記事更新日:

手元のおしゃれも忘れずに!メンズにおすすめの手袋ブランド10選

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/684758318314838177/

冬のアイテムとして忘れてはいけないのが手袋。手袋は冬の寒さから守るための防寒アイテムでもありますが、メンズのビジネスーンにおいてはおしゃれを楽しめる数少ないアイテム一つです。

機能性とファッション性を兼ね備えた重要アイテム・手袋ですが、種類は目移りしてしまうほど多く何を選んだらいいのか迷ってしまうのではないでしょうか。今回はそんな人に分かりやすく、メンズの定番手袋ブランドを厳選してご紹介します。ぜひ参考にしてください。

おしゃれなメンズ手袋の選び方

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/293508100690444769/

手袋を実際に購入しようとした時、種類の多さに圧倒されてどんな手袋を買ったらいいのかわからなくなってしまった経験はありませんか?多くのショップやブランドから販売されており、デザインや価格もさまざまなです。

ではここからはメンズの手袋を選ぶ際にこれだけは気をつけたいポイントをご紹介します。これを抑えておけば手袋選びが楽になりますよ!では一緒に見ていきましょう。

ポイント①素材で選ぶ

まず手袋を選ぶときに重要視したいのが素材です。メンズの手袋はレザーとウールの二つに分けられます。レザーは羊革や牛革、山羊革など種類もさまざまです。

羊革は滑らかな手触りが特徴で上品な印象を与えます。メンズのレザー手袋では最も種類が多いので選びやすと言えます。牛革や山羊革は男らしい印象で、無骨な雰囲気の中にも高級感を楽しめるのがポイントです。

ウールの手袋はニット調やレザーとのコンビなど遊び心あるデザインが魅力。カジュアルで柔らかい雰囲気を演出してくれます。自分の求める雰囲気と一致するものを選びましょう。

ポイント②使用するシーンで選ぶ

手袋をどんなシーンで使用するのかということを考えると、自ずと選ぶべき手袋がわかりやすいと言えます。ビジネスシーンでスーツ着用時に使用するのであれば断然羊革の手袋がおすすめ。品の良さがスーツにマッチします。

またジャケット着用であれば羊革かウール。カジュアルオンリーであればウールのニット手袋や存在感のあるカラーやデザインのレザー手袋が素敵ですね。

ポイント③カラーで選ぶ

手袋のカラーは手元の印象が大きく変わり、コーディネート全体の雰囲気を変えてくれるので重要なポイントと言えます。ブラックやダークブラウンはベーシックで使い勝手が良く、ビジネススタイルにも馴染みやすくおすすめ。

キャメルやマスタードイエロー、ボルドーといった色物もコーディネートのアクセントになってくれるのでおしゃれの強い味方として活躍してくれます。

カジュアルシーンでのみ使用するのであれば、カラフルなニット手袋なども遊び心があって素敵です!

抑えておきたい!おすすめの手袋ブランド5選

おすすめの手袋ブランド①ポールスミス(Paul smith)

■Paul Smith レザーグローブ マルチストライプ 価格31,000円

1970年にイギリスのノッティンガムで誕生したファッションブランドポールスミス。ポールスミスは日本でも非常に高い人気を誇り、幅広い世代の男性から愛用されています。ウェアはもちろんのこと、手袋やバッグなど小物のラインナップが多いのも特徴。ブリティッシュで洗練されたデザインが魅力的です。

上質なラムレザーとマルチストライプのリブのコンビネーションがおしゃれなこちらの手袋。上品な中にも遊び心を感じるデザインが特徴です。リブになっていることで防寒性も高めています。