判・口コミ

ほんのちょっとでこの金額か!!!?とは思いますが、満足です(笑)

タバコバニラは本当に個性的で他の人とは違う香りで大変満足しております。

引用元:Amazon

まとめ

https://www.pinterest.jp/pin/24418022957745590/

従来の「高級」のイメージを変えたと言われるトムフォード。トムフォードの香水は確かに高価ですが、他にはない香りばかりでオリジナル感を感じることができます。

いずれも他のブランドには真似できない絶妙な香りですので1本は持っておきたいですね。初めての方にはミニボトルの購入もおすすめです。

 

▼あわせて読みたいおすすめ記事!

男性もおしゃれの一環で身につける機会が増えてきた香水。 いざ香水を新たに購入しようと選ぶ際に、どんな香り・どの香水にするべきか悩みますよね...