記事作成日:

「人生に飽きた」と感じる原因は?つまらない日常からの抜け出し方をご紹介!

ふとした瞬間に、あるいは慢性的に「自分の人生がつまらなくなってしまった、飽きた」と感じることはありませんか?その飽きたままの気持ちをずっと持って生き続けるのも辛いですから、謳歌できるように改善したいと思うところでしょう。今回は、人生に飽きてしまったと思った時の抜け出し方を解説します。

人生に飽きたと感じる人は多い

日常の生活に疲れを感じていたり、代り映えの無い日々を送り続けていると、人は「人生に飽きている」と感じるようになります。大した刺激もなく、同じような毎日を送っていれば、それも致し方ないと言えるのかもしれません。

人生は長期戦ともいわれますから、余計に飽きると感じやすいのでしょう。それは決してマイナーな悩みでも、贅沢な悩みでもありません。それどころか、人生につまらなさや飽きを感じる人は、思っている以上に多いものなのです。

人生に飽きたと感じてしまう原因は何?

小さいころから「人生に飽きてしまった」と感じ続けている人はまずいないでしょう。おそらくは、大人になってからどこかのタイミングで、何かしらの原因があって飽きるように感じ始めたはずです。それでは、その原因とは何なのでしょうか?

人生に飽きたと感じる原因①毎日の変化がない

まず挙げられるのは、自分の毎日の生活に変化が無いことです。平日であれば、毎日朝同じ時間に起床して、同じ時間に会社に行き、同じような時間に帰ってきて同じ時間に寝る、ということを繰り返し、休日には買い物をして部屋の掃除をする、といった平坦な生活です。

仕事をし始めたばかりのころには、分からないことの方が圧倒的に多いですから、それを解決するために四苦八苦し、時間も思った以上にあっという間に過ぎたことでしょう。それも慣れてくると、自分の中の仕事の流れも分かってきて、ルーティンが確立されます。

それは大切なことである反面、毎日同じことを続けていれば、どんどん自分の生活は固定されていくようになります。変わり映えの無い生活というのも幸せなものではありますが、当人からすれば目新しさの無い灰色の日々でしょう。

人生に飽きたと感じる原因②食べることに困らないから

2つ目は、食べること、ひいては生活をすることに困っていないことが挙げられます。大本の原因をたどると、色々と言われてはいても、日本が世界的に見ても先進国であるために、それなりの努力さえすれば生きていけて、どんな仕事でも食べることには困らないのです。

もしもしっかりと仕事をしなければ食事にありつく事も難しい状況の場合、生きるのに必死で大変な日々ですが、少なくとも人生に飽きるとは思わないでしょう。ですが、生きていけるという保証がある分、それ以上の努力をせず、結果として前述の変化の無い日々ができてしまうというわけです。

人生に飽きたと感じる原因③夢や目標がない

刺激の無い日常生活も、根本的な原因は夢や目標の無さからきている可能性が高いです。仕事はある程度できるようになって、ルーティンになる程度にはこなせているけれど、特にこれといって面白い事もなく、休日は生活に必要なことだけでは、面白みも何もあったものではありません。

時間を忘れるほどに熱中できる何か、夢や目標といった長い道のりがあるものなど、生きるモチベーションを向上させるようなものは、退屈を感じさせないためにも必須と言えます。それが無いのならば、退屈で飽きたと感じてしまうのも無理はないでしょう。

人生に飽きたと感じる原因④自分の人生を愛していない

「自分の人生を愛せているか」と問われたときに、あなたはどう回答するでしょうか?自信をもって愛せていると言えるのであれば、それは自分の人生に自信を持っているとも言えますからとても素晴らしく、自己を肯定できている証拠になります。

ですが人生に飽いている場合、この問いには首を横に振る他ないでしょう。夢や理想があったとしても、もしそれが叶わないと知った場合、自分の今後の人生は無意味だと感じてしまいます。

ミュージシャンのボブ・マーリンの言葉で「自分の生きる人生を愛せ。自分の愛する人生を生きろ」というものがあります。理想や夢に目を奪われすぎて、自分の人生を愛する事が飽きの原因かも知れません。

つまらない日常から抜け出す方法とは

このように平坦で刺激も変化もなく、つまらない日常では誰でも人生に退屈し飽きてしまいます。であれば、そんな日常から抜け出すために、自分が行動を起こさなければなりません。もちろん難しいことを始める必要は一切ありません。

方法①ポジティブな面を探す習慣を身に着ける

まず1つ目は、ポジティブな面を探せるように習慣づけることです。ネガティブな面ばかりに目が行ってしまう人は、マイナスな事を探す癖がついてしまっている可能性があります。そこで、逆に良い面を意識的に探すようにします。

ネガティブな方の考えが浮かんだあとでも構いませんので、プラスな考え方を意識して探してみましょう。例えば、恋人と別れたという状況だったとして、確かに親しかった人が居なくなってしまうのは悲しいものですが、それまで相手に使っていたお金も時間も、これからは全て自分に使えるようになったわけです。

最初からたくさんのポジティブな考え方が浮かんでこなくても良いです。習慣づけていくことで、いつしか自然にそれができるようになり、日常への見方が劇的に変わるかもしれません。

方法②思い切って休む

2つ目に、とにかく思い切って休みましょう。人生において疲れてしまった、飽きを感じてしまった場合には、最も有効ともいわれています。休むとなると、仕事で他の人に迷惑がかかるかもしれないと思うでしょう。確かにその気持ちは分かります。

しかし、今現在仕事をしていても退屈に感じてしまっている状態なのですから、それを続けていたとしても、楽しい未来は見えてきません。ですから、今回は仕事の迷惑などよりも、自分のことを優先的に考えてください。

休む期間というのも、週末のように一日二日だけではなく、もっと長い期間取りましょう。自分が好きにできる時間がある程度取れますから、その中で自分を楽しませるのです。

方法③新しい趣味を見つける

仕事が終わってからの時間に特にやることが無く、だらだらと過ごしてしまいがちな場合には、新しく趣味を見つけたり、習い事を習い始めてみましょう。これまで、興味はあったけれど時間的に余裕が無くてできなかったのならば、真っ先にそれに取り組むべきです。

もし趣味にしたい何かが無く、何から始めればよいか分からない、という場合には、本屋に立ち寄ってみる事をお勧めします。パソコンをお持ちならインターネットを使えば便利かもしれませんが、自分の知っている情報しか調べられません。

一方本屋であれば、様々なジャンルの専門誌がいくつも並んでいるはずです。手当たり次第にでも手に取ってみて、その中から興味をそそられるものを見つけ出しましょう。

方法④これまでの行動を変えてみる

日常生活の中で取っていたこれまでの行動を変えてみるのも1つの方法です。普段の自分であれば、絶対にしないであろう行動を取ってみましょう。人生に飽きている原因が、毎日同じことばかり続けていることであるのなら、同じことをしなければ良いのです。

仕事であれば、普段話をしたことのない人に話しかけてみる、食事ならば、いつもはいかないタイプのお店に入ってみるなどがあります。起こした行動が違えば必然的に結果も違い、少なくとも飽きる結果になることはないでしょう。

方法⑤人生を楽しんでいる人と一緒に行動する

飽きている人が多いとは言え、全ての人が人生を退屈に過ごしている訳ではありません。自分の身の回りに楽しく生きていそうな人がいるのなら、その人と行動を少しでも良いので共にしてみましょう。週末の趣味の為に専門店に行く、という人が居れば、それについて行ってみるのも手です。

方法⑥読書をする

今現在、月に何冊本を読んでいるでしょうか?スマートフォンが普及した現代、若者世代をはじめとして読書離れが加速していると言われていますが、本を読むという事は、自分が今まで知らなかった世界を知るということでもあります。

著名人の書いた自伝でも、自己啓発関連の本でも、今まで読んだことのない本で、読んでみたいと思ったものであれば何でも構いません。考えが違う人の意見を、本を通して聞くことができますから、これからの人生における考え方も変えられるでしょう。

方法⑦引っ越して環境を変えてみる

人間が生きるうえで、環境が与える影響は非常に大きいものです。そしてその環境には、生きていれば誰でも慣れるものです。例えば仕事を始めるために引っ越した日には、環境ががらりと変化して期待と不安が入り混じっていたことでしょう。

ですが、月日が流れ、その環境や生活に慣れた時、飽きた、退屈だといった気持ちが芽生えてきます。であれば、仕事をしているのならそれに影響がない範囲で、問題が無いのなら思い切って大きな引っ越しをしてみましょう

人生を楽しんでいる人に共通する特徴

「人生に飽きてしまった」と感じている人なら、今人生を楽しんでいる人のことは、それは羨ましく目に映ることでしょう。これまで紹介してきたように、飽きている人に特徴があるのと同じように、楽しんでいる人にも共通しがちな特徴があります。

人生を楽しんでいる人の特徴①感謝の気持ち

まず1つ目は、周囲への感謝の気持ちを常に持っていることです。たとえどんなに小さなことであったとしても、自分ではない誰かへの感謝の気持ちを忘れることはありませんし、積極的に言葉にしています。

感謝というのは、人に幸福感をもたらします。自分は他人のおかげで今生きているということを実感でき、また感謝を伝えられた当人も、誰かに感謝されることが出来ているという事実が分かるからです。

人生を楽しんでいる人の特徴②人と自分を比較しない

学校に通えばいろんな人と出会いますし、社会に出ればもっと様々な人と出会うことになります。その中で、近しい人と自分を比べ、無駄に気が沈んでしまうということは珍しくありませんが、人生を楽しんでいる人はわざわざ他人と比較することはありません。

他人と自分は別々に生きているのだということを、しっかり理解しているからです。自分が今幸せなのかどうかを、自分の中の尺度で決められるわけであり、比較する事で生じる嫉妬、劣等感などのマイナスな気持ちは生まれないのです。

人生を楽しんでいる人の特徴③努力家

努力を忘れることもありません。飽きたと感じる原因の中でも述べましたが、現代の日本ではそこまで死に物狂いの努力をしなくても、生きていくことについては困りはしません。それは安定を得られる反面、刺激や変化を捨てているとも言えます。

対して、人生を楽しんでいる人は、常に何かしらの努力をしています。仕事かプライベートか、あるいはその両方で現状よりも良い方向へと向かい続けており、これが人生を充実させているのです。

人生を楽しんでいる人の特徴④いつも笑っている

常に笑顔を絶やさない人が、人生に飽きているとは思えないでしょう。周りから見ると、その人の近くに居ると自然に笑顔が絶えないように見えますが、その実いかに自分が楽しいか、面白いかといったことを常に探しています

これに加えて、どうしても反りが合わない人とは距離を置くなどのように、積極的にストレスを避けようとするのも特徴です。これも自分を楽しませるために必要な行動なのです。

人生を楽しんでいる人の特徴⑤時間を大切にする

自由な時間があったとして、その時間を何に当てているでしょうか?趣味も何もないと、ボーっと過ごしてしまいがちです。しかし、この自由に使える時間を最大限大切にしているのも、人生を楽しむ人は実践しています。

たとえ仕事やプライベートで忙しかったとしても、自分だけの時間を作り、趣味をはじめとしたやりたい事に全力で取り組んでいます

人生に飽きたと感じる時におすすめの映画

退屈で飽き飽きしていた人生も、新しい趣味を始める・環境を変えるなどの行動によって変えられます。映画を見るというのも立派な方法の1つですから、最後に人生に飽きている時に見てほしい映画をご紹介します。

映画①最強のふたり

脊髄損傷によって不自由な体になった富豪と、それを介護することになった貧困層の若者の2人が主人公の映画です。普通であれば出会うこともない相いれないはずの関係の2人ですが、若者側が良い意味で気を遣わず、親友となっていく物語です。

不自由な体の人には大抵気を遣ってしまうのですが、本当に相手のことを思っているからこそ、気を遣わずに親友となれたのかもしれません。

映画②アバウト・タイム

「アバウトタイム」は、今の自分に自信も何もない主人公の男性が、一族の男性にだけタイムトラベル能力があることを父親から知り、何度も過去と未来を行き来して恋愛を成就させようとする映画です。女性との出会いやすれ違いを通して、毎日の生活の大切さを実感させられます。

映画③最高の人生の見つけ方

余命後わずか6か月と診断された初老の男性が2人、同じ病室になったことから、余生を謳歌するべく病院を抜け出す映画になります。方や大富豪のエドワード、肩や地道に働いてきたカーターという、こちらも立場の真逆な二人ですが、関係なくやりたいことに本気で取り組んで楽しんでいる姿が描かれています。

人生に飽きたと感じてしまう原因を理解して上手に対処しよう

人生に飽きていると感じるのは、決して珍しいものでも、贅沢な悩みでもありません。その原因は何なのかをしっかりと理解して、その解決の為にできることは何か、またやりたいことは何なのかを明確にして、これからの人生を楽しみましょう!

その他の関連記事はこちらから