2018/07/24

セレブ・ファッショニスタが愛用!本格派ネクタイブランド

大人の男性として、特別な日の時のために、いざという時のために、本当に品質が良くて上品なネクタイを1本は持っておきたいと思っている方も多いかと思います。もしくは、プレゼント用のネクタイ選びで失敗したくないと思っている方もたくさんいらっしゃいます。ただ、色々なブランドからネクタイがリリースされていて、どんなネクタイを選んだら良いのかわからない、といった声をよく耳にします。そこで、品質・デザインに対して目の肥えたセレブ・ファッショニスタ達が本当に良いと判断して選んでいる本格派のネクタイブランドを調査してみました。厳しい審美眼を持つセレブ・ファッショニスタ達が愛用する本格派のネクタイブランドの特徴をまとめておりますので、ネクタイ選びの参考にご覧になってみてくださいね。

■E.マリネッラ(E.MARINELLA)

http://www.marinellatokyo.jp/

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

高級ネクタイの聖地と言われているイタリアのナポリで1914年に誕生したE.マリネッラ。素材や品質に対して、最新の注意を払って丁寧に作られているネクタイの数々は、世界中で高く評価されています。歴代のイタリア大統領、アメリカのオバマ大統領、フランスのサルコジ大統領など、政治家やエグゼクティブ層に愛用者が多いことでも知られています。1994年のナポリサミットでは、各国の首脳達にE.マリネッラのネクタイが配られたという話も有名です。E.マリネッラの特徴として、オリジナルの7折り製法があります。正方形の生地を内側に7回折って仕上げられたオリジナルの製法です。この7折り製法により、ノット・ディンプルが驚くほどに美しいと評判の精巧なネクタイが生み出されました。クラシックで上品なデザインも魅力にプラスされます。イタリアを始め、世界中のセレブリティ達からの信頼を獲得している一流ネクタイブランドです。
公式サイト

■ステファノリッチ(STEFANO RICCI)

stefanoricci

ネクタイの姿をした芸術品と評されている「プリーツタイ」を代表作に持つステファノリッチ。イタリアのフィレンツェで誕生した高級ブランドです。創業者のステファノ・リッチはクラシコイタリア協会の初代会長を務めた名立たる人物です。代表作のプリーツタイは、ネクタイを結ぶとプリーツ部分が開き、立体感や動きのある雰囲気を出すことができるネクタイです。通常の3倍もの上質なシルク生地を使用して作られています。そのため、長く着用してもプリーツがほつれにくくなっており、最高の締め心地だと評されています。イタリアらしい鮮やかな色使いも特徴で、ストライプ柄が人気を集めています。各国の著名人が愛用していますが、日本では安倍首相もお気に入りのブランドです。

■フランコバッシ(FRANCO BASSI)

20131005FrancoBassi※参照:http://blog.glober.jp/?p=18312

世界的に有名なシルクの生産地として知られているイタリアのコモで1973年に誕生したネクタイブランドが、フランコバッシです。クオリティーの高さに定評があり、その評判はイタリア国内に収まらず、ヨーロッパ全土へと広がっていきました。手作業による物づくりへのこだわりと、時代を的確に読み取るトレンド性の高いデザインが人気の理由です。目の詰まった凹凸感のあるジャガードタイは傑出した出来栄えだと特に評判が高いです。デザインは、ストライプやドット柄などのクラシックな雰囲気の中にトレンドのエッセンスが程よく吹き込まれており、センスの良さを放ちます。

■ルイジボレッリ(LUIGI BORRELLI)

Mile-Djuric※参照:http://www.thesartorialist.com/

ルイジボレッリは、シャツメーカーとして1957年にイタリアのナポリで誕生したブランドです。ナポリの伝統工芸となっているハンドメイド仕立て、そして高品質な素材使いが最大の魅力です。熟練した職人の手仕事が冴える高品質なシャツに合わせて作られたルイジボレッリのネクタイは、最高の仕上がりです。ナポリのブランドらしい発色の美しさと、高品質なシルクやカシミアのラグジュアリーな質感も魅力的です。色彩の美しさを堪能できるソリッドタイや、クラシックなストライプ柄などが人気を集めています。ルイジボレッリは、独特の縫製法と高度なアイロンワークによってふくらみを持たせ、締めやすいネクタイを完成させました。

■ドレイクス(Drake’s)

高級マフラーとネクタイが有名なブランド、ドレイクス。1977年に誕生して以来、トラディショナルでエレガントなネクタイは瞬く間に評判が広がり、世界中で愛用されるブランドへと成長を遂げています。ドレイクスのネクタイの生地は、デザインに合わせて織り機や糸を変えるという強いこだわりをみせています。良質な生地に仕上げるため、イギリス・イタリアのファクトリーで特別に作られています。ドレイクスのシルク糸は、セブンスレッドシルクという7本撚りです。通常は4〜5本撚りなので、非常に贅沢な素材を使用しています。贅沢な素材を惜しみなく使用することで、上品な光沢感とボリューム感のある最高のネクタイが仕上がっているのです。

合わせて読みたい

【厳選紹介】デキる大人のマストハブ。ネクタイブランド25選