記事作成日:

嫌なこと&失恋を忘れる方法を徹底解説!おすすめしない方法もご紹介!

いつまでも嫌なことを引きずってしまい、ネガティブな感情に支配されてしまうことはよくあることです。ネガティブな感情をいつまでも持ち続けていると、他の嫌なことを引き寄せてしまうこともあります。ここでは、嫌なことを忘れられるおすすめの方法をご紹介していきます。嫌なことは忘れてハッピーな毎日を過ごしてみませんか。

嫌なことがなかなか忘れられない理由とは?

嫌なことを忘れられなかったり、失恋の痛みを癒すことができないでいる方も多いことでしょう。人は忘れたいと思えば思うほど忘れられないようにできています。

それは何度も後悔してクヨクヨ悩んだり、反省したりすることで脳に記憶として刷り込まれてしまうからです。勉強などと同じで反復することで強い記憶として残り続けてしまうのです。

嫌なことを早く忘れる方法

何度も考えてしまうことで、かえって脳に刷り込まれ嫌なことを忘れることができなくなってしまった場合はどうしたらいいのでしょうか。嫌なことは誰でも早く忘れたいと思うものです。

なかなか忘れられないことがある方は、以下の方法を試してみてください。嫌なことを忘れてハッピーな毎日を過ごしましょう。

嫌なことを忘れる方法①仕事や趣味に没頭する

頭の中を仕事や趣味、楽しいことで埋め尽くしてしまうのがおすすめです。他のことに集中し、頭の中から嫌なことを追い出すのです。仕事や趣味など意識的に没頭することで自然と嫌なことも頭の中から消えていってくれるでしょう。

実際に仕事が忙しいと他のことを考える余裕もなくなりますし、趣味が楽しいと嫌なことはすぐ忘れられるはずです。趣味がないという方は、友人の趣味に付き合って楽しいと思えるものを探してみるところから始めてみてください。

没頭して楽しめることが見つかると、嫌なことを忘れられるだけでなくその後の生活も楽しいものとなること間違いありません。

嫌なことを忘れる方法②ポジティブに考える

つい、クヨクヨ悩み後悔し「私なんて…」「何をしてもダメだ…」などネガティブな感情が出てきてしまいます。この感情をポジティブに「次はこうしよう!」と考えてみるのがおすすめです。

悪いことばかり考えるのではなく、ポジティブに良いことを考えることで頭の中の悪い記憶を良い記憶に変えてみましょう。そうすることで、引きずらずに忘れることができるはずです。

また、次同じようなことがあったときにも、どのように立ち振る舞えば良いのか分かっているので自身が受けるダメージも少なくてすむでしょう。ポジティブに考えられるようになると積極的に物事に挑戦できるようになるのでおすすめです。

嫌なことを忘れる方法③時間が解決してくれるのを待つ

時間が経過すると気持ちが落ち着いてくることはありませんか。何をしても忘れられないときは時間が解決してくれるのを待ってみるのもおすすめです。

何気なく生活しているだけでなく先ほどご紹介したように、何かに没頭してみたりポジティブ思考になってみると、より早く忘れることができるでしょう。

嫌なことを忘れる方法④運動する

運動するとストレス解消にも繋がります。学者の中には、人に運動をさせるためにストレスがあると言っている方もいるほどです。身体を動かし心身ともにリフレッシュしてみましょう。

しかし、運動をしないといけないと義務になってしまうとかえってストレスになってしまうこともあるので、ストレスにならない程度の軽い運動から初めてみることがおすすめです。

嫌なことを忘れる方法⑤寝て忘れる

頭の中を嫌なことがグルグルしてしまうときは、寝てしまいましょう!嫌なことを考えてしまうと、どうしても脳にストレスを与えて疲労してしまいますが、十分な睡眠を確保することで脳の疲労が解消される効果もあります。

失恋をしたときに好きな人を忘れる方法

好きな人に恋人がいた、恋人と別れてしまったなど失恋しまったとき、どのようにしたら好きな人を忘れられるかご紹介していきます。

失恋を忘れる方法①次の出会いを探す

1番のおすすめは、新しく恋をすることです。好きな人に振られてしまうと自分を否定されたような気持ちになり、どうしても気分が落ち込んでしまうでしょう。楽しかった思い出を何度も思い返してしまうと脳に刷り込まれかえって忘れられなくなります。

思い出を大事にするのは悪いことではありませんが、次の一歩を踏み出したいと思う場合には思い出が足かせとなってしまうことがあります。

思い出に固執しすぎずに次の出会いを探してみるのがおすすめです。友達に紹介してもらったり、合コンや街コンに行ってみたり、出会い系アプリに登録してみるのも良いでしょう。新しい出会いに一歩踏み出し、新しい恋をしてみましょう。

失恋を忘れる方法②誰かに相談する

溜め込んでしまった負の感情は親しい友人に吐き出してみるのもおすすめです。気持ちを言葉にして吐き出すことで、自身の感情を整理することもできますし自分とは異なる視点のアドバイスをもらえることもあります。

ただ、このとき気を付けなければいけないのは、相談する相手を選ばないといけないということです。話した内容によってはトラブルを引き起こしてしまうこともあるため、この人なら!と思える信頼できる相手に相談するようにしましょう。

失恋を忘れる方法③忙しく過ごす

失恋し塞ぎ込み、何をするでもなく悩んでしまうという方は考える隙を与えないよう予定をびっしり入れてみてはいかがでしょうか。仕事や趣味、友人との時間をたくさん作り気づいたら1日が終わっているということが理想です。

ただ気をつけなければいけないのは、夜の時間です。夜になるといろいろ考えてしまい寂しくなってしまうことがあります。楽しい時間を過ごしたあとなら、なお寂しくなってしまうでしょう。時間を忘れるくらい没頭できる何かを夜にできるようにしておくことがおすすめです。

失恋を忘れる方法④旅行する

旅行に出かけ、非日常的な気分を味わうのもおすすめです。環境を変えて新たな一歩を踏み出すのが1番良いのですが、転職や引っ越はそう簡単にできるものではありません。しかし旅行であれば気軽に環境を変えてリフレッシュすることも可能です。

観光で良いものに触れ、旅先の美味しいものを食べ、好きな人のことを頭から追い出して、嫌なことも忘れてしまいましょう。

失恋を忘れる方法⑤今の気持ちを紙に書いてみる

親しい友人に失恋の話をできない場合は、ノートなどに気持ちを書いてみてください。気持ちをアウトプットして整理することが目的ですので口に出して吐き出すことができなければ、紙に書いて吐き出せば良いのです。

紙に気持ちを書くのは、失恋の痛みが癒えない時以外にも効果的です。失恋以外の嫌なことがあるときはもちろん、悩み事があるときなど自分の気持ちの整理をしたいときにも有効です。そのため、日々日記をつけてみると日頃から自分の気持ちを整理することができるのでおすすめです。

こんな忘れる方法はおすすめしない!

嫌なことを忘れるために下記のようなことをしていないでしょうか。これからご紹介する下記3つは、あまりおすすめできない方法です。

【ネガティブ思考】

人は嫌なことがあり後悔することがある場合、「あのときこうしていたらよかった」と思うことが多いでしょう。この気持ちを糧に「次はこうしよう!」とポジティブに考えることができれば問題ありませんが、ただひたすらに後悔し後ろ向きなネガティブな気持ちばかり残ってしまいます。

人は嫌な思考ほど脳に深く残ってしまいますので、前向きな思考を取り入れるよう心がけてみることがおすすめです。

【やけ食い】

食べて忘れよう!と考える方も多いでしょう。美味しいものを食べて幸せな気持ちになることは、なんの問題もありませんがやけ食いはNGです。

食べ過ぎてしまうと太ってしまったり、「食べ過ぎてしまった」と別の負の感情がでてきてしまうこともあるでしょう。おいしいものはほどほどに楽しみましょう。

【人の悪口を言う】

自分の気持ちを外に吐き出すことは大切ですが、人の悪口を言ってしまうのはおすすめできません。紙に書き出してアウトプットする分にはまだかまいませんが、親しい友人に人の悪口を言ってしまうと、友人に不快感を与えるだけでなく、友人からの信頼をも失ってしまう場合があります。

嫌なことを忘れられても友人を失ってしまっては元も子もありません。どんなに嫌なことがあっても、人の悪口を言うのはやめましょう!

嫌なことや好きな人を忘れて前向きになろう

嫌なことや好きな人を忘れる方法をいくつかお伝えしましたが、大切なことは前向きに考えることです。悩み後悔することも大切ですが、前向きに考え一歩踏み出すことも大切です。

ポジティブな感情を持つことで嫌なことを忘れられるだけでなく、楽しい日々を過ごせるようになります。自分の気持ちをアウトプットして整理し、楽しいことを考えハッピーな日々を過ごしましょう。

その他の関連記事はこちらから