記事作成日:

マッチングアプリのメッセージ頻度はどのくらいがベスト?詳しく解説!

広告

出会いがなかなか見つからないという方は、マッチングアプリを利用する方法もあります。うまくマッチングしたらメッセージのやりとりを行いますが、「相手から全然返信が来ない」逆に「返信が早すぎて、多く、悩んでいる」という方もいるのではないでしょうか。この記事では、マッチングアプリのメッセージ頻度はどのくらいがベストなのか詳しく解説していくので、参考にしてみてください!

マッチングアプリのメッセージ頻度は?毎日必要?

相手とマッチングしたら、メッセージのやり取りを行わないと距離を縮めることはできません。しかし、どのくらいの頻度で送ったら良いのだろうと悩むことも多いのではないでしょうか。

頻繁に送りすぎると相手に嫌われてしまうかもしれない、送らないと仲を深めることはできないのでバランスが難しいところです。マッチングアプリのメッセージの頻度についてご紹介していきます。

メッセージ頻度①相手の頻度に合わせる

メッセージの頻度に困った時には、相手の頻度に合わせてみてください。自分のペースでいくと、あなたのメッセージの頻度に相手が疲れてしまったり、「なぜ返信してくれないのだろう?」と不安に感じてしまうこともあるでしょう。

相手の頻度に合わせれば、向こうは無理なくメッセージを続けることができます。ただし、あなたが無理してペースを合わせていると、やり取りが辛いと感じてしまうようになるかもしれません。無理のない程度に合わせることが大切です。

メッセージ頻度②最低でも1日1往復はしよう

相手とのメッセージのやり取りの差に不安を感じている方もいるでしょう。最低でも1日1往復はするようにしてください。一方的に送るだけでは、コミュニケーションを取ることができません。

相手のことをもっと知りたいために、やり取りが続くようになります。1日1往復すらできていない場合は、仲を深めたいとは思っていない可能性があります。粘っていてもなかなか進展しないので、次の相手に行くことも必要です。

メッセージ頻度③話題が尽きない程度に

メッセージの頻度が多い場合は、会話のネタをたくさん考えておかないと話が続かなくなってしまいます。どんなことを送ろうかと話題を考えるのは面倒ですし、なかなか大変なことでしょう。

「こんなこと聞いたら引かれてしまうかな?」「反応が悪かったらどうしよう…」などと悩んでしまい、それがストレスになってしまうこともあるのです。1日に1往復くらいなら話題に困らず、毎日続けていくことができます。

まだ知り合って間もない関係ならこれくらいがちょうど良く、頻繁なやり取りは自分のペースを乱されるようで、お互いに気疲れしてしまう可能性も高くなります。

話題がなくなるとやり取りがしづらくなり、距離も遠くなってしまうでしょう。徐々に関係性を築いていくことで、話題も尽きず楽しい時間を過ごすことができるはずです。

マッチングアプリのメッセージは平日と休日で頻度を変えよう

マッチングアプリでのメッセージの頻度は、平日も休日も同じにしていますか?平日は仕事があるので忙しく、なかなかゆっくり返信ができないといった状態にもなるでしょう。逆に休日は心にも余裕ができ、やり取りもしやすいです。平日と休日で頻度を変えることがおすすめです。

休日はメッセージの頻度をあげると良い

休日は仕事がないため、自分の時間もたっぷりあります。相手から返信が来る確率も高くなるでしょう。頻度を多くしてもっと仲良くなるためには、休日に多くやり取りすることをおすすめします。

平日はどうしても仕事が優先になってしまうため、ゆっくりメッセージに返信できるタイミングは帰宅後になってしまいます。その点休日の場合は、特に用事が入っていなければ、朝から晩までスマホをいじっている時間があるはずです。

もっとメッセージの頻度を増やしたい場合は、朝の時間帯から送ってみてください。1日1往復以上やり取りができ、距離を縮めていくことができます。

平日は1通、休日は2通以上がおすすめ

マッチングアプリを利用している方は社会人が多いため、平日は1通を目安にやり取りを行うことをおすすめします。平日は忙しいため、どうしてもメッセージの時間帯が限られてきます。あまりしつこく送っても、相手に面倒だと思われてしまう可能性もあるのです。

送るタイミングですが、通勤前や帰宅してからが良いでしょう。昼から夕方にかけてメッセージを送ってすぐに返事が返ってきたら、本当に仕事しているのかと不安になってしまうものです。

また、休日は2通以上やり取りをすることがおすすめです。マッチングアプリでの出会いで信頼できる関係を築くまでには時間がかかります。それまでは疑いの目で見られることも多くなり、既婚者ではないか、実は恋人がいるのではないかと思われてしまいます。

パートナーがいると思うように返信ができなく、特定の時間帯は必ずメッセージが来ないことが多いです。その疑いを払拭するためにも時間帯を問わず送ったり、相手からメッセージが来たら返信するようにしましょう。

マッチングアプリのメッセージの頻度で気を付けること

マッチングアプリのメッセージの頻度はそれぞれ違い、まだマッチングして間もないか、ある程度信頼関係ができているのかによっても異なってきます。メッセージを送る際に気を付けることもあるのでチェックしてみてください。

気をつけること①一方的にメッセージをしない

返事が返ってこないと、「何か変なこと言ってしまったかな?」「嫌われたかもしれない…」と不安になってしまうこともあるでしょう。安心したいという思いから、大量にメッセージを送ってしまうこともあるかもしれません。

しかし、相手は忙しくて送れないだけかもしれないですし、自分から返事を返していないのに未読のメッセージが大量に入っていたら、どん引きしてしまいます。一方的に送るのではなく、待つことも大切です。

気をつけること②初回メッセージはすぐに返信する

毎回すぐに返信するのは相手のこともありますし、考える必要がありますが、初回メッセージはすぐに返信することが大切です。

「いいね」をしてマッチングした相手とやり取りができるため、日にちをおいてから返事をすると、別の人との距離が縮まっていて、「誰だったっけ?」と思われてしまうことも少なくありません。相手が興味を持ってくれている時こそ、絶好のタイミングだと言えるでしょう。

気をつけること③遅い返信はNG

すぐに返信するよりは遅い方が「どうしたのかな?」と気にかけてもらえると思っている方もいるでしょう。自分のことを考えさせることで、好意を引き出すきっかけにはなりますが、遅く返信することで、すでに別の相手と良い雰囲気になり差をつけられてしまう可能性もあるのです。

また、相手に連絡が来ないならと諦められてしまう場合も考えられます。良いと思われている時がチャンスなので、遅い返信は避けるようにすることが重要です。

気をつけること④決まった時間にメッセージを送る

マッチングアプリは、「いいね」を複数人にまとめて送るとマッチングした相手とメッセージのやり取りができるといった仕組みになっています。ですから、何人かと同時進行でコミュニケーションを取っている可能性も高いです。

そうなるとあなただけではないので、ライバルよりも自分を印象づけるのはどうしたら良いのかを考える必要があります。そこで大切なのは、決まった時間にメッセージを送ることです。たいていは自分の都合の良い時や相手が見てくれそうな時間帯にすることが多いです。

何時に送るかはバラバラなことも多いのではないでしょうか。同じ時刻に送ることで、「いつも〇時に送ってくれる子!」と向こう側の頭の中にインプットされるようになるでしょう。

ライバルがいれば当然競争率は高くなるわけで、みんな勝負をかけています。注目してもらうためにも、数いるライバルの中で優位に立たなくてはいけないのです。

気をつけること⑤長すぎるメッセージはNG

話したいことがたくさんあるからと、長すぎるメッセージを送るのはNGです。短い文章を送る相手に長々と入れてしまうと、読むのが疲れて面倒くさいと思われてしまう可能性があります。

向こうが短文ならあなたも短めの文章でまとめるようにしましょう。逆に相手が長文を送ってくるなら、あなたも合わせて長いメッセージで問題ありません。必ずしも全てにおいて簡潔に済まさなくてはいけないというわけではないので、状況を見ながらどんなメッセージを送ったら良いか考えてみてください。

気をつけること⑥非常識なメッセージはNG

メッセージを送る時は、非常識な時間帯は避けることが大切です。一般的に深夜から早朝にかけてはぐっすり就寝している時ではないでしょうか。寝ている時に送られてきたら目が覚めてしまって、睡眠を妨げてしまう可能性もあります。

また、仕事中にメッセージが来ても返信できるわけではありません。仕事だとわかっているにも関わらず、何回も送ってきたら非常識だと思われてしまいます。

さらに自分自身も仕事をしている最中にメッセージを送った場合、相手に不真面目な印象を与えてしまうので注意が必要です。相手が帰宅後から就寝前の間が返事を返しやすい時間帯だと言えるでしょう。

マッチングアプリでメッセージ頻度が少ないとき

マッチングした相手ともっとメッセージのやり取りをしたいと思っている方も多いでしょう。もっと仲良くなるためには、コミュニケーションを取ることが大切になってきます。マッチングアプリでメッセージ頻度が少ない時どうしたら良いのかをご紹介します。

メッセージ頻度が少ないとき①他の相手とも連絡をとってみる

一人の相手だけとやり取りを行っている場合に回数が少ないと、自分が何か悪いことをしてしまったのかと落ち込んでしまうことも多いでしょう。メッセージを送ってこない理由にはただ単に忙しくて思うように連絡が取れないといった場合もあるのです。

勝手な思い込みをしてしまい、自分自身が辛くなってしまうこともあるのではないでしょうか。これは一人の相手に執着し過ぎていると言えるでしょう。

相手はマッチングした複数人と同時進行でやり取りをしていることも多いです。あなたも一人としかコミュニケーションを取っていないなら、他の相手とも連絡をとってみることが大切です。

メッセージ頻度が少ないとき②自分からメッセージを送る

頻度が少なくて悩んでいるなら、自分からメッセージを送るようにしてみてください。返信がない場合はすぐに送らず、間をあけてからにすることです。自分から積極的にコミュニケーションを取っていくことは重要で、相手に負担にならないような文章にしましょう。

例えば、簡潔に済ませて読みやすい文章を作ることが1つです。長い文だと読むのに疲れてしまい、断念してしまう可能性もあります。また、送る文章としては質問にすることがおすすめです。質問なら必ず返信しなくてはという気持ちが出てきます。

マッチングアプリでメッセージ頻度が多いとき

メッセージの頻度が多くて面倒、疲れたと思っている方もいるのではないでしょうか。もっと回数を少なくしたい場合どうしたら良いのか悩んでいる方は、参考にしてみてください。

メッセージ頻度が多いとき①負担だと正直に伝える

やり取りが多いと、自分のペースも崩されてしまい、負担になってしまうこともあるでしょう。メッセージが来たらすぐ返さないとという気持ちになってしまい、自分のことが後回しになり、振り回されてしまうこともあるのです。相手に合わせてばかりいたら、ストレスとなってしまい、うまくいかなくなってしまいます。

自分の気持ちに正直になり、負担だと伝えることも大切です。自分の要望を伝えて調整してもらえるかどうかを確認しておきましょう。相手もあなたの気持ちが理解できたら、要望を聞いて頻度を少なくしてくれるはずです。

メッセージ頻度が多いとき②返信を送らせてみる

あなたの送ったメッセージに対して返信が早いと、必然的に頻度も多くなってしまいます。自分の生活ペースを乱されてそれがストレスになってしまうこともあるでしょう。相手の返信が早いと、こちら側も早く返さないと悪いという気持ちになってしまいます。

対処法としては、返信を遅らせてみることです。遅く返事をすることに対して、「どうして?」と思われるかもしれません。仕事が忙しいなど遅れてしまう理由をしっかり伝えて理解してもらいましょう。理由を言ってくれないと相手も不安になるかもしれませんが、しっかりとした理由があれば納得せざるを得なくなります。

マッチングアプリでのメッセージは相手の頻度に合わせよう

出会いを見つけるためにマッチングアプリを利用している方も多いでしょう。「いいね」を複数人にまとめて送り、マッチングした相手とコミュニケーションを取ることができるようになります。メッセージのやり取りを始めた時に、頻度が多いあるいは少ないことで悩んでしまうこともあるのです。

メッセージを送ることは、相手ともっと仲良くなるために必要なことで、いつ返信するかのタイミングは重要ポイントです。返信を遅くしていると、ライバルに先を越されてせっかくのチャンスを無駄にしてしまったり、興味がなくなってしまったのかと諦められてしまう可能性もあります。

頻度が多い方が良いか少ない方が良いかは人それぞれなので、送る頻度に限らず、時間帯なども見極めて相手の負担にならないように考える必要があります。マッチングアプリでのメッセージは相手の頻度に合わせましょう!

その他の関連記事はこちらから