記事作成日:

サウナスーツに痩せる効果はない⁈使い方と使用時の注意点を徹底解説!

ダイエットに効果的な方法は色々とある中で、サウナスーツというアイテムがあります。デトックスや血行促進などの様々な効果が期待でき、上手く使えば健康やダイエットにとても便利なものになるでしょう。本記事では、サウナスーツの効果、使い方などを解説します。

サウナスーツの効果

サウナスーツというのは、その名前の通り、着用するだけでまるでサウナに入っているかのように発汗を促すウェアアイテムです。あえて通気性を遮断しており、これによって気密性を高め、熱を内側に蓄える事で体の発汗を促進させています。

効果①むくみ解消

そんなサウナスーツの具体的な効果についてですが、まずむくみの解消が挙げられます。サウナスーツを着た状態のままランニング等の有酸素運動を行う事で、普通に行う時よりも多く汗をかきます。

しかも、普段はかかないであろうとても多くの汗をかきますから、停滞気味だった血流やリンパの流れなどが改善され、水分を排出する流れもスムーズになってむくみ解消に効くという訳です。更に、老廃物排出のデトックス効果も同時に期待が出来ます。

効果②冷え性改善

続いては、冷え性の改善です。サウナスーツを着ての運動によって、冷え性や低体温を改善する効果も期待できるとされていて、体全体に酸素や栄養素を行き渡らせられるので、新陳代謝活性化により冷え性を改善できるのです。

これは、息が多少上がるような有酸素運動をする場合だけではありません。サウナスーツを着てゆっくりとした動作の運動をするだけでも、体が内部からじわじわと温められ、冷え性に効くとされています。

効果③基礎代謝が上がる

新陳代謝の向上も期待できます。これは、サウナスーツを着る事で熱が内側に閉じ込められるので、体温も上昇し代謝がスムーズな状態になるからです。基礎代謝の向上は、痩せる事にも大いにつながります。

そもそも基礎代謝というのは、何もしていなくても消費されるエネルギーの事を指しています。この基礎代謝を向上させることは、すなわち常時消費するエネルギーを増やす事であり、脂肪を燃焼し痩せやすい体づくりに効果的という訳です。

効果④美肌効果

更に、美肌効果も期待できます。何度かご紹介しているように、サウナスーツは通気性が悪い分、気密性に優れていますので、内側に熱が閉じ込められます。外からの風も通しにくいので、寒い時期に着ても冷える事がありません。

着ながら運動をすると内部の温度が上昇し、汗をかくので内側が保湿されます。同時にミスト効果も期待できますから、肌に水分をプラスし潤せるのです。加えて、代謝向上で肌のターンオーバーも上がり、美肌になるのです。

サウナスーツに痩せる効果はないって本当?

どうにも、サウナスーツには痩せる効果はないと言われる事が多い様ですが、そもそもサウナスーツを着る理由というのは、ダイエット効果を期待しての事でしょう。しかし本当の目的は、体内の水分を落とす事にあります。

ボクサーやボディビルダーがサウナスーツを着るのは、この水抜きを行うためなのです。ですが、沢山汗をかけば脂肪が燃焼しているという訳でもなく、逆にあまり汗をかいていないからと言って脂肪が燃焼していない訳でもありません。

もっと言えば、汗をかくことと脂肪燃焼には直接的なつながりはありません。大切なのは、サウナスーツを着て何をするのか、という点になるのです。

サウナスーツの選び方

サウナスーツの目的は汗をかき、水分を出す事という事が分かったので、どれを使っても効果は同じなのではないか、と思われるかもしれません。ですが、実際には主に3つの観点から選ぶべきなのです。

選び方①気密性の高さで選ぶ

まず、スーツの気密性の高さについてです。サウナスーツを着ていて汗をかくのは、その気密性の高さ故です。その為、断熱性のある生地を使っていたり、特殊なコーティングによって蓄熱性を高めているかどうかのスペックを見ておきましょう。

また、どれだけ気密性に優れていても、すぐに熱が逃げてしまうようなデザインのスーツでは意味が大幅に薄れます。首元や袖が大きめに作られていたりすると、その分熱が逃げやすいので避けるべきです。

選び方②機能性で選ぶ

続いては、スーツ自体の機能性です。各メーカーから様々なサウナスーツが展開されていますが、物によって着用時の機能性は分かれてきます。抗菌、防臭性能があるものや、防水、防風性に優れるものなどが代表的です。

特に推奨されているのは、ストレッチ性の高いサウナスーツです。一般的なスポーツウェアと比較すると窮屈さがありますので、バランスを取るためにもストレッチ性能に優れているものを選択するのをお勧めします。

選び方③手入れのしやすさで選ぶ

もう1つは、手入れのしやすさです。大抵のサウナスーツというのは特殊なコーティングを施している生地が用いられていますので、そのままでは洗濯機に入れて洗う事が出来ないものが多いのです。

基本的な手入れは濡れタオルでの拭き上げになるのですが、毎度行うのは面倒でしょう。製品によっては洗濯機対応のものもありますので、手間の面も考えるべきです。

サウナスーツの効果を高める使い方

サウナスーツは、単に着ていれば良いというアイテムではありません。想像以上の汗をかきますので、普段通りの運動の仕方ではすぐに披露することになりますから、効果的な使い方を覚えておきましょう。

使い方①インナーを着用する

まず、インナーを着用するようにしましょう。思っている以上に多くの汗をかきますから、それを吸収してくれるインナーが無ければ不快感との戦いになります。上下ロングタイプのインナーを着ておく事をお勧めします。

使い方②密閉性を高める

着用する際には、密閉性を高めるようにして下さい。裾や袖が開いていると、外気が流れ込んできて内部の熱が奪われてしまいます。そのままではサウナスーツを着ている意味も薄れますから、足首や手首などにあるマジックテープ、ファスナー等はしっかり締め、熱を閉じ込めましょう。

使い方③こまめに水分補給をする

水分補給は必ずこまめに行うことも大切です。何度も述べていますが、サウナスーツを着ながらの運動をすれば、自分が思っている以上に発汗します。汗をかくという事は、それだけ体内の水分が失われているという事です。

何もしないままでは当然ながら脱水症状となり危険な状態に陥りますので、喉が渇いたと感じるよりも前に水分を補給してください。体内に水分が常に蓄えられますから、より多くの汗をかいて老廃物の排出やむくみ解消等に効果的です。

使い方④発汗具合で運動量を調整する

汗をかき始めたタイミングで、サウナスーツの上を脱いで運動のペースを徐々に落とすなど、発汗具合によって運動量の調整も行います。たとえ脱いだとしても体は温まっていますので、汗は常に出続けます。

汗が出ながらも、喋る事は問題なくできる程度の負荷が最も理想的です。楽にならないように、かつ息が上がらない具合を汗の量と疲労度を鑑みつつ調整するのです。

サウナスーツの使用時の注意点

ジョギング、ランニングなどの有酸素運動にサウナスーツを組み合わせれば、高い新陳代謝効果が得られるのは間違いありません。しかし、高い発汗作用があるために、注意するべき点もあるのです。

注意点①つらいと感じたら無理して続けない

まず、つらさを感じたら無理をして続けないようにして下さい。サウナスーツを着ての運動では、通常以上の汗をかくことはもう分かっている筈です。その為、熱中症や脱水症状の危険性が、通常よりも高まっているのです。

ペースを落としても走るのが厳しくなったり、ジョギングなどで20分以上走れなさそうな場合には、無理をして続ける必要は無いので、サウナスーツを脱ぎましょう。着ない方がしっかり走れるなら、そちらの方が脂肪燃焼には効果的です。

注意点②水分だけでなく塩分補給もする

水分をこまめに補給する事は使い方の中で紹介していますが、同時に塩分補給も行ってください。避けるべき熱中症は、体内の水分と塩分が排出され、バランスが崩れる事で熱が籠り発生します。

水分だけを取っていると、体内の塩分濃度が薄まってバランスが悪くなり、熱中症を加速させかねません。経口補給液やスポーツドリンクなど、必ず塩分も同時に摂取するようにしてください。

注意点③炎天下では使わない

また、真夏のような炎天下での使用は避けましょう。ただでさえ熱い環境下、更にサウナスーツを着ていては途端に脱水や熱中症になるリスクがあります。気温や季節を十分に鑑みて、使うタイミングを選んでください。

サウナスーツを正しく使えば痩せる効果も期待できる

目的としては体内の水分を排出する事ではあるものの、正しくサウナスーツを使えば基礎代謝の向上によって痩せる効果も十分に期待できます。使うタイミングをしっかり見極めて、ダイエットに活用してみてください。

その他の関連記事はこちらから