ハゲには前兆の症状がある!チェックポイントと対策法を徹底解説!

薄毛は年齢に関係なく気になる悩みです。薄毛というだけで実年齢より上に見られてしまったり、印象があまり良くない場合があります。薄毛には前兆があり、早くに気づけば早期改善をすることができます。この記事では前兆と薄毛の対策法について詳細に解説していきます。年齢と共に悩みが大きくなっていくので、しっかり理解しておきましょう。

ハゲには前兆があった!こんな症状があったら要注意?

では、薄毛の前兆について解説していきます。一般的な前兆から意外と知られていない症状まで詳細に説明していきますので、気になっている方は自分が当てはまっていないか確認してみてください。今、症状が無かったとしてもいずれ気になってくる悩みになるので、知識として入れておいて損はありません。

生え際や頭頂部の異変

有名な薄毛(AGA)の初期症状です。おでこが広く感じるようになった、頭頂部の頭皮が見えてきている気がすると思った場合、もしかしたらAGAの初期症状の可能性があります。明らかに変化がある場合はAGAが進行している可能性があります。

しかし少しずつ症状が表れていくため、毎日チェックしていても気づかない場合が多いです。そんな時は家族や友人に聞いてみたり、昔の写真と比較して確認しても良いでしょう。普段から気にして確認することが重要です。

抜け毛が増えてきた

毛が抜けてくるのも有名なAGAの前兆の一つです。しかし抜け毛にも種類があり、抜け毛があるからといって一概にもAGAの症状であるとは言えません。そもそもAGAの症状が無い健康的な人であっても1日100本、季節によっては200本抜けています。ですので、抜け毛の量はあまり関係ありません。では、なぜ抜け毛がAGAの症状なのかというと、向けている毛の状態です。

健康的な人の抜け毛は抜けている毛の根っこに丸い塊のようになっており、マッチ棒のような毛になっています。しかしAGAの前兆を示す毛は根っこの部分に丸い塊が無く、波うつように曲がっています。くしで頭をといた時や、自分の抜け毛が落ちたと気付いた時には抜け毛をチェックしてみましょう。

頭皮の変色

頭皮の色が変わるのもAGAの前兆です。しかし頭皮の色のチェックはなかなか確認することが困難なので、家族に協力してもらう、または合わせ鏡をして確認してみましょう。健康的な人の頭皮の色は青みがかった肌色をしています。他の色の状態は下記の表にまとめていますので、ご覧ください。

他の色をしている場合はAGAの前兆、または炎症を起こしている可能性があるので注意しましょう。特にピンク色になっている場合は、直ちに皮膚科を受診しましょう。

ピンク色 頭皮に何らかの炎症が起こっている状態
黄色、または茶色 頭皮の皮脂が酸化し、老廃物が蓄積している状態

髪の毛にコシがなくなった

髪にコシがないのはAGAが進行している証拠です。髪にコシが無いというのは、髪の毛一本一本が細くなっていること示します。髪が細くなるのはホルモンの一種である「ジヒドロテストステロン」が関係しており、頭皮に栄養がいきにくくなっています

そのため、栄養が不足した髪になってしまいます。栄養が不足しているので、髪の毛一本一本が抜けやすくなっています。髪にコシが無い場合は、早期クリニックでの受診をおすすめします。

AGA治療を始めようと決心したけれど、どれくらいの費用がかかるのか知らない方も多いのではないでしょうか。費用はクリニックによっても異なるため、な...

フケが増えてかゆい

意外とフケが出てきてかゆいのもAGAの症状の一つなんです。そもそもフケは健康な人であっても出ています。フケは頭皮の古い角質細胞が新陳代謝によって剥がれたものですので、基本的に肉眼で確認することができません。しかし頭皮に異常がある場合、取れる角質がサイズが少しずつ大きくなっていきます。

大きくなって肉眼で見える古い角質細胞のことを世間一般的には「フケ」と呼んでいるんです。フケが発生する原因は頭皮にダメージがあるということです。フケが発生する主な原因は下記にまとめていますので、ご覧ください。

もしかしたら思い当たる節があるかもしれません。またフケには種類があり体質や生活習慣によって異なるため、対策法が異なってきます。フケの種類や原因、対策についても下記に記載していますので、ご覧ください。少しでも改善していきフケを減らすようにしましょう。

フケができる原因 頭皮が不衛生になっている
シャンプーの仕方が誤っている、また洗い残しがある
爪で頭をかいてしまい頭皮を傷つけている、また整髪料や染髪料などで過剰な刺激を与えている
悪い生活習慣(睡眠不足・疲労・ストレス・バランスの悪い食生活など)
特長 対策
脂性フケ 皮脂を含んで湿っている。頭皮の皮脂腺が多いだけでなく、多量な皮脂の分泌によっても起こる。 揚げ物をを避けて、バランスの良い食生活にする。また正しいシャンプーの仕方に変える。
乾性フケ 乾いたフケで粉状になっている。皮脂の分泌量が少ないため起こる。 強い刺激を与えるシャンプーや整髪料などを避けて、低刺激のものに変える。シャンプーの回数を減らす。

本当にハゲてきてる?心配なら今すぐチェック


では、AGAかどうか確認していきましょう。上記の内容で少しでもその症状がある、またははっきりとは出ていないが思い当たる箇所がある場合は、下記の内容をチャックしてみてください。簡易的な見分ける方法ですので、しっかり改善したい方は下記の内容を元にクリニックを受診してみても良いでしょう。

ハゲのタイプは3種類

ハゲのタイプはO字型M字型U字型の3種類に別れます。O型は、頭頂部にあるつむじから円形に毛が薄くなっていくのが特徴で、進行していくと側頭部と後頭部しか毛が無い状態になります。M字型は左右のこめかみからM字のように毛が薄くなっていきます。さらに進行すると、頭頂部の毛が少し残った状態になります。

U字型はM字型とよく似ていますが、前の生え際全て後退していく症状です。ですから、おでこが広くなった気がすると感じた方はU字型タイプかもしれません。U字型は進行していくと側頭部と後頭部のみ毛が残った状態になります。それぞれタイプが異なるので、自分がどのタイプなのか知っておきましょう。

またAGAの場合、O字型・M字型・U字型の内のどれかの症状が出ているあります。しかし、複数のタイプが合わさったパターンもありますので、タイプを確認する際は生え際や頭頂部を細かくチェックしましょう。

ハゲを見分けるチェックポイント

薄毛を見分けるポイントは3つあります。項目は下記に記載していますので、ご覧ください。おでこが広いのは薄毛の前兆と思っていませんか?実はおでこの広がりと薄毛は科学的な因果関係が無く、おでこが広いからといって薄毛の前兆とは言えません。

ただし、生え際の髪の毛が柔らかく細い場合は、薄毛の可能性があります。またAGAが進行して重症化すると、治療を受けてもあまり効果が得られないので、少しでも改善したいと考えている方は早期クリニックの受診をしましょう。

  • 生え際の髪の太さ
  • 生え際の髪の質感
  • 昔の写真と比較した時に変化が有るか
最近、抜け毛がひどくなる、髪に元気がなくなるなどといったことはありませんか?薄毛は男性にとって気になる部分の一つでもあります。育毛サプリを使うこ...

そもそもなぜハゲるの?

では、なぜ薄毛になってしまうのかについて紹介していきます。薄毛の理由でよくあるのは遺伝ですが、遺伝だけが薄毛の原因ではありません。下記では薄毛になってしまう理由について詳細に記載していますので、ご覧ください。少しでも思い当っている部分がある場合は、改善をし症状が良くなるようにしましょう。

遺伝

1つ目は遺伝です。特にM字型・U字型タイプの方に大きく関わってくる原因で、ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンが活性化するため、AGAになってしまいます。ジヒドロテストステロンはストレスや悪い生活習慣などの影響により、頭皮を硬化してしまうため血流が悪くなってしまいます。そのため、髪や頭皮に必要な栄養が行き渡らなくなるので、AGAになってしまうのです。

ストレスや乱れた生活習慣

2つ目は乱れた生活習慣と過剰なストレスです。生活習慣の中で最もAGAの影響が出やすいのが、睡眠不足と食生活です。睡眠に関しては、22時~2時までに出る成長ホルモンが新しい髪の生成に大きく関わってきます。成長ホルモンが無いと新しい髪は作られないので、AGAになってしまう可能性が上がります。

また食生活が乱れていると、髪の毛に必要な栄養素が不足するため、新しい髪がなかなか作られなくなり、薄毛の可能性が高まります。過剰なストレスからは、ストレスによってもたらされる不眠症や生活習慣の乱れが髪に影響を及ぼします。髪に必要な栄養素が行き渡りにくくなるだけでなく、長期間続いてしまうとハゲになる可能性がとても高くなります。

頭皮の衛生状態が悪い

3つ目は頭皮環境が悪いということです。遺伝や生活習慣なども大きな要因ではありますが、頭皮環境はAGAになる最も大きな原因の一つです。頭皮環境は日常的に使用しているシャンプーや、染髪剤・整髪料など髪に直接付けるものによってもたらされます。

シャンプーや整髪料などがあまりにも強い刺激のものを使用してしまうと、頭皮から過剰な油脂が分泌されてしまい、毛穴を塞いでしまいます。そのため新しい髪が生えてこなくなってしまいます。また頭皮の皮膚の強さは個人差があるので、もし今使っているシャンプーや整髪料が合わないようなら変えた方が良いでしょう。

薄毛に悩んでいる方の中には、おしゃれな髪型はできないと諦めてしまう方もいるのではないでしょうか。でも実は、上手にカバーしながらかっこよく見せるこ...

今からでも遅くない!おすすめのハゲ対策法

では、AGAやハゲの対策について紹介していきます。今AGAやハゲに悩んでいない方でも、しっかり今のうちに対策していればAGAの予防に繋がります。今現在悩んでいる方は、クリニックを受診しても指摘を受ける可能性があるポイントですので、今の内から改善しておくようにしましょう。

食習慣や生活習慣の改善

自分の生活習慣を見直しましょう。下記に重要なポイントを記載していますので、ご覧ください。生活習慣を改善したとしてもすぐには効果は得られません。日々の積み重ねが髪に影響をもたらしますので、少しずつ効果が得られる部分です。

食生活についても髪に必要な栄養素をしっかり取ることで、健康的な髪が作られるようになります。髪に必要な栄養素も下記に記載しています。合わせて髪に良い食品も紹介していますので、ご覧ください。

  • 22時~2時には深い眠りに入る
  • 過剰なアルコール摂取は避ける
  • タバコは控える
  • 刺激の少ないシャンプーや整髪料にし、しっかり洗い流す
栄養素 食品
タンパク質 赤身肉・大豆・乳製品
ビタミンC レモン・イチゴ・アセロラ・パプリカ・ブロッコリー
ビタミンB2 鰆・鰤・レバー・卵・乳製品
ビタミンB6 鰹・鮪・鮭・ささみ・ヒレ・赤身肉
ビタミンE アーモンドなどのナッツ類・ほうれん草などの緑黄色野菜
亜鉛 牡蠣・海苔・わかめ・昆布

正しいやり方でシャンプーする

正しいシャンプーの仕方にするだけで、AGAや薄毛の改善になります。誤ったシャンプーの仕方をしてしまうと、頭皮を傷つけるだけでなく、頭皮環境が悪くなってしまいます。また自分の頭皮に合っていないシャンプーも、AGAやハゲの原因になってしまうので一度見直しましょう。

正しいシャンプーの仕方は下記に記載していますので、ご覧ください。シャンプーはできるだけ低刺激のものを使用しましょう。また頭を洗うたびに頭皮が痒くなる場合は、何らかの炎症が起こっている可能性があります。その際は薬用のシャンプーを使い、頭皮環境を改善しましょう。

  1. シャワーで十分に髪や頭皮の汚れを落とします。
  2. シャンプーを手のひらに取り、500円玉程度に泡立てます。
  3. 頭皮をマッサージするように洗います。
  4. 髪の毛を撫でるように洗います。
  5. 良く洗い流します。

専門のクリニックに相談する

AGA専門のクリニックや皮膚科を受診するのも一つです。クリニックや病院を受診する事で、薄毛の原因や対策を詳細に知ることができます。また自分に合った処方箋を用意してくれますので、確実に治したい方は受診することをおすすめします。ですが生活習慣の見直しや、シャンプーを仕方をやらなければ、クリニックや病院に行ったとしても効果が無いので、注意しましょう。

ハゲの前兆を見つけたらすぐに対策を始めよう!

AGAやハゲは少しずつしか改善できません。日々の積み重ねが重要になってきます。この記事で紹介したシャンプーの仕方や生活習慣の大切なポイントを参考に、見つめ直してください。より効果的な治療を求める場合はクリニックや病院を受診し、外科的治療をする事で大幅に治ります。その場合、費用が高額なりますので注意してください。まず今できることをする事が大切なので、コツコツとできることからやってみてください。

その他の関連記事はこちらから

「ヘアトニックとは?」メリット・デメリットとタイプ別おすすめのヘアトニック7選
引用:ajkermymensingh 男性に人気のヘアトニック、すでに使用中でも自分の頭皮に本当にあっているのか不安になることも。 種類...
【男女別】フワッと香りが漂う!市販のいい匂いがするシャンプーランキング【2020】
「薄毛」や「抜け毛」のお悩みがあると、対処法として育毛剤・育毛シャンプーなどを検討する人が多いでしょう。 しかし、各社からいろんな種類のも...
ノンシリコンシャンプー
https://www.pinterest.it/pin/651544271068850286/ サラサラ髪にしてくれるシリコンシャンプーは、...