記事作成日:

パックTシャツブランドおすすめ5選!コスパ最強の人気商品をご紹介!

ファッション好きの間でトレンドになっている「パックTシャツ」を知っていますか?アメリカで主流のパックTシャツは、日本でも定番になりつつあるアイテムです。まだゲットしていない方は、今回紹介するおすすめブランドを参考にして、ぜひ一着は手に入れてみてください。

パックTシャツの特徴とは?

パックTシャツと聞いて、肌着として着るイメージを思い浮かべる方も多いと思われます。しかし、パックTシャツはおしゃれ着としても大注目のアイテムです。

そんな最近トレンドになっているパックTですが、通常のTシャツと何が違うのでしょうか?そこでパックTシャツの特徴また人気の理由について解説していきます

パックTシャツとは

パックTシャツとは、2〜3枚のTシャツが入っているものを指します。その大半がシンプルな白Tシャツで、クルーネックのデザインです。近年では、カラーバリエーションも増えデザインもVネックやボーダーなど多岐に渡るようになってきました。

パックTシャツは、アメリカでは昔から馴染みがあるものですが、日本でもシンプルな無地Tシャツの流行によりおしゃれに敏感な若者の間で人気となっています。

パックTシャツが人気の理由

パックTシャツが人気の理由としては、価格が安いことが挙げられます。2〜3枚のパックTシャツが入って、価格が平均して2000〜3000円代のため通常のTシャツ1枚あたりの価格と比べても、とても安価となっています。

また、値段が安いわりに品質も良いことが人気の理由です。何枚あっても困らないシンプルなTシャツはパックTシャツで手に入れるのがお得と言えるでしょう。

パックTシャツの上手な選び方

パックTシャツは無数にあり、選ぶのに苦労する方も多いのではないでしょうか?そこでここからはパックTシャツの選び方について紹介していきます。パックTの上手な選び方については、以下の通りです。

  • インナーor一枚で着る
  • 厚手or薄手
  • 丈が長めor丈が短め

基本的にパックTシャツをインナーとして着る場合は、薄手でタイト目やジャストサイズの物を選ぶようにしましょう。薄手のパックTシャツは重ね着をしてもごわつかず、着心地が良いです。

一方でパックTシャツを一枚で着る場合は、厚手で透け感のないものを選ぶことをおすすめします。一枚着として薄手のパックTシャツを選ぶと肌着のように見えてしまう可能性があるため、パックTシャツ初心者の方はなるべく厚手のものを選びましょう。

また丈の長さによっても、雰囲気が変わります。丈が長めのパックTは重ね着として着る時、裾からチラ見せすることができます。丈が短めのパックTシャツは一枚着として着るのにおすすめでしょう。カジュアルにも大人のシンプルスタイルにも着回し力は抜群です。

コスパ最強!パックTシャツのおすすめブランド5選

パックTシャツの魅力が分かったところで、ここからはパックTシャツのおすすめブランドについて紹介していきます。今回紹介するパックTシャツのおすすめブランドは、世界的に有名なブランドから日本ではあまり知られていないブランドまでラインナップしています。そんな注目のブランド名は以下の通りです。

  1. ヘインズ
  2. ヘルスニット
  3. Fruit of the Loom
  4. Dickies
  5. ベルバシーン

パックTシャツを購入するのに迷っている方は、ぜひこのおすすめブランドを参考にして、自分に合ったパックTシャツを見つけてみてください。

おすすめパックTシャツ①ヘインズ

パックTシャツと言えば、ヘインズと言っても過言ではないアメリカ発アンダーウェアブランドです。パックTシャツの元祖として有名で、記事の品質も良く洗濯を何回してもヨレません。

ヘインズのパックTシャツとして定番の「3P-T」は1947年に誕生し、今なおファッション好きの間で親しまれています。3P-Tの種類としては、「赤バック」「青パック」「金パック」の3種類が展開されています。

ヘインズ 赤パック

ヘインズの赤パックは、コットン100%で柔らかい質感が人気のパックTシャツです。使い込むほど衿がくたり、良い味を演出してくれます。スタイルとしては、クルーネック・Vネックの2種類があります。

生地は薄く、インナーとしてもサラッと着れるのが魅力でしょう。デザインとしては、丈は長めの寸胴なボックスシルエットとなっています。また、タグなTシャツに直接プリントされているタグレスで着心地の良さは抜群です。

ヘインズ 青パック

ヘインズの青パックは、綿とポリエステルを組み合わせる「空気紡績」と製法で作られています。そのため、赤パックよりも生地が強くしっかりとしていて厚めであることが特徴です

型崩れもしにくいため、一枚着としておすすめのパックTシャツでしょう。青パックも赤パック同様、タグレスで背中の違和感が気になりません。

おすすめパックTシャツ②ヘルスニット

 

ヘルスニットは1900年に創業してから120年も続く老舗カットソーブランドです。当時Tシャツといえば、白色という概念を覆すようにカラフルなTシャツ展開することでアメリカで人気のブランドの一つになりました。

ヘルスニットのポリシーとしては、「高い品質」「洗練されたスタイル」「快適な着心地」を挙げて今もなお守り続けています

2パック クルーネック Tシャツ

アメリカで生産されたUSAコットンを使用し、綿100%のTシャツです。生地も厚くなく、インナーとしても活用できます。また、特殊な製法を採用したパックTシャツは、サイドに縫い目が出ないため肌への摩擦が少ないと言えます。

そのため着心地感がよく、一日中着ていても快適に過ごせるでしょう。さらにくたりやすい衿部分は、丈夫に作り込まれているため洗濯時の心配がありません。

おすすめパックTシャツ③FRUIT OF THE LOOM

160年の歴史を持つFruit of the Loomは、アメリカのアンダーウェアブランドとして今もなお人気を博しています。アメリカ人にとっては、小さい頃から目にするアンダーウェアブランドで人々のライフスタイルに無くてはならないTシャツと言えるでしょう。

日本でもオンラインストアを展開しており、Tシャツ以外にも様々なファッションアイテムも販売しています。お値段もお手頃で、パックT初心者の方でも挑戦しやすいブランドになっています。

ボーイズコットン白Tシャツ

Fruit of the Loomのボーイズコットン白Tシャツは、コットン100%で湿気を逃がすためこれからの暑いシーズンにおすすめです。また、耐久性があり襟は平らになっており型崩れしない仕様になっています。タグがついていないため、背中の違和感がなくストレスフリーなのが嬉しいポイントでしょう。

おすすめパックTシャツ④Dickies

 

Dickiesはアメリカのワークウェアブランドとして、日本でも絶大な人気誇っています。ワークウェアブランドのため、耐久性の高い商品が多く取り揃えられています。現在はストリートファッション好きの間でも人気が高いブランドとして有名です。

ベーシック 3パック 半袖Tシャツ

DickiesのパックTシャツは、コットン100%で作られておりとても軽い質感が特徴です。洗いやすく型崩れしにくいので、洗濯の回数が多い夏場でも安心して着用できます。デザインとしては、裾にDickiesのロゴタグがついており、ワンポイントとしてファッションのアクセントになるでしょう。

おすすめパックTシャツ⑤ベルバシーン

アメリカのオハイオで創業したベルバシーンは、スポーツウェアブランドとして国内に広まりました。かつてはアメリカ海兵隊のコスチュームとして使用されていた実績から、品質は申し分ありません

デザインは現代の若者にも受け入れられるようアップデートしています。アメリカで製造することにこだわり、アメカジ好きなら一枚は持っておきたい一着でしょう。

パックT 2枚入り ポケット付き

ベルバシーンのパックTシャツは、厚手でドライな肌触りが特徴のTシャツです。洗うほどに味わいが出て、こなれ感が出るのが魅力的でしょう。デザインとしては、ポケットが胸部分に付いていてシンプルなスタイルに仕上がっています。

またタイト過ぎず、体に心地よくフィットする丸胴仕立ては毎日着たいTシャツです。タグに関しては、昔のロゴを復刻したバージョンを使用するなど細部にもこだわりが光ります。インナーとしてはもちろん一枚着として活躍する優秀なパックTシャツと言えるでしょう。

パックTシャツはオールシーズンで大活躍

今回はパックTシャツの人気商品を紹介しました。パックTシャツは夏だけでなく、オールシーズンで大活躍できるアイテムです。いくらあっても困らないシンプルなTシャツは、コスパのいいパックTシャツで手に入れてみてはいかがでしょうか

その他の関連記事はこちらから