記事作成日:

コットおすすめ10選!キャンプスタイルに合わせた選び方は?

https://item.rakuten.co.jp/

アウトドアレジャーで、簡易ベッド・ベンチとして大活躍するコット。コットがあれば、凸凹地面の影響を受けず、野外でも快適に眠ることができます。ここでは、そんな便利なコットの選び方やおすすめアイテムを厳選してご紹介します。人気のコットを手に入れて、より充実したアウトドアライフを楽しみましょう!

コットとは?

コットとは、キャンプなどのアウトドアシーンで就寝時に使用する簡易ベッドです。野外で地面の熱さや冷たさを感じることもなく、凸凹の地面でも安定して寝転んで休憩したり、テントに入れれば就寝時も快適に眠ることができます。

寝る時以外はベンチや荷物置きとしても使用でき、まさにマルチに使えるキャンプギアと言っても良いでしょう。またアウトドアだけでなく、自宅の庭で使用したり、部屋での荷物置き、オフィスの仮眠用ベッド、更には災害用の簡易ベッドとしても役立ちます。

キャンプスタイルに合わせたコットの選び方

コットと言っても、折りたたみ式のコンパクト&軽量タイプや添い寝ができるワイドタイプ、高さ調整ができるものなど種類は様々です。何をどう選んだら良いのか分からない方に向けて、キャンプスタイルに合わせたコットの選び方をご紹介します。購入の際は、以下のポイントに着目して選んでみてください。

選び方①高さ

コットには、高さが違う「ハイタイプ」と「ロータイプ」があります。ハイタイプは地面の熱気や冷気の影響を受けにいことが大きな特徴です。コット下にも荷物を置くことができるので、省スペース化できるのもメリットです。ベンチとしても座りやすく、バーベキューや焚き火の前でも役立ちます。

ロータイプは安定感があり、お子様がいるご家庭におすすめです。比較的軽量でコンパクトのものが多く、ソロキャンパーにも人気があります。

最近はハイとロー両方使える2wayモデルも多くラインナップされており、人気が高まっています。キャンプスタイルやシーンによって使い分けられるので、より便利に活用できるでしょう。

選び方②耐荷重

安全面を考慮して、耐荷重は必ずチェックしてください。一般的なコットは80kgで、一般男性の体重を大体カバーできるようになっています。

しかし中にはそれ以上の体重の方もいるでしょう。また複数人で腰掛けたり、添い寝をするのであれば、もっと大きい耐荷重のものを選んでください。モデルによっては耐荷重が最大200kgのものもあるので、自身の体重やキャンプスタイルに合ったものを選びましょう。

選び方③寝心地

夜就寝時に使用するなら、寝心地の良さを重視してください。コットは素材も様々なので、季節に合わせた素材を選ぶことて更に快適に過ごせます。夏は通気性の良いメッシュ素材、冬は冷気を遮断してくれるポリエステル素材が◎です。柔らかな寝心地を好む方はクッションタイプがおすすめです。

寝心地を考えるなら自分の体型・使い方にあったサイズであることも大切です。一般的に寝返りをうちやすいのが、横幅60cm以上のコットです。基本的には横幅が広ければ広いほど快適に眠ることができます。お子様と添い寝をするならワイドサイズにするなど、体型や使い方に合ったものを選んでください。

選び方④組み立てやすさ

組み立て方法は商品によって異なるので、事前に自分がやることを想定して確認しておきましょう。全てのパーツが分解されているものもあれば、ワンタッチで完了するものもあります。組み立てやすいものであれば、設置と同様に片付けもスムーズにでき、スピーディーに撤収できます。

しかしコンパクトに収納できるものほど、パーツがバラバラになっていることも多いので、どちらを重要視するのか判断しましょう。組み立てが難しいものだとシートに上手くテンションがかけられないので、女性や初心者の方は、少ないステップで完了するタイプがおすすめです。

キャンプにおすすめのコット【ローコット】

ここからは、よりアウトドアが快適に過ごせるおすすめコットをご紹介していきます。まずは、高さの低い「ロータイプ」のコットから見ていきましょう。ロータイプの大きなメリットは安定感があることです。また比較的軽量でコンパクトに収納できるので、ソロキャンプやツーリングキャンプにも向いています。

おすすめ①TOMOUNT キャンプコット

使用サイズ 190×70×17cm
重量 2.1kg
素材 300D高密度オックスフォード生地
耐荷重 150kg

安定性抜群で心地よい睡眠が得られるローコットです。一般的なコットの脚は3本ですが、こちらは軽くて丈夫なベッド脚が5本でより安定性を高めています。300D高密度オックスフォード生地で、通気性がよく丈夫で破れにくく、寝転しても座っても強度に問題はありません。

口コミ

軽量で、コンパクトで運びやすく助かりました。色も気に入りました。昨年購入した他の物は、幅も5cm小さかったのでこちらを購入しました。幅広くゆったりと、寝返りも出来そうです。引用:Amazon

ハリもよく寝心地いいです。やはり、地面に直接寝るのとは全然違いました。軽くて丈夫だったので、追加でもう一つ購入しちゃいました。引用:Amazon

 

おすすめ②DOD ワイドキャンピングベッド

使用サイズ 190×77×19cm
重量 4.4kg
素材 ポエステル
耐荷重 100kg

キャンプで朝までゆったり快適に寝たい。そんな方におすすめのワイドなキャンプ用ベッドです。睡眠時の快適性にこだわり、コット横幅を大人1人がゆったり寝れる77cmに設計されています。ワイドタイプでありながらシンプルな構造で、収納時は片手で持てるほどコンパクトになります。

口コミ

DODのが欲しかったのと、値段が手ごろで大きめのコットが欲しくて買いました。ギシギシ音はしないし、寝心地も良かったです。組み立ては少し力は入りますが説明書無くても組み立てれました。引用:Amazon

寝心地は最高です。エアーマット敷いて寝ていますが、寝返りもできるし、ギシギシいわない。インナーテント、グランドシートもなく、フライシートのみで寝れるので、乾かす必要もなく撤収も早くなり、買って良かったです。引用:Amazon

 

おすすめ③コールマン ローコット

コールマン(Coleman) コンパクトローコット 2000038873

コールマン(Coleman) コンパクトローコット 2000038873

9,800円(02/01 10:55時点)
Amazonの情報を掲載しています
使用サイズ 207×68×18cm
重量 5kg
素材 ポリエステル
耐荷重 80kg

フレーム取り外し不要、簡単設営・撤収設計のローコットです。生地とフレームが一体化しているため素早く簡単に設営できます。スマートフォンなどを入れられるサイドポケット付き。使い勝手のよいロータイプで、お子様使用やベンチにも向いています。

口コミ

袋から出し広げてファスナーを閉じるだけで設営完了です。他のコットのようにシートを広げポールを両端に通して脚を接続する必要はありません。ローコットで問題ないのであればおすすめします。引用:Amazon

とにかく組み立てや撤収に手間がかからないのは、ありがたい。生地もしっかりして寝心地も良いしコスパが最高です。私のキャンプギアの必須品になりました。引用:Amazon

 

おすすめ④ヘリノックス コットワン コンバーチブル ブラック

使用サイズ 190×68×16cm
重量 2.19kg
素材 ‎ポリエステル
耐荷重 145kg

独自の技術により、少ない力でも簡単に組み立てができるロータイプのコットです。軽量で丈夫なアルミポールを使用し、耐久性にも優れています。キャンプサイトの地面の状況に影響を受けることなく、快適に眠ることが可能です。

口コミ

とにかくしっかりした物だなと感じる。コットの足も女性の力で簡単につけられると思います。そして何より軽い。これ買っておけば間違い無し。引用:Amazon

十分な広さとクッション性でとても気持ちよく寝れます。下手な常設ベットより良い位と私は感じてます。引用:Amazon

 

おすすめ⑤Naturehike コット

使用サイズ 190×65×15cm
重量 約2.3kg
素材 オックスフォード生地
耐荷重 150kg

コスパが高いオックスフォード布生地を肌使用、肌触りが良く通気性は抜群!快適な寝心地のコットです。フレームは優れた耐久性の丈夫な軽量高強度な航空材料7075アルミ合金を採用、抜群の安定感を確保しています。150kgの重さを支えることができ、寝たときにガタガタせず安心して眠れます。

口コミ

最初に組立てた時は足の設置に苦労しましたが、慣れると簡単に組立てられました。寝た感じも良く特に軽量なのに驚きました。コスパも良く、買って良かったと思います。引用:Amazon

収納の小ささ、組み立ておよび撤収の時間、夏の涼しさなど期待通りです。端の方に腰掛けても壊れません。引用:Amazon

キャンプにおすすめのコット【ハイコット】

アウトドアが快適に過ごせるおすすめコット、続いては高さある「ハイタイプ」の人気コットをご紹介します。ハイタイプは荷物が多い場合でもコット下に荷物を収納できて便利です。また、地面から高さがある分熱気や寒気の影響を受けにくく、毛布を使用した際に地面の汚れが付きにくいのもメリットです。

おすすめ⑥オガワ アルミGIベッド2

使用サイズ 193×66×40cm
重量 6.35kg
素材 ポリエステル
耐荷重 100kg

快適な寝心地でリラックスできるアルミGIベッドがバージョンアップ。真ん中の脚にロック機能が追加され、より安定して使えるようになりました。折りたたみ可能で収納袋つき。 キャンプの時はもちろん、 災害時などいざという時の備えとしてもおすすめです。

口コミ

一人用のテントを上げるのに購入しました、以前に購入したベッドは軽くていいのですがテントがはみだしていたので再度購入しました。ワイドはバッチリですね!引用:Amazon

ワイド幅なので寝返りも打ちやすい。テントの寸法さえ許せばワイドタイプの方がゆったりと眠ることが出来る。特に夏場のキャンプは地上からの距離があるぶん涼しく感じられる。引用:Amazon

 

キャンプにおすすめのコット【2wayタイプ】

コットにはロータイプ・ハイタイプがありますが、最近の人気モデルはどちらも選べる2wayタイプです。ハイコットとローコットのメリットをとった2wayコットは、昼間はハイタイプにしてベンチに、夜はロータイプにしてベッドにと、シーンによって使い分けができて便利です。

おすすめ⑦HOMFUL キャンプコット

使用サイズ 190×65×34cm
※高さは18~34cmで調整可能
重量 2.5kg
素材 オックスフォード生地
耐荷重 150kg

高さ18~34cmで調整できる、2wayでハイ/ロー切替可能なキャンプコットです。1人で寝るには十分な耐荷重(150kg)で、2人で座っても問題ありません。折りたたみ式なので、ほかのツールもいらず、簡単に組み立てできます。収納時はコンパクトになり、専用の袋が付いているので持ち運びにも便利です。

口コミ

キャンプの色んなシチュエーションで使用したいので、2wayのコットを探していました。こちらの商品は、とても軽くて、寝心地もいい感じで、値段も安いので評価は良いと思います。引用:Amazon

大きさは思ったよりも大きかったですが、ハイコット用の脚を抜けばそこそこコンパクトになりそうです。組み立てはレバーのおかげで簡単に組み立てられます。引用:Amazon

 

おすすめ⑧VENTLAX 2WAY アジャスタブル コット

使用サイズ 190×67×37cm(ハイ)・17cm(ロー)
重量 3kg
素材 600Dポリエステル撥水生地
耐荷重 150kg

寝心地と静音性にトコトンこだわった本格キャンプコットです。ピンと張った600Dポリエステル撥水生地のシートは、睡眠に丁度良い弾力性で寝心地も抜群!睡眠の妨げとなる寝返り時のギシギシ音も低減されています。ハイ、ロー切り替えで多様なキャンプスタイルに対応してくれるでしょう。

口コミ

かなり良いハリです。1番はギシギシ音がしないこと。他社製から乗り替えると良さが分かる。収納袋に余裕があるのも良い。引用:Amazon

組み立てる前は少し重く感じたけど、組み立てると軽くて良いです。寝心地良くて軋まないし、期待を遥かに超えてよかったです。10センチのマットも持ってますが、こちらのコットの方が好みですね。家でも使えるし買って良かった商品でオススメです。引用:Amazon

 

おすすめ⑨WAQ 2WAY フォールディング コット

使用サイズ 190×67×37cm(ハイ)・17cm(ロー)
重量 3.2kg
素材 300Dナイロン
耐荷重 150kg

アウトドアでまるでベッドのような寝心地が得られるアウトドアコットです。ハイ/ローが切り替えられる2way仕様で、300Dナイロン製のベッドシートが程よく沈み込むことで、キャンプでのお昼寝や夜の睡眠を今以上に快適にしてくれます。フレームにはA7075超ジュラルミンを採用、強度も抜群です!

口コミ

耐久性に問題はありません。脚のロックの機能、縫製、布地、ポールの嵌合など、全てに劣化はないです。コストパフォーマンスと耐久性に優れた良品だと思います。引用:Amazon

キャンプでも快適な寝心地です。組み立ても簡単。自宅でも常設してベンチ、ベッドにしています。夏は蒸れなくて涼しい。引用:Amazon

 

おすすめ⑩YOLER 2WAY キャンプコット

使用サイズ 190×67×38cm(ハイ)・17cm(ロー)
重量 3kg
素材 オックスフォード生地
耐荷重 150kg

防錆処理されたフレーム(超ジュラルミンA7075)とオックスフォード生地を使用、耐久性も通気性にも優れたキャンプコットです。レッグフレームを抜き差しすることで、ハイ/ローの2つ仕様を調節できます。オックスフォード製のシートが程よく沈み込むことで、自宅のような寝心地を感じられるでしょう。

口コミ

コンパクトチェアと間違えて注文したんじゃないと?それくらい軽くてコンパクトでした。組み立ては女性でもできるほど簡単でした。幅も狭いかなと思いましたが必要充分です。これから活躍の機会が増えそうです。引用:Amazon

こちらを使い始めてからゴツゴツ地面や冷えなども解消されてかなり安眠できています。ポールから脚を外す時にちょっとコツがいる気がしますが全然気にならず女1人でも組み立てられています。引用:Amazon

 

コットがあればキャンプでも快眠!

コットがあればフィールドが芝生でも、砂場でも、石混じりのサイトでも、地面から距離をとることで凸凹を感じることなく、いつでも快適に眠ることが可能です。自分に合ったコットを手に入れて、マットで眠るのとはまた違うコットスタイルを是非楽しんでみてください!

その他の関連記事はこちらから