2018/07/24

【おしゃれも防水も】ベストバイのアウトドア財布、メンズ・レディース全15選!

https://www.pinterest.jp/pin/630504016556534923/

第3次アウトドアブームと呼ばれた2017年。

特徴的なのは、グランピングや自転車によるバイクパッキング、インスタ映え目的のアウトドアなど、それぞれ独自のアウトドアの楽しみかたが満喫されていたこと。そして、スタイリッシュなアウトドアスタイルをブランディングする雑誌・WEBサイトの浸透によって、今やアウトドアでもかっこよくあることが大前提となったこと。

そこで今回は、アウトドアシーンでも手放せない「財布」を、おしゃれ要素にアウトドアならではのポイントを交えてご紹介いたします。

 

買う前にチェック!アウトドアシーンで財布に求められる3つの機能性

1. 防水性

https://www.pinterest.jp/pin/630504016556534885/

なぜ防水性が求められるのか

アウトドアにつきものと言えば天候の変わりやすさ。キャンプ場に着き、荷物を運び出したら土砂降り。やっとの思いでテントを張り終えたころには虹が差して晴れてきた何てことはざらです。

登山やスキーといった過酷な場所での使用や、水辺での遊び、発汗を前提とする運動などの場合は、さらに高い防水機能が必要です。

防水性のある財布選びの際のチェックポイント

防水をうたった製品は、簡易的な撥水効果のものからゴアテックスのような完全防水のものまで多様に存在します。ご自分がどの程度の防水・撥水性を求めるのか。適宜用途に合わせて選択されるのが良いでしょう。

また、見落としされがちなのがファスナー。YKKのアクアガートのようにファスナーから水分が侵入しないような作りでなければ、本体がいくら完全防水といえども役に立ちませんのでご注意ください。

2. 軽量性

https://www.pinterest.jp/pin/630504016556534879/

なぜ軽量性が求められるのか

アウトドアにおいて軽さは正義。

もちろん、オートキャンプでしたら軽量性についてなんら考慮する必要はありません。ですが、キャンプ場は駐車場から設営地まで何度も往復する必要のある場所がほとんど。

さらには、登山やトレイルランをはじめとしたハードなアウトドアでは数グラムの重さの差でも死活問題。

日頃全然運動してこなかったけれど、たまにはにハイキングへ。なんていうミドルエイジにも、そのちょっとした重さが後半には効いてくることになります。

軽量な財布選びの際のチェックポイント

軽量である=布地が薄く耐久性が犠牲になっているということ。コーデュラやバリスティックナイロン素材を中心にデニール数も確認し、軽量性と耐久性の最も良い落とし所を探されるのが良いでしょう。

また、軽量を求めた製品は収納箇所が少ない傾向にあります。こちらも使い道を考慮され、必要最低限の収納を確保できるものをお探しになってください。

3. 持ち運びやすさ

https://www.pinterest.jp/pin/630504016556536020/

なぜ持ち運びやすさが求められるのか

何かと移動が多くなるのがアウトドア。ポケット等への収納のしやすい形状、動いても邪魔にならないサイズ感が重要になります。

持ち運びやすい財布選びの際のチェックポイント

まずは収納予定の箇所に入るサイズかどうか、物を入れた際の財布の厚みはどうかの確認を。

同時に取り出しやすさも重要となりますので、滑りのよい素材であることも重要です。場合によっては手袋をはめた状態や濡れた手で財布の出し入れ、開け閉めをしなければならないこともあるため、その点もチェックを。

また、落とさないようにウォレットコードを追加できるアイテムもありますのでご参考までに。