2018/07/24

コムデギャルソンの香水でさりげない自己主張 反骨精神のユニセックスな香り

2 マン

■ 商品名 parfums PARFUMS 2 MAN(2 マン)
■ 発売年  ?

幾重にも重ねられた丁寧で複雑な調香にぜひ注目していただきたい香水です。
科学技術と有機物という正反対の香りの調和がテーマとなっているこの香水は、新しい香りとして高く評価されています。

凛とした静の雰囲気と、大胆な動の雰囲気が融合し、2マンを作り出しました。この大胆な調香がコムデギャルソン2をよりビジネス調に仕上げています。
もちろん、ビジネスマンにぜひ使っていただきたい香水です。

香り

お香, 白い煙, サフランフラワーのノート, ナツメグ, ベチバーの根, ナツメグ, 皮革のアコードが楽しめる複雑な香りです。
癒しを感じる独特な甘い香りが安心感や温かさを感じさせてくれます。相反するように存在するスモーキーな表情や刺激的でエキゾチックな雰囲気、そしてすっきりとしたウッディ系の香りが、この香水を身に着ける方を清潔感ある男性として彩ってくれるでしょう。

評判・口コミ

CdG 2に近い香りですが、CdG 2がややフェミニンな香りだからリリースしたのでしょうか?こちらの方がよりスパイシーでウッディ、よりお香の香りに近い気がしました

今、彼が愛用(^-^)お香な感じの香りなのにつけるとキツすぎず、なんかほのかに男臭い感じが素敵~お香が苦手な人でも平気だと思います(*^_^*)

引用元:@cosme

オデュール 53

■ 商品名 ODEUR 53(オデュール 53)
■ 発売年 ?

この香水の特徴は爽やかな甘さです。ユニセックスな香りですのでどんなシーンにもよく似合うでしょう。

自然の香りと人工物の香りのバランスを大切にすることで、この香水を身に着けた方の周りに良い香りの空間を作ることができると言われています。甘さのバランスがちょうど良い万人受けする香水です。

香り

驚くほど斬新な素材達がこの爽やかな香りを生み出しています。
酸素、金属のフラッシュ、火エネルギー、風、鉱物の炭素、砂丘、マニキュア液、セルローズ、高い山脈の純粋な空気、最終の融合、焼けたゴムのノートの融合を楽しむことが出来る香水で、乾いた無機質さを感じることができるでしょう。
ドライな印象が強い香水ですが、力強さを感じさせる香りですのでビジネスマンにはピッタリです。

評判・口コミ

無機質で人工的な香りですが、香りそのものは強すぎず、ほのかに香ります。かれこれ10年以上地味~にリピートしています。

もう何本もリピートしています。私も好きでつけていますが男性でこの香りをつけているとかなり好印象。

引用元:@cosme

まとめ

https://www.pinterest.jp/pin/50032245831595218/

ユニセックスなのに自己主張が強い香りを作ることはとても難しいことです。しかし、コムデギャルソンはルールにとらわれない自由な調香から、これまで実現し得なかった香りのアコードを完成させました。

コムデギャルソンの香水は、自然なかっこ良さと、人とかぶりにくいオリジナル感を一緒に味わえる稀有な香水でもあります。あなたもコムデギャルソンで自由な香りのおしゃれを楽しんでみませんか?

 

▼あわせて読みたいおすすめ記事!

男性もおしゃれの一環で身につける機会が増えてきた香水。 いざ香水を新たに購入しようと選ぶ際に、どんな香り・どの香水にするべきか悩みますよね...