2018/07/24

オードパルファムについて徹底解説!メンズにおすすめのアイテムは?

オードパルファムと言われても、詳しい意味は分からない。そんな方は多いのではないでしょうか。

香水にも種類があり、種類ごとに特性があるので、香水の種類を理解することは香水を上手に使うためにもとても大切なことです。

香水を気分やシーンによってより効果的に、より上手に使い分けることが出来るようになってこそ、おしゃれの上級者と言えるでしょう。今日は香水の中でもオードパルファムに注目したいと思います。

オードパルファムとは?

https://item.rakuten.co.jp/milano2/cd-cha107350-b/

まずは香水の違いからご紹介します。
日本では香水はオーデコロン、オードトワレ、オードパルファム、パルファムの4種類に分けられています。

オーデコロン

オーデコロンは濃度が1~5%と非常に低いのが特徴です。香りも1~2時間しか持続しません。かすかに、ふんわりと香るのがオーデコロンですので、香水の初心者や若い年齢層の方におすすめです。

オーデコロンは「eau de cologne」の頭文字から最近は「EDC」と表記されることが多いようです。

オードトワレ

オードトワレは濃度が5~10%と低めですが、香りは3~4時間持続します。

ほんのりとした柔らかい香りが特徴ですが、3~4時間と言うと朝、出勤前につけても昼前後には香りが消えている計算になるので、1日中香水の香りを楽しみたい方は、お昼を目安に香水をつけなおすことをおすすめします。

このオードトワレは普段使いには一番向いている香水だと言われています。そのため色んな年齢層の方に幅広くおすすめします。

オードトワレは「eau de toilette」の頭文字から最近では「EDT」と表記されることが多いようです。

オードパルファム

オードパルファムの濃度は10~15%ですが、香りの持続時間は長く5~7時間あります。朝、家を出る前にオードパルファムを付けることで、仕事中はほとんど1日中香りを楽しむことができますね。

持続時間は長いのですが、パルファムよりも香水の濃度が低い分だけ価格もお手頃に設定されています。

長く香るのでノートの変化を楽しむことができるのが特徴です。このオードパルファムは、香水の中級者から上級者にぜひおすすめします。

オードパルファムは「eau de parfum」の頭文字から最近では「EDP」と表記されることが多いようです。

パルファム

パルファムは濃度が15~30%と香水の中でも濃いのが特徴です。濃度が濃いので少量でもしっかり香ります。そんなパルファムの香りの持続時間はオードパルファムと同じく5~7時間となっています。

英語では香水のことを「perfume(パフューム)」と言いますが、これはフランス語の「parfum(パルファム)」と同じ意味を持つ言葉なので、香水と言えば実はパルファムのことを指しているんです。

要チェック!オードパルファムの使い方

上半身 香水

オードパルファムのつけ方

まずは汗やタバコのにおいなど、体臭と混ざるのを防ぐため、シャワーなどを使って清潔にすることから始めましょう。

香水をつけるときは、パルファムは点でつけ、オーデコロンは面でつけると言われています。オードパルファムは香水の濃度で言うと、パルファムに次いで2番目に濃いので、線をイメージしてつけるようにしてください。

また、つける場所ですが、上半身につけると香りが強く出すぎることがあるので、オードパルファムはベルトより下につけることをおすすめします。

香りをつけ足すのであれば5~6時間後を目安にすると良いですね。

気をつけよう。こんな付け方はダメ

これはオードパルファム以外の香水にも言えることですが、香水にはアルコールが含まれているので髪につけると髪を痛める原因になります。髪につけるのはやめましょう。

また、当然ですがつけすぎは禁物です。仮につけすぎてしまった場合は、アルコールや無水エタノールをコットンにつけて拭くのが効果的です。

最後に、革製品やシルク、ゴム製品や綿製品に直接香水をつけることはやめましょう。シミができたり色落ちすることもあります。

香りの持続時間

トップノート

トップノートとはつけてから15~20分の間の香りです。よく「香水は外出の15分前位につけた方が良い」と言われますがその理由は、トップノートはアルコール臭などが混ざるので、刺激が強いと感じることがあるためです。

ミドルノート

ミドルノートとはトップノートの後2~4時間の間の香りのことです。家を出る前に香水を使ったのであれば、ちょうどお昼の休憩中に香るのがミドルノートということになります。

ラストノート

ラストノートとはミドルノートの後、約6時間~半日の間の香りのことです。ちょうど、仕事が終わった後に残る香りで、一番長く香るのでその人のイメージを印象づける香りとなることが多いでしょう。

ラストノートはオリエンタル系の香りが残ると言われていますが、オリエンタル系というとウッド系、シトラス系なども含まれるので相手をホッとさせたり甘いムードを演出することもできます。